余白
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の のロゴ
ロゴ背景模様 余白
余白Home
小学校受験 イグザム幼児教室の概要
余白
余白
イグザム幼児教室についての詳細をご覧になることが出来ます。
Go
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の教室の概要

小学校受験 イグザム幼児教室の年間スケジュール
余白
余白
年間スケジュールについてご紹介します。
Go
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の年間スケジュール
小学校受験 イグザム幼児教室の入塾案内
余白
余白
イグザム幼児教室への入塾方法についてのご案内です。
Go
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の入塾案内
小学校受験 イグザム幼児教室の入塾案内
余白
余白
イグザム 幼児教室の 合格実績の ページです。
Go
余白
余白

イグザム幼児教室 各種講習案内ページへのボタン
余白
余白
イグザム幼児教室の各種講習のご案内。
Go
余白
余白

同志社小学校特集ページへ
余白
余白
同志社小学校の受験情報のページです。
Go
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の関関同立特集ページボタン

小学校受験 イグザム幼児教室の関大初等部特集ページのボタン
余白
余白
関大初等部の特集ページです。
Go
余白
余白

小学校受験 イグザム幼児教室の立命館小学校特集ページへのボタン
余白
余白
立命館小学校の特集ページです。
Go
余白
余白

関学初等部特集ページへ
余白
余白
関西学院初等部の特集ページです。
Go
余白
小学校受験 イグザム幼児教室の関関同立特集ページボタン

洛南小学校特集ページへ
余白
余白
洛南高等学校附属小学校の特集ページです。
Go
余白
余白

小学校受験 イグザム幼児教室の小学校トピックスのボタン
余白
余白
北摂地区から通学圏内の小学校の案内ページです。
Go
余白
余白

小学校受験 イグザム幼児教室へのアクセス方法のボタン
余白
余白
イグザム幼児教室のご案内地図です。
Go
余白
余白

小学校受験 イグザム幼児教室のリンクボタン
余白
余白
小学校受験に役立つリンクページです。
Go
余白
余白




年少のお子さん向け
無料問題集
ダウンロードサイト
無料の幼児教育サポートサイト「おべんきょうしましょっ。」のロゴ





小学校受験問題集の
ダウンロード販売サイト
小学校受験 幼児教育問題集のイグザムのロゴ




余白
飾りマーク 入試情報

関西大学初等部の特集
余白(過去掲載記事)ページです。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白関西大学初等部 受験生に
余白
イグザム幼児教室が 選ばれる理由


入学後に 発揮される 高い 学力

入学する と いうことは、もちろん お子さんに とっての 最終目標では ないはずです。
入学後も トップクラスの 学力を 維持して、12年間の 学校生活を 有意義に 過ごすことが 大切な ことで あるのは 言うまでも ないことです。

実際に イグザム生の多くが 入学後 関西大学初等部の トップクラスを 形成しています。

仲の 良い お友達と 一緒に 入学できる

地域密着の 公立小学校に 比べ、広域から 生徒さんが 集まる 私立小学校では、 入学時に 知り合いが 少ないのは 当然の ことです。

余白

知らない お友達の 中に 飛び込んで いくのは 不安で あり、長い 通学時間 とも 相まって、ストレスを 抱えかねません。

少人数制の イグザム幼児教室からは 多くの お友達が お子さん同士の 親密感、連帯感を 持って 仲良く 進学され、明るく 楽しい 学校生活を 送って いらっしゃいます。

余白

お子さんが 心の ゆとりを 持って 新生活に 飛び込める 環境作りが 大切です。

初めての 環境で 相談できる お友達が いれば 心強い と いうことは 保護者の 方に とっても 同じことが 言えるでしょう。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 余白2017年 3月15日(水)

余白関西大学初等部 卒業式


余白
余白2017年 卒業式の写真

余白
余白2011年 入学式の写真

3月15日(火)卒業式を 終えたばかりで お疲れの所、5名の 生徒さんが 教室に駆けつけて くれました。

みんな、大きくなって、成長を まざまざ と 感じました。

こんなに 嬉しいことは ありません。

何やら ” before & after ” の ようですが、6年の 歳月が 其々の 成長を 感じさせてくれる 写真です。

あんなに 憧れた 制服を 着るのも これが 最後です。
明日からは 中等部の 制服に 袖を 通すことに なります。

6年間 という 月日は 長い ようでも、本人に とっては あっ と いう間です。

小学校入学は ゴールでは なく、通過点の 一つ に 過ぎないこと を 改めて 感じさせてくれます。

幼稚園児 当時の 初々しい 姿が 今も 鮮明に よぎると 同時に、凛々しく 育ちつつある 眩いばかりの 今の 姿が 交錯する、ちょっと 不思議で、まさに 夢のような ひととき でした。

余白


余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 余白2017年 2月4日(土)

余白関西大学初等部 第7回 研究発表会



余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白凄みすら 感じる 考える 学習

2月4日(土)関西大学初等部 第7回研究発表会に 参加してきました。
6年生から 1年生まで、順に 見せて いただきました。
考える」ことを 念頭に 置いた ディスカッションの 中身は、最早、凄みを 感じる ほど でした。

全体的に、「仲間」「自分」「考え方」の 3点を 良く 踏まえた 上での 発表でした。

このような 催しの際、予定調和の 世界を 見せられる事が しばしば あります。
その 場合には、教える 側や 保護者の 方々には 都合の 良い「聞き分けの良い お利口さん」が 数多く 見受けられます。
確かに 見ていて 安心できる と いう 利点が あります。

勿論、一字一句 憶えて 間違いが ない と いう程 完成度の 高いもの ばかりでは ありませんし、当然ながら、アレンジや アドリブも 存分に 盛り込まれ、その 出来栄えは 素晴らしいもの が あり、それは、それで 毎年 進化している と 思います。

極端な 言い方をすれば、質問者や 質問内容の 大筋が 予め 解っており、回答者も 事前に 決められていて、他の子は 自分が 当事者 に なる事は 無い と いう事実を 知った上で 思い切り 手を 挙げる事の 出来る 状態 というのは、何やら 国会答弁を 想起させる ものです。

それは、所詮「先生や 保護者の 方々に、良い印象を 与えるため」に すぎません。
その場合、評価 するのは 他人であって、決して 自分自身では ない のです。

模範的では あるけれど、目標 と すべきものでは ありません。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白
予定調和を 一切 排した
余白関西大学初等部の ディスカッション

その点、関西大学初等部の それは、言わば、セメント・マッチです。

例えば、この 研究発表会に おける、関西大学初等部 6年生の 授業を 見てみると、言葉使いや 話の 組み立て方に 若干の 間違いが あったとしても、矢継ぎ早に 繰り出される 質問の 数々に、その場で 誠実に 考えて 的確に 答えている 姿を 見て、「 他とは 一味違う」、と 感じ取ったのは 私一人では 無い はずです。

普段の 教室とは 違い、大学の 講義室を 使って 授業を 見せている クラスも 何組か 見られました。
普段の クラスでは 教育関係者が 入りきらない からです。

周りに 授業を 受ける 生徒の 倍以上の 教育関係者に 囲まれ、自分の 取っている ノートを 凝視されて いても、周囲を 気に する子が 見当たらない のは 驚愕に 値します。

その 集中力の 高さは 比類なき ものです。

学力の 高さ イコール 集中力の 高さ と いう 私の 持論から すると、関西大学初等部の 教育力の 高さが わかる で しょう。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白才能を 見出す 教育

天才とは、「誰よりも 早く、本質を 見極める 能力 を 持った人」 の ことを 言うのだ と 思います。

「計算が 恐ろしく 早い人」や、「底知れぬ 知識を 記憶する 能力を 持った人」に 出くわす事が ありますが、彼らの 持つのは「異才」であっても、「 天才」で あるか どうかは 全く 別の 次元の 問題だと 思います。

ひとは、本質を 分かろう と しない 人を「 天才」 と 呼ぶことは ありません。

そういう面では、関西大学初等部は、「本質を 見極める」事を 教育の 柱に 据えているようで、「考える」と いう事が どういう事かを 良く 知った上で、教育を 進めている事が、実例 を 伴って ハッキリと 分かります。

関西大学初等部では「聞き分けの 良い お利口さん」は 必要と されていません。
多少 頑固かも しれないけれど、「自分 を 持って、自分の 言葉で 自分の 正しい と 思ったことを 語れる」人 を たくさん 育てようとしている 学校だと 思います。

今度の 研究会では、その事を 痛切に 感じました。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 余白12月15日(木)

余白関西大学初等部 第7回 研究発表会



12月15日(木)関西大学初等部から、2017年 2月4日(土)開催予定の 第7回 研究発表会の 案内チラシを 送付 して頂きましたので、ここに 掲載させて頂きます。


余白

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白9月26日(月)
余白関西大学初等部で合格発表


2016年月26日(月)関西大学初等部 に於いて、2017年度の 入試結果が 発表されました。
イグザム幼児教室からは 総勢20名が受験し、内、13名が 合格を いただきました。
合格率65%。
あくまで 暫定の 数字です。
既に 発表の 終わった 学校でも、連絡の 無い方や、補欠合格の 紙が 入っていた 方など、待っておられる方は 沢山 いらっしゃいます。


これからの 数字の 伸びが まだまだ、期待されます。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白9月21日(水)

余白
関西大学初等部 入学試験



台風の接近もあり、やきもきした方も 多かった と 思いますが、予定通り、9月21日(水)関西大学 初等部 入学試験が 開催されました。
普段より 少し 緊張している子も いましたが、みんな 自分の 持てる力を 出し切ってくれる と 信じています。

みんな、ガンバレ!

朗報を期待して 待っています。

余白

余白


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白7月17日(日)

余白
関西大学初等部 入試説明会


余白

7月17日(日)関西大学 初等部 入試説明会が開催されました。


オープニング

合唱部の皆さんの「ありがとうの花」「ぼくらのエコー」の発表でした。



入試概要    田中 達也 校長先生

初等部の 入試は、開校以来 親子面接、ペーパーテスト、行動観察の 3点セットで 配分は「1:1:1」です。

基本的には 点数化されて 判定し、それに 面接、ペーパーテスト、行動観察 それぞれでの お子さんに 関する メモ(良かった点・取り組みの様子・課題など)を合わせて 総合的に 判断します。

月齢配慮については、 点数としての プラスアルファは ありませんが、(@1月〜3月生まれ)(A10月〜12月生まれ)(B7月〜9月生まれ)(C4月〜6月生まれ)の4グループを 基本に、面接の 順番を決めたり、行動観察の グループを組んだりします。

親子面接
ここ 何年かは 男の子の 早生まれから スタートして 3月生まれから 4月生まれ、女の子 3月生まれから 4月生まれの順で 実施しています。
月齢については 点数化して プラス と いうことは ありませんが、聞き方などを 配慮します。

ペーパーテスト・行動観察
男女別の 各4グループ、合計8グループに 分かれて ペーパーテスト、行動観察を 受けて 頂きます。
グループごとに ゼッケンを つけて頂き、審査項目に 着替えは ありません。
幼稚園の制服、女の子のスカート、でも 構いません。)

めざす 子ども像

1.感性豊かな子
2.考える子
3.挑戦する子

知的好奇心    話の聞き取り    基本的な生活習慣
問い・疑問    素直・柔軟     認め合い・支え合い

特に「考える子」については、学習面は 勿論、生活面(友だち関係、学級の中、学年の中、学校全体の中)でも しっかりと 自分の 考えを 持てる子を 目指しています。

知的好奇心」、「問いや疑問」は大人(教師・お父さん お母さん おじいちゃん おばあちゃん)がどんな言葉かけをしていって その芽を絶やさないよう 伸ばしていくかがとても大切だと考えています。単純に答えだけを、正解だけを求めていくと なかなかここは育ちません。

話の 聞き取り」は入試のいろんな場面や、学校生活でも 非常に重要です。
子どもたちの様子を見ていると 伸びていく条件、要素は「素直さ」というのが本当に大きいと感じています。

基本的な生活習慣」は入試だからというのではなく、入学後の学校生活、お子さんの育ちの土台となるものですので、学校の方でも育てていきたいと思っていますが ご家庭でも大事にして頂きたいと思います。

認め合い・支え合い」集団生活の中で これがないと 子どもたちは「学び」が伸びていきません。
個人作業のあと どれだけお互い高め合えるかの土台になる「認め合い」を大切にしていきたいと思っています。

こういう要素を 少しでも入試の中に 取り入れていければと考えています。
例えばペーパーテストでは、「聞いたことをもとに考える」「生活体験を生かして 答えを導く」「試行錯誤して答えを導く」というような 場面が あれば いいな と 思っています。

ご家庭での キーワード
知的好奇心」「問い・疑問」「気づき・発見」を 遊びの中で、読み聞かせ、親子の会話の中で 関わらせて 頂きたい と 思います。

また「あいさつ」「」「」「整理整頓」などの「基本的な生活習慣」も大切です。

「入試」というのをゴールではなく1つの大きな通過点として、お子さんが 4月からの学校生活を迎える上で 大切な活動にして頂きたいと思います。




入試について   長戸 基 教頭先生

今年の 入試についての 具体的な 内容と、昨年の 入試問題を 例に 説明が ありました。

入試内容
親子面接 15分(保護者 5分・子ども10分)
ペーパーテスト 45分
行動観察@・行動観察A  45分

入試日程
出願 8/4 (木) 〜 8/22(月)
親子面接 9/4(日)〜 9/16(金)
ペーパーテスト・行動観察@A 9/21(水)午前中
合格発表  9/26(月)速達で発送

親子面接のねらい
保護者:学校に対する思い
    お子さんの育ち(長所、普段の様子をできるだけ具体的に)
お子さん:伝える力、対話力
     周囲への関心(友だち、家族とのかかわり)

ペーパーテストのねらい
考える子ー話を聞き取る力、集中力
挑戦する子ー諦めない粘り強さ、試行錯誤、閃き
感性豊かな子ー豊かな体験

行動観察の観点
幼稚園、保育園、家庭、地域での遊びが題材
遊びを通して、友だちとのかかわり、ルール・マナーが守れるか

入試書類の注意点
月齢のチェック欄を忘れないように
学校名、勤務先、お子さんの長所、志願理由については それぞれ できるだけ具体的に書くこと
面接日程表については なるべく多くの候補日を入れて頂きたい
「入学願書A票」と「面接調査票」に書く電話番号は 連絡がつきやすいように別の電話番号(連絡先)を書くこと


余白


「国語教育について」     西 勝巳 先生

週の中で 1番 時間数が多いのが 国語の授業です。
国語では 言葉の力、感性を育てたい。その上で 論理的な思考力を 一緒に培いたい というのが大きなベースとなっています。
言葉を大事にしたいという思いが1年生から6年生まで貫いています。

受験の時に「ありがとう」「よかったね」「きっとできるよ」「それでいいんじゃない」「もうひといきだね」「あせらず がんばって」「よくやったね」「お父さん お母さんうれしいよ」というような素敵な言葉をぜひ使っていただきたいと思います。


その後 「がんばってね」と「がんばってるね」の違い、「甘やかす」と「甘えさせる」の違いから 初等部で大切にしている言葉のバランス感覚。
3年生の オノマトペの 学習を 例に 育てたい 言葉の感覚「感性」に ついて
学校現場から 見る 子どもたちを 取り巻く 言語環境(ソーシャルスキルの 退行・親子の関係)などに ついて の お話がありました。



「算数教育について」      尾崎正彦 先生


2020年は 教育界では 大きな 転換期に なります。
一つ目は 国の教育の 指針になる 学習指導要領が 変わります。
さらに もう一つ 大学入試が 大きく変わります。
これらの 改革は これまでの 日本の教育の やり方では 世界に 通用する 子どもを育てることが できない と いう 反省から 生まれてきたものです。

順天堂大学 医学部の入試問題(キング・クロス駅の写真です。あなたの 感じる ところを 800字以内で 述べなさい)は、今まで 塾や 予備校で 暗記中心の 学習で培ってきた 学力では 太刀打ち できるものでは ありません。
この 問題を 解くためには 1枚の 絵の中から 必要な情報を 読み取り、その 情報を 論理的に 組み立てて 文章を 作っていくということが 必要です。


次に 思考力の 原点「問い」「〜たい」 を 感じる 授業の 構成の 例として 実際の 5年生の 授業の 様子の 説明がありました。
与えられた 課題から 自分たちで 情報を 整理し、共通の 法則 を 見つけ、次の 課題に 繋げていき、実験して 確かめ、子どもの中から 新しい条件が 生まれる 様子でした。
そして このように 授業を 進めていくと どれだけ 学力が 上がっていくのかは、全国学力学習状況調査の 結果を もとに 示されていました。
最後は「関西大学初等部で 愉しい 算数を まなびましょう」 と 締めくくられました。



「英語教育について」      梅本龍多 先生

関西大学 初等部の 英語の授業について、梅本先生の 質問に スティーブン先生と マイク先生が 英語で 授業の様子や 内容を 答えるという 今までに なかった 形での 説明でした。
実際に 子どもたちが 受ける 授業のように、 ほぼ 英語 に よる 説明 と いうのは、子どもたちが 毎日浴びている 英語の シャワーを 私たちも 体感した ようでした。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白「考える」と いう ことの 本当の 意味

目的 と 手段 の 関係性

国語・算数・英語の 各担当に おける、思考する 授業の 基本的な 考え方を ご説明 頂きました。

各教科の 授業に 対する 先生方の 考え方が 鮮明になった事が 印象的でした。
小学校低学年段階での 英語は、私は、学問ではなく、慣れだと思っています(そこに、考える 余地の 無いもの と いう意味で )ので、自ずと 教え方も 異なって当然 と 思いますので、ここでは 主に 国語 と 算数 に 関しての 記述 と 考えて下さい。

国語と算数で、意図的に ワザを使う と いうよりも、子供たちの「考える」を 刺激し続けている 事を 教えて下さいました。

6つの 技を 習得する 事は 目標と なりがち ですが、関西大学初等部の 先生方は、それが 過程 に 過ぎないことを よく ご存じです。

シンキング・ツールは、あくまで 結果 を 出すための 手段 で ある ことを 頭に入れる 必要が あるのです。

つまり、子供たちが 結論 を 導き出すために、ごく 自然に、当たり前のことのように ワザを 駆使して 考えるように なっている 現状を 見せてくれた と いうことです。

先生方は 講義の中で、関西大学初等部の 生徒たちが 目的 と して シンキング・ツールを 使用するのではなく、思想として「考える」事の 大切さが 浸透していて、同時に、先生方も 日常に 根付いており、その事を 常に 念頭に 置きながら、教えて いるのだ と 再確認 させられた 一幕でした。

常識 とは 何か

この事は、イグザム幼児教室で 言うところの 「パッと見てわかる数」と 通じるものが あります。
最初は 面倒くさい かもしれませんが、一旦「なぜだか 解る」という レベルに 到達してしまえば、忘れる事も 無いし、解らないのが 不思議 だと 思ってしまう と いう事です。
ある意味では、九・九を 唱える のと 似ているかも しれません。
分類するなら 〇〇図、比較するなら ××図 という風に 考えるのは 最初の うちだけで 、すぐに、「なぜだか 解る」という レベルに 達してしまう と いう事です。
その事を 意識するか しないかでは 雲泥の差が 生まれる と 言っても 過言では ありません。
これは、関西大学初等部の 先生方の 指導技術が 格段に 高いことを 如実に 物語っています。

例を 挙げるなら、オリンピックです。
道具などの 進歩も 勿論 ありますが、前の 大会では 金メダル確実 と 言われた 技が、次の 大会では 当たり前のように こなす選手が 何人も出て、それを 超える技 しか メダルを 狙えない と いうのは よく ある話です。
一つには 間違いなく コーチング技術の 向上 と いうのも ある と 思います。
つまり、先の 大会で 金メダルを 獲る 要因 と なった 技 を いち早く 分析し、その 時点まで 無駄な 努力を することなく 効率良く 連れていくことが できる と いう事です。

シンキング・ツールを 自由に扱う 子供たち

関西大学初等部が「考えることを 考える」 を テーマに 掲げ、開校以来 一貫して それを 追求して来られた わけ ですが、教える側の 立場の 一人ひとりに、その考え方が 深く 浸透している ことを 実感させますし、それらを 実感できる 場 と しての 研究発表会も 毎年 開催されて います。

周辺 小学校でも「考える」という事の 重要性に 関して 最近は、十分 認知されている ようですが、一番の 核 と 言える「考える」 の 部分が 曖昧な 表現で 終わっている気が します。

関西大学初等部が 開校以来、ずっと、訴え 続けて 来られた「見える化」 の 本当の 意味を 知る事 に なります。

生徒 一人ひとりが、自分の 考えた 道筋を 他の 全く 予備知識の 無い人に 納得できるよう 説明 できるという 事の 重大性 を もっと もっと 感じ取れる 感性 や 知性 が 求められて いるのです。

この「考える力」と「思考の 見える化」に 関しては、大学を含め、あらゆる 教育機関の中で、他を 寄せ付けない 強み を 発揮 し続けている と 思います。

関西大学初等部の 今の 教育が どんなものかを 具体的に 認識できたことは とても 貴重な 体験です。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白6月19日(日)

余白
関西大学初等部 2017年度受験セミナー


余白

 6月19日(日)関西大学 初等部より 田中 達也 校長先生をお迎えし、イグザム幼児教室に於きまして「受験セミナー」を開催しました。

余白

関西大学 の学びとは   田中 達也 校長先生

学校の方は 6月の 最初の 頃に 運動会 が ありました。
今年は「組体操」については いろいろと 話題になりましたが、本校も それ以前から 話が出ていましたので 色々と検討して、大きく 変えよう と いうことで タワー や ピラミッド の 高さや 段数を 制限しました。

6年生からは「やりたい!」「どうして?」「大丈夫だから」「頑張るから」の声があったので、説得するのに 担任も 苦労した と 思います。
生徒たちも モチベーションを 保つのが 難しい中、よく踏ん張って 頑張ってくれました。

結局 高さ や 迫力 と いう点では 変わったんですが、感動 と いう点では 何の差もない 素晴らしい 演技を してくれました。

また夏休みまで 1カ月ぐらいですが 宿泊学習が 始まっています。
先週 3年生の 宿泊に ついて行ったんですが、今週は 2年生、7月になると 5年生 と いうように そういった行事も 控えているところです。
子どもたちは 本当に よく頑張っています。


余白

その後、関西大学 初等部の概要について 説明がありました。
教育理念「学の実化」。
教育目標「確かな学力」「国際理解力」「健やかな体」「情感豊かな心」から「高い人間力」を目指して いらっしゃます。


目指す子ども像

考え方」を 考える ミューズ学習について、英語教育、国際理解教育、ICT環境の整備、読書指導、ミューズっ子クラブ、アフター・ミューズっ子クラブ、それぞれを いろいろな 具体例を 加えながら の話でした。

中でも、今年の始業式に「賢さ」って何だろうね 、と 子どもたちへ 問いかけ、それを 今年のテーマ とされていらっしゃいます。

今年の 学校案内パンフレットの 表紙は あえて 学校名を入れず、開校当時から 使っている シンキングツール の 写真を 使っている点、1年生から シンキングツール を 使い、そこで 限定 を かけることは、子どもたちの 考える幅が 狭まってしまう のではなく、むしろ 考える幅を 広げるために、どんな道筋で どんな 考え方で 答えに 持って行ったのか、ということを たくさん 子どもたちに 経験 させたいがため の 基礎、土台になる 学習だ と 捉えているということ などが 印象的でした。


入試に ついて

昨年度の入試の、「親子面接」「ペーパーテスト」「行動観察(集団活動)」について、内容の詳細を それぞれの試験会場の写真を加えながら説明していただきました。
ペーパーテストの内容は勿論のこと、保護者から一番様子が見えにくい「行動観察」について、写真で様子を知ることができたこと、どのように見ておられるかお聞きできたことは、とても大きなことでした。


質疑応答
毎年、イグザムの説明会では たくさんの質問が出ます。
大き過ぎない会場であること、いろんな方が いろんな 質問をされるので、気負いなく 手を挙げることができること、その良い 雰囲気が 質疑応答活発な時間 にして頂いています。
今年も 例年に増して 多くの 質問が でました。

英語の授業のクラス分け について
先生方の取り組み について
早生まれの子の 入試時と入学後の様子 について
ペーパーテストの 問題による時間配分 について
行動観察時の声かけ について
英語学習 について、消極的な子でも 入れるか
関西大学 初等部の生徒の 良い所、もっと 伸ばしていこう と 思われること
入試説明会の 教科説明について


など、それぞれの質問に 丁寧に 答えていただきました。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白「考える」ことの大切さ

関西大学初等部 田中達也 校長先生の お話を伺って 改めて 感じたことは、関西大学初等部特有の、何よりも 考えることを大事にする と いう感覚です。

私共の教室では、元来 関西大学初等部に 数多くの イグザム生を 輩出しており、 関西大学初等部に 強い 教室 と のお声を 頂いております。
なぜ、関西大学初等部に強いか と 言えば、それは「考える」ことを 大切にしているという事実が 教室の理念 と 合致している 点でしょう。

勉強する上で 大事なのは「暗記する」ことよりも「考える」という事です。
問題や 公式を 丸暗記することは、それほど 大事なことではありません。
世の中は 常に 前例通り に 進む訳では ありません。
前例に従う」では新しいものを 生み出すことは できないし、先に 進むことも できません。

今、世界的に 蔓延しているのは、オール・オア・ナッシングの考え方でしょう。
我が国の 東京都知事の問題、米国の トランプ 大統領候補や 英国の 国民投票による EU離脱問題など、物事を 極端に 捉える 傾向 に あります。

今ほど、「考える」ということを 求められている時は 無いのです。


先日、関西大学初等部のオープン・スクールに 参加して、懐かしい お顔を たくさん 拝見することが できました。
関西大学初等部も 早いもので、開校7年を数え、当教室からの 入学者も 70名以上となり、当然、その中には 中学生になった子もいます。

毎年、オープン・スクールでは その成長ぶりに 驚かされているのですが、皆が口を 揃えて「楽しい」と 言い、誰一人として 学校の不満を 口にすることが 無いのが 更なる驚きです。
先生方の 資質の高さ が そこからも 伝わります。

余白


田中達也校長先生に 於かれましては、入試前の お忙しい中、わざわざ 足を お運び 頂きまして 誠に 有難うございます。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白6月11日(土)

余白関西大学初等部 オープンスクール


余白


6月11日(土)関西大学初等部にて、オープンスクールが 開催されました。

先生方も 、集中しています。
授業の 面白さは とても 大切です。

子供たちの 判断基準は、実に正直で、教育理念よりも 授業の楽しさであり、先輩たちの 発する「お勉強大好き 光線」です。

先生方は 常に 子供たちから 評価され 続けて いるのです。

生徒達の 授業中の 真剣な 顔を見る 機会も、こうした オープンスクール ならでは です。

1年生から 6年生まで、楽しんで 授業を 受けているのが 印象的です。

約380人の 生徒の 内、60名以上が イグザム生です。
全部で 6学年 ある内の 約 1学年分の 生徒を 送り出している 計算です。
眼で 追わなくても、自然に イグザム生の「今」の姿が 目に 飛び込んできます。

皆 大きくなって、その姿を 見ているだけで、思わず 顔が ほころんで しまいます。

1年でも とても 幸せな 瞬間です。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白5月22日(日)

余白関西大学初等部 2017年度学校説明会


余白

5月22日(日)関西大学 初等部の学校説明会に参加してきました。

オープニングは 映像2本。
1本目は 今年3月に卒業した生徒たちが 制作した「学校紹介」の 動画でした。
教室を はじめ 校長室、理科室、保健室など 学校の いろんな場所で 軽快な 音楽に合わせて生徒たちが 楽しそうに 踊っていました。
そして その中には 田中達也 校長先生 や 長戸基 教頭先生を 初めとする先生方の 姿も。
映像は 編集まで、すべて卒業生に よるもの だそうです。
2本目は 「Try Everything」と 題され、4月に 入学した 1年生の 今の 頑張りを 写真でまとめた 映像でした。

1年生の どきどきや ワクワク、息使い、笑い声 そして「学校って楽しい!」が 伝わってくる いい写真が いっぱいでした。



関西大学 初等部の紹介   田中 達也 校長先生

今日は 200組を超える皆様、500人を超える 皆様に お申し込みを していただいています。

教育理念「学の実化」

これは「学んだことを、実際の生活の中、生き方にまで生かしていこう」という とても大事な いい言葉です。
初等部で また中等部、高等部でもこの言葉を元に教育活動を行っています。

12年一貫した教育目標としては、「確かな学力」「健やかな体」「国際理解力」「情感豊かな心」を踏まえて 最終的には「高い人間力」(「バランスの取れた」「総合的な」)の基礎を培うのが初等部だと考えています。
私立小学校ですから高い学力をつけていくのは当然の責任ですが、それだけではなく 「健やかな体」、「豊かな心」にも力を入れていきたいと考えています。


校訓「考動」−学びを深め 志高く−

「考動」というのは もともと関西大学で使っていたのですが、本校でも「自分で考えて行動に移そう」という意味で 1年生から「考動」について「このキャンパスにはこんな言葉があるんだよ」と伝えています。
そして関西大学 初等部では「考える子」「挑戦する子」「感性豊かな子」を めざす子ども像として しっかり育てていきたいと思っています。

今 国全体の教育の大きな動きとして「思考力重視」「アクティブラーニング」というのがあります。
知識の習得はもちろん大切ですが、そこに加えて「学び方」や「表現力」を含めた「思考力」を大切にしたい。ということを関西大学 初等部では開校当時から進めてきています。


その後 英語教育と国際理解教育、思考力を支える 読書指導、ICT環境、安心・安全な学校生活、ミューズっ子クラブ、アフターミューズっ子クラブ、中等部・高等部への進学、大学受験についての説明が ありました。


初等部の入試の概要

出願 8/4〜8/22
親子面接 9/4〜9/16
考査・行動観察 9/21


月齢配慮による グループ分け・親子面接の内容・入試当日の 流れ・考査の内容・行動観察について、 昨年の 実施内容を 写真を加えて 説明して いただきました。

余白


「子どもたちの思考力を高める研究」   古本 温久 先生

思考スキルを 学ぶよさを 実感する 授業デザイン

本校は 開校以来「思考力育成」を軸に置き、研究を し続けています。
常に より良い授業目指して 教員同士が 切磋琢磨しています。
では なぜ本校が「思考力育成」に 軸を据えたのか。

社会は「知識基盤型社会」「多文化共生社会」「情報化社会」など 多様な要望に 答えられる人材育成 を求めています。そして 激変する社会に「教育」も 対応しなければ ならないと考えています。
NYタイムズのインタビューで キャシー・デビットソン先生が「2011年度に 小学校に入学した子どもの 65%は、大学卒業時には 今は 存在していない 職業に 就くだろう」と語っています。
さらに イギリス オックスフォード大学の マイケル・A・オズボーン先生は「今後 10から20年程度で、人間が行う仕事の 約半分が 機械に奪われる」と いうように 予測しています。

このような 世界の激変に伴って、日本の教育も 変化しつつあります。
これまでは 大学入試というと「知識・技能」に大きく重点が置かれていたのですが、今後「思考力」「判断力」「表現力」「主体性」「多様性」「協調性」までもが 入試選抜にかけられる と 言われています。
つまり「何を知っているか」だけでは 通用しない、それを 使って「何が できるか」「いかに 問題を解決 できるか」が 重要になってきます。
そこで 本校では 最も 重要な 資質、能力として「思考力」を 設定したわけです。

思考力(=考える力)は いろいろな 意味を持ちます。
一般的には 解決の方法を考える「判断」が強いわけですが、「予測」「意図」「思慮」「創造」「企画」など、考えるということは 多様な 行動を意味し、複雑に 行われます。
ですから 思考力を鍛えるというのは、非常に難しいことです。

そこで 関西大学初等部の 研究は 視点を 変えたわけです。
思考という漠然として見えにくい行為を、できるだけ具体的な動詞にブレイクダウンして「何をすれば考えたことになるのか」、「考えた足跡は見えるのか」ということで「思考力・スキルの設定」と「思考の見える化」に 注目して 研究を進めました。
この「思考スキルの設定」と「思考の見える化」が 本校の研究の 軸です。

授業の中で 子どもたちは、 シンキング・ツールを 使って 自分の考えを 表出します。
頭の中で 考えたことは 出さないと 見えないですから。
そして 先生方は 必死に 寄り添って その子の 考え を 読み取り、最適な支援を 与える。
また「 放課後は 子どもの思考の現れ」を 証拠に「どういう風に 授業を 展開していったらいいのか」を議論します。

本校は 毎年 2月、全国に向けて 研究発表を 行っています。
全国からから 1000人近くの 先生方が 集まって 研究を深めています。

我々の研究は 国の教育課程の動向にも 影響を与えるほどになっています。
文部科学省の先生たちも 何度も 本校に 足を運ばれ、一緒に 研究してくださり ご指導いただいています。

我々は 子どもたちの 未来を切り開くためには 努力を惜しみません。

余白


思考力を特化した授業「ミューズ学習」について
余白山本 文子 先生

関西大学 初等部式 思考力育成法

ミューズ学習は「考えることを考える」時間です。
そして 考えるための 方法を「思考スキル」として 教えています。

例えば、比べてみて 同じところ、違うところ を 考えながら 自分の考えを まとめて いきます。
何を 手掛かりに、どのように 考えたらいいのかを、1年生から 順を 追って 学習して いきます。
ミューズ学習では 論理的に伝える力をつけるために、「比較する」「分類する」「つなげる」「多面的に見る」「評価する」「構造化する」という6つのスキルを取り上げて教えていきます。

6つの 思考スキルを それぞれ「シンキングツールベン図・Xチャート・コンセプトマップ・ボーン図・ピラミッドチャート・PMIシート)」と 対応させて指導していきます。
対応し、限定することで 子どもの 頭の中を すっきりさせます。
そして シンキングツールで 整頓した 頭の中で考えたことを、友だちに 伝えたり 最後には 論文のように まとめる力 をつけていきます。

「一人でじっくり考える」
まずは どの学年も 一人で じっくり 考えます。
高学年になると、こちらが 与えたツールではなく、自分が選んだルールを使ったり 自分で作ったツールで 説明したり するようになります。
低学年から少しづつ繰り返し学習していくことで「ツールを使いこなせる力」も出てきます。

「ツールを見ながら友だちに伝える」
まず隣の子に伝えます。同じ資料を見ることで「同じだね」「違うね」というやり取りをしながら 自分たちの思いの伝え合いをします。
高学年になると「今日のテーマに沿っているのは こっちじゃないか」というように 活発な 意見交換を していきます。
誰も黙っている子はいません。

「全体で考えを 共有する」
1年生では「お友だちの考えを、みんなに 知らせたいことは ありますか」と聞きます。
自分の事ではなく、お友だちの 考えを伝える のですから しっかりと聞いていないとできません。
そこで「聞く力」も 養われていきます。
また 前に出てきた子も もっと わかりやすく 伝えるためには どのようにしたらいいか を 工夫して 伝えていきます。

子どもたちは「ペアで伝える」「全体に伝える」という経験を 6年間 通して 繰り返し 学習して いきますので 6年生になると きっと プレゼン能力は上がります。
いろいろな 場面で とても上手に 理路整然と 筋道立てて 話ができるようになっていきます。
ミューズ学習には 間違いがありません。
一人ひとりが 全部「正解」なんです。
全部 認め合えることで お互いのことが 分かり合えます。

6月11日の オープンスクールの時には まだ入学して 2カ月しか 経っていない 1年生が どんなふうに 頭を使って 自分の考えを 表に 出して発表しているのか、また学年が 上がると 考え方が しっかりしていくんだ と いう具体的な 様子も 見ていただきたい と 思います。




最後に 職員の先生の 紹介があり、説明会終了後は 個別相談と 年長児童の 体験授業(ミューズ学習・算数)が ありました。

余白


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白「先取り」ではなく、時代を「創って」いる 関西大学初等部

関西大学初等部の、時代を「先取りした」ではなく、「創っている」感覚は、講演された 二人の 先生の お話からも ハッキリ 読み取ることが できました。

ここ 数年だけでも、各 私立小学校の 教え方や、学校の 持つ 考え方の 理解、そして その表現力は 格段の進歩を 感じずにはいられません。
時代は 正に 変革期を迎え、一人ひとりの 意識も 大きく 変わってきているのです。

しかし、聴いていて 感じるのは、話の旨さ では ありません。

絶対的な違い と感じるのは、「どういう授業を どのように するのか」という 方法論ではなく、もっと 根源的な 教育理念 について 語られている ところでしょう。

しかも、経営者としての「お題目」でなく、授業を実践される 一教師 と しての立場から 詳しく 語られた と いうことも 忘れては ならないでしょうし、それこそが、関西大学初等部の 大きな 特徴 と言えるでしょう。


大学を 比較する 特集を組んだ 雑誌(週刊アエラ)の 見出し部分で、一見すると 無関係に 思える 小学校の教育について 言及し、将来 大化け するかもしれない 注目の 小学校として 関西大学初等部が 取り上げられていた と いう 事実を 以てしても その 注目度の 高さが 窺い知れます。
関西大学初等部が「先駆者」では なく、新しい世の「生みの親」という 認識が、世間一般に 深く 浸透しつつ あるのだ と いう 表れの 一つでしょう。


学校が いかに 楽しい所かは、通っている子供たちを 見れば 自然に 伝わってきます。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白4月21日(木)

