余白
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の のロゴ
Home
ロゴ背景模様 余白
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の概要
余白
余白
イグザム幼児教室についての詳細をご覧になることが出来ます。
Go
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の教室の概要

小学校受験 イグザム幼児教室の年間スケジュール
余白
余白
年間スケジュールについてご紹介します。
Go
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の年間スケジュール
小学校受験 イグザム幼児教室の入塾案内
余白
余白
イグザム幼児教室への入塾方法についてのご案内です。
Go
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の入塾案内
小学校受験 イグザム幼児教室の入塾案内
余白
余白
イグザム 幼児教室の 合格実績の ページです。
Go
余白
余白

イグザム幼児教室 各種講習案内ページへのボタン
余白
余白
イグザム幼児教室の各種講習のご案内。
Go
余白
余白

同志社小学校特集ページへ
余白
余白
同志社小学校の受験情報のページです。
Go
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の関関同立特集ページボタン

小学校受験 イグザム幼児教室の関大初等部特集ページのボタン
余白
余白
関大初等部の特集ページです。
Go
余白
余白

小学校受験 イグザム幼児教室の立命館小学校特集ページへのボタン
余白
余白
立命館小学校の特集ページです。
Go
余白
余白

関学初等部特集ページへ
余白
余白
関西学院初等部の特集ページです。
Go
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の関関同立特集ページボタン

洛南小学校特集ページへ
余白
余白
洛南高等学校附属小学校の特集ページです。
Go
余白
余白

小学校受験 イグザム幼児教室の小学校トピックスのボタン
余白
余白
北摂地区から通学圏内の小学校の案内ページです。
Go
余白
余白

小学校受験 イグザム幼児教室へのアクセス方法のボタン
余白
余白
イグザム幼児教室のご案内地図です。
Go
余白
余白

小学校受験 イグザム幼児教室のリンクボタン
余白
余白
小学校受験に役立つリンクページです。
Go
余白
余白




年少のお子さん向け
無料問題集
ダウンロードサイト
無料の幼児教育サポートサイト「おべんきょうしましょっ。」のロゴ





小学校受験問題集の
ダウンロード販売サイト
小学校受験 幼児教育問題集のイグザムのロゴ



余白
飾りマーク 入試情報


関西大学初等部の
余白特集ページです


余白


余白関西大学初等部 過去の 掲載記事は こちらから




余白

余白関西大学初等部を 選択する 基準

「考える」を 第一に 据えた 教育

 関西大学初等部の 教育の 根幹は「考える」ことに あります。
このことが 決して お題目に 終わって いないことは 研究発表会 などで、実際に 生徒に 或いは 授業に 触れてみれば わかります。
「桁外れ」の ほんとうの 意味が 理解できる ことでしょう。


オールスターの 教師陣

 関西大学初等部の 特徴は、何と言っても"オールスターキャスト"とも 思える「教師力の高さ」に あります。

先生の 手本 と なる、各分野で 先駆け と して 研究を 進め 「教える」 を とことん 追求されている 先生方が、自信と 誇りを 持って 生徒に 接していらっしゃいます。
その 道筋は、梅本龍多長戸基尾崎正彦石井芳生 各 先生を 始め、多くの 先生方が 教育に 関する たくさんの 著作を 世に出されていることからも 伺えます。

”愉しく学ばせる”ことに 関しては、日本一の 教師陣が揃っていると 言っても 過言ではありません。


学校組織としての まとまり

そして、非常に 多才で、個性あふれる 先生方を まとめあげ、同じ 方向に 向かわせる、田中達也 校長先生、長戸基 教頭先生の コンダクターとしての 力も 忘れては なりません。
つまり「組織として」 の 学校の 完成度の 高さを 感じます。


他に類を見ない 立地条件

関大初等部が、京都線の 主要駅で ある高槻に 位置し、駅から学校までも 近く、多くの町から 通学が 楽である、という 立地条件も、人気の 一因で あることは 間違いないでしょう。
他の私学が、他の町に 住む人から 見れば、通学には遠い「その町の 学校」であるのに 対し、名門 関西大学初等部は、「京阪神の 小学校」として、小学校1年生でも「通える 学校」で あるのかもしれません。


同じ 校舎での 12年 一貫教育

例えば 1年生として 入学した時の 憧れの 存在であった 高学年の 優しい お兄さん・お姉さんと、自分が 6年生に なった時に、 片や 高校生として 同じ 校舎の 中で ときどき 顔を 合わせる というのも 素晴らしいこと では ないでしょうか。
田中明文 初代校長先生が いつも 話された、「自分の 将来像が 見える」とは、こういうこと なのでしょう。
きっと、他には ない「新しい 縦の つながり」が 育っていくことでしょう。



◎ 卓越した 教師の 指導を 受けさせたい
◎ 生涯の 師 と 呼べる人に 出合わせたい
◎ 自分の 考えを しっかり 人に 伝えることの できる人に なって 欲しい
◎ 考える力を つけさせ、 自分で 考え 行動できる よう に なって もらいたい
◎ 強制的な "詰め込み"ではなく、 自立した、 ”勉強好きな子”に 育ってほしい
◎ 中高受験を 回避することで 生まれる ゆとり を 与えてやりたい
◎ 京阪神間では 比較的に 通学が 楽な 学校に 通わせたい
◎ 国立大学受験も 視野に 入れておきたい。
◎ 少人数制の 濃密な 空間の 中で 親友 と 呼べる 友達を つくって もらいたい

「思考力育成」 と いう 柱が しっかり していて、その 育成状況を 見るもの 全てに 解らしめる と いう、他の 学校には 見られない 特徴を 明確に 映し出すことに 成功した 稀有の 好例 である と いえる。

それを 願う 保護者の 方に とっては 最適の 小学校で ある と 言えるでしょう。


余白関西大学初等部 公式ホーム・ページです

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白7月15日(日)
余白関西大学初等部 入試説明会

余白


関西大学初等部にて、2019年度 入学試験に 向けた、入試説明会が 開催 され ました。

西館の 窓際には、被災地 と しての 意識を 象徴する 「がんばろう!高槻」 の 横断幕が いち早く 掲げられて いました。

余白

関西大学初等部の 入試説明会は 今年も 大盛況の うちに 開催 され ました。
田中達也 校長先生の お話に 続き、長戸基 教頭先生の 入試説明の お話が ありました。
今年は 昨年の ペーパー試験の 内容が 例年以上に 詳しく、また、問題数も 多く 解説して いただきました。

また、関西大学 応援団の 皆さん に よる 演舞で 会を 引き締めて くれました。

余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白関関同立を 肌で 感じる 応援団の 演舞

大太鼓の 音は なぜ こうも 腹に 響く 大音量 なの でしょう?
技術的に 飛躍的 大進歩を 遂げた、映画館や ご家庭の ステレオで、重低音には 慣れて いる はず ですが、人工的な 機械の 音では ここまで 腹に 響く 事は 無い でしょう。

自然界に 存在する 雷の 臨場感を 再現 できない の と 一緒では 無い で しょうか。

ライブで しか 味わえ ない 快感を 求めて、会場に 足を 運ぶ 人が 大勢 いる 訳が 判る ような 気が します。

応援団の 皆さんの 演舞に 包含 された、その 独特の スタイルは 勿論、大団旗 掲揚 や 重低音 溢れる 大音響の 大太鼓の 音など 昔からの 伝統を 今に 伝えて いる こと が、説明会に 参加 している 園児たち には 却って 新しいもの と して 映った かも しれません。

肌で 感じる 機会が 減少 して、お金を 払って でも 追体験を したい と 願う 人たちが 増えて います。

名門 同志の 激突、 関関同立戦には、単に 競技を 見る 場 と 言うよりも、臨場感 や 一体感 ・帰属意識など 普段 日常で 味わう 事の ない 熱狂を 体験できる 貴重な 場なの かも しれません。

さながら、スポーツに おける 日本代表チームを 応援する かの ようです。

関関同立戦を 小学校 レベルに まで 一般化 させる ことが 関西に おける 小学校受験熱を 呼び 起こす 起爆剤の 一つ では 無い で しょうか。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白ICTブーム の 中での 本物の 見わけ方

どの 学校でも ICT と いう 言葉が 大流行で、独り歩き している 感さえ あります が、その 捉え方は 千差万別 です。

わざわざ 言うまでも ない 事 ですが、コンピューター技術を 過信 しては ならない のです。

扱いに 慣れて いない 人や 導入に 反対する 人 ほど、まるで ブラックボックス の 様に、中身の 判らない 「魔法の 道具」 と 思い込み、恐れ おののいて いる 気が します。

おっかな びっくりで、やっとこさ 出来合いの ソフトを 使い こなす ことが 出来ました、 と いう レベル と、繰り返し 同じ 作業を することの 不便さを 感じ、周囲の 使い 勝手も 考慮して、自分で ソフトを 創り 出す レベル と では、お世辞にも 同一線上に 並んだ とは 言えない でしょう。

コンピューターを 授業の 中に 導入 する ことは、それが あくまで、人の 手間を 省く 為の ツールの 一つに しか すぎず、それが あれば 何でも 可能に なる「ドラえもんの ポケット」 では ない のです。

授業で、コンピューターが、相手の 理解度に 合わせて 教え方を 変える 事 など、今の 技術水準では 到底 できません し、ましてや 予測して いない 難問の 答えを 出す こと も 絶対 あり得ません。


余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白プログラミング とは "考える" ことの 具現化の ひとつ

コンピューター そのものは、何も 生まない 只の 機械に 過ぎませんし、全ての 成否は それを 動かす プログラミング 次第 です。

では、プログラミング とは 何か と 問われれば、一言で 表すなら 論理的思考 です。

その ことを 充分 承知している か どうか が、説明会に 参加して 学校を 判断する ひとつの 分岐点かも しれません。

つまり、教える 側の 年齢にも 深く 関係 して くる と 言えます。
もちろん、実年齢 では なく、脳年齢 です。

普段から、何も 自分で 考える こと 無しに、与えられた ものを その通りに トレースする 人生か、物事の 道理を 考えて 自分の 判断で 答えを 導き 出した うえで 行動 しているか、の 違い です。

プログラミング の 如何に よって、コンピューターが 唯の 箱に なって しまうか、大きな 価値を 生み 出すか の 岐路に 立たされて いる と 言って 構わない でしょう。


そういう 意味で、関西大学初等部の ICTは 恐らく 最先端を 行くもの の 一つ だ と 思います。

コンピューターに 対する 関心や 理解度の 差が、印象 と して 学校選び に おける 直接的な 差に 結び ついている のを 実感します。

常に 物事の 本質を 考える 姿勢 が 大切で、そういう 意識を 明確に 持った 人間に 教えられる の と そうでない の とでは、全く 違う 結果を 産出する のは 明らかで、関西大学初等部の 考える 教育には、その 点が 盛り込まれて いる のが 大きな 特徴 で しょう。


憶える こと を 早く 始めても、それほど 大きな 差に つながる とは 思いません。

ですが、考える ことは、早く 始めれば、それだけの 価値が あります。

考えることが 大好きに なり、学ぶ ことが 大好きに なる こと こそ 有意義な 事 です。

早期教育 イコール 考える 力を 引き出す、小学校 選びの 核心は、正に ここに ある と 思います。


本物は いつも 新しい!
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白7月8日(日)
余白関西大学初等部 教育セミナー


余白

関西大学初等部より、田中達也 校長先生に イグザム幼児教室へ お越し頂き、受験セミナーを 開催 いたしました。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白本物の 社会安全

危機管理 と 言う 言葉が 市民権を 得て 久しく なります。
中には、学部名も 危機管理学部 と 銘打った 学部まで 誕生 させた 大学も 全国に 散見 されます。

殊に 危機管理 の 本質さえ 満足に 理解できて いない のではと 思える 大学まで 存在 します。

ヒトの 命、そして 尊厳は、モノでは ありませんし、ましてや 真実を 捻じ曲げて まで 誰かの 立場を 守る ための もの でも ありません。
決して 軽んじては ならない もの なのです。

慎重すぎる 位が 丁度 良い の かも しれません。

「4年間も、教授は 一体 何を 教えて いる の だろうか? 学生は 何を 学んで きたのだろうか?」 と、首を 傾げ たく なる 大学も あって、ここを 卒業 しました と 胸を 張る ことが 出来ない 位なら、 ハッキリ 言って、その 選択は 完全な 失敗 で あった と 言える でしょう。


大阪北部地震 と 西日本豪雨(平成30年7月豪雨)に 対する 学校 と しての 対応に ついて ご説明が ありました。

相次いで 発生した 両 災害 とも 当事者 と しての ご対応を された の ですが、その 判断に 全校生徒の 生命が 委ねられて いる 訳 ですから、慎重 かつ 冷静な 最善の 判断が 求められる 刹那 だった 事が うかがい しれます。

丁寧な ご説明を 頂戴し、参加 された ご父兄の 方も、今 一番の 関心事に タイムリーに お答え くださった ことに、深い 安堵感を 得る と ともに、関西大学初等部 と いう 学校の、危機に 直面した 時の、危機管理意識 を、現実の もの と して 深く 理解された こと でしょう。

余談ですが、同じ 敷地内に 社会安全学部の 大学、大学院が 併設 されて いる の も 心強いですし、十四階建て と 高層 では ありますが、資金を 注いだ 最新鋭の 建物の 有難さ を ここで 感じます。

もう 一つ、地震の 起きる ほんの 数日前に 保護者に 対する、模擬・震災時の 生徒 出迎え訓練が 実施 されて いた こと も、普段からの 安全意識の 高さを 象徴して います。


豪雨時 には、田中校長先生に 於かれ ましても、金曜日 帰着予定の 5年生の 宿泊研修 に 同行され、この 大雨の 影響で 不安がる 生徒 や ご父兄の 狭間で、元気づけ ながら、最善の 策を 判断する と いう、ご苦労 された と 思います。

本物の 危機に 直面 した 時、あらゆる 可能性を 考えた 上で、迅速に 正しい 判断を 下す 事が、今 の この国 には 最も 必要 と されて いるし、従来の 詰込み 型 教育の 延長線上 には 決して 無い もの です。


前例に 従う のでは なく、状況に 応じて 最善策を 考える と いう、関西大学初等部の 教育の 有様が、期せずして 時代の ニーズ と ぴたり と 符合して います。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白関西大学初等部の 考える 教育

説明では 名門 関西大学の 教育理念や 教えの 中心 と なる、考える こと の 基本概念に ついて、詳しく 述べて 頂きま した。

また、気に なる 次年度 入試に ついても 昨年の 問題 そして その 傾向を 解説 される と 同時に、今年の 方向性に 関しても お教え ください ました。

余白

でも、どんな 問題で あろうと、慣れる・速く なる ではなく、じっくり 聴いて 題意を 充分 理解した 上で、冷静に 考える 事を 主眼に 置いた イグザム生に とっては、決して 難しい ものでは ありません。

教わる より 学ぶ こと が 好きな 子が 揃って いる イグザム幼児教室 ならでは です。

同じ 問題を 解いて いても、正解を「当たった」と 感じる 子も いれば、何故 そう 答えた のかを 順序立てて 説明できる 子も いる でしょう。

同じ 正解でも 必ずしも 学力が 同等 とは 言い 切れ ません。

授業の 中でも 繰り返し 言って いますが、「入試は 当てもん では ない。」

同じ 棋譜を 読む 子に、五段の 有段者も いれば、七級の 子が いる のに 似て います。

本人に 理解 しよう と する 意欲が あるか どうか、相手の 話を 聞こう と する 気持ちが あるか どうか、を 私達は とても 大切に して います。
この 姿勢の 違い が 同等の 素養を 持つ 子で あっても、実は 大きな 分水嶺で ある と 言える かも しれません。

勿論 イグザムに 通う 子が 全て そうなる とは 言って いません。
しかし、普段から 言って いる 事 が 浸透 している 点 や、 志が より 高い 所に ある 点 は、 確率的に 言っても、普通よりは 難局を 乗り 越える 可能性 が 高い、と いう 事実 は 間違い なく あります。
  
そういう 意味 からは、問題が 易しく なる = 正解率が 上がる のは、多くの イグザム生に とって、 歓迎 すべき事 と 断言 できない の かも しれません。

余白


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白過去最高の 盛況ぶり だった 関西大学初等部 受験セミナー

イグザム幼児教室 と しては、お陰様で 過去最高の 参加者を 迎えました。

受験を 間近に 控えた 年長児 のみ ならず、年中、年少の 保護者の 方の 参加も 増加して います。

年を 追う ごとに、「近いから」「偏差値が・・」「有名だから」 と いった 単純動機の 人が 減って、関西大学初等部の 考える 教育への 関心が 高まり、理解度も 深まって いくのが 実感 できます。


本物は つねに 新しい!

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白6月9日(土)
余白関西大学初等部 オープンスクール

余白

6月9日(土)関西大学初等部に 於いて、2019年度の オープンスクールが 開催 され ました。

現役、OBを 問わず、沢山の イグザム生と 出会うことが 出来ました。

余白

本来の 意味 とは 違う のかも しれませんが、熱気に 包まれた 会場内で、最も 動き 回っていた のが 私たち かも しれません。

何故 なら、イグザムの 小学生クラスに 通っている 子は、当然 普段から 顔を 合わせる 時宜が ある けれども、中には 卒園以来 と いう 子も あって、その 成長ぶりを 確かめる 千載一遇の 機会 と 言える からです。

古本先生 や 尾崎先生の 算数授業や 西先生の 国語授業、梅本先生の 英語授業など じっくり味わいたい 授業は 目白押し でしたが、今回は 敢えて それらの 授業を 腰を 落ち着けて 見る事は しません でした。

何故なら、授業に 魅せられて そこを 離れたく なくなる から です。

と いうわけで、今回は、それ 以外の 授業で 目に したことを お伝えしたい と 思います。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白ミューズ学習 考える 事を 考える
1年生の ミューズ学習の 授業を見せて 頂きました。

いくら、省略する と 言っても、関西大学初等部の 考える 授業の 根幹 である ミューズ学習は、やはり レポート しない 訳には いきません。

見せて 頂いた 授業は、ベン図を 使って 2つ の ものを 比較する と いうもの でした。
ここ 数年間で 授業内容も 確立 されてきて 学問の 体を 為して きて いますが、特筆 すべきは 先生が 毎年 同じ では ない 事 です。

つまり、考え方を 考える、ミューズ学習が 関西大学初等部の 教える 側の 人に とって、共通認識が 図られ、どの 教師 にも 定着が 為された ことの 証 だ と いう 事 です。

教わる 側の 質も 大幅に 向上 して います。
つい、3か月前 までは 幼稚園児 だった 1年生が 僅か 2か月 足らずの 小学校生活で ここまで 成長 したか と胸が 熱く なる 一幕 でした。 

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白生き物ランド 関大ファン 育成の 一因

毎年 恒例 に なった、2年生の 生き物ランド ですが、参加 された お子さん たちには 変わらず 人気の 的です。

年長以下の 子供さん に とっては、図鑑の 中では お馴染みの 生き物でも、実際の 生活の 中では なかなか 目にする 機会も 無くなった はずです。
それが 一堂に 会し、しかも、憧れの 制服に 身を 包んだ 先輩の 元、その 生き物に 関する 説明を 聞いた 上で 自由に 触れる と いう の ですから、人気が 出ない はずが ありません。

数年前には 目を 輝かして 見る側 だったのが、この 生き物ランドに 出会った ことを 機に 関西大学初等部の ファンに なって、今度は 教える側 に なった お子さんも 沢山 いらっしゃる でしょう。

教える 側の お子さんに とっても、その 多様性を 改めて 学び 直す 良い きっかけに なった と 思います。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白道徳教育に 表れる 学校の 教育理念

6年生の 道徳の 授業を 興味 深く 拝見 させて いただきました。

ある 組織での ボス と リーダーの 違い に ついて、教わる のでは なく 自分で 考えて 言葉に して 周りに 伝えよう と いう 授業 でした。

改めて ご説明する までも なく、ボス と リーダーは 違います。
2つの 間の 共通点 と 相違点を 分析 する のは 1年生の 頃から 慣れ親しんだ ベン図を 活用 することが 出来ます。

勿論 答えが 決まっている 訳では ありません から、多様な 考えが 出されます。

今度は 短冊に 自分の 考えを したためて、皆に 披露します。
簡単な プレゼンテーション です。

視点を 変えて、他人の 意見を 知る 事に よって 自分の 考えを より 深めて いきます。

哲学的 でも ありますが、面白い 授業だ と 言えましょう。

一般的に 試験科目 からは 遠い 存在で あるため、どうしても 軽視 されがちな 道徳 の 授業 ですが、今の 教育で 最も 欠けて いる し、必要 なのが 道徳では ないでしょうか。

哲学 や 倫理学 は、大学 でも 学ぶ 1つの 独立した 学問 です。

国会の 答弁を 見て いて、本筋から 如何に かけ離れて いよう と それに 促われ過ぎて もっと 重要な事を ほったらかしに する 方も どうか とは 思いますが、一方で 真実 が どうで あれ 証拠さえ 残さなければ 何を やっても 平気、と いう 方も どうか と 思います。

そして、教育に おける 最高学府で ある 大学でも、その大学の 思想を 反映 するかの ように、一部の 大学では、たとえ 有名校 で あっても、同じ ような ことが 当然 の 如く 繰り返されて います。

スポーツの 世界でも 国技たる 相撲を 初め、レスリング や バドミントン の ナショナルチーム、そして、有名大学の アメリカン・フットボール など、腐敗した システムは 点在して います。

たとえ、選手が 純粋・高潔 でも、属している 組織は、根性論が 幅を 利かせる、正に 老害とも 言える、前時代的な 旧態依然 とした ものが 蔓延って います。

自浄作用 さえ 働かない 末期的な ものが 多いように 思います。


正しい ものが 何で あるか が 本当に 判らない 人が 増えて いる のです。

「だって、そんな 事 学校で 習わな かった」「えっ、それ って 試験に 出るの?」では 余りに 悲し 過ぎます。

その 学校が 何を 大切に して、何を 子供たちに 教えたいのか が、道徳授業で 一目瞭然に 伝わって きます。

学校の 本音とも 言える、公衆道徳意識 や 倫理観が、授業で 明らかに なるのかも しれません。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白プログラミング 授業に 表れる 児童の 精神

もう ひとつの 6年生の クラスでは、道徳 とは 対照的 とも いえる 最先端の プログラミングの 授業が 行われて いました。

自分の 力で、正に ゲーム感覚で、初めての 人でも 簡単に、アクセス しやすい ように 組み 上げて いく ものでした。

自分とは 違う 弱い 人間の 立場に 立って 考える ことが できる か どうか を 考え なければ なりません。

子供たちに とっては、こちらの 方は 遊び 感覚で 知らぬ 間に 感性が 磨き 上げられて いく の かも しれません。



様々な 授業を 見ました。
断片的 でしたが、それでも 断言 できる ことが あります。

1年生から 6年生まで 全体で 370名弱の 内、80名 強の イグザム生に 当日 お会いすることが 出来、出会った 子の 全員が、頗る 明るく 生き生き と した とても 良い 表情を していた のが 印象的です。


事実 だけを 申し 上げます。
「入学 したことを 後悔 する 子供は 一人も なく、満足度の 極めて 高い 小学校です。」


何度 でも 言います。

本物は いつだって 新しい!
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白5月20日(日)
余白関西大学初等部 学校説明会

余白

5月20日(日)関西大学初等部に 於いて、2019年度の 学校説明会が 開催 され ました。


最初は 子どもたちの 様子の スライドショー でした。
今回は 4人の 6年生の生徒が、1年生 だった 自分に 話しかける と いうもの と、今の 1年生の 様子でした。

初等部での 体験や 喜びや、たいへん だった ことは、いろんな 行事を 経験 してきた 6年生たち だからこそ が 語れる 内容 でした。

また 入学した ばかりの 1年生の 様子 では、つい この間 初等部の 説明会の 会場で 「先生!」 と 手を 振って くれて いた 子ども たちが、もう しっかり と 初等部の 生徒さん に なって 生き生きと 楽しそうに 学校生活を 送っている ことに、毎年 不思議な思いと、涙が 出るほどの 感動を 覚えたり します。


余白


初等部の教育内容   田中 達也 校長先生

今 見て 頂きました 冒頭の メッセージは 「自分への メッセージ」 と いうことで、初めての パターン でした。
また あとは 今の 1年生の 子どもたち と いうことでした。

6年生は もちろん ですが、1年生の 子ども たち も 入学 当初から 比べる と 今の 表情は ずいぶん 違って きて います。
本当に 子ども たち の 可能性は 大きいな と 日々 感じる 次第です。

教育理念 ― 「学の 実化」
「学んだ ことを、単に 知識、理解だけ では なく、しっかり と 自分の 生活、将来、生き方に 生かして いこう」 と いう ものです。
ミューズキャンパスで 初等部・中等部・高等部と、この 理念に 基づいて 教育を 進めて いきたい と 思っています。

初等部は 今年度 366人の 子ども たち、各 学年2クラス、教員数は 33名です。
この ほかにも 多数の スタッフが 子どもたちを 見守って います。

初等部は 「学年団」 と いう 形を とって います。
それぞれの 学年の 2人の 担任 だけでは なく 多くの 目で 子どもたちを 見て いきたい と 考えて います。

小学校の 低学年から 「専科制」 を とって いる ところは 少ない かも しれませんが、本校では、「英語」「音楽」「図工」「家庭」 は 完全専科、「体育」「国語」「算数」「社会」「理科」「生活」 に ついても 学年によ って、両担任が 交換を したり、一部 専科制を 取り入れたり と 教科指導に おいても 多くの 目で しっかり と 指導を 進めたい と 考えて います。

教育目標
(確かな 学力)」「(情感 豊かな 心)」「(健やかな 体)」に「国際理解力」を 加え、最終的には「高い人間力(総合的な 人間力・バランスの とれた 人間力)」 を 持つ 子ども を 育てたい と 思って います。

単に テストで 百点を 取る ことだけが いい の では なく、掃除も しっかり できる、友達関係も しっかり と 作れる、クラスの ために 活躍 できる、そんな 個人・集団を 作って いきたい と 思って います。

校訓 考動 ― 学び を 深め 志高く」
「考える 力を 育てる」 と いう こと を 取り組んで います。
考動」 と いうのは 大学の 教育理念 でも あるのですが、今回の パンフレット は「」と いうことに 改めて スポットを 当てて 表紙に しました。

今の 2年生から 6年生の 全ての 子どもたちの 名前から 1文字 ずつを 使って「」 と いう 文字に しています。

めざす 子ども 像
@ 感性 豊かな 子
A 考える 子
B 挑戦する 子


初等部の 教育の 柱「思考力の 育成」

2020年度 から 新しい 学習指導要領が 完全実施 されます。
その 中で、単に 知識、理解だけ では なく、「何が できるように なるのか」「何を 学ぶのか」「どのように 学ぶのか」 と いう ところを 指導の 中では 大事に して いかなければ ならない と いう ことが 示されて います。
まさに その 3点を 大事に しながら「考える 力」 を 養って いきたい と いうのが、本校の 教育の 柱です。