余白関西大学初等部 2017年度入学案内パンフレット


4月21日(木)関西大学初等部より、梅本龍多先生がお越し下さり、2017年度の入学案内パンフレットをお持ちくださいました。

余白

今年からは 新入生と 旧6年生が 含まれていないのが 残念ですが、おかげで 早く 入手可能となり、他小学校と 足並みを 整えた形です。
英語の エキスパートならではの 素晴らしい ご意見も 頂戴しました。
考えていることが ほぼ同じで 安心しました。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白4月7日(木)

余白関西大学 初等部 入学おめでとう


4月7日(木)関西大学初等部の 2017年度入学式が 挙行されました。
式を終えた イグザム生の 何人かが 教室を 訪れてくれました。
入試の緊張から解放され、本当にいい顔をしていました。
そして、制服姿が似合う子へと成長してくれました。
この瞬間の為に 毎日が あるのだ と言っても 過言ではありません。
皆の 笑顔を 決して忘れることは ないでしょう。


余白余白余白余白

余白余白余白

余白余白余白

お疲れの所、本当に 有難うございました。




小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白イグザム版 2016年度 関西大学初等部 入試問題過去問

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白3月13日(日)
余白関西大学 初等部 学校説明会

余白

3月13日(日)関西大学初等部の 学校説明会が 開催されました。


田中 達也 校長先生

まだ 外は少し寒いですが、春は 間もなくというところです。

昨日は 中等部の卒業式に 出席してきました。
初等部からの 生徒は まだ中2ですが、在校生を代表して 送辞を読む場面が ありました。大変 緊張していましたが とても立派な 送辞を読んでいました。
いよいよ 来年の今頃は この子たちも 卒業していくんだなと思うと、嬉しいような 寂しいような感覚で 昨日の卒業式に出席していました。

今週水曜日には 初等部の 第3回卒業式を控えています。
その卒業生の 6年生は、本校で初めて、6年間を 初等部で過ごした 子供たちです。
いろんな面で 逞しくなりました。
その成長を 中等部、高等部に行っても 直接を このキャンパスで 見る事ができるのです。
それは 我々にとっても 恵まれているな と感じています。
また、今日の午後は 新1年生の オリエンテーションが あります。
また 新たなスタートになるんだな と考えながら今日の朝を迎えました。

本校は中等部、高等部を含めた12年一貫の学校です。
このキャンパスが開校して今6年目を終えようとしています。
いよいよ7年目の新たなステージが始まるというところです。
学校の教育目標については、大事な事をしっかりと地道に積み上げていこうと考えています。

「智」ー学力、「徳」ー豊かな心、「体」ー逞しい体 を大事にしていきたい と思っています。
それに加えて、「国際理解」についても 大切にしている 学校です。

そういった 4つの視点(支点)を持って 最終的には「高い人間力」子供たちにはバランスのとれた 人間として 成長してほしい と考えています。
それらを 踏まえて、初等部では 具体的に 3つの目指す子供像 というのを持っています。

1つは「考える子」。
それは 学力面は もちろん生活面でも しっかりと 考える事が 出来る子です。
その「考える子」を中心に それを 支えることとして「豊かな心」「挑戦する子」。その3つを具体的な目指す子供像として我々は日々教育活動を進めています。

7年前に 開校準備室で、どんな事に 力を入れて行こうか と考えた時に 「思考力」「考える力」を つけていこう ということに なりました。
今 国全体の 流れでいうと「思考力」をつけて行くことこそ大事だ と考えています。
「何を学ぶか」だけではなく「どんな風に学ぶか」が重要視されています。
新しい学習指導要領も 改訂される方向に 向かっているんですが 間違いなく「思考力」が中心になってくる と思います。

本校では 毎年「研究発表会」を 開催しているんですが、文部科学省からも 来ていただいています。
関西大学初等部が取り組んでいる「思考スキルを身に付ける学習」というものに 高い関心を持って頂いている と思っています。


関西大学初等部の 売り は何ですか と聞かれると それは 間違えなく「思考力です」と答えます。

その後「 思考スキルを 身につける学習」の具体的な例として 1年生から6年生までの 授業の 取り組みについての 説明がありました。



行事と学校生活について  長戸 基 教頭先生

配布されたパンフレットを 見ながら 初等部の行事や 学校生活についての 説明が ありました。

1年生から 宿泊体験を行うこと、6年生の オーストラリアの修学旅行での 国際交流、英語学習についてなど をエピソードを加えなが 
らのお話でした。

途中 少し疲れ始めた子供たちに「このハンカチを 上げている間だけ 声を出してみよう」と簡単なゲームが 始まりました。

ハンカチをふわり と上に投げて落ちてくるまでに「あー」、少しだけ上げて「あ」、力一杯上に投げて「あーーーー」、また力一杯上に投げ上げると見せかけて・・・子供たちや 保護者の中から 笑い声があがりました。

関西大学初等部の先生は一瞬にして子供たちの心を掴むいろいろな「技」を持っていらっしゃいます。



入試について  田中 達也校長先生

2016年度入試について
昨年の入試の 「親子面接」「ペーパーテスト」「行動観察」について、それぞれの ねらいや試験問題のポイント、行動観察の内容 などの説明がありました。

2017年度入試日程の発表
親子面接 9月4日(日)〜9月16日(金)
ペーパー・行動観察 9月21日(水)午前中実施


説明会終了後は 新年長児を対象とした「英語/国際理解」の体験授業 がありました。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白開校以来 変らぬ目的

驚いたのは、現・田中達也 校長先生と 長戸基 教頭先生の口から 田中明文前・校長先生のお話が出たことです。
実際に 行ってみればわかりますが、現任者が 前任者を褒めることは 滅多に できることではありません。

関大の 気質ともいえる、「良いものは 良い」の 精神が 隅々まで 行き渡っていること を 物語っています。
この辺の 大らかさは 関西大学を通して 多くの学生からも 伝わって来る ところです。

現任者が 前任者の欠点を 列挙した上で、改善すべき点を 並べるのが 常で、前任者の 功績を挙げる事は まるで 自分の損とでも云いたげな風潮を 真っ向から 否定するものです。

思考力の育成」を 開校前から 大きな目的に掲げ、それを 貫いてきた という 一貫性の 証明です。

これは 同じ目的を持った 同志である証 であり、開校以来 いささかも ブレてはいない事を あらわしています。

目標 と 目的 は 明らかに 異なっているのですが、時として、この2つが 混同されているの事、そして その意味の違いすら 考えない人が 増えているのが 心配です。

関西大学初等部の校風は 上層部の目的意識が 強固に一致し、変っていないことを 内外に 発信し続けていること で 生徒達の 信頼も厚く、 その定着も 目を見張るものが あるのだと 思います。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2016年2月13日(土)

余白関西大学初等部 その人気の源流を探る


余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白エキスパート と プロフェッショナル

どちらも 単純に英訳すれば「専門家」という言葉ですが、その意味は 少し違います。
一般的には エキスパートは「ある専門分野における専門家」であり、プロフェッショナルは「専門分野に加え、横断的分野を持っていて、必要に応じて回答すること」となるでしょう。
これだけを 考えると、プロフェッショナルの方が エキスパートより 優れている かのようです。
ですが 一般論通りでない のが イグザムです。
今回は プロフェッショナルと エキスパート についての 考察を 進めてみましょう。

また、言うまでもないことですが、これは「素人」「玄人」の 単純な 比較 について述べているのでは ありません。

今度の 第6回研究発表会は 関西大学初等部らしさを 存分に 堪能できる発表会 だったのでは ないでしょうか。

残念ながら 6年生による「考える過程と その方法論の考察」が、必須として 全員が 目の当たりにする機会には 恵まれず、また、他の授業についても 見学の先生方が 多すぎて 詳しく 見ることは できなかったかもしれません。
しかし、熱気は 十分すぎる程 伝わって来たのでは ないでしょうか。

エキスパートとは 数の感覚、言葉の感性、理科的感度、社会的感度など、ある科目 において 絶対的なものを 持っている人 のこと を言います。

この「感性・感覚」というものは 後から身につくものでは 決して ありません。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白正しく伝えられていない エキスパート の意味

一般的には「良い教師は 国立に残り、悪い教師は 去る」と されています。
ですが、「ちょっと待って! 本当に エキスパートは プロフェッショナルより 下なの?」という 疑問が 沸いてきます。

元来 エキスパートは感性・感覚を 重視するため、その評価を 正しく下すのは 難しい と 考えられて います。
なぜならば、エキスパートの 評価基準は 自分自身 であって、他人がどう見るかは 無関係 だからです。

今の 日本には 似非プロフェッショナルが 蔓延しています。
正真正銘の プロフェッショナルが ズラッと 並んでいるなら 誰も 何も 言いません。
なぜならば、似非プロフェッショナルも 評価が 客観的に見え、お利口さんを 量産するのが 簡単だからです。
本心を 絶対に 見せない人間が、ピュアな人間より 評価されています。
似非プロフェッショナルの 見ている方向は 自分自身 ではなく 評価者 であったり、保護者 であったり するわけです。

そういう意味からは 関西大学初等部の 教える側の人たちは、紛れなくエキスパート であると言えます。
答えは 予め決まっている訳ではなく、むしろ 流動的であり、相手との コミュニケーションによって 自在に 操ることのできるいわば「魂の形」が 求められて いるのです.

器用に 自分を 演出 するのではなく、ありのままの自分 を見せることを 当たり前 に感じているということです。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白日本に 蔓延する 似非プロフェッショナルたち

しかし、忘れてはならないのは、多くの場合、日本で 見られるのは 本物そっくりの 偽物 である ところでしょう。

大切なのは、「覚える」のではなく、「考える」です。
入試面接は 練習の成果 を見せる場ではなく、その場で 聴かれたことに 適切な答え を考える場 という事です。

お利口であり、そつなく 何でもこなすことができるが、決定的なのは 責任を取ろうとしないところに あるでしょう。

これは 目指すべき成果が「他人から見て どう見えるか」であり、そこに 自分が 存在しないのが 当たり前 になっている からでしょう。

似非プロフェッショナルが 重要視するのは「成果」であり、その評価基準ば「他人の目」客観性です。
しかも、悪いことに、彼らにとっての「成果」とは、成功は 全て自分のお陰であり、失敗は 全て自分以外の責任である と信じて疑わぬ厚顔無恥ぶりかもしれません。
他人・周囲の目を気にし、評価も 容易 であることが 決定的に 日本的 であるのでは ないでしょうか。

そつのない 答弁を 繰り返す 政治家や 失敗の少ない サラリーマン を育てる という点では ぴったり なのでしょうが、こと ノーベル賞 に関しては、対極である と思われます。
そういう意味からは ノーベル賞受賞者は エキスパート的考えから かなり近いところにいる と言えるかもしれません。

関西大学初等部の 秀でたところは、 関西大学初等部には、正しく 見て、比較・分析のできる、評価を 正しく 下すことのできる 管理職が いる点 であろう と思われます。
「正しく管理する」ことが 実は 最も 難しいのかもしれません。

余白


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白日本人は「プロフェッショナル」という
余白 言葉の響きが 大好き


日本人は 本質的に プロフェッショナル という言葉が 好きで、エキスパートを その下に置きがち です。

しかし、本当の プロフェッショナル は 我が国に おいては 滅多に 生まれていないし、むしろ、その間に まがいもののプロフェッショナル を 数多く 生み出した という 事実に 向き合う べきでしょう。

ある意味では 日本の 伝統的な「職人」はエキスパートと プロフェッショナルの 両方を 兼備えた人 のことを 言うのかも しれません、
「匠」や「巧」という言葉に 表されることが 多い のではないでしょうか。

「職人」の育成には 途方もなく時間がかかります。
その長い時間ゆえの 淘汰が生まれます。
信念や情熱が試され、そしてその中で 覚悟の脆弱な部分から 順番に そぎ落とされていくのでしょう。
そして 残念なことに、本物の職人 そのもの の数が 激減しています。

話を元に戻しましょう。
基本的な考えとして、関西大学初等部は エキスパートの集団であって、似非プロフェッショナル的ではない ということです。

では 本物のプロフェッショナル とは どういうものか と問われるなら、一言で 言うなら「神」です。
或いは、「神格化された」人も これに 含まれる かもしれません。


根本的に 60名しか採らない事が 同質性維持に 役立っているのは 間違いありません。
関西大学初等部の特徴は「決して器用に 自己を 飾ることはできないけれど、自己を正しく表現できる」 ということにあると 言えるでしょう。

研究発表会を 見せて頂いていると、そのことが そこかしこから 伝わってくるのが 判ります。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2016年2月6日(土)

余白関西大学初等部 研究発表会が開催されました

余白

2月6日(土)関西大学ミューズキャンパスにおいて、第6回関西大学初等部研究発表会が開催されました。
殆どのイグザム生のご父兄が参加されたので さながら入学後の父兄会を先んじて見せて頂いているようです。

1000人を上回る 参加者を集めた 研究発表会

教育関係者だけでも 昨年の900名強をはるかに上回る、1,000名以上を記録する大盛況でした。
その1000人も、制限を加えても締め切り後1週間で数百人のお断りを出すなど人気は留まる事を知りません。
教える側の人たちを惹き付けるものを持っている証と言えるでしょう。

冒頭挨拶に立たれた長戸基教頭先生も それを誇りと自信の裏付け として 語っていらっしゃるようでした。
 
「熱意を持って、決意を持って 頑張る 教師の姿を見てください」と熱く語られた教頭先生のお姿が印象的でした。

丁度ワン・サイクル、4月で開校7年目を迎えられる 関西大学初等部に 燦然と輝く勲章のようです。

田中達也校長先生、長戸基教頭先生、田中明文前校長先生、梅本龍多先生や 役員を務められる 多くの保護者の方にも 途中お会いすることができました。
たくさんの イグザム卒業生の輝く顔そして顔、そのどれもが いきいきとして 私の眼に映り 紛れもない 関大生の顔 に なっていました。
関大初等部生の顔とは、「考えることを 考える」ことの出来る 小学生という意味です。

言うは易く、実際に それを体現するのは 決して簡単なことではありません。
余白
4〜6年生は 今年から大学棟たる 西館で キャパを大幅に拡大した 形での 開催となりました。

余白

また、今年は6年生の手による「ナマステ!会いたい友だちと」が刊行されます、
発行も発売日を前倒しして 研究発表会当日に行われるなど、2月6日を意識したものとなりました。
尚、この本の売上はニランジャナスクールの学習環境改善に使われるそうです。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白11月28日(土)

余白関西大学初等部 研究発表会開催のご案内

余白


2月6日(土)関西大学ミューズキャンパスにおいて、第6回関西大学初等部研究発表会が開催されます。
ご案内を頂きましたので、ここに掲載させて頂きます。

余白余白

お申し込みに関しては、
http://www.kansai-u.ac.jp/elementary/2015/11/post-372.html
にて受付が開始されています。

余白 

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白先着100名に限りご父兄の入場が可能です。
昨年実績から考えると受験者の半数程しか受講できません。
この機会を逃すことなく、早期に申し込まれる事をお勧めします。

3月13日(日)開催予定の 学校説明会に関しても簡単ですが 触れられています。

関西大学初等部とは如何なる教えを 如何にして行うか、千の説明を聞くよりも ご自身で体感される方が 感じ取る部分が 多いのではないか と思います。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白8月8日(土)
余白田中達也校長先生 入試説明会
 


余白



8月8日(土)イグザム幼児教室において、関西大学初等部より田中達也校長先生をお招きして、「入試説明会」を開催しました。


余白


教育内容

今、関西大学初等部では、学習指導要領が大きく変わろうとしている流れの中で、本校が取り組んできた「思考力育成」「考える力をつける」ということを 改めてしっかりと大事にしていきましょうという話がでてきています。

今までの指導要領では、国語・算数・理科・社会で たとえば国語では、「こういう読む力をつけましょう」、社会では「歴史をこのように学習しましょう」というように、学習の中身の話はたくさん載っていましたが、「こういう考え方をさせましょう」というのは あまりありませんでした。

それが今回の新しい学習指導要領では「考え方、学び方について こんなことが大事ですよ」ということが載っている予定です。

本校には 開校当初より 毎年 文科省の方から調査官の方が来てくれています。
大阪で開校する私学の小学校が、「思考力育成をしている。」「考え方を考える学習をしているらしい」と文科省が非常に興味を示してくれていて、本校もまた 国の方から指導、アドバイスを受けるのもありがたいことですので 開校以来 一緒にやってきています。
今度の学習指導要領には うちがやってきた「考え方」というものが、たくさん載っているかなと思っていて、今我々にとって追い風になっていると感じています。



余白


その後 「考え方を考える」「子供たちの考える引き出し作りをしていく」という 関西大学初等部の教育の大きな柱である「ミューズ学習」について 1年生から6年生まで具体的に、授業の進め方、授業の様子の説明がありました。

また オーストラリアの修学旅行、国際交流の授業から「英語教育について」、また「関大初等部のICT教育」、ミューズっ子クラブなどの「放課後の活動」についても説明して頂きました。

「教育内容について」の質疑応答で 保護者の方から「知識等の教育と思考力育成のバランス」について質問が出ると、「この話だけで時間が終わってしまいそうですが...」と 6年生の歴史の授業を例に 非常に熱心に答えて頂きました。


余白


2016年入試

今年の入試日程が3週間近く早くなったこと。合わせて、ペーパーテストと行動観察が9月25日の午前中のみで実施されることについての説明がありました。
 その後「願書」「親子面接」について、過去の具体例を挙げての話があると、保護者の方からたくさんの質問がでました。その一つ一つに丁寧に答えて頂きました。

また「ペーパーテスト」については、昨年入試を受けた子供たちからの聞き取りによって作成されたイグザムの過去問をもとに説明して頂いたのですが、「子供たちの記憶力はたいしたものです」というお言葉を頂きました。


余白


最後の「行動観察」についても 昨年までとの変更点の説明の後「評価の重要なポイント」についての質問をはじめ 活発に質疑応答が行われました。


今回は、関西大学初等部での入試イベントが全て終了してからの説明会ということもあって、保護者の方からの質問も多く、とても貴重な時間でした


余白


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白関西大学の教育とは属人的であり、システムによるものでは決してありません。

所謂スーパースター軍団が「考えることを考える」という統一テーマを一つ加えた形で従来培ってきた得意分野に、更に大きな共通の課題に挑むという大事業を担っているという点では他に類を見ません。

サッカーの世界で見れば、バルセロナやレアルマドリードを頭に入れて考えると分かり易いのかも知れません。

スーパースター軍団という言葉がこれ程相応しい人達を私は知りません。

それは、人が変わればの不安要素を含むものかもしれません。
単なる繰り返しや訓練では到底到達しない世界であろうことは想像に固くありません。

一つの絶対的方法論であることは間違いありません。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白5月24日(日)
余白2016年度入試 学校説明会
 

.余白
余白5月24日(日)関西大学初等部 第2回学校説明会が開催されました。
アリーナに入ると、初等部の制服とランドセル、そして試験の時に実際使用する 机と椅子、 クーピーが展示されていました。「憧れ」から「緊張」へ、気持ちは 説明会へと集中していきます。

 オープニングは梅本 龍多先生のスライドショーです。
軽やかなリズムに乗せて 初等部の日常を切り取った写真が続きます。
子どもたちの「感じ」「考え」「挑戦する」場面はもちろんのこと、今回は先生方の表情が とても印象に残り、子どもたちだけではなく 初等部全体の「考動する瞬間」を感じました。


長戸 基教頭先生の司会により、第2回 関西大学初等部の学校説明会が始まりました。


「初等部について」  田中 達也 校長先生

 学校の方は、今度の土曜日には今年度の運動会が開催されます。
子どもたちは それに向けて 1年生から6年生まで頑張っているところです。
今日は、初等部の教育と 入試の日程についてお話ししたいと思います。

 関西大学の教育理念として「学の実化」というのがあります。
学んだことを 実際にどう活かせるのか。それは 小学生の子どもであっても、大学生であっても、とても大事なことだと感じています。学んだことが 単なる「知識」ではなく、それを生活に活かしていく、これからの生き方に活かしていく。そんな教育理念を進めています。

「確かな学力」「健やかな体」「情感豊かな心」は子どもたちを育てるという上では当然のことであり まずバランスのとれた力をつけていきたい。
それに加えて、グローバル化が進む社会の中で「国際理解力」というのも視点として大事であるだろう。
そのようなことを合わせて「高い人間力」をつけていきたい。
これがミューズキャンパス教員全体の一致した思いであり、教育目標となっています。
 毎年 4月から5月あたりに「子どもを語る会」をしています。
1年生から6年生までの全教員で、自分の担任の学級の子どもたち、学年の子どもたち、教科担当をする子どもたちだけではなく、全体で全ての子どもたちの状況を知って、全員で共通理解をして教育を進めていく。そんな思いで取り組んでいます。

「考動」というのは、関西大学が大切にしている理念になりますが、それは 子どもたちにも常に話をしています。
「お勉強の時だけじゃなく、学校生活や お家でも 考えて動くって とっても大事だよね。」と1年生の時から意識づけをする。そんな校訓にしています。

 教育目標を受けて、具体的に めざす子ども像は、「感性豊かな子」「考える子」「挑戦する子」の3点なんですが、中でも「考える子」というのが一番重要だと考えます。
学力、学習面はもちろん、生活や生き方において、受身ではなく 主体的に 能動的に 自分たちで考えて動いていく。そんな「考える子」をめざしていきたいと思います。

 国全体の教育の動きについてお話ししたいと思います。
ニュースや新聞報道で「思考力重視」「アクティブラーニング」などたくさんのキーワードが国の教育の動きの変化に出てきています。
「考える力」「主体的に学んでいく」という当たり前のことが うまく機能していないということがあって、これらを国全体で 大事にしていこうという動きです。学び方をしっかり身に付けようということです。
 そして これは 私たち関西大学の教員にとって「追い風」と感じるところです。
本校では開校当初より「思考力の育成」を柱に教育を進めています。
「考え方を考える」「思考スキル(考える技)を習得し、活用していこう」というのが本校のミューズ学習なのですが、そのミューズ学習を通じて、「考える引き出しをたくさん作っていきたい」。それが初等部の 学びについての大きな特徴だと思っています。


 その後 具体的な 学び について「英語教育」「国際理解教育」。
学びの土台作りとしての「読書指導」「ICT環境」。
また「安心 安全な学校生活」「放課後の活動」について写真を交えながら説明していただ  きました。

 また入試について、日程を含む 昨年度との変更点、行動観察の実施する場所、内容の変更などについて説明がありました。
詳しい説明は、7月19日(日)の入試説明会で発表されるそうです。

本日配布されました「2016年度 関西大学初等部 学校案内」のパンフレットは卒業式の証書入れの表紙をモチーフに、「我々の 思いが詰まったパンフレット」にされているそうです。


関西大学 中・高等部 鵜飼 昌男校長先生
 中・高等部 鵜飼 昌男校長先生より 初等部の後 どうなるか。12年一貫教育の後半を担う
中等部、高等部について、進路実績を含めた説明がありました。


後半は教科紹介でした。


ミューズ学習   三宅 貴久子 先生

 開校準備室時代から 7年 初等部のミューズ学習にかかわってこられた 三宅 貴久子先生より
関大式思考力育成法」としてミューズ学習の説明がありました。
 まず、3年生のある生徒の自己紹介の映像。その後 その同じ生徒が6年生になって、自分の将来について発表する映像を見ました。
「考える力を鍛えた場合、子どもたちは どんな風に成長していくか」という ビフォア アフターでした。
3年生ではまだ 自分の言いたいことを並べていた生徒が、6年生になって 言葉だけでは伝わらないことを、プレゼンテーションを使って 人に伝えようとする様子から、ただ学年が上がって難しい言葉や 言い回しが使えるようになったと言うのではなく、「人に伝える」という根本の部分での成長を感じました。
 そしてその後、そういう成長のための「ミューズ学習」の進め方を、実際の授業の様子の写真や図を使って解説されました。


「教師が一方的に知識を注入しているのではなく、自ら学ぶ、学習者が中心の授業を展開していかないと、子どもたちの 考える力はつきません」
「考える手がかりを 子どもたちに与える事によって、自分から考えるようになっていく。そういう 考えることを考える時間を設けるために ミューズ学習が生まれました。」

 など 校長先生のお話にあった 「関西大学初等部のめざす姿」が、三宅先生の説明の中にも一貫したものとして感じられました。


国語教育について   西 勝巳先生

「子どもたち 疲れたんじゃない? ちょっと立ってごらん。」
「10って言ったら パチンと手を叩くんだよ。」
「1.2.3.4.5.6.7.8.9.10!」「パチン!」
「叩いた? 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10!」「パチン!」
「遅い人がいるよ! 1.2.3.4.5.6.7.8.9!」「パチン!」(笑)
「10って言ったら 叩くんだよ。」
「1.2.3.4.5.6.7.8.9.10!」「パチン!」
「そうそう! 1.2.3.4.5.6.7.8.9!」「パチン!」(笑)
「10って言ったら 叩くんだよ。」


 少し 疲れてきた子どもたちが、一度に笑顔になりました。
西先生の 子どもの心をつかむ上手さに 子どもだけでなく、アリーナ全体がつかまれたような感じでした。


「「豊かな感性」という部分を大いに国語科が担っていこうと思います。」
「ことばの力と 感じる心 論理で考える力を育んでいきます。」


 子どもの感性と、子どもへの言葉などについて 授業や 学校生活を例に さまざまな話をされ、最後は 次のような言葉で 締めくくられました。

「まず、お父さん お母さんが、自分の心を落ち着けてください。すると、今からスタートするであろうお受験までの日々、子どもの心も落ち着きます。
美しいことば、優しいことばを 贈れば、きっと 子どもからも 優しいことばが返ってくるはずです。
子どもの あら探しをしないで、子どもの 宝探しをしてあげてください。
そして、子どもを 信じてあげてください。」



最後に、2015年度 教員紹介があり、説明会終了後は「個別相談会」「体験授業」がありました。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白4月7日(火)
   2015年度 関西大学初等部の
余白入学式が挙行されました
 
   関西大学初等部の生徒さんたちが入学式の後 挨拶に来てくれました。


余白


余白余白余白余白


余白余白余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白
1月25日(日)
 
余白イグザム幼児教室 新春受験セミナー
余白「関西大学初等部の 学びと これから」
余白を開催しました。

余白

1月25日(日)10:30から、関西大学初等部より、田中達也 教頭先生を お迎えして、受験セミナー「関西大学初等部の 学びと これから」を 開催しました。


余白
余白(関西大学初等部 田中達也 教頭先生)


関西大学初等部 田中達也教頭先生
余白”関西大学初等部の学びと これから


関西大学初等部 田中達也教頭先生
今日は 関西大学初等部の 学びと これからについて お話をさせていただきます。

ちょうど 昨日(2月24日〔土〕)、4月から 新1年生となる 新入生対象の説明会を 開催しました。
同時に、初等部6年生の 中等部説明会も 開催しました。
新1年生の説明会では 新2年生が 作成した ビデオメッセージを 見てもらったりしました。

第1回 学校説明会を 3月に開催
初等部の教育内容については 3月15日(日)に 第1回学校説明会を 開催しますので、その時に 詳しく説明させていただきます。

改めて問われる 思考力教育
教育をめぐっては 昨年後半から、国の動きも 出てきています。
「学習指導要領が このように変わる」、「大学入試を このように変えていく」など様々な話がでました。
キーワードが たくさんあります。
そんな中でも 注目したいのが、『思考力重視』、そして『アクティブ・ラーニング』という言葉です。
思考力重視は 従来から 言われ続けてきたことでは ありますが、現実には なかなかそれが 定着していないということを 受けて、抜本的対策に 迫られてきたということです。

また、アクティブラーニングについても 決して 新しい言葉ではありません。
受身の学習でなく、自ら 進んで学ぶ姿勢の育成ということです。

その重要性は 以前から言われており、力のある教師なら そのように 授業が展開できているのですが、国全体で見ると、国・公立・私立にかかわらず、うまく機能していないのが 現状です。

これらの 問題に 国が 改めて 取り組むべきと 考えているのです。

追い風となる流れ
実は、このことが 私たち関西大学初等部にとって 追い風になる と考えています。

関西大学初等部では、何年か前、初等部の開校準備室で 教員たちが 夜を徹して 議論し、まとめた「この学校の柱は『思考力の育成=考え方を考える』にしよう と決め、それを中心に据えて 教育内容を 作ってきた という経緯にあります。
ようやく時代が 追いついてきたな と実感しています。

ミューズ学習とは
関西大学初等部独自の『ミューズ学習』は、「比較する」、「分析する」、「多面的に見る」、「関連付ける」、「構造化する」、「評価する」という観点から、6つのシンキングツールを活用して、6つの思考スキルを 身に付けていこうというものです。

もちろん、この6つが 全ての課題を 解決できる 万能のスキルである というものでは ありません。

しかし、いろんな教科にとって 横断的に 役立つスキルであり、基本となる考え方を 身につけることの重要性は 疑うべくもありません。

文科省からも 調査官の方が 開校以来 年3回は お越しいただき、授業を見ていただいたり、情報交換したりしてきました。

第5回 関西大学初等部 研究発表会(2月7日(土)開催)
2月7日には、研究発表会を 開催しますが、全体で 880名の参加者が 集まりました。
文科省からも 毎年 調査官に お越しいただいています。
880名ともなると、初等部の教室だけでは 収容できないケースも あり、一部は 大学棟の 講義室を使っての実施 となります。

実際には ミューズ学習では3 年生以上の 総合の時間 に 行われているのですが、先ほどの、文科省の調査官の お話では、4月に行われる 全国統一学力テストの結果を見ると、総合を きっちっとやっている学校が 正答率が高い という実績が出ています。



余白


2015年度入試の振り返り

面接
公平を期すため、全員に校長と教頭の二人で面接を行うようにしています。

保護者の方には、時間にして5分程度、毎年同じ事を 聞いています。
注意点としては、保護者の方の緊張は お子さんに伝わりますので、お子さんを 緊張させないよう、リラックスして臨んでください。
また、待ってましたとばかり、延々と 話すのも 考え物です。
お子さんの 面接時間を しっかり取れるように 簡潔な回答を望みます。

お子さんへの 質問は、一問一答ではなく、できるだけ 話を拡げて 聞いていきたいと考えています。
お子さんが 想定外の受け答えをして、ご両親のほうが慌ててしまうケースが しばしば見られますが、お子さんなりの 考えがあったりするので、過剰反応しないほうが 良いでしょう。

また、お子さんの言葉遣いに関しても、それほど神経質に考えないでください。
最初は 敬語や丁寧語で 受け答えできていても、途中から 話に夢中になって、つい普段の言葉遣いが 出てしまうことが ありますが、それは、それだけ 話に 集中できている事の 証かもしれません。

行動観察
運動
運動は8名のグループで実施しました。
1つは、タンバリンの音に合わせてスキップをして、音がやんだら、2,3人のグループを作って座るというものでした。

もうひとつは、2人1組になって、4種類のボールを反対側に運ぶというもので、ダンボール2枚、風呂敷が道具として 用意されており、道具が足りなくなる残り1回は、両手をつないで上に乗せるか、背中合わせになってはさんで運ぶかを考える必要があります。
ペアをどうするか、何をどのように運ぶかをペアで相談する、という内容です。
特に相談する場面での、人との関わり方を見ました。

制作
制作は今年は従来と違い 個人制作としました。

内容的には 特に難しいことに 挑戦するものではなく、「切り取り」、「なぞり描き」、「折りたたんで、封筒に入れる」、「蝶々結び」など、日常生活の中で 経験するものを取り上げました。

ここでは、丁寧さに 焦点を当て、じっくり見ました。

行動観察考査の 狙い
聞き取り
集中力
丁寧さ
ルール・マナー
工夫度
人との関わり
を見ました。

ペーパー
今年は 言語分野では 話の記憶を2問出題しました。
2問目は長文でしたが、思いのほか良く聞けていると感じました。
しりとりと 場面に応じた受け答えの問題も良くできていました。
算数分野では、いくつか難問を出題しましたが、問題によっては部分点を与えているものもあります。
常識分野の問題は、そのために勉強すると言うよりも、いろんな実体験を積ませてあげてください。

ペーパー考査の 狙い

聞き取り
集中力
試行錯誤
閃き
経験
を見ました。


余白

質疑応答

面接で 子供が 正対した答えで ないことを 話し始めたとき、親が 修正すべきかどうか、
試験の途中で 子供が 途中で泣いてしまった場合は 減点されるか、
全般:当日、体調を崩して、登校できそうにない場合の対処は、
など、保護者の方から 活発な質問を頂きました。

一つひとつの質問に とても 丁寧に お答えくださいました。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白田中教頭先生に おかれましては、お忙しい中、日曜日にも関わらず、教室まで お越しくださり、丁寧なご説明を 頂きまして誠に有難うございました。

2月7日の研究発表会で、イグザム生たちの一段と成長した姿を見せていただけると思うと、今からとても楽しみです。


余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白面接の注意点とは
説明会で 面接の説明を受けるとき、質問内容について知ることは もちろん重要ですが、もっと大切なのは、先生の感想などから、その評価基準を 読み取ることです。

面接では、同じ答え方でも、学校によってその受け取り方が違っています。

敬語の使い方について、途中から崩れたとしても、「話に熱が入ってきた」と、好意的に取ってくれる学校がある一方で、「相手を敬う感情や自制心が不足している」と、低い評価を下す学校もあります。

無回答、沈黙に対する評価も、さほど減点することなく次の質問に移るケースもあれば、「コミニュケーション拒否」として、低い評価を付けるケースもあります。

多くの説明会に参加し、面接その他の評価基準にしっかりと耳を傾けることは、その学校のスタンスを知ることになり、目指す校風を推し量ることや、わが子に合っているかどうかを判断する基準のひとつにもなるでしょう。

余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白イグザム版 2015年度 関西大学初等部 入試問題過去問

ペーパーは、イグザム幼児教室でまとめた、昨年度入試問題を保護者の方のお手元に用意し、それを見ながら解説を聞く形ですすめていただきました。
イグザム幼児教室では、毎年、入試直後に子供たちに集まってもらって入試問題を聞き取りでまとめています。

内容の 正確性には、「子供たちの記憶力には驚きます。イグザムの子供たちによって、入試問題は、まさに丸裸にされています」と 教頭先生が ジョーク混じりに お褒めくださったことで、より自信を 深めることができました。

冊子が 手元にあることで、各設問に 対し細かい説明を いただくことができ、参加した保護者の方も、その出題意図まで知ることができました。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白リニアに 入試問題を 授業に反映

問題の中には、11月以降、すでに何度か解いたことのある問題も含まれています。
参加した保護者の方には、イグザムでは、試験の数ヵ月後には 授業でのペーパー問題に 反映させていることに 気づいていただけた と思います。

単に 入試問題を なぞるのではなく、その問題の出題意図、狙いを紐解き、それを 解決する考え方を身につける プラクティスを 実践しています。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白関西大学初等部が 人気校であり続ける 3つの理由

関西大学初等部を 考えてみると、母体となる関西大学は、”関関同立”という、大学の括りの中では、決して 上位に位置するわけではなく、また、小学校の設立も 最後発でした。

しかし、現在の初等部の評価は最上位と言ってよく、それは最高の倍率を維持していることからも伺えます。

それは、開校当初からの 明確な戦略が いささかもブレることなく 堅持されていることです。

このことは、関西大学が 実利に めっぽう強い大学であることを 感じさせてくれます。

では、具体的に関西大学初等部の人気の理由について考えてみたいと思います。

利便性の高い立地
まず第一に、その立地です。
小学校受験を考え始める時、多くの人にとって、その取っ掛かりは「近くにある」
ということが 挙げられます。
JR本線の 新快速停車駅であるJR高槻のすぐ傍、そして、特急停車駅である 阪急高槻市駅からも 徒歩圏の立地です。
一貫教育で12年通学することを考えれば、 JR京都線、阪急京都線の 2つの 主要幹線の ビッグステーションに 接する立地は、通学時間を考える上で、大きな魅力に なっています。
そして、高3時点で 全員にセンター試験受験を 義務付け、有名国立大学受験を 後押しする体制も、魅力の1つでしょう。

1学年60名体制の少数精鋭
そして、もうひとつは、1学年 2クラス 60名体制の 堅持でしょう。
14階建ての校舎が建設された時、「マンモス小学校」の誕生を想像した人は少なくなかったはずです。

しかし、募集は2クラス、60名であったことに、当時 驚いた人も多かったでしょう。
校舎を見せていただくと、設計当初から、2クラス体制で、生徒を 丁寧に育てようと 考えられていたことが わかります。

この60名体制が 高い倍率を 維持することにつながり、入学時点の生徒の学力を 一定以上の レベルに 保つことに 効果を上げています。

ミューズ学習
最後の ひとつは 言うまでも無く、他に例を見ない『ミューズ学習=考えることを考える』です。
開校当初から、初等部は一丸となって 一貫してこれを掲げ、全くブレることなく、これを磨き続けてこられました。

その質の高さが トップレベルであることは、2月7日の 研究発表会を見れば 一目瞭然です。


これら3つが 3つとも、簡単には 真似することもできない 条件であることが 関西大学初等部の 大きな強みであり、魅力である と言えるでしょう。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白 10月18日(土)

余白
関西大学初等部 2015年度合格発表


10月17日(金)関西大学初等部から 2015年度生の合格通知が 発送されました。
イグザム幼児教室からは、17名が 受験され、16名が 合格を いただきました
(合格率94.1%)。  ※10月25日現在
おめでとうございます。


これで、2015年度新入生の 4人に 1人はイグザム生と いうことになります。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白 10月18日(土)