「主体的」「対話的」「深い学び」「アクティブラーニング」 と いう ような 言葉を お聞きに なった ことが あるか と 思いますが、子ども たちが 自分の 課題 と して、自分の 見通しを 立てて、自分なり に 考えて いく、また 「学び 合い」 を して お互いに 高め 合って いく、そんな 学びを 初等部では 目指して います。

英語教育
1年生から 朝の モジュール と して スタート します。
1年生は 月曜日 から 金曜日 までの 毎朝 15分間、3年生 から 週 3時間、5年生 からは 週 4時間の 英語教育を 進めて います。
初等部の ネイティブ、中高等部の ネイティブにも 協力して もらい ながら 1.2年生の 4クラスに ネイティブと 日本人の 教員が ペアに なって TT と して 1.2年生の モジュールの 指導を しています。
子どもたちが さまざまな 場面で 英語の シャワーを 浴び ながら、身近な 素材で 英語に 親しんで います。

国際理解教育
テレビ会議を 使って、いろんな 国の 子ども たち と 直接 交流したり しながら、子ども たちが 世界に 目を 向けて いく、世界に 羽ばたいて いく 基礎を 作って いきたい と 考えて います。

6年生の 修学旅行は、「英語教育」「国際理解教育」 の ゴールでは ありません。
大きな 通過点の 貴重な 取り組み と して 捉えて います。

(その後、写真を 見ながら 修学旅行に ついて 説明して いただき ました)
修学旅行は、とても 楽しかった こと は 勿論、結構 苦労した こと も あった ようです。

決して 成功体験 だけ では なく、いろんな 苦労を したり 失敗 したり と いう 経験をして、それを 次に どのように して 生かして いけるか が 大事 だと 思います。

ICT環境の 整備
学びが 広がる、学びが 深まる、交流が 深まる と いうこと を 目指して います。
本校では【 iPad・電子黒板・ノートパソコン・実物投影機・Apple認定校 】この ような ICT関連の 機器、環境を 準備して います。
子ども たちが 学びの 中で、「どこで」「どんなふうに」 生かして いけるか が 大事で、必要に 応じて ノートや 鉛筆や 消しゴムの ような 学習の 道具の 一つ と して 活用できる と いうこと を 目指して います。

児童を 支える 読書指導
本校では、わくわく館、はてな館 と いう 2つの 図書館スペースが あります。
常駐の 司書が いて、読書の 力 だけでは なく、情報活用能力を 伸ばすため、いろんな 手法を とっています。

安心・安全な 学校生活
常駐の 警備員さんを 配置し(人の 目)、子ども たちの ランドセルには ICタグが 入って いて 登下校を 確認したり(機械の 目)、防災センターには 常駐の 職員も います。
安心・安全を 常に 見守っている と いう システムを キャンパス 全体で 作っています。

心と 体を 育む 「ミューズっ子 クラブ」
月曜から 金曜まで(木曜日以外)放課後の 2コマの 有料の 希望講座が あります。
スポーツや 文化・芸術の 17の 講座を 開講して います。
本物に 出会う、楽しみ ながら 心 と 体 を 育む、個性・可能性を 伸ばす、と いうこと を 考えて います。

アフター・ミューズっ子 クラブ
16時45分 から 17時45分 までの 1時間、3年生までの 低学年の お子さんを お預かり しています。


中等部高等部の 田尻 悟郎 校長先生から ビデオメッセージが ありました。
「関西大学 初等部は、児童の 頭を しっかり と 働かせる 工夫の ある 授業を たくさん 展開されて います。

ですから 子ども たちの プレゼンテーションの 力も 素晴らしい です。
初等部から 上がって きた 子どもさん たち は、工夫する こと、頭を 使うことを 非常に よく 知って います。

関西大学 初等部は、すばらしい 授業が 展開される 日本でも トップクラスの 学校です。」


その 後、今年の 高等部の 卒業生の 進路と、進路の 選択の 仕方の 説明が ありました。

最後は 入試に ついて、日程の 説明と、親子面接の ねらい、昨年度の ペーパーテスト と 行動観察の 時間配分 などに ついての お話が あり、7月の 入試説明会では、もう 少し 具体的な 説明も ある とのこと でした。

余白


「ミューズ学習について」 山本 文子 先生

本校では、考える ことを 考える 時間 「ミューズ学習」 と いうのを 設けて います。
「考える」 と いうこと を 「スキル」 と して 子ども たちに 教える、本校 独自の 学習が 「ミューズ学習」 です。

「何を、どのように 考えたら いい の かな」「どうしたら 考えた ことに なるの かな」 と いう 子ども たちに
@ 何を 手掛かりに
A どのような 視点で
B どのように 整理を して
と、「考える」プロセスを 学ばせて います。

教科横断的に、【比較する】【分類する】【つなげる】【多面的に見る】【構造化する】【評価する】 と いう 6つの 思考スキルを シンキングツール と 対応させて 習得、活用さ
せて います。

その後、学年に よる 思考スキルの 活用の 仕方、ミューズ学習の 流れ、シンキングツールを使った 授業の 様子などの 説明が ありました。


「国語教育について」     西 勝巳 先生

今、言葉が 乱れて きている と いうことを、ひしひし と 感じています。
小学校の 頃に 素敵な 言葉の 力を つける と いうのが、一番 大事では ないか と 思って おります。

情報は 言葉に 整理 しやすい 心は 言葉では 整理 しにくい
情報は 言葉で 整理 しやすい 面、本当に お子さま の 心の 中の 言葉 と いうのを、どれだけうまく保護者の 皆様や 学校が 引き出して あげること が できるか と いう ところに、国語の 大事な ところが ある のではないか と 思います。

子ども たちに とって 素敵な 言葉に 出会わせて ほしい
マイナスの イメージが する 言葉 と いうのは、ナイフの ように 子ども たちの 心に 突き刺さって いきます。
「よかったね」「ありがとう」「きっとできるよ」「それでいいじゃない」「もう一息だね」「焦らないでいいよ」「よくやったね」「(お母さん・お父さん)嬉しいよ」 こういう言 葉を 入試当日までに いっぱい かけて あげて ほしいな と 思います。

お子さまへの 三大禁句(時と 場合に よる)
@ だめ ― 一撃で 否定された 気に なります。
A がんばれ ― 「がんばってね」より「がんばってるね」 は 今 やっている ことが 認められて いるんだ と 感じ、子どもに 響きます。
B 早く しなさい

公共広告機構の CM、俳句、童話 など を 使って、国語の 大切さ、言葉の 大切さ の お話を して いただいた 温かい 時間でした。
 
余白

「算数教育について」     尾崎 正彦 先生

2020年は、日本の 大学入試が 大きく 変わる 改革の 年に なります。
どういう 風に 変わるか と いうと、知識・理解を 問う の では なく、思考力・判断力・表現力を 問う 大学入試に 変わります。

さらに、「主体的・対話的で 深い 学びを 求めた 授業を 改善する こと。」 と 大学入試に 合わせて 授業改革も 進められて います。

(オックスフォード大学や、麻布中学の 理科の 入試問題など、これまでの 学校教育の 知識・理解では 答える こと が できない ような 問題を 例に)

こういう 問題は、従来の ペーパーテストが できる 頭でっかちの 子ども は 全然 答えられません。

それよりも 素直に 学びを 積み 上げられる 子ども たち の方が、きちん と 答え られます。
論理的・創造的な 思考力を 鍛えて いく と いうのが これから 必要な 学力だと 思います。
大学入試の ため だけ ではなく、これからの 社会に 必要なのは、論理的思考力・創造力だと 考えます。
そのための 礎 に なるのが 小学校教育です。

小学校でも 特に 「算数」 は 論理を 鍛える 授業です。
論理を 鍛える 授業の 継続で こそ 必要な 学力が 高まって いく のでは ないか と 考えます。

その後、課題提起 → 生徒からの 様々な 意見 → 結果からの 「きまり」 発見 → 「きまり」 の 共有 → 論理的思考力の 定着、と いう 具体的な 算数の 授業の 進め方を 説明して いただき ました。

最後に 客観的な データー と して、6年生が 受けた 文部科学省の 「全国学力状況調査」 の結果が 紹介され ました。
【基礎・基本的な 問題】【思考力・表現力を 問う 問題】どちらも、公立小学校・私立小学校・国立大学附属小学校 の 平均を 圧倒的に 超えた、関西大学 初等部の 成績が 示されていました。
「関西大学では、確かな 技能も 勿論 身に つけさせますが、高い 思考力や 追究力、そして 表現力も 確実に 身に つけていく ことを お約束 します。」 と力 強い お言葉で 締め くくられ ました。



一番最後は、全職員の 先生方の 紹介、また、説明会終了後は、個別相談・体験授業が ありました。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白学問を 教える 学校
関西大学初等部は、受験の 為の 小手先の テクニック よりも、本当の 意味での 学問を 教える、数 少ない 場 だと 認識して います。

つまり、どういう ことか と 言えば、学ぶ 楽しさを 身に つける ことが できる 学校で ある と いう 事です。

考えることを 考える のが 名門 関西大学初等部の 教え で あることは、既に 皆さま にも お判り 頂いて いる 事 ですが、自分で 判断し、考える ことの 難しさ・楽しさを 知った 子供達 には、次に、学問の 楽しさが 待って いる の です。

教師陣の 資質に 加え、学校施設の 先進性・安全性、そして 利便性を 考え 合わせる と 北摂地区に お住まい なら 他に 考える 余地は ありません。

繰り返し 言います。

本物は つねに 新しい!


余白2018年度関西大学初等部入試問題

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白イグザム版 2018年度 関西大学初等部 入試問題過去問

イグザム幼児教室では、毎年、入試直後に 子供たちに 集まってもらって 入試問題を 聞き取りで まとめています。

内容の 正確性には、「子供たちの 記憶力には 驚きます。イグザムの 子供たちに よって、入試問題は、まさに 丸裸に されています」と 校長先生が ジョーク 混じりに お褒め くださったことで、より 自信を 深めることが できました。

詳細を 精査する事で、その 出題意図まで 深く 知ることが できました。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白4月25日(水)
余白関西大学 初等部 受験セミナー

余白

関西大学初等部より、イグザム幼児教室に 田中達也 校長先生を お招きし、来たる 7月15日(日 )受験セミナー を 開催 します。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白4月24日(火)
余白関西大学 初等部 パンフレット

余白


関西大学初等部より、2019年度の 新パンフレットが 送付 されました ので ここに 掲載します、

実は、関西大学初等部より お電話を 頂き、17日に 訪問したが 留守だった ため、パンフレットを 別便で 送付 した旨 ご連絡を 頂いて おりました。

掲載が 遅く なりました ことを 深く お詫び 申し上げます。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白読解力 と 理解力

日本人の 読解力 と 理解力 不足が 話題に なっています。

小学生に 落とし込んで 考えると、例えば 算数で、他人から 数式の 入っている 問題を 渡されたら、いとも 容易く 解く お子さんは、勿論、増加して います。

でも、話の 要旨を 汲んで 自分で 数式を 組み立てる ことが できない お子さんも また、信じられない くらい、多く なっています。

イグザム幼児教室では、自分の 力で 数式を 導き出せる 子供を 育てたい と 思って います。

中途半端な 理解の まま、解き方 だけを 丸暗記して 解った ふりを しては いけない と 思うの です。

目標は 小学校に 入学する 事では ありません。

ひと と して、学ぶ ことが 大好きで、生涯 成長し 続ける 事こそ、目指すべき 道 です。

小学校入学は あくまで その 通過点で しか ないのです。

一番 大切 なのは、学ぶ ことの 楽しさ を 肌で 感じ、自分の 力で 数式を 考え、頭の 中で 組み立てる と いう、筋道の 通った 考え方 なの です。

その 意味では 関西大学初等部が 考える を 重視 している のは、イグザム幼児教室 と 同じ様な 理想を 持っている と 言える かも しれません。

つまり、教育理念が 同じ 方向を 目指して いる のです。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白黄金リレー

今年、3年生に なられる お子さんは、1〜2年生で 算数を 古本先生に 教わり、3〜4年生では 尾崎先生に 教わる と いう、夢の ように きらびやかな、まさに、黄金リレー を 体験して いらっしゃい ます。

算数 と いう 学問を これほど 解り 易く 興味を 高める 能力を 持った 先生は そう 多くは ない だろうし、こんなに 素晴らしい 授業を 毎日 受けることが 出来たら、算数を 嫌い に なる 訳が ありません


教え方の 向上は 勿論 大切ですが、単純に テクニックの 習熟 だけの 問題では なく、教える側の 資質も 忘れては いけません。

教える 側が 算数を 大好きで、伝える ため の 工夫や 知恵が 数段 秀でて いて、学ぶ ことが 大好きな 子が 増えれば、自然と 子供たちの 考える 方法も 在り方が 違って きます。

丸暗記が 全てに 優先する など と いう、馬鹿げた 発想には ならない の です。


関西大学初等部の 一番の 特徴は、今まで 常識 と されてきた 勉強法 から 脱却する 方策を 提示 して いる ことです。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白本物は いつだって 新しい

考える ならば、教室 選び 一つを 取って 見ても、ある 意味、 試金石に なって いる と 言える かも しれません。

見出しを 斜め 読み して、全体を 分かった つもりに なっては いけない の です。
それでは、本当の 意味での 読解力や 理解力は 伸び は しません。

保護者の 方に この 文章の 意味が 正しく 伝わらない ようで あれば、その お子さん には イグザム幼児教室は 向いて いない と 言える でしょう。

今の 世の 中、本質を 見極める 力が 最も 求め られて います。

自分 以外の 評価や 外見を 重視する 人 には、物事の 本質を 見極める だけの 素養が 決定的に 欠けている と 思って います。

本質的な 部分は 普遍で あって、その アプローチ 方法が 時代に 応じて 遷移する だけの 事です。


誰かの 作った 道を 安全に 進む だけが 人生では ありません。


今まで 誰も 為し得なかった ことに 挑戦し、切り開いて 道を 創る 人に なって 欲しい と 願って います。


本物は いつだって 新しい の です。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白4月7日(土)
余白関西大学 初等部 入学式

余白

余白

余白

4月7日(土)関西大学初等部の 入学式が 開催されました。
入学式が 終わると、お疲れにも かかわらず、その足で 教室に かわいい 制服姿を 見せに 来てくれます。

今年は 男子 7名 女子 10名、計17名と、 その 比率は 年を 追う ごとに どんどん 上昇して います。


看板や チラシ、ホームページなど では 実数 よりも 遥かに 多く 発表 している 幼児教室が しばしば 見られます.