余白
関西大学初等部 2015年度合格発表


10月17日(金)関西大学初等部から 2015年度生の合格通知が 発送されました。
イグザム幼児教室からは、17名が 受験され、16名が 合格を いただきました
(合格率94.1%)。  ※10月25日現在
おめでとうございます。

これで、2015年度新入生の 4人に 1人はイグザム生と いうことになります。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白 10月14日(日)

余白
関西大学初等部 2015年度入学試験


余白

昨日の台風19号の影響で、5時間遅れのスタートとなった、本年度の関西大学初等部の入学試験が始まりました。
今日 14日に ペーパー試験、明15日(水)には、運動、制作の 行動観察試験が 実施されます。
イグザム幼児教室からは、17人の生徒さんが 難関に挑みます。
みんな 明るい笑顔で 試験会場に 向かいました。
ご武運を 心より お祈りします。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白 8月3日(日)

余白
イグザム幼児教室開催 関西大学初等部入試説明会


イグザム幼児教室では、8月3日(日)、関西大学初等部より田中達也教頭先生にお越しいただき、入試説明会を開催しました。


田中達也教頭先生  
余白関西大学初等部と今年の入試について

本年度は、初の卒業生を中等部に送り出しました。
転居や他中学への進学などを除き、60名が進学しました。
初等部も、いよいよ第2ステージへ入りました。
卒業生たちが、下に降りてきて、職員室に来てくれるなど、中等部とのつながりがより身近なものとなりました。
高等部への進学時点など、また風景が変わって行く気がします。

余白

関西大学初等部では、その特色として、ミューズ学習と名付けた思考力育成教育に力を注いでいます。
お父様方には、企業の研修などで目にしたことがあるであろう、シンキングツールを使って、思考を見える形にする学習です。
1年生で、ベン図を使った、「比較する」ということからスタートし、徐々にその内容を深いものにしていきます。
学年が上がると、目に見える事象だけでなく、目に見えない部分を比較できるようになります。
「こうしなさい」と教えるのではなく、子供たちが自分で気づくように指導するのがポイントです。

課題研究の過程では、インタビューなどを通して「経験値」を上げていきます。
また、自分の考える過程をはっきりさせ、隣の席の子と意見交換する場を多く設けることで、「メタ認知」(自分の考え方を少し離れた位置から俯瞰的に見る)の力を育んでいます。

こうして実践してきた「思考力の育成」ですが、それが結果としてどのような形で表れるかについては、私たちも気になるところです。

「考える問題」が多く出題された、昨年度の全国学力調査では、公立小学校はもちろん、全国の私学、そして、国立小学校を大きく上回る実績を収めることができました。

これも ミューズ学習の一定の成果である と捉えています。

余白


昨年度6年生は修学旅行として、オーストラリアの研修旅行を行いました。
単なる観光旅行ではなく、地元の小学校と交流して、授業を受けるなどを 積極的に進め、また、2日間のホームステイを間に挟んだりして、「人とのつながり」を大切にしています。
どの子に聞いても「楽しかった」という返事が返って来ます。


中等部への進学では、特別な受験対策を行うわけではありませんので、外部受験生との間では、結果として一時的に差が出たのですが、これは想定内のことであり、夏休み前の試験では その差は 既に埋められたと聞いています。


本年度入試に ついて
入試は、面接、ペーパー、行動観察で 行います。
良く聞かれますが、この3つの比率は 基本的に 1:1:1です。

面接
時間: 西館で、保護者 5〜6分、子供9〜10分の 計15分で実施します。
   校長と教頭のペアで面接します。
受付: 西館2F インフォメーション
待機: 西館2F応接室(教頭が面接室に案内)
    待機場所には 1家族だけとなります。
    待機場所で他家族と一緒になることはありません。

質問内容(対 保護者):
学校に対する思い、期待、そして、お子さんの育ち・長所、に関するものになります。
基本的には願書を見ての質問が中心です。
ぜひ、生の声をお聞かせいただきたいと思っています。

質問内容(対 お子さん):
周囲への関心、関わり、今現在の自分 (自分、家族、友だち、生活)
数多く質問するというよりも、簡単な質問で、掘り下げて聞いていきます。
解答内容によって○×をつけるものではありません。
大切なことは、お子さんが "自分の声で伝える" ことです。
"おとなしい"とか"積極性がある"は関係なく、"集団に入って行けるかどうか"、"人の話をちゃんと聞けるか"を見ていきます。

また、例え沈黙があっても、様子を見て、考えているようなら待つようにしています。

ペーパー
話の聞き取り
集中力
試行(思考)錯誤
閃き
経験
を見ることになります。

説明・解答時間を含め、45分間です。

行動観察
話の聞き取り
集中力
丁寧さ
ルール、マナー
工夫度
人との関わり
を見ます。

今年は若干比率が変わります。
運動10分、制作20分の計30分で、この中に、"着替え"を考査項目に入れています。

運動
昨年までのサーキットではなく、集団での運動(運動というよりも、運動遊び)になります。

制作
昨年までは集団制作でしたが、本年度は個人制作で、"丁寧さ"にも注目します。



2015年度 入試概要

募集人数

男女合わせて 60名(関西大学幼稚園幼稚園からの若干名含む)

出願
8月20日(水)〜9月1日(月)

親子面接
9月13日(土)〜9月26日(金)

考査(ペーパーテスト)
10月14日(火) 

行動観察(運動能力含む)
10月15日(水)

試験会場
関西大学高槻ミューズキャンパス

合格者発表
10月17日(金)合否通知発送


この後の、質疑応答の時間は、活発な質疑応答となりました。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白狭い教室が満員の状態で暑い中でしたが、それを上回る熱気が感じられました。

ブランドや他人の言葉でなく、自らの目でしっかり確かめ、深い理解を持つ方ばかりなので、自然とそうなるのかもしれません。
関西大学初等部の研究発表会や、各種説明会に参加され、その教師力や、授業の質の高さ、子供たちの元気な様子などを つぶさにご覧になった上で、「関大初等部しかない」と 志望校を絞っただけあって、とても真剣な眼差しでした。


出願が始まったり、既に面接日程が 送付される学校もあり、いよいよ入試シーズンに突入しました。

関西大学初等部の入試は関関同立洛南の"しんがり"となり、受験者数の増減など、動向も気になるところですが、関西大学初等部を 唯一無二の存在として 位置付けされた方には あまり関係有りません。
今年も イグザムからは 優秀なお子さんが 何人も受験されます。
持てる力を 存分に発揮していただきたい と考えています。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白 7月20日(日)

余白
関西大学初等部入試説明会

余白
余白7月20日(日)関西大学初等部入試説明会


最初に、恒例の 梅本先生の映像作品の 上映がありました。
生徒たちの ジャンプの瞬間を集めた 面白い映像で、軽快な音楽にも マッチしていました。
生き生きとした生徒たちの姿から 関西大学初等部での 学校生活の楽しさが しっかり伝わってきました。
終盤に 6年生の子供たちから、幼い受験生に向けて、暖かい 激励のメッセージが 送られました。
ひらがなで 書かれたボードを持って、声援を送ってくれました。


田中明文 校長先生 挨拶
本年度 最後の説明会になります。
本日 願書を配布しています。

余白
余白田中明文 校長先生

「学の実化」を教育哲学として掲げ、その特徴的なものとして、思考力の育成を進めてきました。

関西大学初等部の特色は、独自の「ミューズ学習」を教科として 行っており、6つのシンキングツールを使いこなし、思考を目に見える形にするということです。

これは、中等部の「考える科」、そして高等部の「卒業論文」へと繋がっていきます。
文科省が実施している、全国学力調査のテストでは、算数国語の実績で、公立私立は勿論、御茶ノ水、筑波など、関西では附属池田、天王寺など、国立小学校の平均をも大きく上回りました。
これも思考力育成の結果と考えています。

現在の6年生も この4月に受験しました。
発表は8月の末か9月の頭になります。

担任からは「期待してください」との報告を受けています。
機会がありましたら結果をご報告したいと思っています。

国際理解
関西大学では完備されたICTを使った、テレビ電話を活用し"Face to Face"のテレビ会議で、国際交流を進めており、それは、アメリカやイギリスという英語圏に限らず、フィリピン、カンボジア、インド、台湾、韓国等、多岐に渡る国々と交流を深めてまいりました。
本年度はこれにドイツが加わります。

1、2年生は毎日のモジュール学習で英語を学び、3,4年生で週3時間、5,6年生では週4時間の英語授業を行っています。
6年生になりますと修学旅行でオーストラリアを訪問し、英語研修を行います。
ここでは2日間のホームステイも経験し、非常に大きなインセンティブを持って帰って参ります。

これ以外にも、実は今日、イギリスあるいはハワイに語学研修に出発しています。

体力面での育成という観点では、例えば2泊3日スキー合宿を行い、ほとんどの子が滑れるようになって、自信を持って帰ってきます。
運動会では5、6年生が一緒になって63名のピラミッドを作りました。
みんなで「がんばれ!」と声をかけ合って作り上げます。

心の育成では、年3回 安岡貞子先生をお招きし、論語の素読授業を行っています。
論語を信じなさいというわけでなく、教養の一部として心のどこかに留め置くことで人生の岐路で思い出してもらえればと考えています。

規範意識の醸成に関しては、例えば、がんばり度合いを自己診断する「がんばりましょうカード」を年3回、長期休暇前に校長に提出することになっており、全てに目を通し、コメントを書いて返しています。


関西大学初等部では、全ての教育活動を通じて、"学び 鍛え 養い 昇華する" ことを目指しています。

我々教師には夢があります。
「子供たちの成長こそが、この世界の次の時代を必ずやより良いものに変えていくだろう」そんなふうに思っております。
ぜひご臨席の皆様と共に、同じ夢を共有することができたらと思っております。




田中達也教頭先生 入試について

田中教頭先生からは 本年度の 入学試験の概要と、留意点等についての お話が ありました。

受験生月齢で 4つのグループに分けて 考査を行っているなど、月齢考慮の説明も ありました。

余白
余白田中達也 教頭先生


親子面接
9月13日から26日まで、昨年度より予定を少し早めて実施します。
コミュニケーションが取れるかどうかが主眼で、質問に対する答えの是非を見るものではないという点を強調されていました。
お子さんとは身近な事柄について「数少ない質問でたくさんのやり取りをしていきたい」とのことです。

余白
余白2015年度入試募集要項

行動観察
今年の入試では、狙いを変えて、昨年までとはパターンを変えて実施します、との説明がありました。

行動観察の狙い
話の聞き取り
集中力
丁寧さ
ルール、マナー
工夫度
人との関わり

余白
余白2015年度入試 願書

ペーパー試験
昨年とほぼ同じ形で実施されるようです。
本年度は、難しい問題については、部分点考慮もあるとのことです。
また、試験中の態度についてもしっかりチェックを実施して、加減点があるということを明言されました。

ペーパー試験の狙い

話の聞き取り
集中力
試行(思考)錯誤
閃き
経験


余白
余白配られたランドセルのペーパークラフト


尾崎正彦先生 関大初等部の 算数授業

余白
余白尾崎正彦先生

関大初等部は、学力を高めます。断言させていただきます。


変貌する学力の意味
学力とは ペーパーテストで100点を 取る力でしょうか。
かつての 日本では、ペーパーテストで 100点とれば 学力がある とされてきました。
しかし、今は 違います。
ペーパー学力だけでは 国際社会に 全くに通用しません。
例えば、英語がしゃべれても 議論に参加できません。

今の6年生から 大学入試センター試験が 大きく変わります。
今までのように答えだけマークシートに色を塗ればいいというものではありません。
記述式の問題が導入され、年間複数回実施されます。

論理的に考える力
日本の子供たちは世界の子供たちに比べ 記述する、論述する力が 著しく 落ち込んでいます。

では算数で大切な力は 何でしょうか。
計算能力は勿論大切です。
それ以上に 大切なのが思考力、判断力、そして更に 表現力です。

「学校で習う 因数分解や 平方根などの数学は、社会に出てから 何の役に立つんですか?」という疑問の声をよく耳にしますが、私は役に立つと確信しています。

論理的に考えたり、論理的に考えたことを 人に伝える力は、大人になってから、比較をしたり、プレゼンをしたり、創造的な活動をしたりする時の、礎になるものです。
その練習を 小学校や 中学校や 高等学校でしているんだ と考えています。


算数で鍛える思考力

1.帰納的な 考え方→決まりを 見つける力
2.類推的な 考え方→決まりを元に 他の場面でも使えるか 発展的に考える力
3.演繹的な 考え方→理由を考える力
4.算数的読解力→文章だけでなく、数式や図形を 読み解く力
5.再現力(表現力)→プレゼンテーションする力

この5つの力を高めることを 基本に 算数授業を進めています。

『思考力の 原点は「問い」を 持たせ、「〜たい」を 感じる授業』を常に念頭においています。

ここからは 授業を 再現しながら 受験生を巻き込んでの 模擬授業です。

表面のいろんな形が描かれた、裏に 当たりのあるカードを 伏せて、表面の形から "当たり"を考える というものでした。
子供たちが 自分で 規則性を考え、意見を交換する姿を 感じさせてくれました。

会場の子供たちも 大きな声で 講壇の尾崎先生に向かって 自分の考え・意見を 投げ返していました。
参加型の授業を 見せていただきました。会場にいた、幼稚園児の子供たちは、そうとは知らずに、帰納的、類似的、演繹的な考え方で対応していたのです。



キーワードは 読解力と表現力
ここで言う読解力とは国語的な読み解く力とは違って、物事を数学的に読み解く力であり、数式を読み解く力です。
そして それを 相手に伝わるように 発信する力が 表現力です。

愉しい算数授業
先ほどの 校長先生の話にもあった 全国学力調査の 算数B問題、記述問題では、 例えば1問目の正答率を見てみると、全国の公立平均51%、学芸大附属や筑波や大阪教育などの国立小学校の平均が68.5%でしたが、関西大学初等部は82.5%でした。

1問だけは平均を少し下回ってしまいましたが、5問中4問は 国立小学校の平均を 十数%から20%平均を上回っていました。

関西大学初等部では、確かな理解・知識を身につけるのは 当然です。
それ以上に、高い思考力や 追求力、そして表現・説明力や レポート力を 身につけさせることを お約束します。

皆さんも 関西大学初等部に入学して 愉しい算数授業を やりましょう。



長戸先生 関西大学初等部の 理科授業

余白
余白長戸基 先生

関大初等部は 日本で 一番多く観察・実験をする 小学校です。


今回は、小さな疑問からスタートして、「仮説を立て、実験で検証する」という、一連の流れを実例を元にお話くださいました。
会場の幼稚園児たちにも呼びかけられました。

「理科室で飼っているメダカには餌を与えたことがないのに3年間ずっと生きているのはなぜ?」
「餌をあげないとお魚はどうなる?」
「死んじゃう」
「じゃあどうやって生きてるんだろう?」
そんな子供たちの疑問から始まる授業のお話でした。

「小さな虫を食べてるから」
そんな声を受けて、実際の授業の中では水の中の小さな生物"プランクトン"を食べているのでは?という仮説が出され、それを実験で 確かめるという内容です。
まず水槽の水の中にプランクトンがいることを顕微鏡で確かめ、次にメダカがそのプランクトンを食べているかを どうやって確かめるかという流れになりました。

ここまできて、・・・幼稚園児にはショッキングな実験内容になるのでは、と不安に思った保護者の方もいらっしゃったと思います。

案の定、授業では「おなかを調べたらいい」という意見が出されたようです。

ここで長戸先生は、メダカではなく、煮干の胃を調べるという、コペルニクス的転回で、煮干の胃の中に プランクトンの存在を 確かめた、というお話でした。

実験により 仮説を検証する授業の 楽しさを 感じさせていただきました。


意味をよく知らないままに「やらされる」実験ではなく、子供たちが疑問を解決すべく話し合い。仮説を立てて、それを証明するために実験するという過程がしっかり踏まれていて感心しました。

ゆとり教育導入時に真っ先に削られた理科実験の数々ですが、関西大学初等部では、とても意義ある形で復活されていると実感しました。




入試説明会はここで終了し、この後、子供たちは体験授業へと向かいました。

また、個別相談会では、校長先生、教頭先生のブースに加え、在校生保護者に 話を直接聞くブースも 設けれていました。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白メッシ、ネイマール、ロッベンなど、スーパースターが 1つのチームに

ワールドカップの興奮は まだ記憶に新しいことですね。
そこでは、スーパースターとは、世界最高レベルのプレーとは どういうものかを 幾度となく見せてくれました。

関西大学初等部という小学校は まさに、そういった 初等教育界のスーパースター と言える先生方が 集まった小学校です。

そして、スーパースターたちが「思考力の育成」という旗印に向かって 一丸となった学校です。

実績のある先生方が、「授業に ミューズ学習のエッセンスを 取り入れる」という、新たな目標を立て、高いモチベーションで子供たちに真正面からぶつかっているという印象を受けます。
「自分が小学校の時にこんな先生に教わりたかった、こんな授業を受けたかった。」
それは、研究発表会や、授業公開などの機会に参加された方なら誰もがと感じたことではないでしょうか。


思考教育を 目的化したことで 生まれた 初等部の今の形
関西大学初等部の 教育一番の特徴は 「思考力の育成」を "手段"ではなく、"目的"にしているということだと思います。

生徒みんなが「考えるスキル」を身につけた上で、授業を受けることで 集中力も 高まり、質の高い授業が展開されることになり、あくまで その結果として、全国学力テストなど、ペーパーテストで高い成績を上げるとことに繋がっているように感じます。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白変わる 本年度の 行動観察試験の パターン
昨年より回数が減って、今日が最後の説明会となったわけですが、説明会のクオリティはさすが、と思わせるものでした。
さて、
行動観察のパターンが変わるなど、重要な発表がありましたので、それに対応すべく今後の授業や直前講習、直前授業に 活かしていきたいと考えています。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白 6月14日(土)

余白
関西大学初等部オープンスクール


6月14日(土)関西大学初等部のオープンスクールが開催されました。

余白

余白

満員のアリーナでの田中明文校長先生のご挨拶の後、早速授業を見せていただきました。
1年生から6年生までの、全ての授業を自由に見学することができるという企画です。
余白

時間の関係で、私は 全部をじっくり見ることはできませんでしたが、印象的な授業のオンパレードでした。

どの授業も活気があって、児童の参加率が非常に高い、質の高い授業だったように思います。
イグザム生たちも大活躍でした。

歌って踊って
1年1組の西先生の国語の授業では、最初に "アナと雪の女王"のテーマ曲 "Let It Go"を、動画にあわせて西先生がギターを弾き、みんなで振り付けを入れながら歌って踊っていました。
何人かのイグザム生の思いっきり手を広げて、歌いながら踊っている とても楽しそうな笑顔が印象的でした。
恥ずかしがり屋の子も一生懸命歌っていました。
とても楽しそうな様子に、来ていた子供たちも大喜びでした。
授業が始まると一気に集中状態に入っていたのに感心しました。

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)


全ての根幹を成すミューズ学習
1年2組のミューズ学習では、Xチャートを使った分類をやっていました。
このミューズ学習が関西大学の大きなテーマ、「思考力の育成」の根幹であり、1年生から考え方を学ぶことの意義は、この日行われていた他の授業を見れば、間違いないことを確信できました。

生き物のテーマパーク
2年生は2クラスとも 生活科の授業で、オープンスクールでは恒例となった生き物のテーマパークでした。
学校で飼っている生き物の 生態をまとめて、展示し、幼い子供たちにも わかるように 丁寧に 一生懸命説明していました。

余白
余白(写真提供:関西大学初等部))

説明をしていたイグザム生に少しいじわるな質問をぶつけてみましたが、一生懸命ノートを見て答えてくれました。

また、あるイグザム生の男の子が手のひらに大事そうにカイコをのせて、大きな声で幼い子らに声がけして、見せてあげていたのが印象的です。

みんなが意見を出し合いながら進められる授業
3年1組の今宮先生の国語授業では、詩の中の1行を隠して、ここに どんな言葉が入るかを みんなで意見を出し合いながら 考えるというものでした。

余白
余白(写真提供:関西大学初等部))

あるイグザム生の男の子の意見は、正解ではなかったのだけれども、大人が聞いていても的を得ていて、みんなが感心するところが見られました。

少し難しい問題にチャレンジ
3年2組の尾崎先生の算数授業では、ドーナツ状の形を二つ、三つと組み合わせて、半径と厚みを考えながら、計算方法を意見交換するというもので、活発な意見交換が 行われていました。

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)

みんな積極的に前に出て自分の考えを説明していました。

確実なレベルアップを感じる英語授業
4年1組の オールイングリッシュの英語授業では、開校時と比較しても 格段にレベルアップした子供たちの英語力を 感じました。
入学当初は落ち着きのなかったイグザム生の男の子も、すっかり落ち着いていて、ずいぶんお兄さんらしくなったなあ とうれしくなりました。

班で意見交換
4年2組の社会の授業では、班ごとに分かれて、自分たちの班の意見をまとめているところでしたが、同じ班のイグザム生3人が楽しそうに意見をぶつけ合っていました。

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)


美しい合唱
5年2組の音楽授業では合唱の練習風景を見せてもらいました。
とてもきれいな歌声が出ていたのが印象的です。
普段はおとなしい イグザム生の ある女の子も、一生懸命 大きな口をあけて歌っていました。

合唱というと、賛美歌を歌い慣れたキリスト教系の学校の歌声の美しさと、非キリスト教系の校歌に代表される「明るく元気で」というものとは根本的な違いがあるという印象を持っていたのですが、関西大学初等部の合唱を聞いて、そのイメージが誤ったものであったことに気づかされました。

音楽の先生の歌唱指導力の高さを実感しました。

うれしい成長ぶり
6年2組の社会の授業では、隣の人と 意見の交換をし合ってから 発表する 場面を見ました。
開校時に 編入試験を受けて 入ったイグザム生の女の子ですが、とてもおとなしい女の子でした。
ところが 今日は 隣の子と積極的に意見交換し、発表では堂々と自分の意見を述べていたのが印象的でした。
凛々しい姿を見て目頭が熱くなりました。
成長した子供たちを目の当たりにするのは本当にうれしい限りです。

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白関西大学初等部の教育風土
今日のオープンスクールを見て、関西大学初等部の「授業とは意見交換の場である」という風土が出来上がっていることがわかります。

みんなが人の意見を尊重し合って自分の中に取り入れながら自分の考えをさらに磨こうとしているのがわかります。

特定の子ではなく、誰もが自分の意見を自由に発表することができるのが関西大学初等部の明確なカラーだといえます。


余白
余白(写真提供:関西大学初等部)
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白オープンスクールは個人的にとても楽しみにしていたイベントです。
それぞれの学年に、成長した教え子たちの明るく元気な姿を見ることができるからです。
そして、中等部、高等部と 同じ建物で勉強していく 彼らの成長ぶりも この先見ていくことができるのだ と思うと とても楽しみで、 本当にうれしくなります。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白 6月4日(水)

余白
8月3日(日) イグザム幼児教室にて
余白関西大学初等部 入試説明会を 開催いたします。



余白
余白関西大学初等部 田中達也 教頭先生

8月3日(日) 10時30分より、関西大学初等部 田中達也教頭先生を お招きし、入試説明会を開催します。
2015年度入試に向けての 出題傾向や、行動観察における 留意事項等を お話頂く予定です。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白 5月25日(日)

余白
関西大学初等部 学校説明会



余白

5月25日(日)関西大学初等部学校説明会が開催されました。
会場となったミューズキャンパス4Fアリーナはほぼ満席でした。

卒業生がダンスで綴った関大初等部案内
オープニングには、関西大学初等部最初の卒業生たちが、あの”フォーチュン・クッキー”の曲に合わせて、学校内のいろんな場所、いろんな時間帯にダンスを踊る動画が流されました。
特に出だしで、真面目に勉強していた子供たちが、いきなり、一斉に踊り始めるシーンはよくできていました。
先生方も一緒に踊っていらっしゃいました。
楽しい楽曲に笑顔一杯の踊りでしたが、彼らのこれまでのがんばりを思い出し、胸が熱くなりました。

田中達也教頭先生の司会進行で 始まりました。

余白
余白田中達也 教頭先生

本日 2本目の映像は、"先週の1年生"ということで、間近に迫った 運動会に向けての練習風景を 見せていただきました。

初等部にすっかり馴染んだ1年生の今
今話題の あの ディズニー映画のテーマ曲に乗って、1年生の子供たちの 一所懸命な姿を 見ることができました。
イグザム生たちの元気な様子を見せていただきました。



田中明文 校長先生 挨拶

余白
余白田中明文 初等部校長先生

パンフレットを一新
まず、関西大学初等部の概要についてお話させていただきます。
まず、お手元のパンフレットですが、今年は制服を写したものです。
これまで、生徒たちの姿を表紙にしてまいりました。
1年目は2人、2年目は4人、3年目は5人、そして昨年は6人と増え、ようやく全学年が揃って表紙を飾りました。
そして、卒業生を送り出し、ようやく、1人前の学校になったということ、そしてこれまで取り組んできたこと、そんな思いをこめて今年のパンフレットを作成いたしました。胸のマークはミューズキャンパスだけのマークです。来年はお子さんたちにぜひこのマークを付けていただきたいと思います。

関西大学は1886年にスタートし、大正に入って大学奨学令により大学となった時から「学の実化」を学是にしてまいりました。

私たちは ”考動、学びを深め志高く”を初等部の校訓として掲げています。

注目されるミューズ学習
本校では、具体的な取組みとして、思考力の育成を第一に考え、「考えることを考える」ミューズ学習を進めてきました。
これまでにも、全国の学校で思考力育成を掲げてきましたが、なかなかうまくいっていないのが実情でした。

これから改正される文科省の新学習指導要領でも、思考力の育成は中核を成すものと位置づけられており、全国で行われるであろう教育を、私たちは十年以上先を見据えた教育をしてきました。
ミューズ学習とは、比較する、分類する、関連づける、多面的に見る、評価する、構造化するというように、考える技術を身につけていくものです。

そして本校では、2つの図書室を備え、読書教育に力を入れています。

英語教育におきましては、1、2年生のモジュールタイムでの学習、3、4年生では週3時間、5,6年生で週4時間の英語教育がございます。

真の国際人に
英語を話すことができても、世界にはそれ以外の言葉があります。
共感する心がなければ本当の意味での国際人とは言えません。
関西大学初等部では、6年生のオーストラリアへの研修旅行以外にも、カンボジアや、韓国、フィリピンとの国際交流を行っています。
そして今年は台湾やドイツとの国際交流を進める予定です。
世界の価値観を共有し、自分なりの世界貢献を果たしてもらいたいと考え、小学生レベルで文化交流を進めています。

呼吸するようにICTを活用
そのためにはICT環境を整えることが大切です。
空気を吸うようにICTを活用してもらいたいと考えています。

ミューズ学習のスキルを核にして、総合的学習と教科の学習をスパイラルアップしていくのが関西大学初等部の教育です。

学校というものは絶対に安全な場所でなければなりません。
本校の建物は地域の避難施設にも指定されています。

少子化の現代、同じ校舎にいる先輩たちを見ることで、学びの姿やたたずまいなど、自分の数年後を想像することができます。

自分をよく知る大人たちに見守られながら
初等部から中・高に進んで、思春期の悩みに直面した時、階段1つ降りれば、幼いころからの自分をよく知る大人がいてくれるということで、相談できるというメリットがあります。

これが他の学校にはない良さだと思います。

教師の目から見ると、同じ建物で、中・高生に育った教え子を見守ることは、実は大変なプレッシャーでもありますが、生き甲斐でもあります。

今年卒業生が出ました。

今年中等部に進学した子供たちが小学1年生の小さな手を引いて学校にやってくる姿が見られます。
こんな姿が見られるのは、関西大学初等部だけです。

ぜひ皆様とご縁を頂戴したいと思っています。



中・高等部 鵜飼昌男校長 先生 挨拶

余白
余白鵜飼昌男 中・高等部 校長先生

一貫教育の後半部分を担う中・高等部
12年一貫教育の後半の6年が中・高等部での学びになります。
中等部は3クラスになり、半数は中学受験で入学してきます。

初等部から 進学されるお子さんは、一般の学習は 外部受験生との 混合クラスになりますが、英語の授業に関しては、初等部で 進んだ教育を受けていることから、分けることとし、習熟度別のクラス編成になります。

グローバル・ハイスクール
高等部では4クラスになり、1クラス分が外部からの高校受験組になります。
文科省の認定する※グローバルハイスクールに選ばれました。大阪では府立北野高校、府立三国丘高校と並んで3校だけです。

※急速にグローバル化が加速する現状を踏まえ,社会課題に対する関心と深い教養に加え,コミュニケーション能力,問題解決力等の国際的素養を身に付け,将来,国際的に活躍できるグローバル・リーダーを高等学校段階から育成する。

関西大学高等部からの 大学進学に関して、お話します。
関西大学高等部の特徴として、内部推薦制度は、国公立大 あるいは、関大にはない学部への 進学を 希望される場合の 併願 ができるということです。
高等部ではその内1クラスが難関国公立大を目指すクラスになります。
高等部の3年生は、全員がセンター試験を受験します。

2期生の進学実績
ちなみに昨年の2期生の進学状況は 次の通りです。
京大3、阪大3.神大5、大阪市大7、大阪府大2、筑波大1、同志社8、立命館15、関学10、同女2(薬)、大阪医大1、大阪薬科1、京都薬科1、その他早稲田、慶応等にも進学しています。そして関大へは105人が進学しました。

中等部から進学した生徒が受験する2年後、そして初等部から進学した生徒が受験する6年後はさらに楽しみです。



山本文子先生 ミューズ学習について


余白
余白山本文子先生

1年生 「比べる」から始まって「仲間わけ」
2年生  オープンスクール生き物ランドの「生き物の仲間わけ」
3年生 「ディベート」
4年生 「私たちのくらし」
5年生 「算数の文章題を分類し問題を」
6年生 「世界の現実を知る」
個々の考えを見える形にして練り上げてプロジェクトの提案をする→自立した学習者に
6つの思考スキルを覚え、それを駆使して考え方を身につけていきます。

比較する、分類する、関連づける、多面的に見る、評価する、構造化するを、6つの思考ツール、図を使って考えます。


なぜ 図(シンキングツール)を使うのか
頭の中にある考えを書き出すことで、頭の中の情報を見える化し、お互いに伝え合う
何を知っているかではなく、何ができるかが大切です。

オリジナルツール?
昨年の6年生は既存のツールだけでは満足せず、オリジナルツールを作り出す子達がでてきました。

余白
例えば、ダブル・アイスと名づけられたそれは、上がベン図、下半分が上下を逆さまにしたピラミッドチャートのような形になっており、比較分類と構造化を同時に思考するためのツールでした。



西勝巳先生 国語授業について

余白i
余白西勝巳 先生
 
ことばの力 感じる力をはぐくんでいく感性の を磨く

言語技能を鍛える

子供だってわかっている、一部分かわると意味が変わることを

うよ
うよ

がんばってね
がんばって


ここに
かいたらあかん
ここに
かかんとあかん
否定と肯定

となり
トトロ
となり
トトロ
となり
かよトトロ

たったひとつの助詞の力がわかっている
"アナ雪の女王"
本当は"アナ雪の女王"

子供たちには助数詞がむずかしい
ヤマタノオロチ
八つの頭を持つおろちが一頭あらわれる

頭が八つでも全体では一頭と数える

など、分り易く、楽しい例えで言葉の力についてお話を聞かせてくださいました。

「言葉の力と感じる心を育てていきたいと考えています。」
「素敵な言葉を贈りつづけると、優しい言葉が返ってくるようになります。」



この後、田中明文校長先生からの、先生方の紹介、続いて 個別相談会、そしてミューズ学習の体験授業がありました。

余白
余白2015年度学校案内パンフレット
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白パンフレット

今年のパンフレットの表紙は、これまでの、全学年の生徒たちの笑顔の写真から、制服のエンブレムのアップ写真へと変わっています。

中を開くと、恒例の全校生徒の集合写真も、卒業生輩出を期に姿を消し、代りに初の卒業式の様子と卒業生の集合写真が載せられれました。

パンフレットの作り込みも 初等部 黎明期から、興隆期へ向かう 意欲の現われか、関西大学初等部の実像を 丁寧に伝えるものへ と変わっていくところといった印象で、これまでの 生徒の笑顔のアップなど、インパクトのある、イメージを中心のものから、1年間の授業や 活動の 実績を前面に押し出し、先生方と 生徒たちの がんばりの実像を伝える写真中心に まとめた内容になっています。
卒業生からのメッセージも 随所にちりばめられています

関西大学初等部も、卒業生を輩出し、第2のサイクルに入ったことで、「惰性に流されず 基本を大切に学校運営をしていこうという」 決意の表れかも知れません。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白今年度の入試は

関西大学初等部と他校を比べた場合、独自のミューズ学習が、非常に際立った違いとして挙げられます。
このミューズ学習の認知度、人気が高まり、他に類を見ない教育であることから、毎年、「関大初等部でなければ」という受験者が多いのが特徴です。

関西学院初等部が10月1日、同志社小学校は 今年の 京都私小連の 統一日が 大幅に早まり、10月8日、また 非加盟の 洛南小学校は 9月13日、立命館小学校も まだ日程は 発表されてはいませんが、昨年同様のプライマリー入試と一般入試の2本立てで臨むことが 発表されています。

つまり 今年の入学試験は、関関同立洛南の 最後の最後が関大初等部に なるということです。
このことから、関大初等部の倍率は やや下がるのではないかと思われます。
しかし、関大初等部は、「この学校でなければ」と考える受験者が 多いことから、実質的な難しさは さほど 変わらないものと 予想されます。





小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白 5月6日(火)

余白
関西大学初等部 2015年度入試 チラシ・ポスター

関西大学初等部より、2015年度入試の説明会案内チラシ、ポスターが届きました。

余白余白
余白2015年度 説明会案内チラシ 表余白


余白
余白2015年度 入試ポスター

これから入試本番までは 本当に アッと言う間です。
心を引き締めて頑張っていきましょう。
 
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白 4月7日(月)

余白
関西大学初等部 入学式


余白余白

桜の花びらの舞う4月7日(月) 、関西大学初等部の入学式がありました。
入学式を終えて お疲れのところ、何名かのイグザム生が 教室をご訪問くださいました。
立派な晴れ姿を拝見でき、本当に嬉しい限りです。

余白余白

余白余白

余白余白

皆様のこれからのご活躍を 切にお祈り申し上げます。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2014年 3月21日(金)

余白
関西大学初等部 学校説明会


余白

3月21日(金)関西大学高槻ミューズキャンパス5F ミューズホールにて、2015年度入試に向けた、初等部の 第1回 学校説明会が 開催されました。
春分の日の祝日開催となったこの日は、ご両親が揃って参加されたケースが多いようで、お父さんの姿が目立ちました。

今回の説明会の構成は3つに分けられており、最初に校長先生の初等部の現況についてのお話、次に教頭先生の本年度卒業生の歩みを中心にした この1年間の振り返り、そして、最後に同じく田中教頭先生による、入試についてのお話でした。


田中明文 校長先生 挨拶・初等部現況

余白
余白田中明文 校長先生

すっかり春めいてきました。
インフルエンザも落ち着いてきましたが、花粉症が心配される今日この頃です。
去る3月18日卒業式を行いました。
初等部が送り出す最初の卒業式でした。
国歌、校歌を歌い、一人ひとりに卒業証書を手渡しました。
生徒や教員はもちろんですが、開校以来支援して下さった、教育後援会の方たちの涙が印象的でした。


創造開始

2015年度は「創造開始」〜考動から創造へ〜を合言葉に学校運営を進めていきます。
これまでの考動を否定するのではなく、考動を踏まえた上で創造するという意味です。
新年度に向けた我々教員の意気込みは、今年の卒業生からの手応え、4年間でまさに、期待以上に「考え、創り出す」可能性を感じさせてくれたからこそのものです。
全国の教育関係者を対象に、毎年研究発表会を実施してきましたが、初年度200名程度の参加者だったものが、今年は 730名の応募を頂き、人数制限をして、600名にお越しいただいたという具合に、教育関係者の間での注目も高まっています。

関西大学の教育理念である「学の実化」は大学開校以来受け継がれてきたものです。
いくら勉強ができても、行動できなければ意味がないと考えています。
賢いだけの子どもをつくるつもりはさらさらございません。挨拶、掃除もきちんとできる子供に育ててまいります。


田中達也 教頭先生 6年後のお子さんの未来予想


余白
余白田中達也教頭先生

 動画と 画像を 交えながら、今年卒業した 6年生の様子を 中心に、「6年後に こうなる」という姿を 想像させてくれる お話を 聞かせてくださいました。

関西大学初等部の 学びの特徴の 1つである、考えることを 考える「ミューズ学習」は、考え方の引出しをたくさん作るための学習です。
低学年での Xチャートや Yチャートを使った 「仲間分けをするワザをゲットしよう」などから始め、高学年になると、ピラミッドチャートやボーン図など いろんな思考ツールを、自在に 使いこなす様子が映し出され、多面的に考えて学ぶ様子が見られました。
特に、発表する力(プレゼンテーション力)が高いのが見て取れます。


ルーブリックの徹底化

また、授業のはじめに「めあて」を確認し、到達度を明確にするために、予め、ここまでできたら「A」、さらにここまでなら「S」というように評価ランクを子供たち自身が定める姿が映し出されました。
「目標と反省」のプロセスが子供たちの中で確固たるものになっているのが窺えます。

関西大学初等部ではこのルーブリックが日常的に実施されているのも大きな特色と言えるでしょう。


私の未来予想図

2月28日に開催された「私の未来予想図発表会」での「弁護士を目指す」男子と「自分と向き合う」女子の発表1コマを見せていただきました。
2分程度の持ち時間で、巧みなボディランゲージを織り交ぜ、明確・明瞭にプレゼンテーションする様子が映し出されました。
もちろん、「台詞を上手に覚えましたね」というレベルではなく、自分の情熱を 自分の内なる言葉で しっかりと 表現したものでした。
さきの 研究発表会に参加された方なら、それが、選ばれた特別な生徒の発表の姿ではなく、初等部6年生が 平均的に獲得している姿なのだということに気づかれたと思います。


6年生でも豊富な行事が

お話の後半では、
「飛鳥宿泊学習」、
「Kyoto Quest」(外国人への英語インタビュー活動や、テーブルマナー講習会)、
「オーストラリア研修」における 文化交流(書道やケンダマ。折り紙、ソーラン節を伝える、スポーツ交流、2日間のホームステイの様子、
「文化祭」(合唱や合奏など、ステージ発表の様子)、
「研究発表会」、
そして
「卒業式」の模様などを動画と画像でご紹介いただきました。

12年一貫教育の強みとして、6年生においても、その1年間に魅力的なイベントが数多く存在することがわかります。



入試について

日程
昨年度同様、今年も10月の体育の日の翌日にペーパー試験、その翌日に行動観察試験を実施する予定です。
面接
面接に関しては、本年度は9月13日〜9月末での実施を考えています。
4〜6月、7〜9月、10月〜12月、1月〜3月の4つのグループに分けて、考査の上では月齢の配慮を行います。
面接はミューズキャンパス西館で行います。
本年度は、校長と教頭のペアで、1組15分程度(親5〜6分、子9〜10分)を予定しています。

ペーパー試験
昨年度はペーパーでは理科、常識分野の問題を減らし算数領域の図形、数の問題を増やしました。



余白
余白田中達也教頭先生

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白
今年の学校説明会に参加して

2サイクル目に入った 関西大学初等部の学校説明会は、派手なパフォーマンスもなく、全体として 落ち着いた雰囲気の説明会でした。

私がそう感じたのには、毎回恒例だった 梅本先生による スライドショーが 今回は 無かったせいかもしれません。

もちろん 対象となる受験生は 毎年変わって行くわけで、比較してご覧になる方はそういらっしゃらないわけですが、「これから何かが始まる」という「ワクワク」を感じさせてくれて、イベント感を盛り上げていただけに、少し寂しい感じがしました。

が、逆に考えれば、これまで 実績を持たない 関西大学初等部のイメージアップ戦略として 貢献してきたスライドショーも、紹介すべき「実像」が確立されたことで、その役割は小さくなったのかもしれません。

関西大学初等部が 開校以来 4年間 掲げてきた 目標とする形を ものの見事に実現して 見せてくれました。
ルーブリック評価なら「S」に値するのではないかと思います。

開校当初の約束を 遂行したことで、関西大学初等部は 大きな信頼を 勝ち取ったと言えるでしょう。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2014年 2月1日(土)

余白
関西大学初等部 研究発表会


余白

2月1日(土)関西大学高槻ミューズキャンパスで、初等部の研究発表会が開催されました。

会場となった関西大学高槻ミューズキャンパスのアリーナは、全国から駆けつけた先生方と、受験を考えていらっしゃるご父兄が集まって、超満員でした。
外の寒さを忘れるような熱気溢れる会場でした。

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)

最初は、アリーナに 特設教室を設けての 6年生のミューズ学習を 拝見しました。
6年生が入場し、緊張することもなく、いつもと同じ という素振りで着席します。
動じない 強い心も育っているようです。
周囲には 先生方が 鈴なりになって 覆いかぶさるように見守る中、授業が始まりました。

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)

Mission :「自分の思考法を評価せよ」

今回の ミューズ学習の授業のテーマは、「ピクトグラムの可能性と 限界について」を 導き出すために 「どんなふうに考えれば 課題を 解決するか」を ワークシートに書いて提出し、タブレットに収められた 友だちの書いた ワークシートを評価し、また、自分の ワークシートを見比べて 自分の思考法を評価する というものでした。
余白 余白
(※ピクトグラム(Pictogram、ピクトグラフPictographとも)は、一般に「絵文字」「絵単語」などと呼ばれ、何らかの情報や注意を示すために表示される 視覚記号(サイン)の一つです。)


4年、5年、6年と、6年生は「最高学年」として、この3年間、毎回 このミューズ学習の授業を 見せて下さったわけですが、6つの技「技1:比較する(ベン図)、技2:分類する(Xチャート)、技3:関連づける(コンセプトマップ)、技4:多面的に見る(ボーン図)、技5:組み立てる(ピラミッドチャート)、技6:評価する(分析表)」の 使いこなしが、年々進歩している様子がわかり、その度に 感心させられます。

手元の様子は、ハンディビデオカメラを使って、リアルタイムの映像が 前方のスクリーンに 大画面で映し出されました。
Xチャートや、ピラミッドチャートを 手慣れた感じで自在に使い、思考を進める様子は、頼もしさを感じます。


徹底化が進む ルーブリック

授業が始まる前に、ルーブリック評価についての到達点の 説明を受け、授業の最後に、まず、発表した何人かの評価をS,A,B,Cの4段階で評価し、タブレットを使って 投票する場面が見られました。ICTの使いこなしも 年々進歩していることを 感じました。

中には、自分で新しい思考ツールを作り出して、それを使って考えた というお子さんもいました。

最後に、それぞれ自己評価を 行いました。
自己評価は、思った以上に低く、そのことで 却って 「それぞれが 追求する次元」の高さを 感じさせてくれます。


ツールを超えてしまった 子供たちの出現
この授業で 印象的だったのは、ルーブリックによる自己評価の際に、数名の児童から、「問題がそれほど 複雑ではなかったので、頭の中で 答えが出てしまっていたから、チャート図を描きながら、何のために この作業をしているのかが わからなくなった。」「わずか10分という時間で、思考ツールに記入すること自体が時間の無駄に思えた。頭の中で 答えが出ていた。」という、言葉が 発せられていたことです。
これは、チャート図を描いて考える という形の 域を超えて、頭の中だけで その手順を 実行できていることの 証と言えるでしょう。

これほどまでの 進歩は、教える先生方にとっても、おそらく「嬉しい誤算」だったに違いありません。


さらに楽しみな 来年以降
6年生は 開校初年度の 3年編入生ですから、思考力教育ミューズ学習を学んだ期間は 4年間ですが、ここまで思考力、プレゼンテーション力が 発達していることを 考えると、5年間学んだ 初年度2年生、6年間学んだ 初年度1年生たちが、どれだけの パフォーマンスを 見せてくれるか、来年度以降の 研究発表会も とても楽しみです。


各教室での 参観で 感じたこと

2時間目以降は 各教室に分かれて 授業を参観しました。
あちらこちらで 教え子である イグザム生の 元気な姿を 見せていただきました。
全学年 全クラスが 参観対象となっていて、先生方の「思考力を 育てるためには どう教えればいいか」ということに かける熱意も しっかりと 伝わってきました。
ミューズ学習で学んだ 思考ツールも 様々な局面で 使われています。

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)

武道場では、塩屋先生の 3年生の国語の様子を これまた 中央に組まれた 特設教室で 見ることが できました。
自分の考えを 組み立てて説明しよう:「クラスのことを 調べよう」というテーマで、ピラミッドチャートを描いて 自分の意見を発表する というものでした。
様々な 意見が出され、3年生ながら しっかり 論理構築できている点に 感心しました。


自由に広がる 子供たちの発想
面白いと感じたのは、一人の生徒が「食べ物の 好き嫌いについて調べたい」と発表した場面です。
理由を かいつまんで書くと、「それがわかると 給食の時、好きな子には 多く、嫌いな子には 少なく盛ることで みんなが楽しく食べれるし、無駄が なくなるから。」ということでした。

偏食を 認めてよいのか など、大人の側の意見は さておき、子供の側からの 意見として まともで、尤もな 考えだと 感心しました。

大勢の大人に囲まれ、注視される中、格好の良い意見でなく、自由に考えを広げ、自分の意見を 述べることができるところが、「関大らしさ」だなと思いました。

しっかりと 授業の中で 思考教育が 息づいているのがわかりました。

そして、それぞれの授業で、ルーブリックが実践されており、授業の 終わりには 振り返りが 行われている 光景が印象的です。

一時間・一時間授業の全体像を 生徒自身がイメージし、それを具体化していく、そうすることで 生徒一人ひとりが 必ず何らかの 達成感を得られるのだと感じました。

それが、イメージしたとおりの結果であることは もちろん、そこまで到達できなかったという、次に向けての 課題の発見であったとしても、授業を 充実したものと 捕らえているのは 間違いないでしょう。


余白
鮮明に浮かび上がった 関西大学初等部の 特徴と魅力

本年度の関西大学初等部の研究発表会に参加して感じたのは、その特徴と魅力がさらにはっきりと確認できたということです。

特徴とは初等部が開校初年度から 大きな目標として掲げ、毎年 磨き上げてきた ミューズ学習、「思考力教育」であり、魅力とは、見るもの 誰にでも その「成果」が はっきりと 目に見える形で 現れているということです。

6年生、3年生、1年生の授業を見て感じたことは、「考える」と同時に「自分の考えを伝える」ことの大切さです。
6年、3年、1年の順に見ることによって、6年生のような授業をするために3年生ではここまで到達する、そのような3年生になるために、1年生の段階では このような 着眼点と道筋が必要であるという具合に、その手法を 解きほぐすように 見ることができました。

余白
余白(写真提供:関西大学初等部)

それは、初等部で教える思考ツールの1つ、フィッシュボーン図のような、工程管理が 綿密に 構築されてきたことを 連想させてくれます。
関西大学初等部トータルとしての 確固たる「思想」が 伝わってきます。

まさに、一貫した 関大初等部の 授業の本質を 見たように思いました。

昨年参加された ご父兄からは 「驚きました!」「感心しました!」と いう声が 多く あがりました。
今年参加された ご父兄のからは「凄いですね!」と いう感想を 多く伺いました。


12年一貫教育校と 中学受験校の 違いを 明確に示す 好例

最初に申し上げておきますが、これは、どちらが良いということではありません。
しかし、そこには明確な「違い」があるということです。

中学受験をするお子さんも、相当量の 過去問をこなすなどして、算数の解き方やたくさんの「技」を覚えています。
また、歴史の年表や 漢字の読み書きなど、豊富な知識を 養っています。
算数の公式や 理科の定理も「覚える」のであれば、「知識」です。

勿論、知識が豊富なことが 大切なのは 言うまでもないことです。
しかし、これまでの日本の教育が、知識偏重で その知識を活かして「考える」という面では、頭打ちになって、世界に通用しないものになっているのも事実です。


関西大学初等部で 教えてくれる「技」は それらとは 少し異なっています。
一定の知識を 担保しながら、如何に「智恵」を 伸ばすか に 力を入れています。
木に例えるなら、枝葉末節ではなく、「自分の力で考える」という、大切な 幹の部分を 太く逞しく育てている といえるでしょう。
知識という「技」だけでは、相手を説得し 納得させる「交渉力」は 育まれません。
今、この日本に 求められているのは、世界に対し説明し、納得させるだけの 交渉力をもった人間です。


100年先を見越した 関西大学初等部の 思考力教育

ここで見られる 小学生像が これからの 日本の小学校教育の ひとつの道標 と言えるかもしれません。
関西大学初等部は、この先100年を見据えた 新しい教育の形のデッサンを 描き出してくれているように 感じました。

将来、思考力教育が どの小学校でも 当たり前のように行われる時代が 来た時に、関西大学初等部の 先見性が 再確認される日が 必ずやってくる気がします。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白関西大学初等部 の新刊本
余白
思考ツールを使う授業

余白

余白「思考ツールを使う授業」


2月7日(金)、関西大学初等部のミューズ学習をまとめた、「思考ツールを使う授業」が 刊行されます。
これまでに 刊行された「思考力育成法」、「思考ツール実践編」に続く、第3弾で、完結編 とも言える内容の本になっています。
この本では、ミューズ学習で 教えてきた 思考ツールを 各教科に落とし込んで、1年生から 6年生まで、段階的に 授業を進めるノウハウが 詳しく語られています。
 
関西大学初等部の進める「思考力教育」について 関心が おありの方には、とても参考になると思います。


余白余白

余白「思考力育成法」余白「思考ツール実践編」

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白 1月19日(日)

余白
新春受験セミナー
余白関西大学 初等部の 歩みと これから




講演をお願いしていた、田中達也教頭先生に、どうしてもはずせない 急な用件が入り、急遽ピンチヒッターとして 田中明文校長先生が お越しくださいました。


関西大学初等部の4年間

関西大学は「学の 実化」を 学是と して 掲げ、実践 し続けてきました。
「学理と 実際との 調和」「国際的精神の 涵養」「外国語学習の 必要」「体育の 奨励」に 集約される その 教育理念は、混迷の時代の今、国際化という形で ますます その輝きを 増しています。
関西大学では 21世紀になって、新たな 行動目標として「考動」を 定めました。

初等部の 校訓は「考動」 〜学びを 深め 志高く〜 です。
『自ら 考え、行動する「考動」の人』そうした 人材の 育成を 理念と して掲げています。
「世界に 通用する 人材」を 小学校から 育てたい。これが 小学校設立の 理由です。
そして、これは 子供たちだけでなく、私たち 教員全体にとっても 同じです。
成績を 上げる だけが 初等部の 目標では ありません。


思考力の育成

関西大学初等部は開校4年目を終えようとしていますが、これまで「思考力の育成」を中心に追いかけてまいりました。
開校準備期間中に、開校準備室に集まった、19名の、初・中・高の 教員全員の 一致した意見として、『これからの教育は ”思考力の育成 である。』ということが 確認されました。

背景には、ゆとり教育の弊害、PISA型学力の必要性の高まりなどがありますが、文科省も最近は 「考える学習をさせなさい」という指導をしています。

しかし、ただ単に「考えなさい」と言うだけでは、子供たちの 考える力を伸ばすことはできません。
また、「なぜ、そう思うのですか?」と質問するだけでも不十分です。

全国で 行われている「考える」教育は まだまだ そのレベルに とどまっています。

関西大学初等部では、具体的に どう考えればいいのかを 子供たちに伝えることが 重要であると 考えています。


ミューズ学習

様々な思考スキルの中から、「比較する」「分類する」「多面的に見る」「関連付ける」「構造化する」「評価する」子供たちに 教えていけば、大体のことができるという、この6つのスキルに絞込み、教育を進めてきました。


思考ツールの活用

それらを具現化する 思考ツールとしては、比較=ベン図(小学校の集合で習った経験がおありでしょう)、構造化=ボーン(フィッシュボーン)図(工程管理を円滑化するためにで、日本で生まれた 考え方)、コンセプトマップ、分類=Xチャート・Yチャート図、関連付け=ピラミッドチャート図、等の「技を駆使して考える術」を身につけさせています。
余白余白

余白余白


「考動とは 思考の具現化である」という観点から、これを 年間12時間の授業単位にし、「ミューズ学習」と名付け、体系的に 考えることを 教えています。
さらに、各授業への落とし込みも進み、これらの考え方が 浸透しています。


それ以外にも、初等部では 思考をレベルで考えています。

ルーブリック(成功の度合いを示す数値的な尺度(scale)と、それぞれの尺度に見られる認識や行為の特徴を示した記述語(descriptor)からなる評価指標)による評価の徹底

同じ分類をするにしても「目的に応じて 特徴を挙げることができる というレベル」なのか、「分類し、それを検証して 自分の意見を 述べることができる」というレベルなのか、そのレベルによって評価します。
「それを友達に説明できる」というレベルまできたら パーフェクトです。
授業の前に 自分の目標レベルを 子供たちに確認させています。

「今日はどんな目的で学ぶか」ということだけでなく、「今日はどんなことがわかってどんなことがわからないまま」かを 授業の最後の段階子供たち自身に言わせるようにしています。


ルーブリックの効用

2、3日前の新聞紙上で、文科省の調査結果が 掲載されていましたが、「普段の授業の中で ルーブリックを普段 実践している子供たちは、やっていない子供たちに比べ、学力が高い、という調査結果が出た」と報じられました。


シラバスによる 授業計画の可視化

また、関西大学初等部では シラバスを お配りしています。
シラバスと いうのは ご家庭に 対し お届けする 1年間の 授業計画書です。
1年生から 6年生まで 、具体的な 授業計画を作って 4月の終わりまでに 各ご家庭に お届けしています。

これは、「どういう 教育を していくか」 という 学校とご家庭の ひとつの契約です
公立学校では まずやらないし、私立学校でも わずかでしょう。

中等部では「考える科」として、引き続き 思考力育成を 実践しています。


全国的に盛り上がる 思考力教育の必要論

以前に 日経新聞紙上で、新しい学習指導要綱に照らして、「これからの教育に何を求めるか」というアンケート結果が 掲載されたことが ありましたが、「思考力の育成を望む」という声が トップに上がっていました。

全国的に、「思考力の育成」ということが 大きなテーマとして 取り上げられるようになってきました。

全国の先生方が悩んでいるわけです。
「思考力育成」をテーマに掲げ取り組んでいますが、それが実現していません。
私たちは、その数歩先を行っており、思考力育成の方法を示し、すでに実践して来ました。


知識偏重の教育の終焉

クイズ番組が 流行りましたが、今までは 重箱の隅をつつくような知識が もてはやされてきました。

そんな知識は パソコンを手にすれば 瞬時に手に入るものです。
これからは 「パソコンを片手に、英語を操り、新しい発想で 自分の考えを構築し、それを相手に伝えることのできる人間」が求められているのです。
お遊びでは良いですが、「重箱の隅の知識」を誇っているようでは、絶対に これから 世界に 通用しません。
そんな時代じゃないんです。


全国学力テストで実証した 初等部の学力

文科省の、全国学力テストの結果が出ました。
これは全国の国公立小学校では、義務として受験しましたが、私立学校は自由です。
本校も受けなければならないというわけではありませんでしたが、開校時3年編入で入学してきた現6年生が、4年間で身に付けた思考力教育の成果を試すべく受験させました。


こちらの幼児教室のHPでも 紹介されているので すでに ご存知かと思いますが、本校の生徒は、国立小学校(附属天王寺や池田、奈良女子、筑波や学芸大附属など全国でもトップクラスの子供を集めた小学校)の平均値を 数ポイント上回っていました。


ミューズ学習を支える 図書教育

「ミューズ学習」は、考える技法、考え方の 引き出しをたくさん作る学習です。
そして、その思考を 支えるのが 読書指導である と考えています。
「わくわく館」「はてな館」の 2つの図書室には、3名の司書が 常駐しています。
1,2年で年間200冊、3年20,000ページ、4年以降10,000ページと、子供たちに 本を たくさん 読ませることを ひとつの 目標にしています。
沢山の言葉、言い回しに出会い、それを吸収することで、豊かな表現力を 育てたい と考えています。


国際理解教育と ICT教育

修学旅行ではオーストラリアに行ってきましたが、子供たちは堂々と、臆することなく会話をしようとしていました。

6年生で中学2年程度の勉強をしています。

中等部に上がると、本校から上がった子供は英語が週6時間ですが、外部生は7時間勉強することになります。
そうしないと追いつかないからです。

国際理解教育では、当たり前に英語を使うことは もちろん、さらには、英語圏のみならず、アジアの国々とも価値観を共有すべく、勉強しています。

ICT教育は、現在の 私立学校では当然のこととして、パソコンやタブレットを 使いこなしながら学習することになります。


関西大学初等部では、「考える力を 育てる」 と いう 基本を 押さえながらの、先生方の個性を生かした授業展開が、大きな 特徴であると考えています。
先生方 それぞれが、ご自分の 研究テーマを 追求しながら、授業を行うことが できるのです。
公立校に いたのでは、転勤や トップの方針の 転換などで、継続して テーマを 追求するのが難しい一面が あるのですが、我が校では それができるのです。


真の一貫校としての 関西大学初等部

関西大学のキャンパスの、他の一貫校との 一番の違いは、小・中・高と、校門を 共有しているかどうか ということでしょう。
つまり、同じ 校門をくぐり、 間に垣根が ない、 と いう点で、関西大学の 高槻ミューズキャンパスは、 他に類を見ない、独自の形態の 一貫校だと言えるのです。
そのことで 生まれる 独特の一体感は、 ひとつの「コミュニティ」で ある と言えるでしょう。

そして、同じ 敷地を、大学の社会安全学部、同 大学院まで 共有している点で、他とは、 全く違う環境に あると 言えます。


少子化の現代、同じ校舎にいる先輩たちを見ることで、学びの姿やたたずまいなど、自分の数年後を想像することができます。
自分をよく知る大人たちに見守られながら育つということ初等部から中・高に進んでも、階段1つ降りれば、幼いころからの自分をよく知る大人がいてくれるということで、思春期の悩みを相談できるというメリットがあります。

教師の側からすると、真っ直ぐに育って欲しいという思いからも、同じ建物で、中・高生に育った教え子の成長を見守ることは、大変なプレッシャーでもあります。

余白


2014年度入試について


出願状況

本年度の出願者は 少なくなりました。
それは、おそらく 洛南小学校の開校や、立命館小学校が入試日を早めたことが 影響したと思われますが、例年ですと3倍の出願者でしたが、今回は出願レベルでは 2.4〜2.5倍に 留まりました。
もともと60名しか採りませんから、少し減れば倍率に影響します。

募集定員は60名ですが、教室設備からすると最大64名まで入ることができますので、現実に64名の年もあれば、63名だった年もあります。
できるだけ多くの方に入学していただきたいとは思っています。

少しつらい話なのですが、関西大学は 40万人以上の卒業生を輩出しています。
本来ならば、そういった方のご子弟を優先したいところですが、関大枠というものは存在しませんし、当然 兄弟枠というものも ありません。
ですから、ご兄弟が初等部に在籍しているからといって、必ずしも入学できるわけではありません。
実際にご兄弟でも残念な結果になっています。
高槻市枠、大阪府枠というものもありません。
在籍者の内訳は、大阪府、兵庫県、京都府の順になっています。
2、3年前までは 大阪府に次いで 京都府から通う方が多かったのですが、京都には 公立の中高一貫校が 次々生まれ、そちらを目指す方が増えているようで、年々減少しています。

日程的には、ほぼ本年に準じた時期に実施する予定です。


面接

面接は、西館で実施しました。6年生まで 埋まり、空き教室が 無くなったためで、来年以降も 同様になるでしょう。
最大約15分間で実施しました。
保護者の方には、学校への期待ですとか、子供たちの様子について伺いました。
保護者の方への時間よりも、お子さんへの質問時間を多く取るようにしています。
質問は常識の範囲です。

ご両親で来た場合は、お父様 、お母様に2回ずつ質問する程度です。
お父様が 緊張されているケースが よく見られました。
お父様、お母様の失敗が 合否に影響することは 殆どありません。
幸せな家庭かどうかを見ています。

お子様への質問も 常識の範囲内です。
会話のやり取りが できるかどうかが 重要です。
話を広げることができるかどうか、たくさん経験しているかどうか、友達のつながりはどうかなど、を見ています。


ペーパーテスト

言語、数・図形、常識について 実施しました。
本年度の特徴は、知識理解的な問題を 減らし、思考力を見るための問題を 増やしたことにあります。
思考力の育成を謳う以上、より考える力を見たい という思いからです。
今のところ、私は 来年度も、知識理解についての出題よりも、思考力重視の出題にしていきたいと考えています。


ペーパーテストのねらい

学校生活の基本となる「話の聞き取り」「集中力」、試行錯誤しながらの「思考」・「閃き」(2014年度出題の天秤の問題の考え方をホワイトボードで指し示しながらご説明くださいました)、「経験」について見ました。

余白

本校は、決して経験を軽視しているわけではありません。

サトイモの葉の上に 水滴が落ちると コロコロと丸くなることは、大人なら知っていても、子供たちは わからないほうが多いでしょう。

それを知らないままでいると、 詩や短歌で表現される 「日本語の美しさ」が わからないままになってしまいます。

同じ 葉っぱにしても、表面が ツルツルの葉もあれば、ガサガサの葉もある、そんな経験を たくさんさせてあげたい と考えています。

お家で できることを どんどん経験させてあげてください。


行動観察

月齢を考慮した、グループ別に 実施しました。制作と運動で 30分間行いました。
3月生まれのお子さんは、4月生まれの方が歩き始める頃 産声を上げたわけで、一般的には その差は 小学校中学年位まで 縮まらないようです。
ですから、月齢相応の 力を見ることになります。

制作では「素敵なドレスをつくろう」というテーマで、男女同じ問題で 出題しました。
見本を見る→材料や道具についての説明を聞く→作るときの約束事についての 説明を聞く→グループに分かれて活動→片付け→となりのグループの 作品を見る→感想を聞く、 という手順で実施しました。
運動は、マット、平均台、ボールなどを使って サーキット運動を 実施しました。



余白


質疑応答

「これからは語学も会話力、コミュニケーション能力が重視されると思うのですが、関西大学初等部の英語教育についてさらに詳しくお教えください」
「行動観察で月例で分けて実施する とのことですが、ペーパーでも 月例の配慮はあるのでしょうか?」
「初等部のセキュリティについて、より詳しくお教えください」
「校長先生からご覧になった 現在の初等部生の特徴は どのようなものですか」・・・など、たくさんの質問が出されましたが、田中校長先生は それらの質問にひとつずつ、丁寧にお答えくださいました。



田中校長先生に おかれましては、大変お忙しい中、急遽 日曜日に ピンチヒッターで 教室までお越しくださり、そして 熱いお話を お聞かせ頂きまして、 真に有難うございました。

余白


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 関西大学初等部の開校前から、田中校長先生の お話を幾度となく聞かせていただいてきましたが、ポイントは力強く、時には軽妙に、説得力のあるお話しぶりには いつも学ばせていただいております。

「関大初等部が何を目指し、どんな理想を求めているか」確固たる信念を持っておられ、そのお話の内容は、この4年間、いささかもブレることなく、一貫したものでした。

校長先生のお仕事は 多岐にわたりますが、経営者としての、学校運営は その中でも 大きなウエイトを占めているでしょう。

個性豊かな スペシャリスト揃いの先生方を、「思考力を育てる」という 旗印の下、ここまで まとめ上げてこられた手腕は、まさに尊敬に値します。

この4年の間には、当然のことながら 毎年 学年が 増え、先生方を 補強されてきたわけですが、明確な 目標に 対し、 一直線に 補強され、理想の学校に向かって舵取りされているように思います。

関西大学初等部に通う子供たちは、様々な技(チャート図)を駆使して考える術を 着実に 身に付けつつあります。
それは 研究発表会などの場で、自分の考えを 他の生徒に説明する時に、明確に現れています。

イグザム幼児教室に通う 小学生クラスの関大生を見ていても、教室で それを感じる場面が しばしば見られます。

難問に挑戦するチャレンジ意識が旺盛で、「もっと難しい問題を解かせて」とせがまれることがよくあります。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 開校以来、関西大学初等部の思考力教育は 注目されてきましたが、反面、「それがどのように 学力向上に結びつくのか」は、具体的に指標となるものがありませんでした。

お話の中で、田中校長先生は、全国学力テストの結果について、ごく控えめな表現で お話されましたが、ほんの一例に過ぎないのかもしれませんが、大いに評価されてしかるべきものだと考えます。

塾生を見ているだけでも、「この子たちが6年生になったら・・・」とワクワクさせてくれます。


今回の イグザム幼児教室での 教育セミナーでは、校長先生の飾り気のない、誠実で 実直なお人柄に触れ、親近感を持たれた ご父兄も 多いのではないでしょうか。

こうして心理的距離を縮めておくことが、入試本番での面接で アガらずに済むために 効果がある と考えています。
これこそが 少人数制の教室の強みかな と思っています。

1月も あとわずかになりました。
これからは、入試本番まで あっという間です。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白余白12月12日(木)

余白
関西大学初等部 研究発表会と 学校説明会


余白余白

関西大学初等部より、2月1日(土)の研究発表会と3月21日の学校説明会のご案内を頂きました。
学校を知る絶好の機会です。
昨年イグザム幼児教室から受験された方も、志望動機に「研究発表会での 授業内容の 素晴らしさと、子供たちの明るく元気に学ぶ様子を見て、ぜひ子供を通わせたいと思った」とおっしゃった方が数多くいらっしゃいました。
こればかりは見てみないとわかりません。

特に研究発表会は、2週間後に開催される関西学院初等部の学校公開会とほぼ同じ狙いを持った「先生方の発表会」両方を見れば、授業の狙い、その教え方の違いなど、授業全体から伝わってくる校風など、ご自身で 確かめることができます。

それぞれの 良さを感じることが できるのではないでしょうか。
ぜひ両方に参加し、志望校絞り込みの 判断材料の一つとされてはいかがでしょうか。

関西大学初等部の 研究発表会は、「先着100名」となっていますから、早めにお申し込みになることを お薦めします。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白余白11月15日(金)
余白
関西大学初等部を 訪問しました


11月15日(金) 関西大学初等部を訪問し、田中達也教頭先生に お話を伺いました。
試験当日、終了後にイグザム幼児教室に来て頂いて、イグザム生の皆さんから 聞き取りし、それを基に作成した問題が 完成しましたので、教頭先生に ご覧いただきました。


ペーパー問題
余白

「これほど 完成度の高いものは、初めて見ました。抜けている問題もなく、ほぼ完璧ですね。」
とお褒めの お言葉を頂きました。
改めてイグザム生たちの集中力、記憶力に感謝する思いでいっぱいです。
早速、次年度受験生のための問題に 反映させて問題作りをしています。

余白

小学生全国学力テストの成績
余白〜客観的データで 明らかになった 初等部思考力教育の成果

今日、お話を伺った中で、印象的だったのが、今年度の6年生を対象とした、全国学力テストにおける 関大初等部の児童の 成績 に関しての お話でした。

全国の 国公私立小学校 2万校以上が参加した 6年生の 「全国学力テスト」でしたが、

例えば、国語Aでは、全国平均で62.9点、私立平均で79.0点、国立平均79.0点に対し、
関大初等部生の平均は 87.6点。

国語Bでは、 全国平均で49.6点、私立平均で64.7点、国立平均67.7点に対し、
関大初等部生の平均は 73.5点。

算数Aでは、全国平均 77.3点、私立平均 87.5点、国立平均 88.9点に対し、
関大初等部生の平均は 9 1.3点ということです。

算数B では、全国平均で58.6点、私立平均で72.5点、国立平均76.3点に対し、
関大初等部生の平均は 84.1点、と いうことでした。


国立小学校の平均を 大きく上回った 関大初等部生の 実力

国立小学校の6年生といえば、難関中学を目指す受験生も 数多く含まれていて、かなりの つわものぞろいですが、それを 平均点で 大きく上回ってるのは 驚きです。

関大初等部の、ミューズ学習に象徴される、「思考力教育」に関しては、授業内容を見ても、素晴らしいものであることは、広く知られていますが、その教育が、実際の教科における成績にも 反映されるのかどうかが、未知のものである という印象を 持たれていた方も 少なくないのでは ないでしょうか。


異次元の進歩を 見せてくれた 現6年生

忘れてはならないのが、現6年生は、3年生からの編入1期生だということです。
ミューズ学習を学んだのは、4年に満たない期間です。
そのことを考えれば、まさに、”異次元の進化を遂げた”、と 言えるのではないでしょうか。

これから、ミューズ学習を5年間学ぶ 現5年生、そして、新入生の時点から6年間ミューズ学習を学ぶ 現4年生へと続いていきます。
また、高い 競争率を勝ち抜いてきた、猛者ぞろいなのも 見逃せません。
今後 さらに、どんな 進歩を見せてくれるかが、とても楽しみです。

今回、「全国学力テスト」という、客観性の高い指標が 示されたことが、関大初等部受験に 対するモチベーションを 高めることになるのは 間違いないでしょう。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白余白10月19日(土)
余白
関西大学初等部 合格発表が ありました


10月19日(土) 関西大学初等部の 合格発表が ありました。
今年は 9名が受験され、8名が 合格を 頂きました(合格率88.9%)。
本当に おめでとうございます!