広く 公開 されて いる 関西大学初等部の 研究発表会や 公開授業に 実際 参加して、真実とは どういう ものかを ご自身の 眼で 確かめ られる 事を お勧め します。

関西大学初等部は1学年 2クラスです。
今年の 1年生の イグザム生は 1組 7名の 2組 10名に 別れました。

1年1組は 4分の 1 弱、2組は 約3名に 1人が イグザム生です。

知っている子が 多く 通っている と いうだけ でも、安心感は 随分 違います。

お母様方に とっても、イグザム幼児教室では ライバル 意識よりも、ともに 苦労を 分かち合った 同志 と いう、共通意識・和やかな 雰囲気が 醸成 されて いる ところが、教室選択の 決め手に なる、良い点の 一つ かも しれません。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白4月7日(土)
余白関西大学 中等部 入学式

余白

4月7日(土)関西大学 中等部の 入学式が 開催されました。
午後から 入学式 と いう お忙しい 最中、イグザム幼児教室 卒業生が 制服姿で 訪問して くれました。
初等部とは 違う 中等部の 制服での 爽やかな お姿を 拝見でき、成長ぶりに 感無量です。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白3月18日(日)
余白関西大学初等部 学校説明会

3月18日(日)、関西大学初等部
にて、2018年度の 第1回 学校説明会が 開催 され ました。

余白

最初に、関西大学初等部の 学校生活の 映像を 見せて 頂きました。
子どもたちの 良い表情が 切り取られて いて、躍動感 や 一生懸命さ や 楽しさ が 伝わって くる 映像 でした。

つい この間まで 幼稚園児で、イグザムの 教室で 一緒に お勉強を していた 子どもたちが、もう すっかり 関大の 初等部の 生徒さん に なっている 様子は、毎年 胸が 熱くなります。

余白


挨拶・関西大学初等部に ついて   田中 達也 校長 先生

今の 映像にも ありましたように、本年度の 教育活動が 終わろう と しています。
先週 卒業式が 行われ、水曜日に 6年生が 初等部を 旅立って 行きました。
とても よく 頑張って くれた 6年間 だった と 思います。

そして 金曜日には 中等部の 卒業式が ありました。
ちょうど 中3の 子どもたちが 開校当初、初等部 2年生 だった 子どもたちです。
答辞を 読む子も 初等部出身の 子で、とても 感慨 深いものが ありました。

 4月から また、初等部の 新しい 教育活動が 始まります。
本日は 2019年度 入学に 向けた 学校説明会の 第1回目 と いうことで、本年度の 教育活動の 振り返りを させて 頂きます。

教育目標
初等部は 勿論、12年一貫教育 と いうことで、初等部、中等部、高等部の ミューズキャンパスを 通した 目標でも あります。
 「確かな学力」「健やかな体」「情感豊かな心」と いった いわゆる「智・徳・体」に、これからの世界を生きていく上で欠かせない「国際理解力」を加えて、(バランスのとれた、総合的な)「高い人間力」を培っていきたいというのを目標としています。

校訓
「考動 ―学びを 深め 志高く―」
これは もともと 関西大学の 教育理念の 一つです。
これを 1年生の 時から 大事な 言葉 と して 話し、高学年の 子どもたちは、いろんな 場面で 口に します。

めざす 子ども像
具体的な 子ども像 と しては 「挑戦する子」 「考える子」 「感性豊かな子」 の 3点です。
特に 「考える子」 と いうのが 本校では 思考力育成 と いうことで、中心に 据えたい ところです。
これは 学習面 だけ では なく、子どもたちの 学校生活、友だち関係、家庭での 生活など 全て に おいて、「考動 ― 自分で 考える」 と いうことを めざして いきたい と 考えています。

確かな学力 ― 初等部の 学び に ついて
今 大きな 世の中の 流れ と しては、学習指導要領が 変わります。
主体的、対話的 「アクティブラーニング」 と いうような ことを 耳に されたことが あるかも しれません。
本校では 開校当初より、思考力育成 と いうことで 「考え方を 考える」 と いうことを 「ミューズ学習」 と いう 名称で 学習して きました。
これが 本校の 特色で あり、大きな 柱 で あると 考えています。



ミューズ学習に ついて、低学年、中学年、高学年 それぞれの 学習の 具体的・段階的な 説明が ありました。
1年生から ベン図を 使って 比較する ことを 学習し、高学年になると、「比較する」「分類する」「多面的にみる」「つなげる」「構造化する」「評価する」 と いう 6つの 思考スキル を 使いこなす 様子は、まさに 関西大学初等部 ならでは で、他には ない 特色 で あると 思いました。

その後、「英語 教育」「国際理解 教育」「ICT環境の 整備」「思考を 支える 読書 指導」 に ついての 説明、最後に 1年生を 中心に 1年間の 行事を 写真や 動画を 使って振り返った お話が ありました。

余白

ミューズっ子クラブの 内容 ・本年度入試 など に ついて
余白長戸 基 教頭 先生

壇上で マイクを 持たれた 長戸先生が 「ちょっと みんな 疲れたかな」 と 子ども達と ジャンケンを 始められました。
「あ! 勝った」 「負けた」 「また 勝った!」
開始から 40分 近く 経って、子どもたちが 急に 元気に なりました。

「学校 紹介 ビデオ」
「ミューズっ子クラブ 紹介 ビデオ」
それぞれ、説明が ありました。

本年度の 入試について
「親子面接」 「ペーパー」 「行動観察」 それぞれに ついての 「ねらい」 と、過去の 質問や、過去の 問題を 例に 挙げながら、具体的な 説明も ありました。


説明会 終了後は、(国際理解・英語) の 体験授業が ありました。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白高い 人間力 とは

関西大学初等部の 入試説明会にも 初年度の 第1回から、欠かさず 出席して きました。

ここで、関西大学初等部の 開校 初年度と、今年での、私が 感じたまま、変わらぬ 点・変わった 点を いくつか 挙げて みたい と 思います。

変わらない(普遍的な)点は、「考える」を 柱に 据えた 教育だ と思います。

変わった(臨機応変な)点 と 言えば、説明会に 於ける「高い 人間力」の 比率の 高まり で しょうか。

開校時よりも 「高い 人間力」 の 育成が より クローズ・アップ されて きたように 感じます。
「ひと と して どう あるべきか 」 は 根源的な 問題であり、哲学的思考の 礎 で ある とも 思います。

これは 決して 考えの 比重が 変化した と いう訳 では なく、関西大学初等部とは、こういう 学校 なのだ と いうことを 啓蒙する 必要性が 徐々に 下がってきた と いう事を 物語って います。

逆に 言えば、関西大学初等部の 認識が それだけ 高まってきた と いう 事の 表われ と 考えて よい の かも しれません。

つまり、関西大学初等部 独自の 勉強法を アピール しなくても、保護者の 方の 理解が 深まり、それは、当たり前の こと と して 学力の 向上が、広く 認知 される ように なった という こと で しょう。

当初の 期待値を 凌駕する 程の 子供達の 成長振りが ここ からも 見て 取れ ます。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白そして、より 視覚的・聴覚的に

IT化が 進んで きた ことで、視覚や 聴覚に 訴える 方法が 進化して、動画や スライド・ショーの 比率が 高まって きた ことも 説明会の イメージを 変えてきた ことに 繋がって います。

説明して 解って もらう ことは 勿論 大切です が、視覚や 聴覚に 訴えて、より 多くの 保護者の 方に 瞬時に 理解して もらえる 工夫も 必要なのは 言うまでも ありません。

入学して 考え方を 学ぶのは 当事者で ある 子供でも、それ 以前に 小学校の 決定権者 である、保護者の 方に 学校を 理解して 魅力を 感じて 頂かなければ なりません。

説得力を 強化する には 、五感に 訴える のが 効果的 です。

この 学校に 限らず、小学校 受験の 世界 全体に 画像や 映像・音楽 を 使った 説明会が 増加して いる のは、誰の 眼にも 明らか でしょう。

こう なってくると、映像センス も 学校選択の 大きな 要因に なって きます。
そして、そこに、その 学校の 歴史や 伝統、校風が 顕著に 表われる の かも しれません.

訴えたい ことは 同じで あっても、その 表現法や 表現力は ひとつ と して 同じ では ありません。

アイデア・オリジナリティを 盛り込んだ 上で、解り 易さ・見易さと 同時に 質の 高いものに する、と いうのは、メソッドや テクニック だけ では ない、独自の 視点が 必要に なる事は 論を 待ちません。

説明会や ホームページは、ある意味、学校で 普段 教えている 事の 表出の ひとつ と 言える かも しれません。


説明会も 受身で 接する のではなく、主体的な 目で 我が子に どこが 相応しい のかを 見極めて いくべきだ と 思います。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白3月14日(水)
余白関西大学初等部 卒業式

3月14日(水)、関西大学初等部
にて、2018年度の 卒業式が 挙行 され ました。
式で お疲れの ところ、制服姿で ふたりの 卒業生と 今度 関大初等部 5年生に なる 弟くん、そして その お母さまの 5人で 教室を ご訪問 下さいました。

余白

姿は しっかり 大人に 近づいて きましたが、本質は 変わっては いません。

授業の中で、こんな 面白いことを 言った、こんな 質問を したなど、思い出は 尽きません

余白

「教室って こんなに 狭かったっけ?」
「あっ、これ まだ あったんだ 懐かしい。」
など、子供たちも 懐かしんで くれて いたようです。


余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2月27日(火)
余白関西大学初等部 卒業生

2月27日(火)、関西大学初等部
の 6年生の イグザム生が 教室を 訪ねて くれました。
3月14日には 卒業式が 行われますが、それに先駆けて訪問してくれました。

大きく なられましたが、やんちゃ坊主の 面影は はっきり 残って います。
少し 恥ずかしがり屋に なって 下を 向いて 目を 合わせない ように して いましたが、こうして お顔を 見せて くれた ことが 何より 嬉しくて 一番です 。

後から「あっ、、写真を撮っておけばよかった。」と、後悔しきりです。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2月4日(日)
余白全日本仮装大賞 優勝


2018年 2月4日(日) 日本テレビ系列「欽ちゃんの第95回全日本仮装大賞」にて 関西大学初等部 合唱部 有志(初等部生を 中心に OBの 中学生を 含む) の 面々が「参勤交代」を テーマに、見事 優勝しました。

余白

余白『仮装大賞2018 優勝は23番の参勤交代!「感動した」「納得」ネット
余白上の 反応 kitaさん の 投稿より』
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白頂点を 極める 事は 簡単じゃない ー だからこそ チャレンジする 意味が ある

よく、「 結果 じゃなくて、参加 することに 意義が ある 」と、言われますが、果たして 本当に そう で しょうか。

参加する からには、頂点を 目指すのが 本音では ない でしょうか。

メダルを 意識せず、漫然と 参加するより も、究極目標 と して メダル獲得の 意識が あった方が、 良い 結果を 残して いるのは 明白な 事実 です。

どんな 場面でも ナンバーワンに なる ことは 気持ちの 良いもの です。

改めまして 全国優勝 本当に おめでとう ございます。

生涯でも 自慢できる 金メダル を ひとつ 胸に 掲げましたね。


これまで 何回も チャレンジ されて きた 縁の 下の 力持ち、梅本龍多 先生の ご努力も 決して 忘れては なりません。

梅本先生は 日本に おける 英語 初等教育の 第一人者 であることは 有名 ですが、子供が 大好きで、写真や 動画の 腕前も 他を 寄せ付けない 玄人はだしで、良い 意味での 遊び人 で あります。

「怖い 先生」 と 皆から 恐れられる 半面、時に、軽妙な 司会も こなす、肩に 力の 入らない、 ひょうひょう と した お人柄は ある意味 関西大学初等部 ならでは、の 感が あります。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白ふたつの 喜び

私事 ですが、今回の 受賞には、二重の 喜びが あります。

ひとつめは 映像の 真ん中で 涙しながら 優勝賞金を 高々と 掲げている 一人が、 当教室の 年中クラスから、最終学年 となる 3年生クラスまで 在籍した、イグザムっ子 卒業生で あった こと です。

もう ひとつは、これまでも 関西大学初等部の 「考える」 教育の 優位性に ついて 述べて きましたが、学力に 関しての 優位性 だけでなく、遊びの 部分でも アドヴァンテージを 持っている 事を 証明して くれた こと です。

小学校は 楽しい所 で なければ なりません。

イグザム卒業 在校生の 誰もが 口を 揃えて 「楽しい」 を 連発する のが 頷けます。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2月3日(土)
余白関西大学初等部 研究発表会


余白

2018年 2月3日(土) 関西大学初等部にて 第8回 研究発表会が 開催 されました。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白おもてなし の こころ