皆さんの 制服姿を 見せてもらう日を 心待ちに しております。

来年も、オープンスクールなどの 公開授業で、皆さんの 元気な 姿を 見られるか と思うと 今から とても 楽しみです。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白余白10月15日(火)
余白関西大学初等部 入学試験が 始まりました


余白

10月15日(火)関西大学初等部の2日間(15日(火)ペーパー試験、16日(水)行動観察試験)の 入学試験が 始まりました。

台風26号の 接近で お天気が 心配されましたが、幸いにも、入場の 時間帯は 雨も やんでおり、イグザム生たちも 元気に 試験会場に入っていきました。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白余白8月25日(日)
余白関西大学初等部 第3回 入試説明会


余白

数日前までの 日照り続きから 一転、大雨洪水警報が 発令される 荒れた天候の中、関西大学高槻ミューズ・キャンパスにおいて、初等部の第3回学校説明会が 開催されました。
JR線が 大雨の影響で 不通になった 個所も あり、参加できず、残念な思いをされた方もすくなからずいらっしゃったのではないでしょうか。


開会に 先立っての 梅本先生の スライドショーは、朝の 人気テレビ小説の テーマ曲を ベースに、
「考動深化」と 題され、子供たちの 目の 表情を 追ったものでした。
いつもながらに、子供たちの とても いい表情が 切り取られた、素晴らしい スライドショーを 見せて 頂きました。


田中明文校長先生 挨拶
続く 田中明文校長先生の 挨拶は、関大の学是、初等部の 教育目標、校訓について、そして、初等部の 教育内容について、12年一貫教育の良さ といった、これまでの 説明会で 話されてきた 関西大学初等部の 教育のエッセンスを お聞かせくださいました。

余白
余白田中明文 校長先生

田中達也教頭先生 入試に ついて 
続いて 田中達也教頭先生の 入試について の 説明では、入試問題に ついては 前回よりも やや 踏み込んだ お話を 聞くことができ、直前の 対策に 大いに 参考に なったのでは ないでしょうか。

イグザム生の皆さんには、得意分野での 出題が 確認でき、勇気づけられた と 思います。

余白
余白田中達也 教頭先生


最後に、この日 開会に先立って 参加者から 集めた 疑問・質問についての 質疑応答が ありました。
一部を紹介します。

余白


Q:
 願書提出後、面接の 日時は いつごろ連絡が もらえるのか?
A: 9月 17日〜18日には 届くように 郵送します。

Q:
 專願・併願で 有利・不利は 本当に ないのか?
A: そのことが、合否を 左右することは 絶対に ありません。

Q: 双子の場合、願書は 二人分同封してかまわないか?
A: 問題ありません。 また、双子の お子さんの場合、面接を 続けて 行うか 離して行うかは
   希望を 聞かせて いただきます。

Q: 合否の繰り上げの時期は?
A: 繰り上げが あるとすれば、11月ごろに ある可能性が あります。
  ただ、年々 繰り上げ合格は 減る傾向に あります。

Q:
 ペーパー試験で 用意される クーピーの 尖り具合は?
A: 文字、数字を 描かせるわけでは なく、○や×等の 印を 描くためなので、鉛筆ほど
  尖らせることは ありません。

Q:
 ペーパー試験で、6か月を「半年」、10を「とお」など、やや 難しい 言い回しを
  することは あるか?
A: 基本的には 難しい言い回しを 使うことは 考えていません。わかりやすい 言葉で
  出題したいと 思います。

Q: 左利きが 不利に なることは あるか?
A: 利き腕で 不利になることは ありません。

Q:
 試験当日が 台風などの 場合、実施の 有無を どのように 確認すればよいか?
A: ホームページを 注意して 見ておいてください。喫緊の 場合は 電話連絡も あり得ます。


個別相談会
説明会が 修了すると、すぐに ブースに 分かれての 個別相談会が 開催されました。
在校生父兄に よる相談ブースも 用意されており、入学後の 様子など、細かい質問が なされていた ようです。

余白

入試が 近づくと、いろんな 不安、気になることや 確認しておきたいことが 出てくるものです。
これらを 噂や 伝聞では なく、自身で 確かめておくことは 大切なことです。
また、こういう機会を とらえて 学校関係者と 話をすること 自体が、面接での 不安を取り除く という、心理的効果が 大きいのではないか と思います。

今回の 説明会の 意義は、質疑応答に あったのでは と考えます。


中・高等部の パンフレット
説明会終了後、出口の 机の上に、中・高等部の パンフレットが 並べられ、自由に 持ち帰り できるように なっていました。
初等部からの 12年一貫教育を お考えなら、中等部、高等部のパンフレットも、同時に 見ておくべきでしょう。
余白
余白中等部のパンフレット

余白

余白
余白高等部のパンフレット

余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白余白7月21日(日)
余白関西大学初等部 入試説明会


余白

学校も 夏休みに 入り、すっかり 夏本番となった 7月21日(日)、関西大学初等部で 第2回の入試説明会が 開催されました。

余白

会場となった 4階アリーナに入ると すぐ、試験で 使用される机が 置かれていました。
子供たちは 座ってみて、その感触を 自分で 確かめていました。

説明会は 司会の 梅本龍多先生制作の ビデオで 始まりました。

余白
余白梅本龍多先生

今回は夏休み直前の6年生の姿を見せていただきました。
ピアノの奏でる甘いメロディーに乗せて、 机に向かう 学びの顔、学びを 心から楽しむ表情、子供たちの真剣な 眼差し、「中学受験」とは 無縁の 落ち着いた授業風景、 屈託のない笑顔を 見せていただきました。
最後には 六年生のこどもたちの 夢や希望を表現した 紙粘土細工が いくつも 映し出されました。
夢や希望を ことばでなく、形にして表すことの素晴らしさが 伝わってきました。


田中明文 校長先生 挨拶

参議院選挙と重なる今日、お忙しい中、お越しいただきましてありがとうございます。

余白
余白田中明文 校長先生

関西大学初等部の シラバスについて
関西大学初等部では、シラバスを 4月の終わりにある 個人懇談の 際に お渡ししています。

シラバスとは、生徒、保護者と学校・教師の間で 交わされる、授業内容や 成績評価の基準を 定める 契約書の ようなものです。

学習の流れを 生徒と保護者が理解し、円滑に授業を受けられる、指導者にとっても、生徒と保護者に 対して円滑に指導を 進められるという利点があり、毎年、各学年終了後にこれらについての達成度をどう評価するか、保護者の方と子供たちに アンケートを 取っています。

この評価は、4段階評価で、評価してもらっています。
5段階にすると 真ん中に○を つける方が 多くなることが 予想されるので、あえて4段階評価に しています。
この 関西大学初等部 学校評価に ついての アンケート結果は 全ての保護者に お渡ししています。
また、HPでも公表しています。
アンケートの内容を 見て、我々は 反省し 次年度の新しい計画に 反映しています。

初等部は 人格形成の基礎をつくる という お話を 以前に させていただきましたが、本校は 宗教を 背景とした学校では ありません。
ですから、子供たちの価値観については、われわれ教師が、一体となって 考えていくものだ と考えています。

3つのポケット
毎年入学式で お話させてもらっているのですが、子供たちの制服には 3つのポケットがあります。
ひとつは、「ありがとう」、またひとつは、「ごめんなさい」そして 胸のポケットには「がんばろう」という気持ちを 持っていてほしい というお話です。

がんばりましょうカード
夏休み、冬休み、春休みなど、長期休暇の前に 子どもたちに「がんばしましょう」というカード を渡して 本校の子どもたち 一人ひとりに 10項目の 課題について 自己評価してもらうものです。

笑顔で 挨拶できましたか・・・などなど、そして最後には、周りの人に 嘘をつきませんでしたか という質問があります。
これは 会津の「什の教育」や薩摩の 「郷中教育(ごじゅうきょういく)」を 念頭に置いています。

私(校長先生)が 一人ひとりに コメントを 書きます。
381名全員に 書いて 渡しています。


また、安岡定子先生を 年3回 お招きし、「論語」の授業を してもらっています。
小学校1年生から「巧言令色 少シ仁」など、難しい言葉を 学ぶわけですが、毎回学ぶことで、少しずつ 心が培われていくのではないかと 期待しています。

これは よく使われる言葉ですが、ご紹介します。

心が変われば 行動が変わる

行動が変われば 習慣が変わる

習慣が変われば 人格が変わる

人格が変われば 運命が変わる


最初に6年生の夢や希望が 紹介されました。
保護者の方にとっての期待 とも言えるでしょう。
これは とりもなおさず、私たち教師にとっての 夢や 期待でもあります。
学校の教員は 子供たちを 通じて、自分たちの「理想」、「夢」、「つぎの世界」を実現してもらいたい という思いを 持っています。
まだまだ 完全ではありませんが、ぜひ 本校を 受験していただきたい と思います。



授業実践の公開

山中昭岳先生 2年生の生活授業の実践

余白
(説明会に参加したお子さんは、入り口で 「黒い容器に入った 何か」と 「額縁のように 繰り抜かれた紙」を 受け取っています。)

生活科という教科を教わった方はすくないでしょう、生活科は 始まって 20年になります。
生活科は ひとことで言えば、何よりも体験活動を重視し、たくさんの人と関わり つながりを持つ教科です。

余白
余白山中昭岳 先生

見えているけれど 見えないものを 見つける

何枚かの 自然の中の 画像を ぐーんとアップすると、そこには カエルや カナヘビ、バッタの姿が ありました。

このように ICT機器を 使えば、アップにして見つけることができます。

普段 何気なく見ている 自然を 注意して 見ることのできる子供を 育てたいと 考えています。

自然と どっぷりと 触れ合う
外に出かけて、どんどん 自然と触れ合う 機会を 作っています。
自然は ゲームの世界とは 違って、簡単に クリアできるものではありませんし、答えが 決まっているものでも ありません。
子供たちは 試行錯誤を くり返し、体験しながら 五感で 学んでいきます。

1年間かけて ある場所に "マイツリー"を 見つけて、1年間 見つめていく ということを 生活科で 行います。
"ソラードの会"のボランティアの方々に見守られながら、
学校とは違う大人の方との関わりの中で子供たちは学んでいきます。

1年生から、宿泊体験学習で、自然を 学んでいます。
険しい山道も へっちゃらです。


初めて カエルに 触ることができた子供の 笑顔の写真が 紹介されました。
ここで「自分の壁を 乗り越える瞬間」が見られました。

川に入って、たくさんの 生き物を 捕まえました。沢ガニや カエル、ヨシノボリ という魚も いました。


コミュニケーション力を 育む
学校でも、教室と 教室の間の オープン・スペースを 使って 生き物を 育てています。
「ゲジゲジが 逃げ出したので 探してください」という騒ぎも ありました。

アゲハ蝶が 羽化する瞬間を じっと 見つめる 子供たちの姿が あります。

毎年 何かキーワードを 見つけて 取り組んでいるのですが、今年は「カイコ」をテーマに取り上げて、観察しながら 育てています。

中等部でも カイコを育てていて、中学生と交流する機会も 設けました。

中等部の お兄さん お姉さんに、カイコについて いろんなことを 教えてもらいましたが、食い入るように お兄さん、お姉さんの話を 聞いている子が います。
中には 中学生以上に カイコのことを 調べて 良く知っている子も いました。

先日の オープン・スクールでは、日頃の学びの成果を 発表する場として、学校に やってきた 幼い子供たちと 生き物を通じて 触れ合いました。


模擬授業
ここで 子供たちに 対して、最初に受け取った教材を 使っての 模擬授業が 行われました。
五感の中の 嗅覚だけを使って、黒いポッドの中に入った 植物の匂いを 確かめるというものでした。
いわゆるブラックボックスでの学びです。

くすのき(樟脳の原料)、シソ、ペパーミント、スペアミント、どくだみ、山椒が入っていて、子供たちは 懸命に 匂いを嗅いで、自分のポッドに入った葉が 何の葉なのか を考えていました。
何の 匂いか、何に 似ているか、お家にも あるものなのか を考えていました。

五感と 知識を つなげる という、 ゲーム感覚の体験の 取り組みでした。


「額縁のように 繰り抜かれた紙」は,自然の空間を 切り取って 写真のように 見る という体験に 使われました。

最後に 子供たちが 自然の中で撮った "森の写真館"を 見せていただきました。
たくさんの写真で "子供たちならでは の 感性" を 垣間見ました。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 山中先生のお話を 伺っていて、机の上で「コミュニケーションが大切だ」、「人とのふれあいが大切だ」と 教えるよりも、自然の中で いろんな体験を 一緒にすることの 大切さを 教えられたようでした。
小学校時代の 自然体験とは、共通の 興味、感動、ふれあいを 感じる場であり、コミュニケーションを 円滑化させるために、なくてはならない "潤滑油"、そして”香辛料”なのかもしれない と考えさせられました。



長戸基先生 6年生の 理科授業の実践

関西大学初等部の 理科授業では 「知的に 楽しみながら 思考力を 育成する」と いうことを 目指しています。

余白
余白長戸基 先生

その授業の 一部分を 紹介します。
物の 燃え方を 学習してきて、その発展学習として、「燃焼の三条件」を 学んできました。
物が 燃えるためには 3つの条件が 必要です。

「燃える物があること」
「発火点以上の温度になること」
「新しい空気<酸素>があること」

今日は このことを 実験を通して 考えていきましょう。


さあ、いよいよ 実験です。
「どうなると思う?」
まず、子供たちに実験内容を伝え、どうなるかを 予想させました。
子供たちも がんばって考え、自分の思いを 大きな声で 伝えようとしていました。
このように、会場と キャッチボールを繰り返しながら 実験が 進められていきました。


実験1:鉄は 燃えるかどうか

鉄を うんと伸ばして ウール状にして火をつけると かすかに 燃える という事実が、目の前で 確かめられました。
それを分かり易くするために、酸素を 充填して 再度火をつけてみる、今度は めらめらと明るく燃えました。


実験2:火のついた 花火を 水につけると どうなるか

おおかたの 予想に反し、水の中で 燃え続ける花火に 子どもたちは びっくりです。


実験3:ロウソクの炎は 燃える気体(ブタンガス)の中に 入れると どうなるか

ロウソクの炎は消えましたが、ブタンガスと 空気との臨界面で 炎が上がる様子が 見られました。

余白

実験4:水を入れた紙コップを 下からバーナーで加熱すると 水は沸騰するか

紙コップは 焦げは するものの、燃えることはなく、水は沸騰し お湯になりました。


実験5:ダイアモンドは 燃えるか

ダイアモンドが 燃えるところは 初めて見ました。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 子供たちに とって「実験」とは、魅惑的な 響きを持つ 言葉でしょう。
会場の 子どもたちも ステージで行われる 実験の様子に 目が釘付けに なっていました。

ゆとり教育の弊害の ひとつとして、「実験に 要する時間」が どんどん 削られた ということが ありました。
また、先生が「実験好き」でなければ、さらに 実験の 機会も 少なくなるでしょう。

関西大学初等部では、おもしろい実験が たくさんできそうです。

実験している 長戸先生ご自身が「うわーっ、燃えた!」と、子供のように 一番楽しんでいらっしゃったのが 印象的です。



田中達也教頭先生 入試について

基本的には 14日(日)に イグザム幼児教室で 開催しました 入試説明会で ご説明いただいた内容と ほぼ 同じ内容でした。

余白
余白田中達也 教頭先生

よくある質問を 解説されました。

Q:地元有利など、合格者の 地域による差はあるか?
A:全くありません。


Q:関大幼稚園からの 内部進学者の数は どのくらいか?
A:6名を上限に受け入れています。


Q:月齢配慮は?
A:4〜6月、7〜9月、10月〜12月、1月〜3月生まれの 4グループに 分けて   実施しています。


Q:当日 体調が悪いときは?
A:面接は状況により、日程変更をします。ペーパーと、行動観察に関しては、
日程は 変えられませんが、別室で 実施するなどの 配慮をします。

面接
Q:面接日による差はあるか?
A:平日は 校長、教頭による1ブースでの面接、土・日は 校長+教員と 教頭+教員の
2ブースに 分かれての面接に なりますが、評価基準が 変わることはありません。


Q:面接で道具を使用することは?
A:面接で道具を使うことはありません。


Q:頭が 真っ白になって 話が できない子供に 親が話しかけても いいものなのか?
A:適宜 声かけして頂くことは 構いませんが、質問の たび、と いうことになると
  困ります。


Q:「です・ます」が 言えないと 減点されるか?
A:途中から「です・ます」が 言えなくなるのは 当たり前に あります。
  それで 減点することは ありません。
  「おっちゃん」とか、言われると 別ですが。

「親が 慌てると 子供に影響が出るので 気をつけてください。」と おしゃっていました。


ペーパー問題
今日 ここで 初めて 明かされたのが、ペーパー問題での分野について、その配分の 変更点です。
「前年に 比べ、生活分野の比重を 減らし、算数分野の問題を 増やす」とのことです。


このあと、いくつかのブースに 分かれて、個別相談会が 開催されました。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 関西大学初等部の魅力は、やはり 教師力の高さ であることを 再認識させられました。
今年の 説明会だけでも、ミューズ学習の 三宅喜久子先生と 塩谷京子先生、ギターを抱いた 楽しい授業で人気の 西勝巳先生、国際理解教育の 石井芳生先生、算数指導で定評ある 尾崎正彦先生、そして、今日の 山中昭岳先生と 長門基先生といった、それぞれ一芸に秀で、その指導力には 折り紙つきの先生方の 授業の進め方が ステージで 紹介されてきました。

いずれの先生も 話術も一級で、アクティブで、強烈な個性を お持ちなのですが、全ての先生に 共通して言えるのが、「子供たちとの 心のふれあいを とても大切にし、子供たちに いかに楽しく学ばせるか を、常に 考え続けていらっしゃる」ことです。

説明会に 参加された保護者の方からも、「私も 小学校の頃、こんな先生の 授業を 受けたかった」とおっしゃる声を しばしば 耳にします。

さらに、校長先生、教頭先生はもとより、説明会で ステージに 立たれた 先生以外にも、毎回 司会を務められる 英語の梅本龍多先生、研究発表会では、一番人気で 最多の 参観者を集めた 古本温久 先生、子供の 詩作指導の 第1人者である 今宮信吾先生 などなど、魅力的な 先生方は 枚挙にいとまが ありません。

人生で、「恩師」と慕う先生に 出会う機会は めったに ないことですが、この学校では それが 実現しそうな気が いたします。

関西大学初等部が 各学年 2クラスで、学校全体で たった 12クラスしか 無いことを 考えると、期待に 胸が 高まりませんか?
余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白余白7月14日(日)
余白イグザム幼児教室主催 関西大学初等部 入試説明会


梅雨も明け、セミの鳴き声も 聞こえるようになった 7月14日(日)、イグザム幼児教室に 関西大学初等部 田中達也教頭先生を お迎えし、入試説明会を 開催しました。

余白関西大学初等部 田中達也教頭先生

田中達也教頭先生 挨拶と関大初等部の概要

4年生が 南阿波の民宿で 家族の一員としての 宿泊研修を終え、一昨日真黒に なって 帰ってまいりました。
今年も あと4日で 夏休みを 迎えることになります。

関西大学初等部の 教育目標は「知」「徳」「体」に「国際理解力」を加えた 4つの柱で、 開校以来 一貫したものです。
「目指す子供像」として「感性豊かな子」「考える子」「挑戦する子」を 挙げています。
この中でも 特に「考える子」の育成に 力を 入れてきました。
関西大学の 学是でもある「考動」とも つながっています。
思考力育成の大きな柱であり、本校の特色 といえる「ミューズ学習(考え方を 考える)」に ついて お話します。


ミューズ学習
ミューズ学習は これ自体が 目標 というわけではなく、「考える引き出し」を たくさん 持つための 学習です。
1年生から6年生まで、「比較する」・「分類する」・「関連付ける」・「多面的に見る」・「評価する」・「組み立てる」に 役立つ「6つのツール」を 使って、習得させていきます。
これらを教科に活かし、互いに意見交換することで、「考えを 共有化する」「他人の意見を認める」
ことを学んでいます。
文科省の 新しい学習指導要綱の中にも「思考力の育成」が 組み込まれました。
どんな学校でも 大きなテーマとして 取り組んでいる課題です。


読書教育
ミューズ学習・思考を 支えているのが、読書教育です。
1,2年で年間200冊、3年20,000ページ、4年以降10,000ページと、子供たちに 本を たくさん 読ませることを ひとつの 目標にしています。

図書室には、常に 2名の司書が 常駐しています。
読む本に 迷った子供には「こんな本を 読んでみたら?」と、アドバイスを 送っています。
多くの言葉、表現や 言い回しに 触れることで、思考ツールを活用しての プレゼンテーションを 行う際 の表現力も 向上しています。


英語教育
国際理解力を 高めるための ツールとしても 役立つ、英語学習にも 力を入れていて、1・2年生は 朝のモジュール学習、3・4年 週3時間、5・6年 週4時間の 英語学習を 行っています。
文科省では「小学校では 基本的に 文字指導は 行わない」としていますが、本校では、5年生から 中学校の 教科書を 使い、文字指導を 行っています。
6年生で4級取得を 目安に 頑張っています。
既に3級を 取得している 6年生も 何人か 出てきています。


国際理解教育
今年は いよいよ 6年生が 10月に、初めて オーストラリアに 行きます。
本校では5年の時から オーストラリアの 子どもたちとの 国際交流を 行っていますが、中学年では 身近な アジアの国から 交流を始めています。
テレビ電話を利用して、カンボジアを始め いろんな国の 子どもたちの 交流を 進めています。
世界の人との コミュニケーション能力を 磨いて、将来、世界を相手に 羽ばたいていって 欲しい と考えています。


ICT環境の整備
英語学習や 国際理解にも 役立てる ツールとして、ICT環境の整備を 進めています。
音楽室など、一部を除き、ほぼ 全ての教室に 電子黒板を 備えています。
後ほどの 入試の 話でも 出てきますが、入試の際にも 本校は 必ず電子黒板を 活用しています。
ノートパソコンも授業で使っていますが、勿論全ての授業でこれらを使っているわけではありません。
ミューズ学習を始め、大事なことを 自分の手で 書き留めることは 大切であると考えていますし、簡単に 検索してそれに頼るようでは困ります。

当時2年生だった現3年生が、新1年生のために、Ipadを 使って 学校紹介ビデオを 作成しました。
現在は、Ipad_miniも導入し始めています。
あくまで、「道具」として、場面によっては とても 有効であると 考えています。

e-ポートフォリオ
これも 関西大学初等部が 全国でも 先駆的に 取り組んでいるもので、簡単に 言うと 学習の軌跡を 電子化して 残すものです。
作文や 絵画、発表の時の 映像記録等を 記録として電子媒体に残し、振り返ることが できるようにするもので、開校以来 取り組んできたものですが、まだ試行錯誤中の 部分も あります。
いずれは、ご父兄に いつでも見ていただける 環境を 整えていきたいと 考えています。



入試について

ペーパー:
昨年の 入試問題を 各分野からの 例題を、画像を 見ながら とても 丁寧に ご説明いただきました。
今年の入試問題は、これまでの 項目を 踏襲した形で 出題しますが、配分に ついては 見直しを 考えている とことです。


余白イグザム主催関大初等部説明会での田中達也教頭先生


面接:
昨年は、6年生の教室が使用されていませんでしたので、そちらで実施しましたが、今年は1年生から6年生まで揃ったこともあって、西館(大学棟)を使うことになりそうです。机やイスは前年と同じようにしたいと思っていますが、部屋は 若干狭くなります。

保護者の方には、ご家庭の教育方針と本校の教育方針と合致するかを確認させていただくことになります。
口頭試問のような、難しい質問をすることはありません。
4分ですから、あっという間に終わってしまうと思います。

例年、お父様の方が緊張されているように感じます。
下書き原稿を 暗記すると いうように、あまり 準備しすぎずに、言いたいことを 項目として 頭に 入れておく程度に しておいてください。

行動観察:
運動:サーキットで実施しました。
単純に運動能力で順位をつけるというものではありません。
リズム感や、バランス感覚について、十分な能力が備わっていれば、それほど差がつくものでもありません。
むしろ、指示をちゃんと聞いて、その通り 行動できるか、周りのお子さんと 仲良く行動できるか というところを 見ています。
また、本校では 着替えを 毎年 行っています。
基準は 5分です。
例年のテストの時には、着替えは ほぼ、ほとんどの お子さんが できています。
問題は、入学後、着替えに 時間が かかるお子さんが いることです。
試験のためというのではなく、あたりまえに できるように なっていて ほしいものです。

制作:昨年は「きれいなお家をつくろう」というテーマで 実施しました。
模擬的に 作られた玄関、居間、子供部屋の 片づけ・掃除をする というものです。
まず、どのように 進めるかを お子さん同士 話し合ってから、片づけ・掃除を 実際にしてもらいました。
リーダーシップも もちろん プラス要因には なりますが、それよりも むしろ、コミュニケーションを とる場面で、何も 発言できなかった お子さんが、きちんと 自分の役割を こなし、落ちている 雑巾も 拾って、洗い、掛けると いうことが あり、普段の 生活の中で当たり前に できていることが 自然に 出たようで、これには より多くプラスが つきました。


質疑応答
各項目の ご説明の後、都度、質疑応答の 時間を 充分 取っていただきました。

わが子の 不安点や 課題を 鑑み、細かな質問が たくさん 出されました。

余白イグザム幼児教室主催関西大学初等部入試説明会


ペーパー:

「訂正方法を 間違えたときは、即 誤答扱い となるのでしょうか」

「『正しいものに ○をつけなさい』という問題で、答えを探すために 違うものを 見つけた順に チェックを することは 許されるのでしょうか」

「しりとりなどで、無意識に 小さく声が 出てしまうことがあるのですが、どのように 判断されるのでしょうか」

「一生懸命 考えていると、おしりが 浮いてしまうことが あるのですが、こういうことも 減点対象に されるのでしょうか」

「黄色のクーピーを 使うということですが、黄色の場合 筆圧が 弱いと 見えにくいことがあると思うのですが、判別しにくい場合は どのように 判定されるのでしょうか」

「面接は 月齢別に見るというお話がありましたが 行動観察、ペーパーも、同様に 月齢を 分けて 実施されるのでしょうか」

「クーピーの持ち方は 注意しているのですが、今でも 熱中すると へんな 持ち方を してしまうことが あるのですが、持ち方について どのように 判断されるのでしょうか」

面接:
「面接の途中で じっとしてられなくなって 足や手が 動いてしまった場合は どのように ご覧になっているのでしょうか」

「面接中に 得意なことに 話がおよぶと、『やってみてごらん』と おっしゃる場合が あるか と思いますが、普段は できることが、緊張したり、恥ずかしがったり して、できないこともある と 思うのですが、その場合は どのように 判断されるのでしょうか」

「子供が 親の予測に反し、『知らない』と 答ええることが あり、心配です。 願書に書く 長所など、子供と 確認しておいた方が よいでしょうか。」

行動観察
「運動神経が 鈍い ということで 不合格と なることは あるのでしょうか。」

「着替えが ある ということですが、うちは 女の子なので 髪を くくって 参加することになりますが、くくったゴムが取れる・ずれる場合、自分では 直せないことも あると 思うのですが、これができないとどのように 判断されるのでしょうか」

「負けん気の 強い子なので、得意な 運動などで 普段できていることが できなかったりすると、泣く というのではなく、悔し涙を 流しそうなのですが、どのように 判断されるのでしょうか」

これらの 疑問・質問の 一つ ひとつに 丁寧に お答えくださいました。
参加された ご父兄の 不安や 疑問が 幾分か 解消されたのでは ないか と思っています。

教室の説明会に 参加いただき、勇気を 出して 質問して下さった 皆さんに 失礼になりますので、田中教頭先生が どう お答え下さったかは 敢えて ここでは 書きません。

最後に、田中教頭先生から、注意点として 1つ上げていただきました。

問題を 解き終わった後、ホッ とするのか、キョロキョロしたり、近くの子に 話しかけたりしてしまう お子さんが 例年見られます。
カンニングや 迷惑行為と とられる 恐れもあるので 注意してください。


お忙しい中、教室まで お越しいただき、有益な お話を お聞かせいただき 本当に 有難うございました。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 今年は 来年開校する 京都の 洛南小学校の 初入試、そして 受験制度を 変えた 立命館小学校の プライマリー入試が 8月26日に 同日実施 されることになりました。
敢えて 静観する、泰然自若の 構えの 関大初等部に とっても、何らかの 影響が 出そうな年です。

受験者の 内訳は、兵庫県からの 受験者が 増加傾向に あるものの、立命館小学校の 合格発表が 関西大学初等部の 1ヶ月半前に 行われることで、立命館小学校との 併願者が 大幅に減るであろう と予測できることから、京都からの 受験者は 減るのではないか と予想されます。

しかし、関西大学初等部が これまで 積み上げて来た「思考力育成教育」に 対する評価は高く、コアな志願者 そのものは それほど 変化しないのでは と考えます。

これまでの 説明会を 見る限り、受験希望者 は 例年並み、または 若干の減少かと 思われます。
これまでも 国立小学校の 合格発表に 伴う 辞退者は 殆どいない ということですから、補欠合格に関しては 減りそうな気配です。

「今年は 入りやすく なるのでは」といった、過度な 期待は 禁物と言えるのでは ないでしょうか。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白余白6月30日(日)
余白関西大学初等部 第1回入試説明会


余白関大初等部第1回入試説明会

6月30日(日)、夏を思わせる 日差の中、関西大学初等部の 第1回入試説明会が 開催されました。

恒例に なった、梅本龍多先生制作の スライドショーからの スタートです。
今回は「体育祭」をテーマに、躍動する子供たちの姿が、軽快なリズムに乗せて 紹介されました。


田中明文校長先生 挨拶

今日は いよいよ一回目の 入試説明会です。
お手元には 願書を お配りしています。

余白関大初等部 田中明文校長先生
余白田中明文 校長先生

本校の 12年一貫教育について 説明させていただきます。

無駄のない 効果的カリキュラム
一貫教育の強みは 無駄のない 効果的カリキュラムの構築が できるということです。
それは 英語学習について顕著に 見られます。
低学年では、毎日15分間のモジュールの 英語学習から始まって、3・4年では、1週間に3時間、5・6年になると 週4時間の 英語授業があります。
初等部も やっと 6年生までの 全学年が 揃ったのですが、6年生が、昨年5年生だった 時から 中学校1年生の 英語の教科書を使い始め、現在、中学2年の 教科書を使って 学んでいます。
卒業時には 中2の 2、3学期、英検4級レベルを 取得することに なります。
東京、京都などの公立中高一貫校が 一定の成果を上げ始めていますが、これも 無駄を省いたカリキュラム編成の 成果でしょう。

関西大学初等部では、6年生の前期で、6年生の 全ての単元の学習を終え、後期では 全体の復習と、中学校の勉強に 入っていきます。


自分の将来像を見ることができる
少子化の現代、同じ校舎にいる先輩たちを見ることで、学びの姿やたたずまいなど、自分の数年後を想像することができます。

自分をよく知る大人たちに見守られながら育つということ
初等部から中・高に進んでも、階段1つ降りれば、幼いころからの自分をよく知る大人がいてくれるということで、思春期の悩みを相談できるというメリットがあります。

教師の目から見ると、同じ建物で、中・高生に育った教え子を見守ることは、実は大変なプレッシャーでもあります。



中・高等部 鵜飼昌男校長 先生 挨拶
 
私ども中・高等部から見た初等部のお子さんは、非常に授業の質が高く、また、朝の挨拶を見ましても、躾が行き届いていて、きっちりとした小学校生活を 送っている お子さんが ほとんどだ というように思われます。
来年は いよいよ初等部を 卒業するお子さんを 迎えるわけで、お勉強も ハキハキして、しっかりしていますので、非常に楽しみに しております。
初等部で 推薦いただいたお子さんは 全員中等部に 進学できますので、全入と考えていただいて良いかと 思います。
初等部から 進学されるお子さんは、一般の学習は 外部受験生との 混合クラスになりますが、英語の授業に関しては、初等部で 進んだ教育を受けていることから、分けることとし、習熟度別の クラス編成になります。

余白関大中高等部 鵜飼昌男校長先生
余白鵜飼昌男 中・高等部 校長先生

昨日は 中等部の入試説明会を 開催しましたが、総勢で1,000名、約490組が お越しくださいました。
私立の中学校を 受験される場合、ほぼ、99%、皆さん 高校そして、大学への進学に ついて 意識された上で、その前段階としての 中学の教育はどうか という観点で 説明を聞かれ、判断されるものだと 認識しております。

中等部と高等部では 職員室を 同じくしておりますので、全員が 一丸となり "出口としての大学" を 考えながら 指導しております。

関西大学高等部からの 大学進学に関して、お話します。
関西大学高等部の特徴として、内部推薦制度は、国公立大 あるいは、関大にはない学部への 進学を 希望される場合の 併願 ができるということです。

中・高等部は「受験ありき」を基本に、授業展開を行い、「全員」が センター出願をし、その結果を元に 進路を決めていきます。


現在 中等部の生徒が カナダに研修旅行に 行っています。
中等部の生徒たちは Ipadを片手に、英語を駆使して カナダでの研修に 臨んでいます。

高等部の生徒は 12,000字の卒論を わかりやすく プレゼンテーションする能力を 身につけていきます。


今年の高3生を 例にとると、医学部を 6名が 目指しています。
25、6人が 国立大学を 目指しています。

今年は、初めて 中等部から高等部へ 入学してきました。
今年の 高1生の 学習到達度を見ると、医学部、トップの国立大を 狙える ”Sゾーン”に入る 生徒は 24名います。
その内 中等部から上がった生徒が その内 14名おり、外部入学生に対し 優位性を 示しています。

初等部からの 優秀な生徒を お迎えすることを 楽しみに お待ちしています。

※「Sゾーン」に関しては ベネッセの このページをご参照ください。


初等部の教育実践

尾崎正彦先生  愉しい算数授業

先日お招きした ”独立数学研究家” 森田 真生先生から、「今まで出会った 子供たちの中で、最も 良かった。関大の生徒は 活発、積極的。こんな学校は 初めて。」と お誉め頂きました。
お誉め頂くには それだけの 理由が あります。
それは、私たちが これまで 実践してきた 算数教育の成果である、と 自負しています。

余白関大初等部 尾崎正彦先生
余白尾崎正彦先生

算数で 大切な力は 何でしょうか。
「テストで 100点取る力(算数教育の世界で 言われる、知識・理解・技能)」は 勿論 大切です。
これは 20世紀の教育では 重視されてきたものですが、現代において、「ペーパー学力だけでは、通用しない」ということも 明らかです。

今、求められているのは、思考力、判断力、表現力です。
将来的に、企画する力、プレゼンテーションを する力を 発揮するためのものです。
これは、文科省の 指導方針とも 合致しています。
従来のテストと違い、「根拠を言葉と数と式」で 説明する力 が 求められるように なってきているのです。

算数で鍛える思考力

1.帰納的な 考え方→決まりを 見つける力
2.類推的な 考え方→決まりを元に 他の場面でも使えるか 発展的に考える力
3.演繹的な 考え方→理由を考える力
4.算数的読解力→文章だけでなく、数式や図形を 読み解く力
5.再現力(表現力)→プレゼンテーションする力

この5つの力を高めることを 基本に 算数授業を進めています。

思考力の 原点は「問い」を 持たせ、「〜たい」を 感じる授業

ここからは 5年生の授業を 再現しながら 受験生を巻き込んでの 模擬授業です。

マス目が 赤く塗られた2枚の絵を 見せられます。
ここで 「赤っぽいのは どちらでしょう。」
と、子供たちに 問いかけがありました。
最初に見せられた1枚は 片方が極端に多く、次に見せられたものは その逆でした。
これは 会場の子供たちも 簡単に答えます。

続いては、赤く塗られたマス目が100分の90と 100分の88での 比較でした。

授業の中で、数の比較から、それを分数で考えることに気づく様子、さらに「でも、マス目が 100と50だったら わからないよ」と、それが 分母が たまたま 同じ場合の「偶然」であることに 気づく子が 出てくる様子、続いて「通分」することで解決するのでは という意見が 出され、では、24分の15と 100分の62 での 比較を 実際にやってみると 通分するのが 面倒であること、「だったら 小数で 考えればいいよ」分数の 考え方を 類推的に捉え、結論を 導き出す様子が 伝えられました。
子供たちは このような 議論の中から、「 一般化する」ことを 学びます。


こんな「割合」の授業を通して、割合のイメージを 子供たちが 明確に持つことができます。
割合というのは 小学校算数の中でも 最も難しい考え方の ひとつです。
子供たちが「調べてみたい。正しい答えを 出したい。」と思うことが大切です。
子供たちは、レポートで 再現シートを 作って、気づきの 様子を 記録しています。


数字に表れた 関西大学初等部の 算数教育の 成果
2つの図形の 黒い部分を 見比べて 面積が 同じであることを「言葉や式を使って 説明する」
という、 全国学力状況調査の 算数Bの問題の 正解率を 比べて見ると、
公立学校の 正解率は 33.3%、無答率 22%(つまり白紙解答)。
これが 残念ですが 日本の実情です。
国立小学校では 正解率は 46.4%、無答率 8・8%、
私立小学校の平均は 正解率 43.4%、無答率 10.4%、
では 関西大学初等部はどうかと言うと、正解率71%、無答率0.3%(1人だけ)でした。


6年生での 指導内容
先ほど 校長の話にも ありましたが、6年生での指導内容を さらに詳しく 説明しますと、6年生の 学習単元は 秋ごろ終了し、秋以降は 小学校の総復習と 発展問題(中学入試問題)、PISSA型の 記述形式の問題、中学校数学の 橋渡し問題(正の数・負の数、等号の性質、確率)の 学習を 進めていきます。

愉しい算数授業
私たちは 敢えて 愉しい という言葉を 使っています。
「愉しい」とは 脳のモヤモヤが消えて スッキリする状態です。

関西大学では、確かな理解・知識を身につけるのは 当然です。
それ以外に、高い思考力や追求力、そして表現・説明力や レポート力を 身につけさせることを お約束します。
皆さんも 関西大学初等部に入学して 愉しい算数授業を やりましょう。



石井芳生先生 国際交流について

豊富な写真と共に、参加した受験生に国旗を見せて国名を当てさせたりしながら、低学年から高学年に至る授業の中での国際交流の実際が 紹介されました。

余白関大初等部 石井芳生先生
余白石井芳生先生

「タージマハル」を見せながら、「どこの国かわかるかな?」
子供たちは「インド!」と答えます。

インドの小学生たちの学校生活の様子をスライドショーで見ていきます。
日本とは随分違う様子が映し出されました。

どこが違うかを 調べたりすることを 足がかりに、異国の文化に 向き合います。
自国と他国の 文化の違いを 知ることを 学んでいきます。
「自分にとっての当たり前」を 見直す きっかけを つくります。

国際理解のための 基礎固めの 一環として、1年生から モジュールタイムで 英語を学んでいます。

続いて国旗を見せて「どこの国かわかるかな?」
「韓国!」と 会場のあちらこちらから 声が聞こえました。。
2年生は 韓国の ファジン小学校と テレビ会議で 交流をしながら お互いの文化を 学びます。

続いても国旗です。
「カンボジア!」
今年の子供たちは 優秀です。
3年生は カンボジアについて 学んでいます。

今度は カンガルーの絵を見せて、「どこの国かわかるかな?」
会場の子供たちは まるで 当然のように「オーストラリア!!」と 答えます。
4年生は オーストラリアを 学んでいます。

いずれも 交流しながら 学びを深め、高学年では、自発的に「自分たちに 何ができるのか」という、国際協力の 意欲が 芽生えてきます。

実際に 現在の6年生は インドの お友達から教わって 手づくりした ミサンガを、 去年の文化祭で、フリーマーケットで 販売し、その収益金を インドのお友達に 役立ててもらおうと 寄付しました。

子供たちは 学んだことを、 ミューズ学習で 習得した 思考スキルを駆使して 編集し、本に まとめたり、ポスターセッションを行ったり しています。

学んだことを 将来 役立ててほしい と思っています。



田中達也教頭先生 本年度の入試について 

まず、入試日程の 説明がありました。
続いて、試験内容についての お話がありました。

余白関大初等部 田中達也教頭先生
余白田中達也 教頭先生

入学試験は、親子面接、ペーパーテスト、行動観察の 3つの要素を 同じ比率、極端にいえば、1対1対1で 総合的に 判断されます。

月齢考慮があり、基本的に 4〜6月、7〜9月、10〜12月、1〜3月の 4つに 分けて、選考されます。
面接:親子面接は 保護者4分、子供8分の 合計 12分を 目安にして 実施されます。
ペーパー試験は 昨年同様、言語、数・図形、常識問題を 多角的に 出題されるようです。


「第2回、第3回の 入試説明会で、さらに 詳しい内容に 踏み込んでの 説明をします。」とのことです。
関西大学初等部を受験される方は、今後の 説明会からも 目が離せません。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 京都に洛南小学校が 開校することもあって、今年は、例年以上に、「中・高等部に進んでからの 学力」への関心が 高まっているように 思います。

今日の 初等部の 説明会では、中・高等部への接続について、来年初等部を卒業する学年が出てくることから、実際に 差し迫ってきたこともあって、より 詳しく説明されていたのが 印象的です。

その中でも、 鵜飼 中高等部校長先生の お話に出て来た、難関大学突破のための 1つの目安となる、 ”Sゾーンの 生徒が 何名” という具体的データは、非常に客観性があり、わかりやすいものだと思いました。

中等部からの 内部進学生の内、 14名が ”Sゾーン” に 入ったということでしたが、初等部の 生徒たちが 高等部に進学するころに、この数字が どう伸びているか、大変興味深いところです。

今回は、尾崎先生からも、 全国学力状況調査を例にとって、"成果としての具体的数値"が 示されました。

これまで「やろうとしていること」を明確に提示してきた 関西大学初等部が、開校4年目を迎え 、「やってきたこと」として 成果を 公表するようになりました。
先生方の 自信を 強く感じる一幕でした。

説明会に参加された ご父兄にとって、「迷い」を吹っ切る ウイニング・ショットに なるかもしれません。



※「Sゾーン」に関しては ベネッセの サイトをご参照ください。


 
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白余白6月15日(土)
余白関西大学初等部 オープンスクール


余白関大初等部 オープンスクール

6月15日(土)10:00〜、関西大学初等部のオープンスクールが 開催されました。


田中明文校長先生 挨拶

早朝から 沢山の方々に お越しいただき 感謝申し上げます。
今日は、恒例とも 言える スライドショーは ありません。
これまで 平日開催だった オープンスクールを、今年は 土曜日開催と させてもらいました。
土曜日と いうこともあって、今日は お父様の 姿が目立つようです。
さて、前回の説明から、今までの学校の様子についてお話させていただきます。
運動会が ありました。
1〜6年生まで、全校生徒381名が、紅白に分かれて、接戦を 繰り広げました。
来年は、皆様方のお子さんにも この輪に加わっていただきたい と思います。

子供たちに「最近印象に残ったことは?」と聞いたところ、1年生から6年生まで、それぞれ 年3回実施している 安岡定子(大漢学者、安岡正篤=「平成」という年号の考案者、 の孫)先生の 論語講演、そして、ほんの数日前、5、6年生対象に森田 真生先生(27歳の若き「独立研究者」。その名の通り、大学や研究所に所属しない、いわばフリーの数学研究者。)の数学講演でした。
「数を 色彩で感じることができる 人」が いるということで、6年生63名に 手を上げさせたところ、何と 初等部にも13,4名が、同じように数字を色で感じていることがわかりました。

低学年の子どもたちに 聞いてみると、実は 今日、この「オープンスクールを 楽しみにしている」というお子さんが たくさんいました。

自分たちの 後輩が 学校にやってくるのを 心待ちにしている学年が ありました。
蚕を 育て始めているクラスも あって、自分たちの 新しい 弟や妹たちが 来るのを 楽しみにしているようですので、ぜひ 見ていってください。

今日の 本校のオープンスクールは、極めて当たり前に 日頃の授業を お見せする、と いうことを 考えております。
ごゆっくり ご覧ください。


余白関大初等部オープンスクール立て看板

オープンスクール

さて、いよいよ 授業参観です。
今年は、 「1年生から6年生まで揃って」の 初のオープンスク-ルとなります。
通常授業の 第3校時(10:15〜11:00)と 第4校時(11:10〜11:55)を参観させて いただきました。

授業内容は 次の通りです。
受験生 英語体験授業
1年生 音楽、ミューズ学習、国語、算数
2年生 国語、ミューズ学習、生活
3年生 プール
4年生 社会、算数、国語
5年生 国語、算数
6年生 算数、社会、理科

今年も 低学年を中心に 見ていきました。


学校に すっかり馴染んできた 1年生

1年生の音楽は、班ごとに、創作の振り付けを考えたり、音符の代わりに丸を使って、リズムの学習をしていました。
みんな 楽しそうでした。

また、ミューズ学習では、うらしまたろう」「かさじぞう」「おむすびころりん」「したきりすずめ」など、昔話を Yチャート、Xチャートを 使って「仲間分けするワザを ゲットしよう。」という「分類」の 授業でした。

いくつかの 昔話の カードを「どんなふうに 分けられるか 考えてみよう」というテーマで、 クラスの みんなで 考えていました。

「季節で分ける」「おにぎりが出てくるかどうか」で分ける・・・など、みんなが いろんな 意見を出していました。

ひとりの子は、「か」ではじまる話「さ」ではじまる話・・・と索引を導き出しました。
図書館を使っていて、その機能性を充分理解していることがわかります。

別の子が、自分の分類方法を 説明している時でした。
その子は 自分の 説明が クラスのみんなに 理解できているかどうかを 見ていました。
反応が 薄い、首をかしげている子が 何人か いることに 気がついたのです。
「ちょっと わかりません?」と その子は 尋ねました。
「わかる人 手をあげてください。」と、続けて 問いかけました。

プレゼンテーションというものがどんなものかを、この1年生は理解していたのです。

彼らの姿は、もはや 新入生ではなく、立派な「関西大学初等部1年生」でした。


学びの 楽しさを 実感する 2年生

2年生の授業では、西先生が ギター片手に、みんなで 声を揃えて 歌うことから 始まる 楽しい 国語の 授業でした。
また、山中先生の生活授業では、今年も 生き物ミュージアムの世界が 展開されていました。
小さな幼稚園児たちにも わかるようにと、ふれあい展示にも 随所に 見やすい配慮が なされていました。
イベントとしての要素が高く、その準備をみんなで話し合い、計画し、 工夫してきたことがわかります。
校長先生のお話にあった、「後輩たちが来るのを心待ちにしている」のがこのクラスだとすぐにわかりました。

昨年より 展示される 生き物も 増え、生き物とのふれあい をテーマに 学ぶことで、人とのふれあいについても 意識が 高まっていることを 感じました。
子供たちに、展示された生き物に 関して、いくつか 質問を 投げかけてみましたが、明るく上手に 説明を 聞かせてくれました。説明能力も アップしているなと思いました。

元気いっぱいの 3年生

3年生はプールの授業でした。ちょうど、私たちが東館へ 授業参観に移動する途中に、プールへ 向かう3年生と 出会いました。ドアの向こうで、参観者が通るのを 待っていてくれて、みんな 元気で明るい挨拶を してくれました。


落ち着きを 感じる 高学年

4年生以上になると、さすがに 落ち着きを 感じさせてくれました。
一般授業の 様々な 局面で ミューズ学習で培った「考える技術」が 反映されているのが 伺えます。
関西大学初等部の 特色である ミューズ学習は、1年生から 6年生までの、一貫性のある 学問 として、しっかり 確立されてきた感が あります。


どの学年も、授業の中で 物おじせず お互いに 自由で 活発な意見交換が できるのが、関大らしさ だと思いました。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート イグザム幼児教室は 多くの 受験生を送り出すわけでは ありませんが、塾生一人ひとりが とても頑張ってくれて、おかげさまで たくさんの 在校生が います。
このオープンスクールは、塾生みんなの成長を 確かめることが できる 貴重な1日です。
明るく 元気に授業を 受けている姿を 見て、その成長ぶりを とても 頼もしく思いました。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白余白5月19日(日) 関西大学初等部 第2回学校説明会


余白関西大学初等部外観余白関西大学初等部 学校説明会立て看板

4階 アリーナ 一杯に受験生、保護者の方々を 集めて、関西大学初等部で 第2回 学校説明会が 開催されました。

最初に恒例の、 司会も務められている、梅本龍多先生 制作の、ビデオ上映で スタートしました。
今回は、嵐の『ワイルド・アット・ハート』を テーマ曲として、入学したばかりの 新入生たちの 学校生活が 映し出されました。
イグザム生の 元気で明るい姿も 映し出され、スタートから 嬉しくなりました。
梅本先生の 映像作品は、関大初等部の 説明会のオープニングに 欠かせないもの となっています。
梅本先生は、本業の 英語指導以外にも、「仮装大賞」監修や、このオープニングフィルムなど、多才な面を活かし、まさに 初等部の 広告塔的な役割も 担っておられます。



田中明文 校長先生 挨拶

関西大学は、1886年に関西法律学校として誕生し、1922年に大学となりました。
創立の趣旨となる「学の実化」と、21世紀を見据えて策定された「社会を見つめ、変化に挑む。『考動』する関大」は、関西大学初等部にも受け継がれる理念です。
「確かな学力」、「感情豊かな心」、「健やかな体」、「国際理解力」。関西大学初等部は、教育目標として、知徳体に加え、国際理解力の4つを掲げ、その4つを柱に「高い人間力」を育てようと考えております。

余白関西大学初等部 田中明文校長先生
余白田中明文 校長先生

関西大学初等部の校訓は「考動」ですが、これは、子供たちのみならず、われわれ教師のためのものでもあります

開校前の設置準備室で、小・中・高の先生がひとつの部屋に集まり、「どういう学校にするか」膝を突き合わせて日夜話合い、まとめたのが、「思考力の育成」ということでした。

東京大学ではAO入試の導入が発表されました、なぜ今AO入試なのかというと、東大の学生の多くは答えのある問題には強いが、答えがあるかどうかわからない問題や、答えが何通りもある問題には弱いと言われているからです。
「受験秀才」だけでなく、特定分野に秀でた能力や意欲を持った個性的な学生を増やしたいのが狙いです。
このように、社会で求められる「学力」も変わろうとしています。

わが校の目指す子供像は、
感性豊かな子、
考える子
挑戦する子
です。

今年のポスターは381人、全学年が揃ったものです。
ぜひこの輪に加わっていただきたいと思います。


田中達也教頭先生 「教育内容について」

初等部の学びの中で、関西大学初等部では「考え方を考える」ことを大きな柱としています。
「ミューズ学習」は、考える技法、考え方の 引き出しをたくさん作る学習です。

そして、その思考を支えるのが 読書指導である と考えています。
沢山の言葉、言い回しに出会い、それを吸収することで、豊かな表現力を 育てたい と考えています。

ICT環境を 整えることにも 力を注いでいます。
各教室には 電子黒板を備え、実物投影機を使って、子供たちの書いたものを 電子黒板に 映して、みんなで意見交換したりする ということにも 役立てています。

また、関西大学初等部では eポートフォリオの充実を図り、学習成果を電子化、 記録として残しています。

余白関西大学初等部 田中達也教頭先生
余白田中達也 教頭先生

※初等部の学校生活について、1日の 学校生活を、さらに 1年間の 学校生活を 映像で見せていただきました。

参観日や、運動会、体育祭、文化祭などの行事で、月に1回は 子供たちの様子をご父兄に見ていただいています。
ここにいらっしゃる皆様も、ぜひ、6月15日(土)のオープンスクールで、子供たちのキラキラした様子を見ていただきたいと思います。



続いて、これも恒例となっている、関西大学初等部の授業内容の、現場の先生によるレクチャーです。
最初は 三宅喜久子先生と塩谷京子先生による、関西大学初等部の看板といえる、読書とミューズ学習についてのお話、そして次に西先生による、国語教育についてのお話でした。


三宅喜久子先生 塩谷京子先生 「今、初等部の子供たちは」

塩谷先生:
3、4年での初等部の取り組みとして、リテラチャーサークルがあります。
個人ではなくグループのみんなで1冊の同じ本を読み、読後にディスカッションするというものです。
また、読後、絵を描く係など、役割分担も決めておきます。

現在は「世界の現実を知る」というテーマで統合学習の リテラチャーサークルに 取り組んでいます。

小学校に入学して、聞いて理解することから、読んで理解することへの 成長が 進んでいきます。
物語を読むというとは、大きく分けて @名前や性格など、登場人物を追う、 A時間や場所など、場面を追う(それまで読んでいた絵本などでは、Aを 絵で知ることが 多かったのですが)、という2つの側面を、文字から両方つかんでいくということです。

本からは、 自分では できない体験を 得ることができます。

余白関西大学初等部 三宅貴久子先生と塩谷恭子先生
余白三宅喜久子先生(左)と塩谷京子先生(右)

情報を得る
塩谷先生:
また、物語ではない、知識・情報を得るための読書に関しては(大人向けに書かれたものが大多数を占める中、図書室には小学生向けのものを吟味し取り揃えています)、図鑑や辞典を見ることになりますが、まず、目次や索引の使い方を指導しています。
子供たちが理解できる言葉で書かれた科学、歴史、地理、人物伝などの書物も揃っています。
ただ、図鑑なども本になった瞬間から、それ以降に判った新事実などは反映されていないわけで、今を伝えるツールとしての雑誌や新聞も揃えています。
また、常時更新されているOnline百科事典も活用しながら、学びを深めています。

情報を伝える
三宅先生:
考えることを考える時間
何を手掛かりにどのようなことを考えたらいいか、考え方がわかるようにするのが「ミューズ学習」です。
どの教科にも使える、6つの思考スキル(比べる:ベン図、分類する:Xチャート・・・など)を技術として身につけ、友だちに自分の考えを伝える〜伝え合う力を育んでいます。


この日は、会場の受験生の幼児たちが参加する形でミューズ学習を体験する、ミニ授業が行われました。

余白関西大学初等部 ミューズ体験ミニ授業

教頭先生と 保健の先生が 舞台に立たれ、子供たちに「この二人は、どんなところが違うか、手を挙げて 答えさせる というものでした。
三宅先生が 発問され、、塩谷先生が 子供たちの意見を ホワイトボードに 板書されました。
書ききれないくらい、子供たちは、積極的に発言していました。

そして、今度は、「同じところ、重なっているところは どこか」が質問されました。
子供たちの、子供らしい視点が 感じられました。

「違うこと」・「同じこと」の 両方を見つけると 考える達人に 一歩近づけるようです。

※帰りには、子供たちに 今日のテーマを 整理するための ベン図の プリントが 出口で 手渡されました。

三宅先生が "達人"のトレーナー姿で、客席を 駆け抜け、手を挙げている 子供たちに 素早く マイクを向ける姿が 印象的でした。


西勝巳先生 「関西大学初等部の 国語教育」

挨拶すること、人の話を聞くこと、ていねいな話し方が できること、など、「ソーシャル・スキル」の退行 といった、子供たちを 取り巻く言語環境、言語文化の現状 についてのお話から 始まりました。

国語授業で 伝えていかなければならないこと として、「言葉の力と感性を鍛えること、コミュニケーション力を鍛えること」を 挙げられました。

余白関西大学初等部 西勝己先生
余白西勝巳先生

岡信子の メルヘン「はなのみち」の絵本を 紹介された後、
助詞についての ミニ授業が 行われました。

となり の トトロ
となり"は"トトロ
となり"が"トトロ
となり"に"トトロ
となり"も"トトロ
となり"へ"トトロ
となり"よ"トトロ
となり"だ"トトロ
となり"や"トトロ
となり"さ"トトロ

と、「となり」と「トトロ」の間にある 助詞を変えていって
子供たちに 読ませました。

これには 終盤で 疲れの出始めた子供たちも、みんな 元気に大きな声で 読んでいました。
助詞の違いによる ニュアンスの変化を ちゃんと 感じ取ってたようです。
そして、最後に出てきた、
となり"かよ"トトロ
では子供たちから 笑い声が 聞こえました。

「すてきな言葉を贈り続けると、やさしい言葉が返ってくる」という 保護者の方への メッセージで 締めくくられました。


先生方の紹介
最後に、NHK朝のテレビ小説「あまちゃん」のテーマに乗って先生方が登場され、ステージ 前に並ばれて、校長先生からの ご紹介がありました。

余白関西大学初等部 先生方の紹介

ここで閉会となり、そのあと、用意されたいくつかのブースに分かれて、個別相談が 受け付けられました。


余白関西大学初等部 2014年度入試パンフレット
余白2014年度 関西大学初等部 パンフレット

※あらためて思う 関西大学初等部の「 ミューズ学習とは」
関西大学初等部の「ミューズ学習」は、冒頭の 校長先生のお話にも出てきた、設置準備室での 話し合いで生まれた「思考力の育成」という理念を、一貫して 追求して こられた結果 生まれたものです。

ミューズ学習で学ぶ 内容そのものは、国家資格が あるわけでも、検定が あるわけでも ありません。
得点を つけたり、その勉強自体を 評価したりするもの でもありません。
しかし、このミューズ学習で学んだ「考える技術」を、国語や算数など、他の教科学習上で 活用し、実際に使いこなすことで、子供たちは、頭を整理しながら 学ぶ術を 身につけていきます。
関西大学初等部での 学びの主眼は「記憶中心」ではなく、「思考中心」にあり、学ぶ側の モチベーションを高めることに 大いに役立っている と思います。

そして、生徒のみならず、教える側のモチベーションアップにも つながっているのではないでしょうか。
授業に 思考力教育を反映させる、という面では 関大初等部の先生方は 常に「挑戦」しています。

関西大学初等部の「ミューズ学習」の成果は、学んだ生徒たちが 社会に巣立ってからでなければ 実証されないものかも しれません。

しかし、その教育は、他の教育現場にも 既に 波紋を広げているのは 間違いないでしょう。
全国の 小学校でも、この思考力育成法を 取り入れるところが 出てきているようです。

金沢工業大学でも、「関大初等部式 思考力育成法」を 教科書にして、授業を行っている という お話も 伺いました。

思考力教育に対する関心は、毎年2月に公開される 研究発表会に 参加された、他校の先生方の 熱気・熱い視線を 目の当たりにすることで、実感することができます。

指導要綱には 存在しない学問を、時間をかけて じっくり習得させること、これこそが 関西大学初等部のように、一貫教育を前提とする私学 にしかできない「挑戦」であり、「私学の私学たる所以」である と 私は思います。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白余白7月14日(日)関西大学初等部 入試説明会を 開催します。


イグザム幼児教室に 関西大学初等部 田中達也教頭先生を お招きし、関西大学初等部 入試説明会を 開催します。

入試本番を間近に控えた時期に、昨年までの 状況を 踏まえながら、願書提出の 注意点、 面接・制作の 行動観察の 注意点、ペーパー問題の 注意点など、 疑問点や 不安に 思われる点を 解説して いただくとともに、質疑応答を予定しています。
少人数制の利点を活かし、例年 活発な 質疑応答が なされています。

余白関西大学初等部 田中達也教頭先生


余白イグザム幼児教室開催 関西大学初等部 入試説明会

日時:  2013年7月14日(日) 10:00
場所: イグザム幼児教室
出席: 関西大学初等部 田中達也 教頭先生
内容:
1. 講演 関西大学初等部の2014年度入試について
2. 質疑応答

※ビジターの方は電話でお申し込みください。(先着順)
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白5月7日(火) 
余白関西大学初等部 2014年度 ポスターと チラシ


5月7日(火)関西大学初等部 梅本龍多先生が イグザム幼児教室を ご訪問くださり、今年度の ポスターと チラシを お届け いただきました。

ポスターは 毎年恒例の 全学年 揃っ た 集合写真です。
今年 初めて 1年から 6年まで 全学年 揃った わけで、圧巻です。
360名 余りの 中から、40名の イグザム生の 姿を 探す のは まさに 「ウォーリーを 探せ」で、この 時期の 大きな 楽しみの 一つです。

余白関西大学初等部 2013年度 入試ポスター
余白関西大学初等部 2013年度 入試ポスター


余白関西大学初等部 2013年度 入試チラシ
余白関西大学初等部 2013年度 チラシ

パンフレットの 表紙と なる この チラシの 写真では、今年も、 イグザム生の 姿が 見られました。
開校 以来 毎年の ことで、 とても うれしく 思います。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白4月17日(水) 
余白関西大学初等部を 訪問しました。


4月17日(水)関西大学初等部に お邪魔して、田中達也 教頭先生に お話を 伺いました。

余白関大初等部 田中達也教頭先生

田中教頭先生:
新年度を 迎え、新入生たちも 学校に 慣れてきました。
今年の 新入生は 元気が いい子が 多い と いう印象です。

明日からは 6年生が 飛鳥の 関大セミナーハウスで 宿泊学習に 行きます。
今年からの 試みで 田中校長が 一緒に 行く予定です。

余白関西大学初等部 考動深化のチラシ

イグザム:
高学年ともなると、宿題が 増えてきて 結構 大変だ と いう 話を 聞きます。
やはり 中学進学での 外部受験生との ギャップを 無くす こと なのかなと 感じて いるのですが。

宿題の 出し方に ついては、特別方針が 変わった わけでは なく、従来の 延長線上で、当然 高学年とも なると 質量ともに 増えることに なります。

中学ギャップに ついては、去年までと 違い、 今年は 6年生が 揃うと いう 中で、 話し合いを 重ねています。

例えば、「ミューズ学習(思考力教育)」を やって きているが、形として、ミューズ学習で 何点取った と いう ことでは ないので、保護者の方は 算数や 国語、その他の 授業に 落とし込んで どれくらいの 成果が 上がっているのか を 知りたい と お思いの はずです。

子供たちが 中学校に 行ってから 困らないように と いう思いも もちろん あります。


トップクラスの お子さんの 実力は 大したもの だと 以前から 感じていたのですが、当然、初等部でも 学力差は 生まれてくる でしょう。

外部受験で 入ってくる 生徒たちは、入学試験で、中学入試時点で 実力の 無い お子さんは ふるい 落とされて くるわけです から、そういう意味から、内部進学生の 下位の お子さんが、目立ってしまうことに なりますね。

確かに 公立ほど では ないに せよ、初等部内でも 学力差は 存在します。
日常の1回の 授業の 中で それが カバーできれば いいのですが、正直 トップの 子どもたちと 課題の 残る 子たちの 差を 埋めると いうことは なかなか 簡単では ありません。

その学力差を 埋める ことが 大切で、家庭学習だけでなく 放課後等で 補習等できれば いいのですが、ミューズっ子 クラブも ありますので、なかなか 時間が 取りづらい 面は あるのですが、ミューズっ子の 無い 特定の 日に、 会議を 減らす などして 補習を 実施して いく 考えです。

中等部とも コミュニケーションを 大切にし、 交流授業など、進めています。
もちろん 中等部も 「優秀な 子だけを ください」 とは 言いませんし、保護者の 方から すれば 12年一貫の 7年生に なる と いう 感覚を お持ちに なって 当たり前 ですから、それに 応えるべく 最大限の 努力を していきます。


この後、昨年度の 入試問題に ついて細かく 質問させて いただきました。

お伺いした 試験の エッセンスを 問題作りに反映し、取り入れ、今後の 授業展開に さらに 活かしていきたいと 思っています。

田中教頭先生、お忙しい中 有難うございました。

余白関大初等部入試説明会開催日程のチラシ
余白4月14日(日)開催の 関西私学展で 配布されていた 説明会 日程チラシです。
余白関大初等部らしく、日程を ボーン図で 表しているのが ユニークですね。
余白詳しくは 関西大学初等部 ホームページを ご覧ください。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白4月6日(土) 
余白関西大学初等部 入学式が 行われました。


なんとか 桜も 満開のまま 残ってくれた この日に、 関西大学初等部の 2013年度 入学式が 挙行されました。

10名の 教室の 仲間たちも、新たな 一歩を 踏み出しました。

式が 終わって から、何名かの イグザム生たちが、 制服姿で 教室に かけつけて くれました。
お疲れの中、また 爆弾低気圧通過の 中、本当に 有難う ございました。

新入生余白新入生余白新入生

余白新入生余白新入生余白新入生

余白新入生余白新入生

この 真新しい 制服姿の 笑顔を 見ることが できる ことが、私たちに とって 最良の ひと時です。

余白新入生

皆様の 今後の さらなる 飛躍を お祈りいたします。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2013年 4月4日(木)
余白関西大学初等部 模擬試験を 実施しました。


4月1日(月)〜4日(木)に 開催しました イグザム幼児教室 春期講習 最終日に 関西大学初等部 模擬試験(ペーパー、親子面接、行動観察=制作・運動)を 実施しました。


余白イグザム幼児教室 関西大学模擬試験

余白関西大学初等部模擬試験問題用紙

入学受験まで 半年を 切りました。これまで 学んだ 智の パワーを 活かして、いよいよ スパートを かけて いきましょう。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白3月10日(日)
余白関西大学初等部第1回学校説明会


春らしくなってきた 3月10日(日)関西大学高槻ミューズキャンパス 5階 ホール にて 初等部の 第1回 学校説明会が 開催されました。

余白関西大学初等部高槻ミューズキャンパス



余白田中明文校長先生 挨拶

昨年は 5回の 説明会を 実施しました。
ただ、5回では なかなか 本校の 内容を 十分 ご説明するには不十分で あろうとの思いから、3月の 説明会を 実施する ことと しました。

初等部では、全校 年度末 テスト を 実施しました。
歯応えの ある、大変な テスト だった と 思います。

例えば、2年生の 国語の テストは 90分 連続でした。
それも 記号を 選ぶ ものでは なく、 記述式の 回答形式で、2年生の 児童が 大学生 並みに 90分 ほとんど 書きっぱなし と いうもの でした。

3年生 以上は 年度末テストの 他に、外部テストも 受験しています。

12年一貫 と いうと、中弛みを 心配される方も いらっしゃいますが、そのようなことは あってはならない と 考えており、気楽に 中高まで 進める とは 思わないように 刺激を 与えています。

現在312名の 生徒が 在籍しており、この春 新1年生の 入学が あって 初めて 1年生から 6年生までの 全学年が 揃い、小学校と して 整うことに なります。
ですから この 説明会に 参加された 年長受験生の 方々は、6年生が 卒業し、初等部 と して 2サイクル目の 1期生 と いうことになります。

本校では、勉強以外に、ぜひ身につけてもらいたい事柄を「がんばりましょうカード」につけるという教育を 夏休み前、冬休み前、春休み前と 年3回 実施しています。
これは、「元気に挨拶できましたか」など、挨拶や 「ありがとう」、「嘘を つかなかったか」 など、生活する 上での 基本に ついて 子供たちが 自分で 評価し、校長に 提出する ものです。私が 子供たちの 書いた カードを 見て、 コメントを つけて 返却しています。

小学校時代は 人格形成の 場と して、その 基礎を つくる 大事な 時期です。
大河ドラマ「八重の桜」にも 出てくる 「会津 十の 教育 」「ならぬものは なりませぬ」などと 通じる ものが あるかも しれません。

体力づくりも 大事に しています。年度末の この 時期は、耐寒マラソン ”Fun Run”を 淀川 河川敷で 実施しています。

また、 関西大学初等部では 学校関係者、外部委員で構成された 評価委員会による 学校評価報告を 毎年オープンに しています。
全学年併せて98%の保護者の方が満足していると答えてくださいました。


これからの 説明会で 本校を つぶさに 見ていただいて、お子様方に ぜひ、本校に おいでいただきたい と 考えています。

参考:学校評価報告書

余白H24年度 教育活動報告 田中達也 教頭先生




余白関西大学初等部高槻ミューズキャンパス

「確かな 学力」、「情感豊かな 心」、「健やかな 体」の3つに 加え、関西大学 建学時 からの 理念 である「国際理解力」、 本校では この 4つの 力の 視点から 子供たちを 育てて いこう と 考えています。
最終的に、「高い 人間力」を 身に つけさせる こと こそが 目標です。


思考力教育の 取り組み

思考スキルの 習得と 活用する力を 育む ミューズ学習を 行っています。
図書室 はてな館で ミューズ学習を 進めています。
「めざせ、考える達人」を合言葉に、思考スキルとして6つのツールを使って思考する方法を学習しています。
これは「 考える 引き出しづくり」 と 言え、「考えることを 考える」 と いうことであり、ミューズ学習 そのものが ゴールでは なく、国語、算数、生活科、総合的な 学習など 各教科で、 さらには、学校生活の 様々な 局面で、課題解決の スキルと して 実践して いける ように 学んで います。

読書教育や ICT教育と 連動

本校の 子供たちは 本当に 本が 大好きです。
また、そう させるように 育てて います。
例えば 5年生で 4月から 秋の 時点で、6万ページを 読破した 子供が います。
小学校時代は 「どんな 本を 読むか」も 大切ですが、 まず、「 読書量を いかに 増やすか」が 大事です。
読書は、単に「新しい 世界に 触れる」と いう こと のみならず、いろんな 「語彙」や、「言い回し」を 覚える ことが でき、思考力育成にも 役立つ ものです。
また、本校の 特色の 1つでも あります ICT教育の 一環として、 コンピューターや 全教室に 設置された 電子黒板を 活用し、思考力教育に つなげて います。

一例を 紹介しますと、1年生では 国語の 時間に カードゲームを 使った「 仲間分け」を しました。
このカードは、「くだもの」「みかん」「りんご」・・・、「どうぶつ」と「ライオン」など、上位概念と 下位概念が 混ざって 提示されます。
これらを どう 仲間分け すれば いいのか 知恵を 絞って 分類して いきます。
問題に よっては ベン図を 使うことを 学んで いきます。

5年生とも なると 自分で Yチャート、Xチャート、ピラミッドチャートなど、様々な ツールを 使い分けます。
一人ひとり 得意と する まとめ方が できたりも しています。


ルール・マナーを 守れる 子に

次に 心の 面に ついて ですが、開校初年度に 比較しますと、挨拶や マナーは 随分 向上しています。
ただ、生活習慣、挨拶、ルール・マナーに ついては、学校でも 指導しますが、ぜひ ご家庭でも 入学前に 「しつけ」と して 取り組んで 頂きたい と 思います。

健やかな 体づくり

昨年度の 行事を ひとつずつ、写真を 見ながら ご紹介 くださいました。
子供たちの頑張っている顔や、 屈託の ない 笑顔が 心に 残ります。


昨年度の 入試を 振り返って

面接での 注意点などの お話の 後、面接会場や 考査会場、机配置などが わかる 写真を 見せていただきました。
関西大学初等部と しては 異例とも いえる、出題された 中から、いくつかの 例題を 画面上で 示しながら ご説明 くださいました。
国語的分野では @ききとり Aしりとり・・・など、各分野での 出題内容が 開示されました。
参加された 方には とても 参考に なる 内容 だったと 思います。

入試日程が 発表されました。

関西大学初等部 2014年度 入試日程


 8月26日(月) 〜願書受付
 9月28日(土)〜10月11日(金) 親子面接
10月15日(火) 考査
10月16日(水) 行動観察
10月18日(金) 合格発表



「考える子を 育てる」と いうこと


イグザム幼児教室では 関西大学初等部の 開校前から これまで、 ずっと お話を 伺ってきました。
一貫して おっしゃって きたのが、「考える子を 育てる」 と いうことでした。

この 決して ブレない 姿勢が、関西大学初等部の 大きな 特徴です。
それは、関西大学初等部に しかない、ミューズ学習(=最先端の 論理学の 授業)と いう形になって 表されて います。

生徒たちは、ベン図(複数の 集合の関係や、集合の 範囲を 視覚的に 図式化したもの)、フィッシュボーン図(特性要因図)、ピラミッドチャート図、コンセプト・マップ(概念地図)、など、頭の 中に ある 概念を 視覚的に 捉えるための 手法を 駆使して、考えを まとめ上げる 術を 学んでいます。
それは、先日 開催された 研究発表会の 公開授業で 披露された、高度な 授業内容 と なって 私たちを 驚かせました。

ご挨拶での 校長先生の 自信 溢れる お言葉からは、これまで 培ってきたことの 結実を 確信されたように 感じました。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2月02日(土)
余白関西大学初等部 研究発表会


2月2日(土)、関西大学初等部の 第3回 研究発表会に ご招待いただき、 参加して まいりました。
開始時刻は あいにくの 雨でしたが、全国から 沢山の 先生方、そして 入学を 希望される ご父兄の 方々で、会場と なった アリーナは、熱気を 帯びていました。


余白関西大学初等部高槻ミューズキャンパス

当日は 撮影が 禁止されて いましたので、関西大学初等部の ご厚意により、学校が 撮影された 写真の ご提供を 頂きました。

余白第3回研究発表会冊子余白


アリーナ・フロアで 展開された 白熱教室

公開授業の オープニングは、アリーナに 組まれた 仮想教室で 展開された、現在の 最高学年で ある、5年 2組の 、ミューズ学習 題材名 「misshon :提案を 導き出す時に、どのような 頭の 使い方を したか に ついて 友達に 説明せよ」 と いうものでした。

こういった 目に 見えぬ 頭の 中の 思考回路を 子供たちの 手に よって 可視化する と いう 試みは 非常に 興味深い もの でした。
これまでに 修得した 6つの 技(思考ツール)を 活用しながら、それぞれの 発表テーマを まとめる 様子が 目の 前で 展開されました。
そして、発表するのは 研究テーマ そのもの では なく、答えを 導き出すための「考える 過程」を わかりやすく 説明する と いうものでした。

余白関西大学初等部 公開授業の様子
余白 (写真提供:関西大学初等部)

ステージ ではなく、 大勢の 観客から 見下ろされる フロアに 組まれた 仮想教室で、しかも周りには 研究会に 出席された 先生方が メモを 片手に 何重にも 取り囲まれた 状態です。
中には、7、8人の 先生が 覆い被さるように 見られている 生徒の 姿も ありました。
そんな 中で、 生徒たちは、 何事も ないように おそらく 普段通りで あろう と 思われるほど 自然に 授業を 展開して いきます。
ハンデイ・カメラで 写す リアルタイムの 映像が 大きな スクリーンに 映し 出されます。

余白関西大学初等部 公開授業の様子余白 余白 (写真提供:関西大学初等部)

考えるチカラ

関西大学初等部の 生徒たちは、人前で 自分の 意見を 述べることに 躊躇しません。
そして、言いっぱなし ではなく、人の 意見も 実に よく 聞いている 事が わかります。
単なる 批判でなく、 うまく アドバイスを 加える ことが できる 生徒が 多いこと、 他人の 意見を 自分の 思考の 中に 一旦 取り込んで、冷静な 判断の 上 アウトプットする 術を 身に つけている ことに 感心 しました。
話を 聞いて いると、しばしば、 彼らが まだ 5年生で あることを 忘れて しまいそうです。

もちろん 全員が こうした 環境下で、完璧な 意見を 語れる と いうわけでは ありません。
しかし、 大人が 感嘆する ような 意見を 述べる 生徒の 数が 驚くほど 多いことは 紛れの 無い 事実 だと 思います。

最後に 行われた ルーブリック 評価の 時間に、ある 生徒が、うまく いかなかった 点を
「友達と 説明 し合う ところで、お互い 質問を 出し合う うちに、考え方 で なく、テーマの 内容に ついての 議論に 時間を 取られて しまったところです。」
と、冷静に 自分たちの ミスを 見つけて 分析し、素直に 反省の 言葉を 発していたのが 印象的でした。

余白関西大学初等部 公開授業の様子
余白5年 総合的な学習の時間 (写真提供:関西大学初等部)

大人でも 自分の 頭の 中を 整理して 相手に 理解 できる ように うまく 話す ことが できないことが しばしば ある ことを 考えれば、小学5年生の この、 クラス 全体の 能力の 高さは 特筆もので あると 言う 他 ありません。

最高学年を この 3年 見てきて、知性の 熟成が、その 表情を 精悍で 引きしまった ものに することが わかります。
みんな 知的で 活き活き した 表情に なりました。
それは、大人びている と いうのとは 少し 違って、「凛々しい 子供」の 顔です。

関西大学初等部が 開校当初から 大きな 柱に 据えてきた 「考える力を 伸ばす 教育」は、確実に 成果を 積み 重ねて きている 事を 実感しました。

余白関西大学初等部 公開授業の様子
余白 (写真提供:関西大学初等部)

他の どの 学校とも 明確に 異なる、 関西大学初等部 独自の 空間が 広がって いました。
そして その 独自性は 益々 磨きが かかり、 他の 追随を 許さない 域に 達しつつ ある と 感じます。


このあと、1年生から 5年生まで、それぞれの 教室で 行われている 実際の 各 教科の 授業を 見せていただきました。

余白関西大学初等部 公開授業の様子
余白 4年 算数授業 (写真提供:関西大学初等部)
※古本温久 先生の 算数授業は 希望者 多数の ため、西館の 大学の 教室を 使って 行われました。
このように 「名物先生」が 大勢 いらっしゃって、他の 学校の 先生方が「是非 見てみたい」と 鈴なりに なる 授業が あることが、関西大学初等部の 難しい 取り組みを 可能に する 大きな 原動力だと 思います。

どの 授業も 先生から 生徒への 一方的な 授業 では なく、生徒たちが 自在に シンキング・ツールを 使って 考え、自分の 言葉で 発言する、 自由で 活発な 授業です。

余白関西大学初等部 公開授業の様子
余白ミューズ・総合協議会 (写真提供:関西大学初等部)

とにかく 見学者の 数が 多いので、途中から では、中に 入れない 状態で、はしごして 沢山の 授業を 見る ことが 難しい 状況でしたが、子供たちの 活発な 意見交換の 様子は、どの 教室からも 聞こえてきました。
イグザム生たちも 活発に 手を上げ、発言 していました。



学問の 本質を 知る 関西大学 初等部生

小学校で 学ぶ、漢字や、慣用句、そして 英単語、理科的知識や 社会的知識、算数の 公式,etc. その 全てが、 実は、「考える ための 道具」で あることを 関大初等部の 生徒たちは とても よく 知っています。

だから「何の ために 勉強しなければ いけないの?」と いう、一般に よく ある 疑問は、 彼らには 存在 しないのです。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 関西大学初等部は 思考力育成教育の 過程、自らの 知見を 惜しみなく オープンに 見せてくれました。

それは、 一見すると、非常に 気前の 良い、大盤振舞いに 思えます。

しかし、 少し うがった 見方を すれば、「あなたたちの 学校で 統一 テーマに、学校全体で ここまで 取り組む ことが できますか。」と いう 問題提起 とも 取れる のでは ないでしょか。

全国から 参加された 先生方が、自校に 持ち帰り、同じことを しようと すれば、おそらく 越え難い、多くの 障害が あることを 実感する でしょう。
そして、そういう意味で 教える 側の 視点から、 この 教育環境に、 ある種 羨ましさを 感じる人も いらっしゃるでしょう。


生徒数を 欲張らず、 敢えて 関関同立の中で 最小の 2クラス 64名 体制を 堅持している 事が、先生方と 生徒の 高い 資質を 維持することに 繋がって いるのは 間違いない でしょう。

そして この 研究発表会は、将来の 初等部を 担う 情熱ある 先生方の 掘り起こし にも 実は 一役 買って いるのでは、と 感じました。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 関西大学初等部は、「入学すれば 後は 楽に 大学まで」と いう 甘い 考えで 入学させるには 向いて いません。
当然ながら 私立小学校には カラーが あります。
お子さんに 向いているか どうかを まず 考えましょう。
初等部の 2年生以降は 宿題の 量も どんどん 増えていきます。 
初等部では 公立よりも ずっと 勉強させられます。
初等部の 生徒さんは 勉強好きの お子さんが 公立より ずっと 多いです。
初等部の 生徒さんは 好奇心旺盛です。 
初等部の 生徒さんは 多くが 口達者で 積極的です。

カラーが 合えば、とても 魅力的な 学校です。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白1月30日(水)
余白イグザム幼児教室 関西大学初等部 模擬試験を 実施します。

 下記日程で 関関同立受験クラスの 春期講習を 開催致します。
最終日には 関大初等部模擬試験を 実施する予定です。奮って ご参加ください。

余白
春期講習

日時: 4月1日(月)〜4月4日(木)の 4日間
     10:10〜12:00 
    講習時間: 1時間50分

内容: 入試の ポイントと なる 項目を 集中的に 学習します。
ペーパー、制作、運動
最終日には、平成25年度 入試問題を基に 関西大学初等部 模擬試験を 実施いたします。
ご準備いただくもの(クーピー、のり、ハサミ、上履き 体操できる服装)