一般の 見学は、長戸基 教頭先生の ご案内で 始まりました。
形式的な 長い 挨拶は 抜きで、授業を 見せて 頂きました。

しかし、短い 言葉の 中にも、「シンキング・ツール を 使う 事が 目的 では なく、手段の 一つに 過ぎず、私達の 目的は、 自分の 力で 考える 事」 と 語られて いました。

誰かの 意見を、その 意味を 考える こと 無しに 100% 丸暗記する お利口さん よりも、自分で 考え 判断できる 人間を 育てる と いう 事を、関西大学初等部の 統一された 教育理念と して 持って いるのだ と いう 事を 感じさせる 一幕 でした。

研究発表会に 関する 資料の 入った、大きな 封筒の 裏に 当日の 授業内容と 場所が 書かれていました。
別紙に 書かれた ものを いちいち 出して は しまう ことを 考えれば 時間の 面からも 合理的で ロス無く 快適に 過ごせる でしょう。

「来場者の 気持ちに なって」 と 言うのは 簡単です.
とはいえ、関西大学初等部の それも ほんの 小さな 事かも 知れませんけれども、「おもてなし」の 真の 意味を 考えた 結果の 一例(しかも 好例) だと 思います。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白ディベートの 面白さ

6年生の 授業を 見せて 頂きました。
私が 見たのは、ディベートの 授業で した。

エコバッグの 社会に 対する 是非 を 考えると いうもので、自分の 主張は ひとまず 横に 置いて、賛成と 反対に 別れて 論じ 合う と いう ものでした。

一見、エコバッグ 賛成派が 世の中の 趨勢(すうせい)から 見ても 圧倒的 有利な ように 思えますが、物事を 一方的に 見ない、反対意見にも 耳を 傾ける と いう 姿勢(シンキング・ツールで 言えば、ボーン図を 描くように『多面的に 見る』と いう 発想)を 追求する ことで、展開が ぐっと 面白く なります。

実際の 話は、始まる 前から 結論が 決まっていろ 程、単純では ない のです。

私が 見た グル−プで、タイミング 良い ツッコミの 冴えで 来場者を 笑わせて くれた イグザム生も 昔は とても 内気な 男の子 でしたが、関西大学初等部の プレゼンテーション力を 高める ご指導の 賜物で、素晴らしき 逸材へと 成長して いました。

この子は 教室で 目立つ存在では なかった の ですが、良い 面に 着目して それを 見逃さない 関大初等部生の 特徴が 現れた 顕著な 例の ひとつ でしょう。

物事を 誰かから 教えられた とおりに 一方から だけで 見る の ではなく 他方にも 光を 当てて 立体的に 見ると いう 習慣が、実に 上手く 身に 付いて います。

刮目 すべきは、発表者が、予め 決められた 優等生 ではなく、周囲を 取り 囲むように 存在する 参観教育関係者 たちに とって 偶然 目の 前に 座っている グループで あった と いう事 でしょう。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白(きずな)

「この子 なら 期待する ような 答えを 披露して くれるだろう」 とか、それは 無いに しても、「この子だけは 絶対 しゃべらせては いけない」 と いった 思惑は 一切 入り込む 余地が ありません。

一人ひとりが 自分で タブレット端末を 駆使し、そこで 調べた 事実 であろう 事柄を 積み 重ねる と いった 準備も 怠りが ありません。

ここでも、さり気なく、コンピューターを 使うのは 目的 ではなく、あくまで 手段の 1つに 過ぎない のだ と いう事を 見せて くれます。

この 等質性、つまり、「考える」ことに 関する アベレージの 高さは、誠に 驚きに 値します。


そして、もう一つ、教える 側 と 教わる 側の 深い 信頼関係 に 驚嘆する ばかりです。

教え方の 上手い 先生なら 他にも たくさん いる かもしれません。
しかし ながら、人間 と して 尊敬する 事 とは 別です。

子供たちが 先生を 信じ切って いて、また、同じ 様に 先生も 生徒を 尊重し、深く 信頼して いる 事が 見て 取れ ました。

研究発表会や 学校公開等、関西大学初等部の 教育の 目撃者に ならなければ、この 事実は 永遠に 解らない でしょう。


天才育成の テレビ番組を 目にする 機会も 増えましたが、その 多くは 記憶力の 育成が 主目的で、従来の 価値観の 延長線上に ある 感嘆・驚愕 で あって、自分で 考える 力を 伸ばそう と している 例は そう 多く ありません。

常人以上 と 思われるから と 言っても、子供たちは 記憶力の モンスター でも なければ、見世物の 道具でも 決して あり得ない のです。

関西大学初等部の 「考える」 教育の 真価が 理解される のは まだ 数年先かも しれません。

「ミューズ学習 = 考える学習」 を 始めた と いう 事 でも 充分 エポック・メーキングでは ありますが、それを 開校以来、ずっと ブレる こと なく 継続して きた と いう 事を もっと 評価して 構わない と 私は 思います。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白ミューズ学習 の 副産物

6年生の 授業の 後、各学年の 授業を 見せて 頂きました。
どの 教室も 教育関係の 方が 鈴なりで じっくり 見る 訳には いきませんでした。

それよりも 先ず、教え子たちの 成長ぶりを 見る 事に 必死で、正直 授業の 中身を 吟味する だけの 余裕が ありません でした。

そんな中、目に 止まった ことを 一つ ご紹介 します。

この子も 教室では 決して 目立つ 存在では なかった の ですが、教室移動の 際、グループ 引率の リーダーを 任され、一生懸命 その 期待に 応えよう と していました。

周りの 子ども たちも この 生徒の 一途さ・ひたむきさを 肌で 感じて いる ようでした。

このように、低学年から 人を 尊重し 良い 面を 探す 習慣が 付いて いるのは、多面性を 心に 留める ミューズ学習 の 隠れた 大きな 成果 と 言える の かも しれません。
 
もちろん、関西大学初等部に 入学したら 誰でも そうなる わけでは ありません。

ですが、子どもたちに そう 育って ほしいと 望み、 教える側が 日々 これを 伝えようと する 気持ち を 持っているか いないか で、結末が 大きく 違ってくるのは 当然です。

皆と 久しぶりに お会いして、その 成長ぶりに 目頭が 熱く なりました。
大人に なる 子供たちを 見るのは、ちょっぴり 寂しさも ありますが、それ 以上に、逞しく なっていく 姿を 見て 嬉しく 思います。

本当に 学校が 大好きで、学ぶ ことが 大好きな 素晴らしい 子供たち です。

おかげさまで、この イグザム幼児教室から 100名を 超す 子供を 関西大学初等部に 進学させる ことが 出来、感無量ですが、関西大学初等部に 通うことを 後悔 している 子は いません。

さながら、どちらに 跳ねるか 判からない 一滴 の 水が、 集まる ことで 川 と なり、やがて 大河 と なるように、方向性を 「考える」 に 統一する 大きな 脈流を 持っている ことが、 関西大学初等部の 開校 以来の 一貫した 教育理念だと 思います。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白考える の 見える化

関西大学初等部の「考える」教育の 影響を 一番 受けているのは、案外 この 文章を 書いている 私 自身かも 知れません。

先生方の 指導法・考えは 個性的で、とても じゃ ありませんが 指導要綱の 枠に 収まる ものでは ありません。

文科大臣賞を 受賞された 先生を 初め、何冊もの 著書を 持つ 先生方が キラ星の ように いらっしゃいます。

その 先生方が 築き上げて きた 個性的な 指導法・考えを、自分だけの 概念から 目に 見える形に 姿を 変化させ、教育に 詳しくない 方でも わかるように 一般化・共有化 して います。
つまり、普段 子供たちに 教えている 事の 実践を 身を 持って 示して いらっしゃる のです。

このように、関西大学初等部では、研究発表会が、一過性の お祭り騒ぎや、自己満足の ための 道具では なく、自らが 取り組んで いらっしゃった 指導法・考えを 見える化する と いう、真剣勝負の 場 でも ある と 言ってよく、参加する 教育関係者の 方々も それを 充分承知して いらっしゃる から こそ、少しでも 取り入れよう と 目を 皿の ように して ご自分の 授業の 参考に する 一日に なる の で しょう。

そして、それは 明日の 関西大学初等部を 背負って 立つ 後進指導者の 育成・発掘の 場 を 兼ねて いるのかも しれません。

先生方の 考えを「比較する」「分類する」「つなげる」「多面的に 見る」「評価する」「構造化する」ための 道具 で あるところの シンキング・ツール を 素材にし て、生徒達に 一般化・共有化 して いるのです。


これこそが、考える の 見える化 です。


ともすれば、同床異夢に なりがちで、 同じ 方向性に 纏め 上げる のは 容易では ありません。


束ねる マエストロの タクト 捌きは、見事 と いう他 有りません。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白11月18日(土)
余白関西大学初等部 研究発表会


11月18日(土)、関西大学初等部より、2018年 2月3日(土)開催予定の の 案内チラシを ご送付下さいましたで、ここに 掲載させて 頂きます。

関西大学初等部の 研究発表会は 教育関係者の 間でも その 先進性から ひと際 高く 評価されて おり、言ってみれば、先生の お手本です。

参加 された 方からも、「自分が 子供の 頃、こういう 授業を 受けたかった」 と いう 声の 多い、関大初等部 志望を 決定 づけた、イグザム幼児教室 お勧めの 発表会です。




小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白
10月12日(木)
余白関西大学初等部で 追加 合格発表


2017年 10月12日(木)関西大学初等部 に 於いて、201年度の 追加合格を 頂きました。
イグザム幼児教室からは 総勢 19名が 受験され、トータルで、17名が 合格を いただきました。
合格率 89%。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白9月26日(月)
余白関西大学初等部で 合格発表


2017年月26日(月)関西大学初等部 に 於いて、201年度の 入試結果が 発表 されました。
イグザム幼児教室からは 総勢 19名が 受験され、内、16名が 合格を いただきました。
合格率 84%。

あくまで 9月26日 現在の 暫定の 数字です。
追加合格の 紙が 入っていた 方など、待って おられる方も いらっしゃいます。


まだ 終わり ではなく、これからの 数字の 伸びも、期待されます。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白9月22日(金)
余白関西大学初等部の 入学試験が 実施されました


余白

9月22日(金) 関西大学初等部にて 入学試験が 実施 されました。
今年も 150名以上の 受験生を 集め、60名しか 合格 できないことを 考えると、倍率は 約2.5倍と、難関 ぶりを 堅持して いました。

イグザム幼児教室からは、関西大学幼稚園から 初等部を 受験され ほぼ 内定を 頂いている 1名を 含め、総勢 19名が 受験 されました。

みんなガンバレ!!

余白

関西大学初等部の入学試験会場に 応援に 駆け付けました が、そこで 沢山の 関西大学中等部 へ と 進学された、イグザム幼児教室 卒業生の 皆さんと 久しぶりに お会い することが できました。

ほんの 少し 昔の 面影を 残し つつも、外見が 青年期へ の 過渡期で 大きく 変貌 している 様子に、改めて その 成長ぶり を 強く 感じた 気が します。

想像以上に カッコよく 変わり すぎて、すれ違い ながらも 気づけ なかった 皆さんは 本当に ごめんなさい。

いずれに せよ、関西大学初等部への 認識の 深さを 胸に 刻んだ 思いが します。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白7月16日(日)
余白関西大学初等部 入試説明会


余白

7月16日(日) 関西大学初等部にて 入試説明会が 開催 されました。

オープニング
合唱部の 発表 でした。
歌声も さること ながら、手を 広げて 歌う時に とても いい表情を されていて、聴いている 人に 伝えたい と いう 思いが しっかり 届いて きました。


入試概要   田中 達也 校長先生


この 小学校での 教育に ついてや、子供たちの 生活ぶりを、映像を 主に 見せて 頂きました。

選考に ついて

本校の 入試は 「親子面接」「ペーパーテスト」「行動観察」の 3点セットで 行なっています。
この 3つを、全て 点数化して それを 基に(1:1:1)の 割合で 選考させて 頂くと いうことに なります。
但し それに 加えて、当日 お子さんに ついての さまざまな メモが 挙がって きます。 
親子面接は もちろん ペーパーテストや 行動観察も、ただ 単純に 何点と いうことだけでは なく、「行動観察で こんな いいところが あった」「ペーパーテストで しっかりと した 話の 聞き方が できた」そのような メモに よって お子さんの 良さ、逆に 課題なども 含めて 考えさせて 頂きます。

月齢配慮
月齢配慮と いうことで、プラス 何点と いうような ことは していませんが、4グープに 分けて、親子面接や 行動観察などの 時に 月齢の 離れた お子さんと 一緒に なることが ないよう、配慮して います。

親子面接
男の子の 早生まれさんから スタートして、4月生まれまで、その後 女の子の 3月生まれから 4月生まれまでと いう 順番で 面接を 行って いきます。

ペーパーテスト・行動観察
男女別に 2グループずつ、合計 4グループに 分けて、グループごとに 「ペーパーテスト」「行動観察@」「行動観察A」を ローテーションして いきます。
着替えは ありません。

初等部の めざす 子ども像
初等部に 入学した 子ども達には「考える子」「挑戦する子」「感性豊かな子」をめざして教育を進めています。
入試では、そこに向かっていくお子さんの姿として意識して頂きたいことが何点かあります。
まず「知的好奇心」「問いや疑問」を伸ばしてあげて頂きたい。そして「素直・柔軟」は 本来 持っている ものです。
また「話の 聞き取り」は、ある程度 意識して 習慣を つける と いうのは とても 大きいと 思います。
学校生活が 始まると、集団に よる 学びが 大変重要に なってきます。
そういう時に「基本的な 生活習慣」が どれだけ きちんと 身に ついているか、維持できるかは 大切ですし、「認め合い・支え合い」の 場を 持って いただけたら と 思います。
例えば ペーパーテストでは 「聞いたことを 基に 考える」「生活体験を生かして答えを導く」「試行錯誤して 答えを 導く」。そういう姿に なって くれたら いいな と 思います。