費用: 塾生     25,000円 
    ビジター   27,000円
 
お申込み締切日: 3月23日(土)

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白1月20日(木)
余白関西大学初等部 2013年度 転・編入学募集

関西大学初等部で、4月からの 新4年生、新5年生 対象に 編入試験が 実施されます。
詳しくは 関西大学初等部HPを ご参照ください。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白
12月20日(木)
余白関西大学初等部 第3回研究発表会・学校説明会案内チラシ

関西大学初等部より、 2013年 2月2日(土)に 開催される 第3回研究発表会と、 3月10日(日)に 開催される 学校説明会の 案内チラシが 届けられました。

余白関西大学初等部 研究発表会ポスター


これまで 第1回、第2回と 見させて 頂きました。 全国から 教育関係者を 集めて、関西大学初等部の 看板とも 言える、考えるための「ミューズ学習」 を中心に、 関西大学 初等部の 教育とは 何か を 隠すことなく 公開して いらっしゃいます。

これまで イグザム幼児教室から 関西大学を 受験された 保護者の 方々の ほとんどが 「なぜ 関西大学初等部で なければ ならないのか」という、志望動機を 決定づけられた のが この 公開授業で あったようです。

教える 先生も 大変でしょうが、生徒たちが、見られることを 意識せず、平常心を 保って 明るく 元気に、 授業に 参加している 姿には 感心しました。

 毎年、このように 大々的に 外に 向けての 研究テーマの 発表を 行っていることが、先生方の、高いモチベーションを 維持して アグレッシブに 教育に 取り組むことの 原動力に なっているのでしょう。

関西大学初等部の 受験を 考えて いらっしゃる 保護者の 方は、 ぜひ 参加される ことを、強く お勧め いたします。

いずれも 関西大学初等部 ホームページからの 申込みに なります。

研究発表会の 受付は 既に 始まっています。
申込ページ への リンクは こちら
学校説明会は 1か月前から 申込受付が 開始されます。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白11月23日(金)
余白関西大学初等部 文化祭が 開催されました

1年生から 5年生までが 日ごろの 学びの 成果を 発揮する 文化祭が 開催されました。

余白関西大学初等部文化祭余白関西大学初等部文化祭

オープニングセレモニーは、児童に よる 運営委員の 挨拶、田中明文 校長先生の 挨拶の あと、
4、5年生に よる 関西大学初等部 愛唱歌の 合唱から スタートしました。

関西大学初等部文化祭

アリーナで 実施された ステージは、合唱、劇など、学年ごとの 発表でした。
いずれの 舞台も、今の 関西大学初等部の 勢いを 感じさせる、 溌剌と したものでした。

余白関西大学初等部文化祭
余白4年生 合唱  「ひびかそう 心と 心の ハーモニー」

余白関西大学初等部文化祭
余白3年生 劇  「ちいちゃんが いた 夏 〜いのちの ぬくもり〜」

余白関西大学初等部文化祭
余白1年生  音楽劇  「のはらむら IN しょとうぶ」

余白関西大学初等部文化祭
余白英語クラブ 英語での 手品など

余白関西大学初等部文化祭
余白2年生 音楽劇 「スイミー」


余白関西大学初等部文化祭
余白5年生 オペレッタ「64ひきの ねこ」

余白関西大学初等部文化祭
余白5年生の 演目は、それぞれの 生徒が フィーチャー された パートを 持つ、
余白30分にも 及ぶ、力演でした。

余白関西大学初等部文化祭
余白ミューズっ子 日舞、ダンス
余白教室では 初等部生の 作品が 展示されて いました。

余白関西大学初等部文化祭

余白関西大学初等部文化祭

余白関西大学初等部絵画展示

余白関西大学初等部文化祭



余白関西大学初等部文化祭

余白関西大学初等部文化祭

余白関西大学初等部文化祭

余白関西大学初等部文化祭


余白関西大学初等部文化祭

余白関西大学初等部文化祭
余白3年生以上は 「総合的な 学習の 時間」 で 研究した テーマに ついての
余白教室発表が ありました。

余白3年生 「カンボジアアプロジェクト」
余白4年生 「オーストラリアプロジェクト」
余白5年生 「ニランジャナ応援プロジェクト」


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白10月30日(火)
余白関西大学初等部 特集記事が 掲載されていました

週刊ダイアモンド(11月3日号)で 関西大学初等部の 特集記事が 掲載されて いたので ご紹介します。
関西大学初等部の 特色で あり、魅力で ある ミューズ学習や、ICT教育に 関する 記事が 掲載されています。

余白週刊ダイアモンド 関西大学特集記事余白週刊ダイアモンド 関西大学特集記事
余白週刊ダイアモンド 11月3日号

気に なる 週刊ダイアモンドの データ集計
ただ、続く「学費ランキング」の 記事では、関西大学初等部が 初年度262万円と して、学費の 高い 学校の、全国 1位に ランキング されています。
これを 見ると、 立命館小学校、関西学院初等部、同志社小学校より 100万円以上 学費が 高い と いうことに なっています。


余白週刊ダイアモンド 関西大学特集記事

しかし、よく見てみると、関西大学をはじめとする一部の小学校に 関しては、 他と違い、初年度費用の 中に1年分の 授業料が 2重に 計算されています。

誤った 情報発信が 学校の イメージを 傷つけることに
前の 関西大学初等部 特集記事で「いい学校」という イメージを 持った 読者も、続いて これを 見て「いい学校 だけれども 飛び抜けて 学費の 高い 学校で ある」と いう 誤った イメージを 持って しまいそうです。

学費ランキングと 銘打って 特集するからには、週刊ダイアモンド側は もう少し 慎重に 内容を 確認する 必要が あったのでは ないでしょうか。

読者に 与える イメージから 考えると、随分 雑な 取材記事で あったと 言わざるを 得ません。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白10月28日(日)
余白関西大学初等部 田中達也 教頭先生に お越しいただき、
余白2013年度 入試報告会を 開催しました。

余白田中達也 関西大学初等部 教頭先生
今年の 入試も、終わったばかり ですが、関西大学より、田中達也 教頭先生に お越しいただき、2013年度の 入試の ポイントに ついて、入試報告会の 形で お話を 頂きました。
内容の 一部を ご紹介します。

関大初等部は、立地の 良さから、滋賀、京都、大阪、兵庫を中心に 愛知、東京からも 受験されています。
 その中でも 今年 特徴的な 点の 1つ と して、兵庫県からの 受験者が 増加した ことを 挙げられました。

余白田中達也 関西大学初等部 教頭先生

親子面接について

昨年と 同様、 保護者4分、お子さん 8分を 目安に 面接が 実施されました。
保護者の 方に 対しては 難しい 質問は なかったようで、例年 通りの 質問内容でした。
親子面接の 目的は お子さんを 知ることに ポイントが 絞られていたようで、「自分の言葉で伝えること」「他者への 関心・関わり方」を 中心に、やや 掘り下げて 質問が なされたようです。


イグザム幼児教室で 実施している 入試アンケートに よれば、本年度受験で 面接を 受けた 保護者の方は、 皆さん 口を 揃えて、 「校長先生も 教頭先生も とても 丁寧に 優しく 聞いてくださいました」 と、関西大学初等部の 面接に 関しては、総じて 好印象を 持たれたようでした。


ペーパー試験に ついて
言語分野では、ききとり、しりとりなど、算数分野では 図形、位置関係、重さ比べ、長さ比べ など、常識分野では 食べ物、スポーツ、生活、植物、動物、宇宙などに ついて 出題されました。
やや 正解率が 低かったのが、算数分野の シーソーの 問題だった ようです。


イグザム幼児教室では 毎年、ペーパー試験当日に、受験生が 教室に お立ち寄りくださり、聞き取りを 実施しています。
今年は ベン図の 形式など、出題形式も、多彩でした( ベン図に ついては、今年の イグザム受験生は、練習した 形と ほぼ 同じ 問題が 出題されましたので、ラッキーでした )。
イグザム幼児教室では、11月から 開講する 関関同立受験クラスでは、早速 ペーパー問題に 今年の 出題 を 反映し、万全の 態勢で 臨んで まいります。


行動観察に ついて
制作:
今年の 初等部の 入試で 特筆すべきは、行動観察の 制作が、ものを 作るのでは なく、「きれいな お家を 作ろう」と いうことで、グループで 掃除する と いう 内容だった こと でした。
最初に 注意点を 説明する 指示行動で、パーテーションで 仕切られた 3つの 部屋の 掃除をするものでした。
玄関では スリッパが 散らかっている、居間では、イスが ひっくり返っていたり、机に クレパスの 落書きが あったり、ゴミが 散らかっていたりして、続く 子供部屋では スモックと 絵本が 散乱している と いう状態でした。
グループで 相談して、掃除をします。
雑巾を 絞って机を 拭いたり、片づけを するよう 指示が ありました。

この テストでは、特に 男の子に 差が 出たようです。

この 行動観察テストの 方法は、素の お子さんの 姿が 出やすく、来年度 以降、他校へも 広がるのでは ないか と 思います。
大切なのは「テストに 出るから 練習する」のでは なく、普段から いろんなこと を 経験させて 、日常生活で「 当たり前の ことが 当たり前に できるように しておく こと」 で、説明会でも 何度も 語られてきたことです。

関大初等部は「お利口さん」の 揃った 学校では ありません。
関大の 伝統とも 言える「バンカラ」を 引き継いだ 校風を 感じます。
本当の 意味での「生活力」が 備わった お子さんが 求められている のだ と いうことを 頭に 入れておきましょう。


運動:
今年は、「前転」、「ケンパ」、「平均台」、「ボールつき」、「アザラシ歩き」を 繰り返し 行う サーキット運動でした。
ここでも 基本的な 運動能力だけで なく、いくつか 出された 指示が きちん と 守れて いるか どうかも ほぼ マンツーマンに 近い 数の 先生方で じっくり 見られていた ようです。

例えば、このサーキットコースでは、「ボールつき」の ゾーンで 渋滞が 生じる ことを、ある 程度 見越して 設定されていて、最初の 指示「順番抜かしを しては いけません」が、守れるか どうか、トラブルを 起こさないか、等が 見られた と いうことでした。

余白学校説明会


田中教頭先生に おかれましては、ご多忙中にも 関わらず、教室まで お越し下さり、熱心な お話を お聞かせいただきまして 誠に ありがとうございました。


年中の 皆さんも、入試まで あと 1年を 切りました。
長いようで あっと いう 間の 1年に なります。
ギリギリに なって 慌てない ためにも、 計画的に 準備を 進めて いきましょう。

今から 勉強として やって おくことは、 と 言えば 何よりも 本の 読み聞かせ でしょう。
言葉の シャワーを 沢山 浴びさせることで、理解力や 語彙力を 自然と 身に つけることが 望ましい 形です。



2月の第1土曜日には、今年も 研究発表会が 開催されます。
初等部の 白熱した 生の 授業に 触れる 絶好の チャンスですから お見逃しなく!
今年は 現年中・年少生 保護者を 対象に 新オープン形式で 参観が 可能に なるようです。
予定日が 近づいてきたら HPを チェックして おきましょう。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白10月13日(土)
余白関西大学初等部 合格発表が ありました。

余白関西大学初等部合格発表

今年の 入試も、いよいよ 結果が でました。
合格された 皆さん おめでとうございます。
( 合格実績ページへ)

今回 残念な 結果と なった 皆さんも、実力的には とても 優秀な お子さん ばかりです。
当日の コンディションや、問題との 相性など、紙一重で 明暗が 分かれたように 思います。

昨年までなら 合格できたで あろう レベルの お子さんが 数多く 無念の 涙を 飲みました。
「合格できるのが 男女 合わせて 60名」で あるだけに、人気が 高まれば すぐに 合格ラインが 上がってしまいます。
今年の 合格ラインが かなり 高いものに なり、 関西では 「 超難関校」と なったことを 痛感しています。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白10月8日(月)
余白関西大学初等部 入学試験

本年度の 受験で、イグザム幼児教室に とっては 最大の ヤマ場 と なる 関西大学初等部の 試験が 始まりました。

余白関西大学初等部入学試験

イグザム幼児教室からは 14名が 受験 されています。
8日(月)ペーパー試験、9日(火)行動観察試験と、2日間 実施されます。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白7月29日(日)
余白イグザム幼児教室主催
余白関西大学初等部 入試説明会


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 第2回 入試説明会i から 1週間を経た、7月29日(日)、田中達也 教頭先生に お越しいただき、イグザム幼児教室での 関西大学初等部の 入試説明会を 開催しました。

余白田中達也 関西大学初等部 教頭先生
余白田中達也 教頭先生

1年生の 学校生活について

まず最初に、画像を 見ながら 4月からの 1年生の 学校生活を 中心に お話したい と 思います。
ミューズタウンの 整備も 進み、今年からは 西門から 登校するように なりました。通学路に 緑地公園が できるなど、ようやく 環境が 整ってきました。

朝は 挨拶から スタートします。
高学年の ボランティア が 校長先生と 並んで、挨拶を しています。
担任は 教室で待っていて、挨拶をします。
挨拶を する 習慣を 身に つけさせていきます。
登校した 子供たちは、朝の 授業の 準備を した 後、大体は 図書室に 向かいます。

8時半から スタートする 朝の モジュールタイムでは、ネイティブの 教師に よる 入門期の 英語を 毎日 15分 学んでいます。
モジュールタイムは 5時間目 終了後 にも あり、1年生の 場合は 主に「読み聞かせ」を 行っています。

1年生は 基本的に 1週間 全て 5時間授業に なっています。
時間割を ご覧 いただければ わかる の ですが、入門期の 国語は 大切に しています。
書写を含めますと、1週間に 9時間の 授業が あります。

最初は、 もちろん 「字を 丁寧に 書きましょう」、「 姿勢を 正しく 書きましょう」、「鉛筆は こう 持ちましょう」、 と いう 入門期の 指導から 入って いきます。

それに加えて、 関西大学初等部では、 論理的思考力を 1年生から 育てて いくために、朝の 時間や 国語の 時間に スピーチを 行わせる ことが あります。
これは、 ただ やみくもに 話せば いい と いうことでは なく、 「僕は こう 思います。 なぜなら、こう だからです、こういうことがあったからです。」 と いった、ある 程度 モデルを 示して、 構文を 教えています。

少し 難しいな、と いうことも、モデルを 示して 子供たちに 論理的思考を 学ばせています。


算数でも、足し算や 引き算など、入学前から 身に つけている 生徒さんも 多く、わが校の 生徒たちは 難しいものを 好んで 学びたがる 傾向が 強い と 思います。

単純に 計算を させるのではなく、例えば 等号、不等号など、1年生から 教えています。
これは、不等号を 知ることで、より等号(=)の 理解が 鮮明に なる と いう 考えに 基づいて います。


あるいは、「何々は 何々より 大きいです」 と いうのを 逆に 言う と どうなるか、と いう 逆思考で あったり、「何々は 何々より 重い、何々は 何々より 重い、一番重いのは・・・」 と いった 三段論法を 教えたりして、 論理的思考を 磨く ことに 力を 入れています。

こういう お話を すると、 事前に 頂いていた 質問にも ありましたが、「足し算、引き算」、あるいは「英会話」 など、 入学前に ある程度 勉強して おかなければ ならないのか、 と 不安に 感じて いらっしゃる方も あるようですが、その 必要は 全く ありません。
初等部で 責任を 持って 一から 教えて いきます。


それよりも、最近 気に なっている 事は と いえば、字を きれいに 書く と いう 点では、 全く 受験勉強を 経ずに 幼稚園、保育園から 公立小学校に 入学する お子さん と 比較すると、受験勉強を してきた お子さんの 中には、 誤った ペンの 持ち方で 長く 書いて きた せいか、 その 矯正に 普通より 時間が かかる お子さんが かなり います。

持ち方が 間違っていると、適正な 筆圧が かけられず、 きれいな 字を 書くことも できません。

ペンの 持ち方に ついては、 初めから 正しい 持ち方を ご家庭で しっかり 身に つけて 入学して きて いただきたい と 思います。


また、第2回の 入試説明会で、3年生の 担任教師から 話のあった、偏食の 問題です。

一概には 言えないのですが、 好き嫌いの ある お子さんは、計算ドリルや、漢字ドリルなど、 ある種 我慢を 必要とする 反復練習を 苦手と する 傾向が 見られる ことは 事実です。

これから 入学までに、 ご家庭で、嫌いな ものを 避けて 通るのではなく、 我慢して でも 食べる と いう 習慣を しっかり つけて いただきたい と 思います。


余白田中達也 関西大学初等部 教頭先生

入試について

入試問題の 解説では、参加者に お配りした、 イグザム幼児教室で 作成した 2012年 度 入試問題の 冊子を 見ながら、具体的な 試験内容や 注意点等を 丁寧に 解説頂きました。


余白入試説明会

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート  関西大学初等部の 開校以来、毎年 教室での 説明会を 開催させて いただいて きました。
参加された 皆さんは、これまでの ミューズキャンパスで 開催された 説明会にも 参加されてきた方が ほとんどです。
 
学校開催の 説明会と 重複する 内容を どれだけ 排して、有益な 説明会に するか が、教室に とっても 重要な 課題に なりつつ あります。

ポイントは やはり、 質疑応答の 内容に かかってくるか と 考えて います。
狭い 教室に お越し いただいて の 説明会ですから、当然 相互の 距離も 短く、質問の 出やすい 雰囲気に あるのは 間違いありません。

部分点の 考え方に ついての 質疑応答では、クーピーの 色違いは、たとえ、答え そのものが正しい ものに マーク されていた と しても、部分点は 与えられない と いうことは、十分 注意する 必要が あります。

この 点は 夏期講習でも 重点的に 取り組んだ 事項ですから、ご父兄の 方にも 改めて その 重要性を 認識して いただけたのでは と 思います。


入試内容の 問題を 教えて いただくことは もちろん ありませんが、例えば、学校主催の 説明会で 公開された 写真から、 「随分 遠い」と 感じた、面接時の 面接官との 距離感に ついてや、同じく 画面で 紹介された 黄色の クーピーを 使う 場面に ついてなど、 これまでの ミューズキャンパスでの 説明会で 感じた 疑問点や、 さらに 掘り下げて お聞きしたい 内容などを お聞きすることが できました。

この他にも、具体的 かつ、活発な 質問が たくさん 出され、一つ ひとつ 丁寧に お答え くださいました。


保護者の 方々の 熱意と、問題意識の 持ち方は イグザム幼児教室の ひとつの 特徴に なりつつあるのでは と 感じました。

少人数制の 教室 ならでは の 特色が 反映された 説明会に なっていたのでは と 自負しています。


余白関西大学中等部余白関西大学高等部

最後に、 事前に お届け いただいた 中等部、高等部の パンフレットを 見ながら、中高への 接続に ついて お話を 頂きました。
参加された ご父兄も、中高の パンレットは 初めて 目に する方が 多く、 一貫校 と しての 関西大学 高槻ミューズキャンパスの 全体像を イメージ できたのでは ないでしょうか。

ご多忙の中、教室まで お越し下さり、内容の 濃い 説明を してくださった、田中教頭先生、本当に 有難うございました。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2012年 7月22日(日) 
余白関西大学初等部 第2回 入試説明会

余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 梅雨も ようやく 明け、こんどは 雨傘では なく 日傘が 欲しい 晴天に 恵まれました。
梅本龍多先生の 司会で 第2回 入試説明会は 定刻通り 開催されました。


会場と なった アリーナに 入ると すぐに、並べられた 子供用の 机と 椅子が 目に 飛び込んできました。
机の 右上には、トレーが 置かれ、そこには、五色の クーピーが 並んでいます。
また、机の 左上には アイスクリームの 絵の カードが 貼り付けられていました。

そう、ペーパー試験 実施の 際の、 机と 椅子の 現物が 展示されて いたのです。

余白

子供たちは 座って その 感触を 確かめることが できました。

余白
余白梅本龍多 先生

冒頭は、前回、前々回に 続き、塩谷先生の この1冊、三宅先生の ご家庭で できる ミューズ学習「仲間分け ごっこを しよう」です。
新シリーズと して 生活科の「山中先生の みつけよう」も 始まります。


塩谷先生の この1冊 
その3:「にゃーご」 宮西達也 絵/文
とても 大きな 絵本です。

三宅先生の 「仲間分け ごっこを しよう」
番外編:取り組み報告 
 新たに ミューズ学習を 始めたい と いう、ほかの 学校の 生徒たちの ために、5年生が 解説書 作りに 励む 様子が 紹介されました。

山中先生の 「見つけよう」
その1:  アオスジアゲハを 見つけよう。
 第1回 入試説明会の 講演で じっくり 見た 楠木を 探して、本物の アオスジアゲハを 見つけよう。


続いては、 恒例の 梅本先生の、 初等部を モチーフにした 映像作品 鑑賞です。
今回は GReeeenの  ” いつまでも ” と いう 曲に 乗せて、7月2日と いう 1日を 切り取って、 「幸せの 形」と いう タイトルが つけられた、 初等部の 小学校生活を 紹介する ものでした。
いつも ながらに、子供たちの キラキラ 輝く 瞳が 見事に とらえられていました。


田中明文 校長先生 挨拶

雨模様の 日が 多かった 説明会ですが、第2回 と なる 今日は 晴天と なり、ホッと しています。
今日は、これまで 紹介しきれなかった ことに ついて いくつか お話を していきたい と 思います。
思考力育成教育を 前面に 押し出して お話してきましたが、 当然 それだけでは ありません。

まずは、関西大学初等部の シラバスに ついて お話します。
シラバスと いうのは ご家庭に 対し お届けする 1年間の 授業計画書です。
1年生から 5年生まで 、具体的な 授業計画を 作って 4月までに 各ご家庭に お届けしています。

これは、どういう 教育を していくか と いう ひとつの 契約です。

5年生では、中学との 引き継ぎを 考え、中学での 内容を 盛り込んだ シラバスを 作成しています。


2点目として、お話したいのが、学校評価報告書に ついて です。
関西大学初等部では、学校評価報告書を 作成、公表して います。

これは 教師側が 考えている ことに 対し、ご家庭が どのように 評価しているかを 示したものです。


余白
余白田中明文校長先生


3点目は、私と 全校生徒との キャッチボールに ついて お話します。
全生徒と 私の 間で、「がんばりましょう」 と いう チェックシートの やり取りを しています。
項目は 次の 通りです。
@ 毎日 元気 よく 過ごせましたか
A 笑顔で挨拶が できましたか
B「ありがとう」の 気持ちを 伝えることが できましたか
C「ごめんなさい」の 気持ちを 伝えることが できましたか
D 勉強を がんばりましたか
E 運動を がんばりましたか
F 弱い者 いじめを しませんでしたか。
G 交通ルールや マナーを 守ることが できましたか
H 掃除や 整理整頓など 身の 回りを きれいに できましたか。
I 家の人や 友だち、先生など 周りの 人に うそを つきませんでしたか。

1年生は ためらい なく 全部 マルを つける お子さんが 多いのですが、 学年が 上がるに つれて、最後の 項目だけ、 一旦 つけた マル を消して バツを 書いたり、 そこだけ 小さな マルだったりと、子供の 心の 動きが よく見えます。


最後に 私の 好きな 言葉を ご紹介します。

「心が 変われば 行動が 変わる」
「行動が 変われば 習慣が 変わる」
「習慣が 変わったら 人格が 変わる」
「人格が 変われば 運命が 変わる」


ぜひ、皆様方の お子さんを 関西大学初等部に お預けください。

子供たちが、この 大変な 世の中を 自分たちの 力で 切り拓いていく、そして 世界に チャレンジする、そんな 人間に 育てて まいります.
皆さんの お子さんが 入学する時には、本校は1年生から 6年生までが 揃うことになります。
関西大学初等部に とって 節目の 年の 新入生に なります。
お待ちしています 。
よろしく お願いします。





小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート  次に 関西大学初等部の 教育実践に ついて、2人の 先生方の 講演が ありました。
今日も 梅本先生からの 要望で、入場 テーマ曲に 乗って 登場すると いう 趣向でした。

まず最初に、スキマスイッチの ” 全力少年 ” に 乗って、今宮 先生の 登場です。


今宮信吾 先生  知性と 感性を つなぐ ことばの 教育

1年生に「ひなたぼっこ」って 何と 聞いたら、
「みんなが あー 気持ち いいなあ、 と 言い ながら 横に なって 寝そべる こと 」
と 答えた そうです。

いきなり 大人の 言葉で 教えるのでは なく、その 年齢なりの 感性を 大切に して、
感性と 知性を 巧みに つなげながら、教育に 結び つけて いきたい との 思いが 伝わって 来ました。

余白
余白今宮信吾 先生

2年生 男子の ユーモラスな 作品を ご紹介 くださいました。

余白「背中」
余白テレビの コマーシャルで「子供は 親の 背中を 見て 育つ」 と 言っていた
余白お風呂で おとうさんの 背中を 見たら
余白毛が はえていた


もうひとつ、今宮先生が 講演の 中で ご紹介 くださった 4年生の 女子の 作品が 強く 心に 残ったので、ここに 改めて 紹介させて いただきます。

余白「写真」
余白わたしの ひいじいちゃんちの 子供
余白戦争 行って 死んでん
余白おばあちゃんちの 仏壇の 上
余白写真が 残ってるねん
余白真直ぐ 向いて 真剣な 顔してるねん
余白兵隊さんの 帽子かぶってる
余白いつも 前ばかり 見て 横は 向けないねん
余白24歳から ずぅーっと 前向いた ままやねん




授業で 行われて いる 国語の お勉強を 体験することも できました。
盛り上がったのは、 会場全体を 巻き込んでの 発声練習と、 絵本「ぼちぼちいこか」の 読み聞かせ で、子供たちが 声を あげて 驚いたり 笑ったりする、 楽しい お話でした。


講演の 最後に 今宮先生から、小学校 入学前に 取り組んで ほしいと いうことで お話が ありました。


お父様 お母様に 4つ お願いがあります。

しっかり お子さんの 話を 聞いてあげてください。

おしゃべりな 子は なかなか 聞き 上手には なれません。

理由は はっきり しています。
普段話を なかなか 聞いて もらえていないので、自分の 話を 聞いて ほしい と いう気持ちが 強すぎて、 人の 話を 聞く ことに 価値を 置かなく なる からです。
反対に、聞き上手な子は、聞き手の 立場に なれるので、話す 時も 短く 的確に 相手に わかる ように 話すことが できます。

おしゃべりな 子が 一方的に 話すのは、 十分に 聞いて もらってない から です。
今 話して おかないと いつ 聴いて もらえるか わからな いと いう 危機感を 持って いる のでしょう。
ですから、ご家庭で お子さんの 話を ゆったりと 聞いて あげる 時間を 持って ください。

偏食を 無くして おいて ください。

それから 2つ目は、偏食の ある 子は 人間関係が 作り にくい、と いうこと と、漢字ドリルや 計算ドリルなど、我慢して 取り組ま なければ ならない 勉強が 苦手だと いう ことです

これも 理由は 簡単です。
嫌いなものが あったら
「いいよ、残して。」
「食べなくて いいよ、嫌いなものは。」
と 言われて きたので、頑張って、辛抱する 気持ちが 育って いない からです。



自分の 片づけは 自分で できるように しておいて ください。

自分の 周りの 整理整頓が できるように しておいてください。
忘れ物を した 理由で 「お母さんが 入れて くれなかった から」など と 言わせないで ください。


お金を かけない 直接体験、本物体験を させて あげてください。

虫取りでも 何でも かまいません。

小学校に 上がって 作文を 書くときに 書く ネタが 無い お子さんは、 直接体験や 本物体験が 不足して いる ために、経験が ないので 何も 書けない 子に なって しまいます。

余白
続いては、 ” オリーブの 首飾り” の お馴染みの メロディーに 乗って、「関西大学初等部の サイエンス・マジシャン」長戸先生が、次々と、面白実験を 見せてくれました。


長戸基 先生 理科教育の 実践

4年生の 理科の 授業で 行われている 実験を いくつか 紹介してくださいました。
天秤を 使って、空気の 重さを 考えるという 実験から 始まりました。

天秤は、小学校受験の 勉強の 中でも 定番 と いえる アイテムですから、参加した 受験生たちも、比較的 なじみも 深く、「どっちが 下がると思う?」と いう 問いには、会場の あちら こちら から 活発に 声が 飛んでいました。

余白
余白長戸基 先生

大きな ボールに 空気を 圧縮して 入れることで、空気の 入った ボールの 重さを 体験させる と いうのも ありました。

次に 水を 気化 させると 目に 見えるか と いう実験です。

水蒸気は 目に 見えるかと 聞かれて、「見える」と 答える人が 多い と 思います。
一般に 水蒸気だと 思われて いる ものは、実は 小さな 水滴で、まだ 液体の 状態 であり、水蒸気は 目に 見えないのだ と いう 説明があり、会場からは「へーっ」という声が。

気化した 高温の 水蒸気で マッチに 火を つけるところも 見せてもらいました。

身近に ある 空気や水について、 体感を 通じて 考えさせる 面白い 授業でした。


気化を 考えるために、今度は 液体窒素を 使った 実験です。
液体窒素は、マイナス196度で 沸騰し、気化する 性質を 持っています。

この液体窒素を 使って、瞬時に バナナを 凍らせて から 釘を 打って 見せたり、バラの 花を 凍らせて グシャっ と 音を 立てて 砕いたりして、子供たちの 目を 丸く させて くれました。
風船を 入れて しぼませたり 元に 戻したり と いう、空気の 圧縮・膨張の 様子が わかる 実験も 楽しく 見せて くださいました。


4年生の 授業内容 ですから、 難しい 問題なのですが、「どうなるかな?」と、考えさせてから 実験して 見せる ことで、理屈は 理解 できなくても、子供たちは とても 楽しんで 積極的に 参加して いました。


理科実験を 目の 当たりに して、 疑問点をと りまとめ、 実験で 確認する、 と いう プロセスを 体感する ことで、「 小学校の 理科 って こんな 面白い お勉強なんだ。」「小学校に 入ったら 理科の 実験を やりたい 」 と、 興味を 今日、持たれた お子さんも 多かったのでは ないでしょうか。



田中達也 教頭先生 入試に ついて

余白

面接に 至る 段取りや、面接内容に ついて、丁寧に お教え 下さいました。

今回の 入試の 解説では 特筆すべき 点が ありました。
関西大学初等部 として 初めて、昨年度 出題された 実際の 問題を 画面に 映して、見せてくれたことです。

イグザム幼児教室では、塾生の 皆さんから、試験が 終わった その日の うちに、「どんな 問題だったか 」 たくさんの 情報を 寄せていただいて、それを 次年度の 問題作りに 即座に 反映させています。

今日 見せて 頂いた 生の 問題を見て、イグザム幼児教室の 生徒さんたちの 卓抜した 記憶力と、 その 精度の 高さを 改めて 確信することが できました。


各校で 加速する 情報公開の 意味

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート  試験会場の 写真を 公開したり、ペーパーでの 入試問題の 現物を 公開したりと、 積極的な 情報公開が なされたことは、前日 開催された 立命館小学校の 入試説明会と 共通する改革です。

受験生 並びに 保護者の、いらぬ 不安を 取り除くことで、受験生が 本来の 力を 十分に 発揮できるようにと 配慮されたもので、大いに 評価したい ところです。

ただ、このように 加速する 情報公開の 裏には、これまで 情報を 公開して こなかったことで、世間一般に 誤った 情報や、いたずらに 受験生の 不安を かきたてるような 情報が まかり通って いた ことへの 警鐘で あるとも 言えるのでは ないでしょうか。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート  イグザム幼児教室では、受験教育に 携わる もの と して、正確な 情報を 提供することは ひとつの 使命で ある と 考えています。

今後も 正確な 情報を 受験生の 皆さんに 提供するべく、気を 引き締めて 精進していきたとの 思いを 新たに しました。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白7月1日(日) 
余白関西大学初等部 第1回 入試説明会

余白


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 6月21日の オープンスクールの 時と 同じく、この 日も あいにくの 雨と なりました。
開場時刻には かなりの 本降り だったの ですが、会場と なった アリーナには 大勢の 人が 詰めかけて いました。
この 学校の 説明会に 雨の 影響は 関係ない ようです。

 受付で 謎の 封筒 と 黒い ビニール袋を 受け取りました。

この日も 司会の 梅本龍多 先生の 軽妙な トークで スタート しました。

余白
余白梅本龍多 先生

最初は、前回に 続き、塩谷先生の この1冊、三宅先生の ご家庭で できる ミューズ学習「仲間分け ごっこを しよう」の 第2回です。

塩谷先生の この1冊 
その2: 「ダンゴムシ 見つけたよ」 皆越ようせい 写真/文

三宅先生の 「仲間分けごっこをしよう」
その2:  比べる ワザを ゲットしよう。

余白


ご自宅でも やってみて ください

1.写真で いいので、 「何が 同じ」 で 「何が 違う」 か を たずねる
2.次に 実物を 切ったり、 におったり、 味わったりして、 多面的に 比べさせる
  (思考力の ベースに 感覚を 通した 体験が 重要!)
  → 体験が 重要!
  → もちろん、実体験 できる もの ばかり では ないので、その時は 図鑑等を
    活用 しましょう。 
3.しっかりと 比べた こと が 言えたり、 書けたり したら、必ず 賞賛の 声を
  かけてあげましょう。
  見た だけで なく、見えない もの も 探して 比べよう と する 姿が 見られたら
  すばらしいですね。

 
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 続いて 恒例の ビデオ上映です。
今回は、AIの ヒット曲 「story」に 乗せて、クラブ活動など、これまで 紹介して こなかった 部分を まとめられて いました。 5年生 中心の 映像を 見せて いただきました。 いつも ながら、 子供たちの 真剣な 眼差しや、 屈託の ない 笑顔が 見事に とらえられていて、 関西大学初等部の 説明会の 名物の ひとつに なっています。


 田中明文 校長先生 挨拶

第1回の 入試説明会 と 言うことで、 いよいよ 本格的な 学校紹介と なります。

今日は 関西大学の 12年 一貫教育の メリットに 関して お話させて いただきます。


田中明文 校長先生


 関西大学初等部の カリキュラム

初等部の カリキュラムは 6年生の 前期で 終わることに しております。

中1ギャップと 言われる、 学校間の 段差解消の ため、中学1年の 予習を 6年生 後期から おこなって いきます。
そういう 意味で、今年の 5年生から 少しずつ 小学校の 教育が 前倒しに なって います。
一貫校では 無駄のない、効果的な カリキュラムを 構築できる と いうことです。
本校は シラバス(学習計画)を1年生から 5年生まで、全 ご家庭に 配布して います。
その シラバスに 沿って計画通り 授業を 進めています。


 自分の 将来像を 身近に 見ることが できる

子供たちは 数年先、 自分は どんなふうに なっているのか、と いうことに 関しては、やはり、若干の 不安を 持っています。
「僕は これから どういう ことを 勉強して いくんだろう?」、あるいは、
「これから 先、どんなことを 経験 するんだろう?」と いうこと ですね。
運動会では、中等部の 子供たちが 1年生の 手を 引いてくれました。
このように、中等部、 高等部との ふれあいの 中から、自分の将来像と いうものを 見つめる ことが できる と いうことです。
これが、 本校 ならでは の 特徴の ひとつで あろう と 思って おります。


 自分を よく 知ってくれている 大人たちに 見守ってもらえる、 安心感の 中で 成長できる

子供たちは 中等部に 進む 頃には 、人生の 中で ひじょうに 多感な 時期を 迎えることに なります。
勉強に 自信を 無くしたり、 あるいは、友人関係に 悩んだり することも あるでしょう。
そんな時、ワンフロア 降りると、 小学校1年生の 入学の ころから 自分が どんな 子供だったか、 どんな 良さが あるかを よく知って くれている 先生が いるということです。
これは 一貫校を うたう 小学校が たくさんある 中、同一敷地内に 立地する、本校ならではの 特徴です。

つまり、そういう意味で、初等部の 教員 と いうものは、ひじょうに 大きな 責任、そして やりがいを 持っています。

これから 関西大学初等部は ずっと 続いていく と 確信して おります。

ぜひ 皆様方の お子さんたちを お預かり したい と 思います。
宜しく お願い します。
これで 終わります。



関西大学 ミューズキャンパスの 特異性とは

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 他の 一貫校と 関西大学の 一貫校の どこが 違うのでしょうか。
立命館や、 関西学院は、確かに 立地が 違うので、 わかりやすい のですが、 では、 同志社は どうでしょう。
小学校、中学校、高校は 並んで 建っています。
同一 敷地と 言えなくも ありません。

一番の 違いは、校門を 共有しているか どうか と いうこと でしょう。
つまり、同じ 校門を くぐり、 間に 垣根が ない、 と いう点で、関西大学の 高槻ミューズキャンパスは、 他に 類を 見ない 独自の 形態の 一貫校だと 言えるのです。
そのことで 生まれる 独特の 一体感は、 ひとつの コミュニティ で ある と 言えるでしょう。

そして、同じ 敷地を、関西大学 社会安全学部、同 大学院まで 共有している 点で、他とは、 全く 違う 環境に ある と 言えます。



 米津俊司 中等部・高等部 校長先生 挨拶

今日は、初等部を 卒業した 後、お子さんたちが どのように なっていくのかを 説明したいと 思います。

余白
余白米津俊司 中等部・高等部 校長先生

先ほど、田中校長の 話にも ありましたが、一つの 建物で、初等部から 中等部、高等部が あるというのは 全国で ここだけ なんですね。
この春、開校 3年目を 迎えて、やっと 中高 6学年、中高一貫教育の 形が ととのいました。
あと、今年 5年生に なった お子さんが 中等部に 入学してきた 時が、本当の 意味での 小中高 一貫教育の 一期生に なります。