それが 我々が 求める、育てたい 子ども像 と 合致する と 考えて います。


初等部の 入試に ついて   長戸 基 教頭先生


校長先生の 入試全体の 概要に 続き、入試の 内容に ついて 実際の 試験の 様子、ペーパー問題などを 例に 詳しく 説明が ありました。

親子面接のねら
 保護者 ー 学校に 対する 思い・お子さんの 育ち
 子ども ー 伝える力・対話力・周囲への 関心

ペーパーテストの ねらい
 (考える子)話を 聞き取る 力、言葉、集中力
 (挑戦する子)あきらめない 粘り強さ・試行錯誤・ひらめき
 (感性豊かな子)豊かな 体験

行動観察の ねらい
 幼稚園、保育園、家庭、地域の 中の 遊びを 通して、友だちと、どのように かかわっているか、ルールや マナーが しっかり 守れるか。


関西大学 応援団に よる応援 の 披露

関西大学応援団 と チアの 皆さんが、受験で 頑張る 子ども達へ エールを 送って くださいました。
大きな 太鼓の音、迫力のある 声に、子どもたちの 目が まん丸に なっている のが 印象的 でした。

後日、「はじめは ビックリ していた けど、家で 応援団の 真似してました。」 と 参加された 保護者の 方が おっしゃって いました。

余白

説明会終了後は 教科別説明(国語教育・算数教育・ミューズ学習・ICT教育)、個別相談に それぞれ 自由に 分かれて 移動しました。

また、今年から 始められた、昨年の 実際の 入試問題を、包み隠さず、そのまま
展示 されていたのが 注目点の 一つに なって いました。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白艶やかに なった 歌声

本日の 入試説明会に 於いて、合唱団に よる 歌声を 聴かせて 頂きました。

説明会での 合唱団の 発表も 回数を 重ね、歌声にも 一層 磨きが 掛かってきた ことを 感じます。

質的向上の 要因の ひとつには、目標設定の 明確さが 考え られます。

現時点での 自分たちの 評価と、乗り越えて いかなければ ならない 課題を 知る事に よって、今後の 自分の 取り組む べき テーマを 鮮明に しています。


関西大学初等部の 考える と いう 根本的な 教えが、こんな 場面でも 子供たちに 正しく 伝わっていて、しっかりと 理解された 上で、その行動に 結びついている ことに、感銘を 受けずには いられません。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白小学校に おける 関関同立の 位置づけ

今日の 関西大学初等部の 入試説明会に 於いて、初めての 試み と して、大学の 応援団に よる 演舞が ありました。

目の前で 繰り広げられた、傷だらけの 状態に なりながらも 独特の 威厳や 風格を 称える 団旗 や、大太鼓の 腹に 響き 渡る 大音量 の 重低音、日本古来 とも 言える 服装や 歌に、度肝を 抜かれた 人も 散見 されました。

大学から 高等学校、中等学校、小学校と 逆に 辿っての、学校と しての 歴史、伝統、 一貫性が 垣間 見られる 思いがして、とても 有意義に 感じました。

丁度 1週間前に 開催された 立命館小学校の 入試説明会、そして、この日の 関西大学初等部の 入試説明会と、応援が クローズ・アップ された 感が あります。

期せずして、関関同立の 小学校 そのものの 存在意義の 一断面を 鮮明に 思い描かれた と 思います。

関関同立 だけが 持つ、響き、これだけは、他には 持ち合わせようが ない 魅力の 一つと 言える のでは ないでしょうか。

幸いにも、4校は 京阪神に 別れて 存在します。

関関同立の 小学校が ひとつの 大きな かたまり と して、連携しながら 関関同立という ブランドの イメージ・アップに 相対する ように なれば、関関同立 以外の 小学校に とっては、重大な 脅威 と なるかも しれません。

なぜなら、近畿圏に おける 関関同立の イメージに 対抗する 術を 持ち合わせて いない 事は、当事者の 方が 一番 良く ご存じの はずです。

それだけ、関関同立の 持つ 印象は 絶大 なのです。

伝統ある 定期戦が あり、それが 記憶に 残っている 小学校は、 今の ところ 関西には 存在 しません。

小学校レベルでの、スポーツ面や 文化面での 交流が、今まで 以上に 盛んになり、話題性が 高まれば、関関同立 以外には ない 差別性、優位性が 際立ち、関関同立 全体の イメージ・アップに つながる でしょう。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白塗り替わる 近畿圏の 受験地図

近畿圏の 小学校受験者数は、首都圏に 比べれば、その 実力通りの 倍率に なって いない 事は 明らか です。

確かに、十年前には、関関同立の 小学校が 1校も 存在して いなかった 事を 考えれば、当然かも しれませんが、規模 そのものが 遥かに 小さく 華やかさに 欠け 魅力の 乏しい その 時からは、状況が 一変している ことは 火を 見るよりも 明らかです。

英語教育が 見直され、従来の 教え方では 世界に 通用する 英語は 育たない 事が 散々 指摘され、小学校 高学年からの 必須が 余儀なくされて、中学受験に 英語が 必須科目 と される 日が 目前に 迫っている 時代です。

大学入試に 於いても、ゆとり教育に よる 学力低下が 指摘され、マークシートに 代表される センター試験も 廃止 されて、論述式の 回答形式が 大幅に 増えていく で あろう と 予測されて います。

ICTの 活用 と いう 面から 見ても、私学の 持ち味 である 先進性が 存分に 活かせる 機会だと 私は 思います。
私学の 中でも、新設の 関関同立の 小学校は、設備面からも、先生方の 意識からも、特に 優位性を 遺憾なく 発揮 できる 場 だと 考えます。
考えを 深める ための ツール と しての 役割にも 早くから 着目し、その 役目を 適切に果たしています。

小学校 受験の 過渡期 である、と いう 意味からは、倍率を 考えれば、今は 最大の チャンス かも しれません。

親の「先見の 明」を 発揮する 絶好機 なのです。


小学校受験 を 検討する 糸口 と なったのが 国立小学校受験で、新設の 関関同立の 小学校を 滑り止め、と 考える 層が、これまで、圧倒的多数を 占めて いたのが、従来の 受験者層 ならば、小学校受験 に ついて 考えたことが 無かった 層、関関同立の 小学校 そのものを 目標 と 考える、新たな 層が、出現しても、何ら おかしくは ない と 思います 。

小学校受験者の 数を 飛躍的に 伸ばすには、今まで とは 異なる 発想 や アプローチ が 欠かせない、と 考えるのです。

従来の 小学校受験を 考える 保護者の 方 の 層 とは 別に、中には、自分と 比較すれば、関関同立など、夢の また 夢、考えても みなかった と いう 層も 含め、これから 小学校受験熱は 急速に 高まって くる でしょう。

きっかけは、さほど 問題では ないのです。

子供の 可能性は 無限です。
予め 能力が 決まっている 訳では ありません。

そこら中に 天才は 眠っている のです。

近畿圏に おける 小学校受験の 世界が、首都圏並みの 競争率に なるのは 時間の 問題ですし、その 為には 新しい 層の 掘り起こしは 必然です。

明治維新を 成し遂げたのが 下級武士や 一部の 農民層を 中心 と したもの であった 例を 挙げる までもなく、下剋上は 世の ならい です。


この 受験過密化は、質的低下を もたらす どころか、新しい 層を 巻き込んでの、更なる 競争激化を もたらす でしょう。

つまり、倍率が 高くなる と いう事は 即ち、難関校化する と いう事 と 同義語です。


自分が 通学 している 学校の ことを、誇りに 思う ことは、大切な こと です。


余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白議論の 価値

他人の 意見に 耳を 傾けてから、相手の 言っていることの 真意を 推し量り、若し、自分の 意見と 違っていたなら 相違点を 明確にし、どちらが 正しいかを 客観的に 判断して 答えを 導き出す、これが 議論と いうものです。

国会討論や 多くの テレビ番組で、最初から 意見が 決まっていて、相手を 打ち負かす 事のみを 考えているようでは、議論とは 言いません。

相手の 揚げ足取りの 優劣を 判断している訳では ありません。

正しい 議論とは 如何なるものか、小学校から 学び直す べきだと 考えます。

考える と いう事は 即ち、正しい 議論の 素 になる 行為です。

現代 日本には、意外と、考えて から 行動する 人が 少ない 気が します。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白7月2日(日)
余白
関西大学初等部 田中達也 校長先生 教育セミナー


余白

7月2日(日)10:30〜 関西大学初等部より、田中達也校長先生を お迎えして. 教育セミナー「関西大学初等部の 教育とは」を 開催 致しました。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白説明会は 生き物

一見すると 同じ ように 見えても、全然 違う 事も あります。

表面に 見えている ものは、そのものを 全て 語りは しません。

田中達也校長先生の お話は、パワーポイントを 使った、学校説明会と 入試日程 及び その注意点 と、基本的には 関西大学初等部で 開催された 学校説明会と 同じです。

では、何が 違っている のでしょう。
全く 同じなら、わざわざ 塾 開催の 説明会に 参加する 必要性など 微塵も ないはずです。

余白

教室・塾によって、大きく 異なっている のは、参加する 人=聴衆の 意識・熱意 で しょう。

聴衆に とって、関西大学初等部の 位置づけが、全体の 中での、Top なのか、 One of them なのか に よって、聴く 側の 真剣度合いが 変わっていて 当然です。

聴衆と 講演者の 温度差が 無い 程、説明にも 気合が 入る はずです。
聴衆の 期待と 講演者の 情熱とが 一体 と なった時、その 関係性に よって、説明会 そのもの の 内容も 変化する かもしれません。
それらの 要因に よって、説明会 全体の ボルテージが 自然と 持ち上げられた と しても、何ら 不思議 では 無いと 考えます。

この インプロビゼーションが 新しい 創造性を 生み出す の かも しれません。

同じ 写真を 見ても 同じ 説明とは 限らないのと 同じ こと でしょう 。
無意識で あっても、密度の 違いは あって 当然 なのです。

合間に 挟まれた 質疑応答 でも その 違いを 窺い 知る ことは できます。

6つの 思考スキルに ついても それぞれの 学年での 実際の 活用例を 示しながら、時に 冗談を 交えながら、細かく 丁寧に、 時には 自然と 早口に なりながら、熱心な ご説明を 頂きました。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白なぜ、「考える」 が 思うように 広がらない のか

関西大学初等部は 開校初年度以来、考える を 教育の 柱に 据えて きました。
開校後 8年が 過ぎましたが、未だに 二番手が 現れません。

関西大学初等部が その 手法を 明らかに して 来なかった のか、それは 違います。

毎年 開催される 研究発表会では、先生方を はじめ と する 多くの 教育関係者に、惜しげもなく その手法を 明らかに して きました。

では、教える側に、子供が 考える、と いう事に そもそも 興味が ないのか、それもまた、違います。

毎年 開催される 研究発表会では、先生方を はじめと する 多くの 教育関係者に 高い 人気を 博しており 参加者数も 増加の 一途を 辿っています。

それでも 尚且つ 関西大学初等部が 実践する 考える教育 が 広く 根付かないのは、次の 理由に よるものだ と 考えます。

1.個人では なく、組織全体が 同じ 目標を 持たなければ ならない から。

2.短期的では なく、長期的な 取り組みが 必要で ある から。

3.新たな 目標に 対する 成果(報酬)或いは 時間的 余裕が ない から。

つまり、それらを 理由に して、先に 進むことが できない の です。

関西大学初等部は、その点、自由度が うんと 広がる と 言える でしょう。

元来、教育する 側は、学ぶことが 大好き であり、教える と 同時に 自らを 高める ことが 大好きです。

余白

関西大学初等部の 先生方は、教える と いう 行為に 定評が ある、各 教育機関からの 選り優り です。

その 先生方の、これまで 培って こられた ある種 確立された 教え方に、体系づけられた 6つの 考える スキル を 加える事は 苦痛よりは 寧ろ、大きな やりがい と なるでしょう。

先程から 何度も 出ている、研究発表会の 場でも、この 先生の 考え方、教え方を 少しでも 多く 吸収 しようと する 若き 教育者の 姿も 特別な 光景では ありません でした。

教える 側の 資質 と いう 面では、申し分無い でしょう。

後は、教わる 側ですが、ここにきて、2クラス、60名強体制を 堅持して いることが 効いている と 言えます。

レベルが 一定の 線で 担保 できていると 言っても 良いでしょう。

その 60名 と いう 少ない 中で 頑張って くれて いるのが イグザムOBの 皆さんかも しれません。

勿論、イグザム幼児教室の 卒業生が イグザムの 教えを 100% 理解できている 訳では ありません。

例外も あって 然るべきです。

事実、何度 説明しても、理解しよう と しない 子も 親も 中には います。

問題は 確率です。

何も そのことに ついて 考えた 事 のない 子と、人の 話を まず 聞きなさい、知っておくべきことは まず 人に 先んじて 覚えて おきなさい、数は パッ と 見て わかるようにしましょう、多いときは 数える のではなく 数の 組み合わせで 考えましょう、視線を 絞って 見比べる スキルを 身に つけましょう、時間が 余ったら その 時間を 有効に 使って 見直しを しましょう、と、言われ 続け、人の 教えた こと を 無条件に 受け入れる よりも 自分の 力で 思考する 術を 獲得してきた 子では、どちらが 考える ことが 得意で 好き に なるか と いう事です。

それでも、イグザムの 卒業生に 共通して 言えるのは、ほぼ 全員が 考えることに 興味を 持っている と いう 点 です。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白多数決の 論理と、 「考える」 エッセンス

関西大学初等部が 開校して 8年が 経ちました。
イグザム幼児教室の 関西大学初等部 合格者も 受験者の 8割以上、約100名 と なり、その 8年間での 辞退者は 2名だけ です。

合格 イコール 関大生
に なる ことが 他に 比べて、圧倒的に 多いのです。

つまり、イグザム幼児教室で 関大初等部を 目指す 保護者の 方は ほぼ そのまま、在校生の 保護者と なり、田中達也 校長先生とも、長い お付き合い に なる確率が 極めて 高いのです。


余白

関西大学初等部の 考える 教育の 忘れては ならない 特徴は、自分の 考えを 纏める 以外に、周囲に 理解させる ための 説明を 充分に する と いう 事です。

つまり、自分の 理解の 為 だけで なく、相手に 自分の 考えを 分からせる ことです。

同じ 事を 言って いる ようで、中身が 違う 事は よく ある 事で、同じ 意味の 事を 言って いても、必ずしも 本質が 何かを 理解 している 訳では ない のは これまで 述べてきた とおりです。

例えば、間違った 民主主義の 代表格とも 言える のが 多数決に よる 決着です。

私は、多数決 そのものを 否定して いるのでは ありません。

否定 すべきは 十分な 議論が 為されない まま、反対意見を 持つものが 納得しない ままに、採決を 急ぐことです。

常に、声の 大きい ものが 勝者となり、逆の 立場の 意見を 押し潰しては いけない と 思うのです。

ここで、大切なのは、議論の 為の 議論に 陥っては ならない、と いう 事です。
議論する ことの 意味合いを 原点に 立ち返って、吟味する ことです。

関西大学初等部は、シンキング・ツールを 使いこなす こと、それ 自体が、目標では なく、考える と いう 目標に 向かう 上での 効果的な 手段の 一つ でしかない 事を 充分 承知していて、その事を 訴え 続けて きました。

考える 事の 重要性に ついては、世間一般にも 認知度が 高まって いる のは、紛れもない 事実で あっても、ただ、「考えなさい」 と 声を かける ばかりでは、いっこうに 前進 しません。

考える と いう 事の 習熟に 関する 具体的 方法を、誰にも 理解できる 形で、提示 し続けて きている のは、関西大学初等部 ただ 一校 で しょう。



人の 話を しっかり 聴いて、自分の 見解との 違いを 熟考した 上で、妥協点も ちゃんと 視野に 入れながら、正しい 判断を 下す、関西大学初等部の 「考える」 の 真髄は、実は、こんな ところに あるのだ、と 私は 思います。


余白余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白6月10日(土)
余白関西大学初等部 オープン・スクール

6月10日(土)10:00〜 関西大学初等部にて、オープン・スクールが 開催されました. 

余白

1階の レストランに 集合した ご父兄方は、田中達也 校長先生の ご挨拶の 後、授業の 様子を リアルに 確かめる 絶好の 機会を 与えられ 興奮気味に 各学年・クラスに、向かいました。

余白

この、催しに 参加させて 頂くのも 回を 重ね、新入生が 卒業するのを 見送る様に なりました。
在校生も 増え続け、みんなに 久方ぶりに お会いできるのも 大きな喜びです。


関西大学初等部の 今年の オープン・スクール

売り物の 一つで ある、1年生の ミューズ学習では、方法の 改善も どんどん 進み、着実な 進化を 感じ取ることが できました。
教室に 通っていた時には、表現力で心配していた子も元気一杯に手を上げたり、発表したりと、涙こぼれる 思いで 見せて 頂きました。

また、恒例と なった、2年生の 生活科の 発表では、当日 参加された 園児たちに とっては、 一番の 楽しみ と なっている ようで、笑顔が 絶えません でした。
人に 解説することで、生物の 多様性と 系統を 実地で 知る 最高の 機会です。
シールを 集めて 回る、オリエンテーリング形式で、参加された お子さんの ゲーム心を 刺激しているのも 勝因で しょう。

3年生の 音楽の 授業では 息の 合った 合奏を 披露して くれました。
みんな、本当に 良い 笑顔でした。
フロントラインの 殆が イグザム幼児教室の 出身者だった こともあって、ひときわ 感慨深く 拝見しました。

英語の 授業でも、スピードアップを 身をもって 知る事が 出来ました。
英語で 考える事が 進んでいましたし、その速度も 飛躍的に 上昇して いました。
私学の 英語力の 充実ぶりを 実感せずには いられませんでした。

4年生の 国語の 授業では、自分の 考えを 小さな 班単位で 交換していました。
この、自分の 考えを 躊躇なく 近隣に 解らせる という 行為を ごく 自然に 行える、コミュニケーション能力の 向上こそが 関大初等部の 教育の 原点であり、基本なのです。

5年生の プログラム授業も Function(関数)を 使った 本格的な もので、コンピューターに 対する 取り組みも、コマーシャリズムを 微塵も 感じさせない もの でした。

6年生の 算数の 授業では、「関大ミューズキャンパスの 校舎の 高さを 測るには」 と いう テーマに 対して、自分の 考えを 巡らせていました。
「建築業者に 聞く」 と いう 答えも あり、笑いを 誘った 中で、徐々に 数学的考えに 持っていくなど、ワザ師ぶりを 見せて 頂き、あらためて、 関大初等部の 凄みを 充分 感じさせて くれた と 思いました。

余白


楽しさ 溢れる 学校生活

毎回 驚かされるのが、沢山の 眼光に 晒されながら 教える側も 教えられる側も 全く 身構える事を 感じさせない 様子です。

そして、子供たちの 一人 ひとりが 「学校が 楽しい」 と いうのが、決して 嘘 偽りの ない 自然な 姿で ある と いう事です。

余白

関大初等部 教育の 本質が 考える 事にあるのは 言うまでも ありません。
しかし、忘れては ならないのが、それを 支える 楽しさ だという事です。

参加された ご父兄からは「出来れば、自分も 学びたい」という 感想が 漏れるのも 納得できます。

余白


誇りの 持てる 教育

そこに 学ぶものも 学ばせるものも 誇りを 持つことの できる やしろは、そう 多く 存在するもの では ありません。

変な 予備知識は 却って 目を 曇らせるもの かも しれません。

少なくとも 関西では 最高峰の 教育を 実践している 学校の 最右翼で ある と 言えるでしょう。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白5月21日(日)
余白関西大学初等部 学校説明会

5月21日(日)関西大学初等部にて、学校説明会が 開催されました。

余白

オープニングは、「1年生 入学 1カ月の 1日 と 6年生の メッセージ」 の スライドショーでした。
5月17日の 1年生の ダンスの 練習、ミューズ学習、給食、休み時間などが 綴られ、最後には 「私たちと 子育てを してみませんか。」 で 結ばれた 数々の 写真は、まさに 子どもたちが 日々 育っていく 「今」 が 切り取られて いました。

余白


挨拶・関西大学初等部とは 田中達也 校長先生

今日は 670名を 超える皆さんに 申し込みを いただきました。
たくさんの方に 集まっていただき、本当に ありがとうございます。

関西大学は 昨年度130周年を 迎えました。
そこから 新たな スタートとして、これからの 10年後、20年後を 見通して 大切にしていこう と 再確認したのが 次の 4項目です。

(1)より特色ある教育課程
(2)繋がり(連携)の強化
(3)国際教育の充実
(4)情報発信体制の拡充


教育理念「学の実化」

単に 知識や 技能だけで なく、学んだことを どのように 生かしていくか、それは 学校生活だけ でなく、これからの 生き方にも 生かしていく と いう 意味の「学の実化」 と いう教育理念に 基づいて 教育を進めています。


教育目標

確かな学力、健やかな体、国際理解力、情感豊かな心 と いう 4つの 視点で子どもたちを 見ていく中で 高い人間力(総合的な人間力・バランスのとれた人間力) を 身に つけさせたい と 思っています。

校訓「考動ー学びを深め、志高くー」
自分で 考えて、自分で 判断して 動く という 考動 と いう言葉を、どの学年でも 子どもたちにも 話して 指導に 使ったりしています。

めざす子ども像 感性豊かな子、考える子、挑戦する子
中でも 考える子 と いうのは、 考動 と いうことにも 繋がるのですが、けして 学力(学ぶ力)だけでは なく、生活・生き方など いろんな場面で 自分で 考える力 を 持った 子どもに なってほしい と 考えています。

教育の 柱「思考力の 育成」

何が できるように なるのか、何を 学ぶのか そして
どのように 学ぶのか、
ということを しっかりと 学校が 意識を しながら 教育を 進めていく 必要性を 感じています。
2020年 次期 学習指導要領では、 アクティブラーニング (主体的・対話的・深い学び)が 本格実施されます。

 
関西大学初等部では開校年度から「思考力の育成」ということを教育の柱としてきました。
「どんなふうに 学ぶのか」(考え方を しっかり 学ぶ)、「何を できるようにしていくのか」ということを柱に 据え、子どもたちの 主体性、学び合いを 重視しながら 指導を 進めたい と 考えています。



「英語教育」「ICT環境の整備」「思考力を支える読書指導」「安心安全な学校生活」「心と体を育むミューズっ子クラブ」に ついて修学旅行や 授業の様子の 写真を 見ながらの 説明が ありました。


また関西大学中等部・高等部の 田尻悟郎校長先生からの ビデオメッセージが あり、その後 中等部・高等部に ついて、進路についても 併せて 説明されました。

余白


初等部の入試
募集人員:男女計60名
出  願:8月3日(木)〜8月21日(月)
親子面接:9月2日(土)〜9月15日(金)
考査・行動観察:9月22日(金)
合格発表:9月25日(月)発送


昨年度の 入試に ついて、親子面接の 内容・ペーパーテストの 出題項目・行動観察の 試験会場など、説明して 頂きました。

余白


ミューズ学習に ついて 山本文子先生

思考力育成を 目指した 教育を 実践している 関西大学初等部では、「ミューズ学習」 を 考えることを 考える 時間 として1年生の頃から 学習していること、「比較する」「分類する」「つなげる」「他面的にみる」「組み立てる」「評価する」と いう 6つの シンキングツール と 対応させながら、低学年では 指示された シンキングツールを 用いて、 中学年は シンキングツールを 選択したり 組み合わせたり、高学年では シンキングツール活用を 計画して、思考スキルを 習得していくこと、また どの 教科の中でも、それらの 思考スキルを 習熟し 活用していること などの 説明で、最後に 子どもの「考えるって 楽しいよ」 と いう言葉が 印象的でした。


余白


関西大学初等部の ICT環境と 教育に ついて
 余白 堀 力斗 先生

急速な 情報化、技術革新が 進む、変化が 激しい 社会を、子どもたちが 生きていくために、情報活用能力 と いうのは 不可欠なものである。
ICT機器自体を 使いこなす スキルは 勿論、それを いかに 自分の 武器に していくか と いうことが 大事である。

関西大学初等部は 昨年度、「Apple Distinguished progrom」 に 採択され、小学校では 日本で 初めて、革新性、リーダーシップ、優れた 教育を 推進する プログラムとして Appleより 認定を 受けたこと。

Ipadの 活用の 仕方。
ICTを 特別な ものでは なく、当たり前の もの(教科書・ノート・鉛筆などの文房具) と 捉えて 活用している。

などの お話と、プログラミング授業の 様子を 映像で 見せて いただきました。


本年度の 教職員の 先生方の 紹介の 後、4つの グループに それぞれ 分かれました。
@アリーナで 英語の 説明会
Aミニツアー(プール・グランド)
B個別相談
C体験授業(ミューズ学習・算数)

余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白過去最大規模の 学校説明会

ネットの 参加申し込みが、670名以上に 膨れ上がった 関西大学初等部の 入試説明会に 参加して きました。
盛況だった昨年の 入試説明会よりも、更に 100組 上回る 今年の 説明会ですが、年長受験者が この年 増えている訳では ありません。
関西大学初等部の 「考える」事に 対する 地道な 努力が 評価された と いうべきでしょう。
年中、年少の 参加が 増加しているのも 全体を 押し上げている 一因でしょう。
また、近畿地方の 公立不信が 強まった のも 遠因としては、考えられる と 思います。
関西大学初等部が 他の 私立よりも 一歩先を 行っている事が 認知されたという事かも しれません。

今年の 説明会の 特徴

今年は、ミューズ学習と 算数の 模擬授業を 行いましたが、我が子を 参加させることが できなかった人も 含め、参加者全員が、その様子を 自由に見る事ができるように なった事が 大きな特徴でしょう。

また、関大初等部の 英語授業に ついての 講演や、運動場や プールの 見学ツアーも、同時開催 されたりと、参加者が 関西大学初等部に 触れる 機会を 増やしたのも、大きな 特徴です。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白考える事の 重要性の 再認識化

ICTや、英語教育・国際化は、最早 どこの 学校の 説明会に 参加しても、耳にしないことはありません。
では、その中身は どこも 同じ なのでしょうか。

ICTに 関して 講演された 堀力斗先生、英語養育に 関して 講演された 梅本龍多先生、お二人の 先生が 関西大学初等部を 紹介する中で、共通していたのが、「〜は あくまで 手段であって、それ自体が 目標ではない」と、いうことです。

関西大学初等部が 推し進めてきた、「考える」 を 基調と する、教育理念が、 教える側にも 空気のように 当たり前のもの と しての 浸透化が 進んでいることを 端的に 表す 事象でしょう。



余白
余白Mac Fan 2017年 5月号
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白
専門誌で 採り上げられる事の 意義

小学校の 事が 取り上げられることは、珍しく なくなってきました。
しかし、大抵は「小学校受験」に 特化した 書籍でした。

Mac Fanのような 専門誌で 取り上げられることは 本当に 稀な事です。

専門誌の 読者層は 「小学校受験」とは 明らかに 従来とは 異なる 層です。

幅広い 読者層に 訴えていくことは、今後の 小学校受験の 世界では、とても 重要です。

余白

2017年度関西大学初等部入試問題
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白イグザム版 2017年度 関西大学初等部 入試問題過去問
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白5月10日(水)
余白関西大学初等部 梅本龍多 先生 来場


5月10日(水)関西大学初等部より、梅本龍多先生が 来場され、最新の 情報や 貴重な お話を 頂きましたので、ここに 掲載させて 頂きます。

余白


過去最多 と なるであろう、説明会参加者数

学校説明会の 参加者数が 過去最多記録を 更新するということは、世間一般に 対し 関西大学初等部が 推し進めてきた、「考える」 を 基調と する、教育理念の 浸透化が 進み、毎年 その基盤を 広げ つつあること の 証でしょう。

過去最多 という事は、当然、倍率も 高くなる 訳 ですが、当 イグザム幼児教室 と しては、それこそが 望むところで、教室の 真価 が 発揮 できるのでは と 思っています。

説明会 これまで と 違う点

今年の 説明会から 大きく 変ったのは、従来から ある、学校探検や 体験授業に 加え、例年 そこで 帰っていたであろう 保護者や 児童に、ミューズ学習 や 算数の 授業が どのように 行われているのか を 確かめる 場が 設けられた ことです。
具体的に 言えば、教室で 実際の 授業の 様子を 見る事が できる と いう事です。

早い話が、関大初等部人気の 大きな 要因の 一つ である、 オープン・スクールを 体験する 機会が 増えた と いう事です。

そして、これまでの オープン・スクール と 違う 点 と 言えば、科目が ミューズ学習 か 算数に 限定された という事でしょう。
より、教える側の 力量や、児童の 力 が そのまま 出て 比較 ・検討し易くなった と 言えるかも しれません。

関西大学初等部の 説明会の 特徴は、受験を 控える、年長さん のみならず、年中さんや 年少さんの 保護者の 皆さん にとっても、学校を 知る上で、判り易い と いう事 でしょう。

受験者数を 上回る 説明会参加者数の からくりは、他校に とっては 大きな 脅威 と 言える かも しれません。


写真の 腕が プロ級 なのは、多くの 人の 知る ところですが、「仮装大賞」でも 非凡な 才能を 持っておられ、その 最新作を 期待している 一人 です。

少し 下世話な話に なりますが、全国ネットで、しかも 高視聴率の 中、「関西大学初等部」 の 名を 連呼される ことは、宣伝費に 換算すれば、億単位かも しれません。

何よりも、テレビに 映った 子供たちに とっては 最初の メダルかも しれませんし、その後の 人生でも 大きな 自信の 第一歩 と なるかも しれません。

梅本龍多先生に おかれましては、大変 お忙しい中、イグザム幼児教室まで お越し下さり、貴重な お話を して下さり、本当に 有難うございました。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白
4月20日(木)
余白関西大学 初等部 パンフレット & ポスター


4月20日(木)関西大学初等部より、2018年度 入試に 向けた 学校案内 パンフレット と ポスターが 送付されましたので、ここに 掲載させて 頂きます。

余白


余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白4月7日(土)
余白関西大学 初等部 入学式

余白

4月7日(土)関西大学初等部の 入学式が 開催されました。

余白余白余白

入学式が 終わると、お疲れにも かかわらず、その足で 教室に かわいい 制服姿を 見せに 来てくれます。

関西大学初等部で 言うと 60名強の 新1年生が いらっしゃいますが、4人に1人は イグザム幼児教室 出身者です。
しかも、毎年 その 比率は 上がって います。

今年は 女の子が 多かった ことも あって、関大初等部の 制服に 袖を 通した 女の子の 約 半数が イグザム生 でした。

余白

オープン・スクールや 研究発表会の 場で ご活躍の お姿を 拝見すると、その 逞しい 成長の ご様子に、喜びが こみあげて きて、涙が 自然と 頬を 伝います。
3月19日(日)余白
余白関西大学 初等部 学校説明会

余白

3月19日(日)関西大学初等部の 学校説明会が 開催されました。

最初に、子供たちの 関大初等部生徒 と しての 様子を スライド・ショーの 形で 見せて 頂きました。
毎年、この スライドショーは 羽ばたいていった 子供たちの、その後の 成長ぶりが 見られるので、とても 楽しみに しています。

最後の「体験が 子どもたちを たくましく育てる」 と いう 言葉が ぴったり の、様々な 学校行事の 中の 子どもたちの 良い 表情が 切り取られた 素晴らしい スライド・ショーでした。

関大に 入学した イグザムの 子どもたちは「学校、めっちゃ 楽しい」 と 言います。
先日、卒業式の 後で 挨拶に 来てくれた 卒業生も「関大は 本当に 楽しかった。関大に 入って 良かった。」 と 言っていました。
小学生時代に、みんなが 声を 揃えて「学校が 楽しい」 と 言える、そんな 時間を 過ごせることは、単純な 事のようで 本当に 素晴らしい こと だと思います。
そんな事を 考えながら 感動して スライドショーを 見せて 頂きました。


ご挨拶 田中 達也 校長先生

関西大学初等部では 先週15日に 卒業式で 6年生が 巣立って 行き、17日には 在校生の 終了式を 終えました。

その 17日には 中等部の 卒業式も あったの ですが、その 卒業生たちは 関西大学初等部の 1期生でした。
心も 体も 大きく 成長したその子どもたちが 中等部を 巣立っていきました。

それは いつも と また 違う 感動が ありました。

平成28年度が終了しよう と しています。

皆さんには、ぜひ 関西大学初等部に 来て頂いて、一緒に お子さんの 可能性を 引き出して たくさんの 子どもたちの 笑顔を 見たい と 思っています。


関西大学初等部の 教育目標

初等部・中等部・高等部の12年間、「智」(学力)、「徳」(心)、「体」(身体)に「国際理解」を加えた4つを通して「高い人間力」「バランスのとれた人間力」を目指しています。

関西大学初等部の 校訓
考動−学びを 深め 志高くー」 は 関西大学の 教育理念の 1つ なのですが、とても素敵な 言葉ですので、1年生の 時から 教員が 口に しています。

関西大学初等部の 目指す 子ども像

感性豊かな子」「考える子」「挑戦する子」を 具体的な 子ども像 として 大事に していきたい と 思っています。

関西大学初等部の 学び について

「何を学ぶか」だけでは なく「どんな風に 学ぶか」が 重要視 されています。

今、新しい 学習指導要領が 出されています。その中で 思考力判断力表現力を 大事に しましょう と 言うのが、「考え方を 考える」ということを 中心の 取り組み と して やっている 関西大学初等部 に とって、追い風に なっている と 感じています。

関西大学初等部では「考え方を 考える」ということを、思考スキルを 習得する と いうことに 特化した 「ミューズ学習」の中で、子どもたちに 身に つけさせる授業を 展開しています。

本校は、この「思考スキル(考える技)」を あえて 6つ(比較する・分類する・多面的に見る繋げる構造化する・評価する)に限定し、それに シンキング・ツールという 考えたことを 見える化する、シートを 提示する こと で、考える力を つけさせていく と いう 取り組みを 進めている 学校です。

具体的に 1年生の ミューズ学習では、「二人の 先生を 見て 気づいた ことを まず 発表してみて」 と いうところ から 入ります。
たくさんの 意見が 出た ところで 相違点共通点ベン図 で まとめると、「違うところ、同じところが しっかり 見える化 していくよね。
それが「比較する(比べっこする)こと なんだよ」 と 習得しながら、次に 二人一組に なって、自分たちでも ベン図を つくっていきます。

また コンセプトマップを 使った、物と 物、人と 人の 関係、関連に ついてを 考える 繋げる 授業では、「自分と牛乳と の 繋がり に ついて 考えてみよう」 と いう 提示に、まず 個人解決(自分の 考えを シートを 使って 見える化)、そしてグループで お互いの 意見を 公表、交流します。
そして 電子黒板に 自分の シートを 映し出して 全体交流で 意見を 出し合います。
この 学習では、正しい 答えが あるわけでは ありません。
自分の 考え を 出して いくこと、ゴールに 向かう 道筋は たくさん あるんだ、と いうことを 学び合って いきます。

4年生の ミューズ学習では「クラスの 旗を決める」と いう 提示に、ボーン図を使った「多面的に見る」という授業。
5年生では「〜の長所・短所を4年生に伝えてみよう」 と いう 課題に、情報を 整理しながら 具体的な ゴール目指して、それぞれの 考えを まとめていく 様子を、授業の 写真を 見ながら 説明して 頂きました。

低学年では「提示された シンキングツールを 使って(思考スキルの 習得)」、中学年では「シンキングツールを 選択して 組み合わせて 活用(思考スキルの 習得〜活用)」、高学年では「自分の 頭の 使い方を 辿ってみよう(思考スキルの 活用)」 と 成長に 応じた ミューズ学習の 説明でした。

その後「英語学習」「国際理解教育「ICT環境の整備」「思考を 支える読書指導」など 初等部の「学び」に ついての 説明の 後は、1年間の「行事 を振り返って」の たくさんの写真を 見せて頂きました。


余白


行事と 学校生活・入試に ついて  長戸 基 教頭先生

「みんな 頑張って 聞いてたね」と 子どもたちへの 言葉で 始まった 長戸 教頭先生の 時間は、子どもたちとの ジャンケンゲームで 始まりました。
少し 子どもたちが 疲れたかな と いうタイミングで、長戸 教頭先生は いつも 何か 趣向を 凝らして くださいます。

おてほん を 見せる 長戸教頭先生の 天然・失敗ぶりに、子供たちや 保護者の 中から リラックスした 笑い声が あがりました。
子どもたちの 心を 掴んで、ホールの 雰囲気が 一変しました。

「心と 体を 育む ミューズっ子 クラブ」
放課後、希望者に 有料で 開校する 講座で、スポーツや 芸術、文化 など、本物を体感 させるため、各分野で 指導者の 方に 来て もらっている そうです。
それぞれの 講座の 説明と、来年度から 新たに 加わる 講座、アフターミューズっ子クラブを 加えた 講座の 取り方など に ついての 説明も ありました。


入試に ついて  長戸 基 教頭先生

今年度 実施された「親子面接」「ペーパーテスト」「行動観察」に ついての「ねらい」や「評価」など、実際の 会場の 写真や いくつかの 試験問題を 例に 挙げながら 解説して 頂きました。

最後に 来年度の 入試日程と、それに 向けての 説明会等の 予定の 発表が ありました。

 5月21日(日) 学校説明会
 6月10日(土) オープンスクール
 7月16日(日) 入試説明会

 9月 2日(土)〜9月15日(金) 親子面接
 9月22日(金) 午前中実施  ペーパーテスト・行動観察

説明会終了後は 新年長児・神年中児を 対象とした「英語・国際理解」の 体験授業 が ありました。

余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白
理由(わけ)

基本的には、入学が 目標 なのでは なく、あくまで 理想の 学びを 手に するための 手段 で ある と いう 思い でしょう

その 本質を 更に 深く 考えて みましょう

イグザム幼児教室が 関西大学初等部に 多くの 卒業生を 生み出す 理由、

それは、「近いから」…います。
近くには、イグザム幼児教室の 他にも たくさんの お教室が あります。
イグザムより、もっと 近くにも 沢山の 幼児教室や 受験塾が あります。
その 全てが、近いから と いう 理由で 大勢の 合格者を 出している でしょうか。

それは、「関大の 問題を 知り尽くして 練習 しているから」…います。
過去問を 解くことを 一概に 否定するものでは ありませんが、入試で、過去 と 同じ 問題が 出されることは まず ありません。

そんな事より 大切なのは、考え方 を 知る事です。

イグザム幼児教室が 関西大学初等部に 多くの 卒業生を 生み出す 真の 理由、
それは、「関西大学初等部の 求める人材の 本質が わかっているから
それは、「関西大学初等部の やろうとしている 勉学の 本質が わかっているから
それは、「生徒として 関西大学初等部の 考える 教育の 本質を 理解できる 人材を 輩出しているから
この 3つの 点で 大きな 違いが 見えるから では ないでしょうか。


当初、関西大学初等部では、6つの ツールを 駆使して「考えることを 考える」を 大きな 目標に 掲げていました。
ところが、ここで 誤算が 生じました。

関西大学初等部の 生徒たちは、教える側の 期待値を 瞬時に 超え、ツールを ツールとして 使いこなし、正に 本来 あるべき姿 で あるところの 思考の ための 道具 と して、目的を 手段に 変貌させた のです。
ツールの 浸透には もっと 時間が 掛かる で あろう と 予測していた 教える側には、嬉しい 誤算 と 言える でしょう。

生徒たちは「もっと、もっと」と 新しい ワザを せがむように なります。
子供たちは、考える 事の 喜びを 肌で 知って しまったのです。

これこそが、関西大学初等部の 最大の 特徴で あり、本質であって、他に 類を 見ない 利点だと 思います。


余白関西大学初等部 過去の 掲載記事は こちらから


          「阪急茨木市駅」駅前
イグザム幼児教室

〒567-0829 
大阪府茨木市双葉町2-29 エスタシオン茨木 4F
電話:   072-636-1936
ファックス:072-636-1937
HP:  http://www.exzam.net

copyright ©2009 EXZAM CO.,LTD All rights reserved