 初等部から 中・高等部へは 原則 全員進学

さて、初等部の お子さんの 方向性ですが、初等部から中等部へは 原則と して 全員進学する こと になります。

高等部では 難関大学に 進学 できる ような 高い 学力と、 そして 大学に 入って 本当に 力に なるような 探究能力、この 2つの 力を つけて、大学に 送り出そう と いう 形での 授業を しています。


 3つの 大学進学パターン

大学に 進学する時の パターンと しては、大きく 分けて 3つ あります。

京大・阪大・神大など 難関国立校への 進学パターン
1つ目は、高等部を 卒業して、自分は 国公立の 大学に 進みたい、と いう 希望を 最初から 持って、そして 勉強して それを 実現する パターンで あります。

京大・阪大・神大など、難関を 中心と した 国立大学を 受験して もらいたい と 考えています。

この 場合、関西大学への 進学を 担保しながら 受験に 臨むことが できます。
2、3年では、 国立難関校 受験クラスを 設け、受験指導を していく 予定です。

 関西大学に 無い 学部を 受験する パターン
2つ目は、関西大学に 無い 学部を 受験する 場合、例えば 医学部や 薬学部、歯学部、農学部などはありません。

こういった 学部を 受験する 場合は、私立の 大学を 受験する 場合も 関西大学への 進学を 担保して います。


 関西大学への 進学パターン
3つ目は、高等部から 関西大学に 進学する パターンです。
この パターンの 生徒たちが 現時点では 一番 多く なって います。


 内部進学の 要件
年3回 実施する 外部の 模擬試験と、学内の 定期試験の 成績、そして、最後に 生活態度です。
生活態度とは、反社会的な 行動を とったり、遅刻、欠席が多いなどです。
規律違反に ついては 特に 厳しく 見て います。
場合に よっては 校長推薦を 出せなく なります。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 続いて 関西大学初等部の 教育実践に ついて、3人の 先生方の 講演が ありました。
今日は 梅本先生からの 要望で、予め 好きな 音楽曲を 聞いて あって、 それを テーマに 登場する、と いった 趣向でした。
こういった ”遊び心”が 関西大学初等部の 先生方の 持ち味 ですね。

まず最初に、「ミッション・インポッシブルの テーマ」に 乗って、 古本先生の 登場です。

 古本温久 先生(5年1組担任) 思考を 楽しむ 算数授業

先ほど 米津校長先生から、12年 一貫教育だと、勉強しなく なる 子が 出てくるんじゃ ないか、と いう お話が ありましたが、ご心配なく。
初等部では、勉強も スポーツも きっちり 指導して いって おります。

形式的で あったり、機械的で あったり、 プレッシャーの かけられた 勉強では 楽しむことはできません。

余白
余白古本温久 先生

では、どうやったら 楽しめるのか。
楽しむためには、 「やってみたい」 「もっとしたい」 「なぜだろう」 、このような 教材を 仕組むことに よって、子供たちが 楽しめる 算数授業が できるように なります。

実際、昨年も アンケートを 採ったところ、「あなたは 算数が 好きですか?」 と いう 問いに 対し、 「とても 好き」 「好き」 と 9割の 生徒が 答えて くれました。
やはり、 「好きこそ ものの 上手なれ」 と いう 言葉も あるとおり、好きに なって、 算数を 楽しんで 学んで 欲しいな というのが、 私たちの 強い願いです。


 思考を 楽しむための 秘密を、今日は 3つだけ お教えします

では、 思考を 楽しむ と いうこと ですが、楽しむための 秘密を、 本当は めちゃめちゃ たくさん あるんですが、今日は 3つ だけ お話したい と 思います。


 表現に こだわる

思考と 言うのは 頭の 中で 起こっている こと なので 目に 見えない ものです。
これを 表現させる、 と いうことでその、考えて いることを「見える化」させることが大切です。
そして、 見える ように して、子供たちに より 良い 思考を 指導していく。
では、どのように 「見える化」 するのか。

余白

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート バックの 映像で 4年生の 児童が 書いた、 いろんな 図を 見せて 解説して 頂きました。72÷3を 考えるもので、子供たちが それを 表現するために、 知恵を 絞り、オリジナリティと アイデアに 富んだ 考え方を 示して いただきました。

図と 言葉で 表現し、 「見える化」 することで、自分の 考えを 友達の 考えを 比較し、考えて、自分たちの 考えと 筆算の 意味が つながることに なります。


 材料に こだわる

関西大学初等部では、基本的に 教科書を 元に 学習を 進めて いますが、この教科書以外に、「緑表紙」と 呼ばれる、戦後 間も ない ころの やや 難しい 教科書や、「数の子」と 呼ばれる ドイツの 教科書、さらには、特別な 市販されていない 問題集などから 材料を取り出して 活用しています。

では、せっかくですから、考えてみましょう。
四角形を 2本の 直線で 切り出した 3ピースの パズルを やってみましょう。
受付で お渡しした 封筒を 開けて、中に入っている パズルを 真四角に 組んで ください。

余白

しばらくすると 会場の あちこちから 「できた!」 と 言う 子供さんの 声が 聞こえてきました。

余白

ここで、 1年生からの 考え方の アドバイスが いくつか 紹介されました。
「大きいの から おくと いいよ」
「裏返しに 気を つける といいよ」
「最初に 大きいのを 置いて、次に 四角を おいて、最後に 小さな 三角を 考えると いいよ」

実は、このパズルは、ピースを 動かすことで、長方形や、平行四辺形に 変わります。

2年生になって、直角を 習う 時、4年生に なって 四角形を 習う 時、5年生に なって 面積を 習う 時に それが 見えて くるのです。

余白



 学び合いに こだわる

問題
3人の 日本人が ラスベガスに 行って、ホテルを 探しました。
そして、3人が 10ドル ずつ 支払って、ホテルに 泊まりました。

ところが、その 日は サービスデー だったので、 オーナーが、 3人に 5ドル 返して おいで と いいました。

すると それを 命じられた ボーイさんは、 3人で 5ドルだと ややこしい ので、 そのうち 2ドルを チップ と して ポケットに 入れて 3人に1ドルずつ 返しました。


そうすると、 3人の 日本人は 10ドル 払って 1ドル 返して もらったの だから 支払った 金額は 1人 9ドル、 3人で 27ドル と いうことに なります。
ボーイさんが ポケットに 入れた のが 2ドル ですから、
全部 合わせて 29ドルに なります。

あれ、もともと 10ドル 3人分で 30ドル あったはずです。

残りの 1ドルは どこに 行った のでしょう。

この 問題 に ついて 子供たちが 考えて いる 様子が ビデオで 映し出されます。

ここからは、 古本先生の ビデオを 見ながらの 実況です。
「1人目の 子が、前に出てきて この 様子を 図に 書き表わそうと しています。
即座に 次の 子が 反応し、 この 図に ついて 解説を 加えます。
どんどん 前に 出て きて この ひとつの 図を きっかけに して 話合いを 進めています。
私は 教室の 端の 方に 立っている だけです。
<中略>
ひとつの 図を ずっと 語り 合って います。
もっと より 良い 表現は 無いかなあ、 と 考えています。
とうとう 前に3人が 立って 話し 合っています。
さらに 出てきます。 当てられて 前に 出てくるまでに 話し 始め ました。
そして、 前に 立った 瞬間に 説明を 始めました。
さらに 次の 子、 この 子も しゃべり ながら 出て きましたね。
もう、説明したくて たまらない 様子です。
だんだん 板書の 方も 仕上がって きましたね。
そして 最後に 12人目の 子が出てきて、 結局 12人で 答えを まとめ 上げた と いう 授業でした。」

このように、 子供たちは 自分の 考えを きちっと 持つと、 お互いで 比べ合いっこ したり、 自分の 考えを 言いたく なったり、 そして、友達は どうしたの かな と 見たく なったり する ものです。

「見える化」 の 効果に ついての まとめ
最後に 考えを 「見える化」 すると どのような 効果が あるのかを まとめます。
ます、自分の 考えが 形として 見えるように なり、 次に、友達が どんな 考え方を しているのか が 気に なり、今度はそれが 見えるように なります。
すると、自分の 考え、友達の 考えで 算数の 良さを 創り出して いくので、 算数の 良さが 見えるように なり、そして、思考を 楽しめるように なります。

さらに もっと、自分の 考えを よく 見て いこう と いう 気に なる 子供を 育てられる ことに なり、 良い 循環が 生まれて くるわけです。

ここまでが 算数の 学習でした。

是非、 来年は 初等部に 来て、 この「見える化」した 算数を 一緒に 楽しめたら と 思っています。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 次に、 「梅本先生から 曲を 選べと 無茶ブリ されまして、私は この曲を 選び
ました」 と、ホフ・ディランの「スマイル」の 曲に 乗り、山中先生の 登場です。


 山中昭岳 先生(2年2組担任) どっぷり 体験しよう(生活科)


余白
余白山中昭岳先生

キーワードは「スマイル」
これから スマイルを 良キーワードにした、生活科の 発表を させて いただきます。
速報です。
実は昨日、一昨日と、私が 担当している 2年生が 宿泊合宿を 体験して きましたので、 撮った ばかりの 初公開の 写真を ご覧 いただきながら、その 模様を 速報で お伝えします。
高槻では 一番高い ポンポン山に 上って きました。
急な 坂を 登る 13キロの 行程は、2年生には 大変だった と 思います。
途中で 小川に 入って 遊んだんですが 子供たちは「足が 痛い」と 言いました。
歩き 疲れて 足が 痛い と いうのでは なくて、 川の 水が あまりに 冷たくて 足が 痛い と いうのです。
それ位、きれいな 水の 中で 体験学習を おこなってきました。

生活科とは
生活科とは どういう ものか と いいますと、実は生まれて20年の教科です。
子供たちが 身の 回りの 自然や 社会の 中で、 当り前に ある こと なんだけれど、 どっぷりと 体験を することで、 楽しみ、 その中から 生まれた「はてな」を 解決し、自然や 社会との 関わり方、様々な 活動や 表現技法を 身に つけて いく と いう教科に なります。

伝える 活動
先日の オープンスクールに お越し いただいた 方には ご覧いただいた 思いますが、2年2組では、 「伝える」 と いう 活動を 行っていました。

子供たちは 学校で ザリガニとか いろんな 生き物を 飼って いました。
それを 来て くれる お客さん、 特に 今度 新しく 新1年生 と して 入って くるで あろう お子さんに 見せて あげたい と いう 思いの もとに、活動を 繰り 広げ ました。
食い入るように 生き物を 見つめる 子供の 表情は「スマイル」です。

ザリガニの プロに なろう
もうひとつ、ザリガニの プロに なろう と いうことで、 せっかく 飼うんだったら、 ザリガニの ことも どんどん 知ろう と いうことで、本や パソコンを 使って どんどん どんどん 調べ物 学習も この 段階から やって いきました。
そして、とうとう、ザリガニの きれいな 脱皮に 成功する ことが できました。
この様子を、ぜひ、今度 入ってくる1年生に 伝えたい と いうことで、「伝える」活動に行きつきました。

 国語科 授業との コラボレーション
伝えるためには表現が大切です。
言葉を 学んで いるのは 国語科、と いうことで、国語科の 「観察名人に なろう」 と いう 授業から 発展させて、 生活科の 伝える 活動に つ なげて、オープンスクールでの 発表が できました。

 五感で 感じよう
私が 生活科で 大切に していることを 感じ取って下さい。
じっくり 見ている 子、匂いを 嗅いで いる 子、 耳を 澄まして いる 子、ほっぺたで 感触を 確かめる 子、食べちゃってる子 です。

子供たちは 五感で 感じ取って いるのです。

 五感ゲームをしよう
今日は 実際に 五感体験を 皆さんに して 頂きたい と 思います。
受付で お渡しした、黒い ビニール袋の 中には、一枚の ある 植物の 葉っぱが 入っています。
一般的な 木ですが、大人でも 難しい 問題です。
まず、袋に 手を 入れて、触ってみて、その 感触で それが 何の 葉っぱなのか 考えてみてください。
次に、袋から 出して、見てみて ください。

余白

匂いを 嗅いで みて ください。
何の 葉っぱか わかりますか。
なんだか 嗅いだ 事の ある 匂いだと 思いませんか。
答えは 楠木です。
記憶に 残っていたのは 樟脳の 匂い だと 思います。
楠木は、虫が 寄り付かないんです。
虫が 嫌うので、昔は 衣類の 防虫剤の 役割を 果たしていました、

楠木は 春に 落葉します。
虫が 寄り付かないので、楠木の 下では、いつまでも 落ち葉が こんもり した ままです。
 
ところが、ある 虫だけが、楠木の 葉に 卵を うみつけ、育てます。
それは、アオスジアゲハ蝶 です。
だから、楠木の 近くでは アオスジアゲハ蝶を よく 見かける ことに なります。


このような プロセスで 生活科では、五感を 鍛え ながら、知識の 部分も 学んで いく 学習に なります。

では、先ほどの「スマイル」の 曲に 乗せて、子供たちが 普段 どんなふうに 学んでいるのか を 映像で ご覧 いただきたい と 思います。
子供たちの 真剣な 眼差し、笑顔 「スマイル」 をご覧ください。


お子さんたちも、関西大学初等部に 来たら、このように 楽しい 生活科の 勉強が 待っていますので、ぜひ、本校に 来て いただきたい と 思います。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 冒頭に 見せていただいた、1枚の 写真では、 生徒たちと 泥まみれに なって わらっている 中で、先生が ひときわ 泥まみれ なのが 印象的でした。

子供の 好奇心や 冒険心を 持ち続けていて、それを児童に 伝えようと、様々な 工夫を されている方 なのだな、と いう 思いがしました。



続いて、Deep Purpleの 「Smoke on the Water」 に 乗って、石井先生が、カンボジア語での 自己紹介の 後、「大丈夫、 日本人です」と 登場。
「この 紹介曲、要りましたかねえ」と ぼやき とも 聞こえる 独り言で 始まりました。

 石井芳生 先生(4年1組担任) 国際理解

余白
余白石井芳生先生
昨年 3年生の 授業で 実践した 内容に ついて お話させて いただきます。
この中で カンボジアに 行った ことの ある方 は、 多くは ないですね。

この 国に 子供たちを 出会わせる と いうことに、いかに 意味が あったか を 中心に お話し したい と 思います。

出会う・つかむ
最初に、 カンボジア と いう 国が どんな 国なのか、映像や 画像を 見せて 子供たちに 知ってもらいました。
住んでいる家の 写真を 見せた あたりから、子供たちの 中に どよめきが ありました。

農村部では、写真の ように、湖の 上に 家を 建てて 生活して いたり します。
学校も 水の上にあって、生徒たちは お家から 学校まで 船で 通学します。
学校には、4人に 1つの机、教科書も 4人で 1冊を 見ます。

日本の お友達の 学校生活とは 随分 違っています。
学校は、 基本的に 午前か 午後の どちらかです。 子供の 数に 対して、学校の 数が 少ない と いう実情や、 子供たちが、お手伝い しないと 家の 中が 回らない と いうことも あります。

これを 見た 3年生の 子供たちは、この 「出会う・つかむ」 と いう 段階で、 「カンボジアの 子供たちは 僕たちと ずいぶん 違うなあ 」という感想を 持ちました。


3年生から 始まる 「総合」 学習は 年間 70時間 取っています。
そのうち 12時間が ミューズ学習に 当てられ、残る 58時間が「国際理解」に 当てられて います。

働きかける
カンボジアの 小学生に おもちゃを おくろう と いうことに なって、 どんな おもちゃが 喜ばれるか、 話し合い、 自分たちで おもちゃを 作りました。
そして、おもちゃの 使い方が 見てわかるように 1枚の シートに して つけました。

追求する
いろんな 角度から カンボジアに ついて 調べました。

昨秋、カンボジアから 留学生を お招きし、生交流を 行い、いろんな 質問を して、お話を 聞くことが できました。

カンボジアの 楽器を 調べる グループは、吹田に ある 民族博物館を 訪れて、カンボジアの 楽器に 触れました。

カンボジア料理を 調べる グループは、実際に カンボジア料理店を 訪問して、 聞き取りし、 料理を 見せてもらい、 食べてみて、カンボジア料理の 味も 確かめて きました。

宿泊合宿では、スカイプを 使って、自分たちが 調べたことが、合っているか どうかを 実際に テレビ電話で 確認しました。

文化祭や 交流会 では 子供たちが 研究成果の 発表を 行いました。

練り上げる
こうして 調べていくと、3年生の 子供でも、調べたことが いっぱいになって、ファイルが 分厚いものに なりました。

そこで、子供たちから、調べた ことを 本に したい と いう 要望が 上がって まいりまして、「よし、じゃあ、本に まとめよう」と いう ことに なりました。

「私たちの 目指す 本は どんな もの なのか」 ミーティングを 繰り返しました。
改めて、ミューズ学習で 学んだ シンキング・ツールを使って、ベン図で 日本と カンボジアを 比較したり、Xチャートを 使って 情報を 整理したり しながら まとめ 上げ、いよいよ本が完成しました。

非売品ですが、保護者の 方や 高槻市の 主要な 公共機関にも 置いて もらっています。
英訳版も 完成し、それに 現在、カンボジアの 子供たちに 読んでもらうために クメール語に 翻訳して いる ところです。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 最後は 子供たちに よる 本づくりで 締めくくられて いました。この 本が クメール語に 翻訳され、カンボジアの 小学生に 届けられる そうです。

単なる 旅行や 留学など と 違い、こういう 形での 異文化交流と いうものを 始めて 見せて頂いた ような 気が します。

関西大学初等部の 考える ”国際理解力” とは どういう もの なのか、その 意味が 伝わってくる 講演でした。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 最後に、いよいよ 田中教頭先生に よる、入試に ついての 説明です。
「梅本先生に、私の 登場の 曲は?と 聞くと、校長、教頭には ありません と 断られて しまいました。」と 軽く ジョークを 入れての 登場です。

 田中達也 教頭先生 2013年度 入試に ついて

余白
余白田中達也教頭先生
最後に、私の 方から、 本年度の 入試に ついて、お話させて いただきます。
具体的な 問題に ついては お話し できない ですが、今年度の方向性、どのような 観点で 入試問題を 作っていくのか 等、説明します。
概要・入試日程に ついては、本日 お配りした 書類を ご参照 ください。

それぞれに ついて、大きく 変わるところは ありません。ほぼ 昨年と 同じ 方向性で ある と ご理解 ください。

これまで あまり オープンには して こなかったのですが、今日、昨年の 面接会場、 試験会場の 画像を ご覧いただきます。


ペーパーテストは 男女を 分けずに1回で 実施

ペーパーテストですが、昨年度までは、男女を 分けて、2回で 実施していましたが、本年度は 1回で 実施します。
1年から 6年の 教室を使って実施します。各教室 20名 程度を 考えています。

分野的には、昨年同様、 「言語分野」「生活分野」「算数的分野」から 出題します。

豊かな 生活体験・自然体験、しっかりと 話を 聞く力、思考力、集中力を 見ていきたい と 思って います。


 明らかに された 試験会場 レイアウト
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 今回の 入試説明では、驚きがありました。
それは、面接時の イスの 並び、ペーパー 試験会場の 机配置と その 間隔、試験時の 机の上に 何が どう 置かれているかなど、知りたかった 情報が 写真で 開示されたことです。
教室で 詳しく 説明して いきたいと 思います。

入試に ついて 詳細 は、教室で おたずねください。

また、既に ご案内の通り、 7月29日(日)には イグザム幼児教室で 田中教頭先生を お迎えして、 入試説明会を 開催します ので、その時に 詳しい 情報を 得てください。



 関西大学初等部の 魅力とは

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 今日の 説明会を 見ても わかる通り、関西大学初等部の 魅力は 何と 言っても 気取りの ない 校風と、カリスマ性を 持ち、 しかも チームワークの とれた 看板 教師陣でしょう。

オールスターゲーム さながらに、関西大学初等部には、スター先生が、たくさん いらっしゃって 学級担任を されています。

この、個性 豊かな 先生方を 束ねて、同じ 方向性に 引っ張って いらっしゃる、校長先生、教頭先生の 力量も 素晴らしい もの なのだと 思います。

そんな 先生方が、一丸と なって、学校の 良さを しっかり 伝えようと 一生懸命 アイデアを 出して 説明会を 作りあげている、そんな ふうに 感じられます。

今回の 教育実践の 中で 出てきた キーワード、 「出会う・わかる」 、 「見える化」、 「スマイル」、 「伝える活動」、 「材料にこだわる」 が、正に、この 説明会でも 随所に 活かされている と 感じずには いられません。

今日の 説明会では、謎の 封筒や、黒い ビニール袋などに 収められた、ツールを 使って、授業の 疑似体験を させて いただきました。

こんな こと からも、普段 どういう 授業を しているか、来場者に イメージして もらおう と いう、関西大学初等部の 先生方の、 他校には ない アイデアと 工夫が 伝わって きます。

絶妙の 話術と オリジナリティ 溢れる、わかりやすい 授業に、「自分が 生徒なら こんな 先生に 習って みたかった」と 惚れ込んだ ご父兄も たくさん いらっしゃった のでは ないでしょうか。

関西大学初等部は、訪れた 説明会 参加者を ファンに させる、そういう 力を 持っている 学校だと 改めて 思いました。

次回 7月22日の 説明会も 楽しみですね。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白6月21日(木) 
余白関西大学初等部 オープンスクール


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 6月21日(木)関西大学初等部 オープンスクール( 英語体験授業と 授業参観 )が 開催されました。

余白

雨、そして 阪急電車が 人身事故の 影響で 大幅に ダイヤが 乱れ、そのために 開始時間が 若干 遅れるなど、あいにくの コンディション でしたが、 参加申込者の ほとんどが、 出席されて いたようです。

余白

4階の アリーナ会場に、入ると、英語体験授業の ためですが、 参加希望者が 増えた せいでしょうか、今年は 前方に 広い スペースが 確保されて いました。

余白

正面 右手 奥には、 前回の 学校説明会で 目を 引いた、 先生方の ポスターパネルも 展示されて いました。


開会前の時間で、司会の 梅本先生から、前回の 学校説明会で 「読書教育に ついて」講演された 塩谷先生からの 推薦図書が 紹介されました。
塩谷先生の ”この1冊” 「わごむは どれくれい のびる かしら」マイク・サーラー/ 文、ジェリー・ジョイナー/ 絵。
関心の ある 方は お子さんに 読んで あげては いかがでしょうか。


同じく 前回の 学校説明会で「ミューズ学習に ついて」講演された 三宅先生からは、 ご家庭で できる ミューズ学習として、「仲間分け ごっこを しよう」と いう 提案を して 下さいました。

例えば いろんな 野菜の カードを 作って、2つの グループに 分ける 遊びです。
丸を 2つ描いて、「丸い 野菜と 細長い 野菜」、「土の 中に できる 野菜と、土の 上に できる 野菜」など、分け方を 考えてみます。

余白

季節や、動物、のりもの、建物 など、応用範囲は 広く、常識の 問題などで、高い 効果が 期待できます。
また、入学してからの ミューズ学習にも すんなり 入って いけるでしょう。
ご家庭で 試して みては いかがでしょうか。


次に 説明会が 始まる前に、恒例となった、 梅本龍多先生の 映像作品を ご紹介いただきました。
今回の テーマは "運動会の 練習風景"。1年1組の 終わりの 会で 歌っている と いう、ゆずの「スマイル」 の 音楽に 乗せて、1年生から 5年生までの 元気な 姿が 丁寧に 映し出されました。



余白


 田中明文 校長先生 挨拶

本日の オープンスクールには、600名を 超す お申込を 頂きました。
雨の中 たくさんの方に お越しいただき、有難うございました。

一昨日の 台風では、緊急対応で 授業を 途中で 打ち切り、集団下校を 実施し、生徒を 帰宅 させたのですが、東は 大津の先、西は 芦屋の 先、北は 宝塚、南は 堺と、先生方が 手分けして 遠方からの 生徒を 送り届けました。

安全面では 十分な 配慮を しています。
どうか 安心して 頂きたい と 思います。

さて、今日は 前回の 説明会 以降の 子どもたちの 様子を ご紹介したい と 思います。

まず、ビデオで ご覧頂いた 運動会ですが、6月の2日(土)に 実施しました。
1年生から 5年生まで 本当に 一生懸命 頑張る 姿を 見せてくれました。

6月に 運動会をする と いうことは、 若干 子供たちも 小さいのですが、 小さいなりに 精一杯 頑張ってくれました。

保護者の 方も 総勢で 900名 お越し いただき、大盛況でした。

最後に ご覧いただいた 5年生の 組み立て 体操は、通常6年の 秋に 行う 内容ですが、5年生の 今の 時期に 行いました。

関西大学初等部の 生徒たちは 非常に 粘り強い 心を 持っている と感心しました。
特に 最後の 大きな ピラミッドは 64名全員で 7段の ピラミッドを 組むというものでした。

余白
余白(写真提供:イグザム卒業生保護者)

途中で 何度も 崩れかかるんですが、崩れないんです。
必死で 自分の パートを 頑張る、自分が 頑張る だけでなく、他の子を お互い 支え合いながら 頑張るんです。


5月27日の 金環日食の 日には、本校は 運動場で 観察した の ですが、全校生徒の 90% 以上が 7時15分には 集まりました。
雲が かかったり、お日様が 出たりと 非常に 微妙な 雲行きでした。
雲が かかると 「シーン」 と なって、お日様が 出ると 「ワーッ!」 と 歓声が あがりました。

金環日食が 完成した 時には、 一層 大きな 歓声を 上げて 喜びました。
1つの ものを 全員が 固唾を 飲んで 見る 事で いつしか 一体感が 生まれていました。


本校は 感性 豊かな子、考える子、挑戦する子、 この 3つを 期待する 子供像 と しています。

運動会や 金環日食に 見られるように、このような 体験を 通してこそ、感性豊かな子、 考える子、挑戦する子が 生まれるのだ と 確信しました。

今日は、 あまり 時間が ありませんが、じっくり 子供たちの 学ぶ 様子を ご覧頂きたい と 思います。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 続いて、関大初等部で 開催されている 諸行事に ついて、 画面を 見ながらの 説明が 簡単に 行われました。


 田中達也 教頭先生  教育内容について

行事と して、4月に 入学式が ありました。 ここに お集まりの お子さんに、 せひ、来年の 入学式に 出席いただけたら と 思います。
6月に 運動会が ありました。
9月には文化祭が あります。
各学年、劇や音楽の 発表を 行います。
本年度も それぞれ 工夫して がんばって くれる こと と 思います。

また、西館の ミューズホールでは、4年生 10歳の 「1/2成人式」も 開催しています。

本校の 行事の 特色として、宿泊学習が 1年生から ある と いうことが あげられます。
山の方に ある 高槻キャンパスの セミナーハウスで、1年生から 1泊2日の 宿泊合宿を 行います。

今週には 2年生が 金・土で 宿泊学習を 行います。
今回は アイススケートの 体験など、予定しています。
4年生に なると 昨年は、天草に 体験学習と いう形で 3泊4日の 宿泊合宿を 行いました。
民宿に 分かれて それぞれ 宿泊し、単に 泊めて いただくのではなく、お手伝いを しよう、 と いうことで 貴重な 体験を してきました。
あちらの 小学校の 生徒とも 交流を してきました。

本年度 5年生は 冬に、スキー合宿を 行います。
遠足も あります。
楽しみに して 頂きたい と 思います。

縦割り学習と しては、 給食を 実施しました。
本年度は「いっしょに あそぼう」 と いう 企画を 考えています。

放課後、有料に なりますが、ミューズっ子 クラブでは 文化系 体育系 15講座を 開講しています。
本物に 出会う ことで それぞれ 自分たちの 個性を 伸ばすことに 頑張っています。

時間も 押して まいりましたので 、本日 お話する 予定だった「1日の 生活」に ついては、 7月1日、 22日に 予定されている 入試説明会で お話させて いただきたい と 思います。

1日は もちろん、22日の 説明会に つきましても 申込受付を ホームぺージで アップして おりますので、お申込みください。

当日は、私の 方から、入試に ついての 説明を 予定していますが、 国語・算数など、 授業内容に ついても 詳しい 説明を させていただきます。


 英語体験授業


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート オープンスクールでは 最初に、アリーナで 開催された、ネイティブの 先生4人による、年長さん 対象の 英語体験授業を 見せて いただきました。

余白

ネイティブの 先生方は 日本語を 一切使わず、英語のみで 授業を 進めて いきます。
英語教室に 通うなどして、既に 日常会話レベル を 習得している お子さんが 多いように 感じました。
物おじ することなく、楽しんで 授業に 参加する 姿が 印象的でした。

余白

体験授業を 見せて いただくのは、今年で 3年目ですが、授業に 参加する 子供たちの 英語力が 確実に 上がっている ことに 驚きました。


 公開授業 参観

続いて 1年生から 5年生まで の 授業参観です。
一部ですが 紹介させて いただきます。

 充実する、「考えること」を 学ぶ ミューズ学習

図書室で 行われていた、1年2組の ミューズ学習は、ベン図を 使って、 スイカと イチゴを 比較して 考える 勉強でした。
入学 間もない 1年生が、すでに 「考える ツール」 の 意味を 理解し、当たり前に 使いこなせる ように なりつつあるな と 感じました。


 不等式を 学ぶ 1年生

1年1組の 算数の 授業では 等号、 不等号の 勉強を していました。
4+32+6   3+54+4   と 式が 並んでいて、
の中に、「>」、「=」、「<」 の いずれかを 書かせる ものでした。
ゆとり教育 全盛の 頃には、不等号は 中学1年で 習って いた 単元です。

関西大学初等部では、2011年度の 入試問題で、左右で 数の 違う 絵を 見せて、「大きい 方に ○を、 同じならば 真ん中に ある 「=」 の 印に ○を つけましょう」 と いうものが ありました。

小学校受験に 向けた 勉強を 少しでも していた お子さんに とっては、 決して 難しいものではありません。
イグザム幼児教室でも、 同様の 練習問題を 解いていましたので、 生徒さんに とっては 簡単な 問題の ひとつに なっていました。

これを、式で 書き現す 方法を 1年生で 教えることは、 合理的であり、 理解しやすいものでしょう。

このように、一般的な 指導要綱から 離れて、 理解できる ものは、早期に 教えて いく と いうのが 関西大学初等部の 教育の 特色の 一つ と言えるでしょう。


 イベント企画を 学ぶ 2年生

また、2年2組の 生活授業は、おたまじゃくしや タニシ、そして カブトムシなど、身近な 生き物を 集めての、 体験教室の ような イベントで、まるで、 生き物 パビリオン と いった 感じでした。
このように 自分たちで 企画し、 計画を 立て、 実行して いくことで、 学びを 深めているのですね。

参加した 幼稚園児が 2年生のお兄さん 姉さんに おそるおそる 触らせて もらって、大喜び している 姿が 印象的でした。
幼稚園児たち には 一番 人気が あったようです。

 関西大学初等部の 生徒らしさ とは

関西大学初等部の 生徒たちを 見ていると、「見られる」と いうことへの 気負いが 全くなく、 それぞれの 授業が 楽しそうに 進められていました。

この、 のびのびと した 明るい姿が 関西大学初等部の「らしさ」だな と 思います。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白成長する 子供たちを 見て

出会った イグザム生たちも、みんな 少しずつ 大きく なっていましたが、 表情は 教室に いた 時と 変わらず、明るい 笑顔でした。
「学校は楽しい?」 と 聞くと、みんな「うん、すごく楽しい!」 と 明るく 応えて くれました。

各学年の イグザム生の 成長した 元気な 姿を 見せていただき、 感無量の 思いが ありました。

これからも、高校を 卒業するまで この子たちの 成長を 見て いけるのだ と 思うと、この上ない 幸せに 感じますし、とても ありがたい 気持ちに なります。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白5月20日(日) 
余白関西大学初等部 2013年度 学校説明会


5月20日(日) 関西大学 高槻ミューズキャンパスで 開催された、2013年度 初等部 学校説明会に 参加しました。

余白

ミューズタウンの整備が進み、信号の ない、 新しい 通学路を 通って、西門から ミューズキャンパスに 入れて いただきました。

余白

校内の 通路には、参加者を 出迎えるように、 パネルに 貼られた 先生方の ポスターが 並んでいました。

説明会で 「先生方の 顔が 見える」のが 関西大学初等部の 説明会の 特徴の 一つですが、今年の 演出も それを 感じさせて くれるものでした。

余白

余白


開会前に、恒例と なった、 梅本龍多先生 制作の 映像公開が ありました。今年は 新入生の 運動会の 練習風景を 中心に、レディー・ガガの 軽快な 音楽に 乗せて 明るく まとめられた 楽しい 映像でした。
何人もの イグザム生の 元気な 姿を 見ることが できて 感無量でした。



田中明文校長先生挨拶

関西大学は 1886年の 創立以来 126年の 歴史を 誇る 学校です。
関西大学は「学の 実化」を 学是と して 掲げ、実践 し続けてきました。
「学理と 実際との 調和」「国際的精神の 涵養」「外国語学習の 必要」「体育の 奨励」に 集約される その 教育理念は、混迷の 時代の 今、国際化と いう 形で ますます その 輝きを 増しています。
関西大学では 21世紀になって、新たな 行動目標 と して「考動」を 定め、『自ら 考え、行動する「考動」の人』そうした 人材の 育成を 理念 と して掲げています。

「世界に 通用する 人材」を 小学校から 育てたい。
これが 小学校設立の 理由です。

余白

よく、関関同立の 相次ぐ 小学校設立に ついて、少子化対策の 囲い込みでは ないか との 声を 耳にしますが、 初等部の 生徒は 1学年 60名です。
一方、 関西大学の 1学年は 6000人の 学生数です。
60人を 囲い込むために 百数十億かけて、この ミューズキャンパスを 設立する などと いうことは あり得ないことです。


初等部の 校訓は「考動」 〜学びを 深め 志高く〜 です。
そして、これは 子供たち だけで なく、私たち 教員全体に とっても 同じです。


成績を 上げる だけが 初等部の 目標では ありません。 初等部の ある 東館は 13階建てです。 1階から 5階までが 初等部の フロアで、ここだけが タイル張りに なっています。
それより 上の 階は カーペット張りです。
理由は、掃除を 覚えさせるためです。
掃除の 時間が あり、皆で 協力して、感謝の気持ちを込めて、自分たちの 学ぶ 校内を きれいに します。


関西大学初等部では、 毎年研究発表会を 実施しています。
教員 1人 ひとりの 力量 向上は 勿論、 関西大学初等部の 教育内容を 広く 知っていただきたい と いう 思いからです。

そして、最後に 関西大学初等部では、「いじめは 絶対に 許さない」を スローガンに 掲げ、いじめの 無い 学校づくりに 励んでいることを お伝えしておきます。



田中達也 教頭先生

「関西大学初等部の 学校教育内容に ついて」


関西大学初等部では、目指す 子供像と して、「感性 豊かな 子、考える 子、挑戦する 子」を 掲げています。

余白

ミューズ学習

この 中でも、 特に「考える子」の 育成に 力を 入れており、ミューズ学習を 進めてきました。
昨年は、ミューズ学習の 本を 発行したり、 新聞記事に なったり、 教育関係者 対象の専門誌でも 特集が 組まれたりと、 その 活動が 認められて きました。
ミューズ学習とは、「考え方」を 考える 学習です。 後ほど、三宅先生からの 解説が ありますが、 考える 引き出しを 増やしていこう と いう 学習です。


読書教育

そして、関西大学初等部の 教育の もう 1つの 特色と して、思考を 支える 読書指導をご紹介します。 2つの 図書館と 2人の 司書をおき、低学年から 高学年まで 段階的に 読破目標を 設定しています。


英語教育

英語は これからの 学力の 基礎・基本と なるもの と 位置付けて います。
1,2年生では 毎日の モジュールタイムで、3、4年では これに 加え、週 3時間、5,6年で 週 5時間 教えていきます。
公立でも 英語学習が 新学習指導要領に 基づき 始まりましたが、 5、6年から 始めて、週1時間と、満足な 授業時間で ある とは 言えません。

国際理解教育

世界の価値観、共生、自分なりの 世界貢献を 考える 教育の 一環と して、カンボジア、 フィリピン、 オーストラリア、 ハワイなど、世界各地の 小学校と TV会議システムを 使っての 交流を 進めています。

ICT環境の整備

新しい 空気に 触れるように、i-padや パソコンを 使った 授業を 行っています。
6月の 授業公開でも、その 一端を ご覧いただく 予定です。

安心・安全な学校生活

避難施設、警備員配置、登下校対応(ICタグ)、不審者対応 など、万全を 期した 対応を 行なっています。


新1年生の1日

まず、最初に 15分の 朝の 会、 続いて 15分の モジュールタムで 楽しく 英語に 親しみます。
授業は 月曜から 金曜まで 全て 5時間授業です。
授業が終わると、課外授業としての ミューズっ子クラブ(有料)の 時間です。
専門家を 先生に、 本物に 触れる 楽しい 時間です。


余白入試日程

 
5月20日(日)         学校説明会
 6月21日(水)          オープンスクール
 7月 1日(日)         第1回 入試説明会
 7月22日(日)         第2回 入試説明会
 8月26日(日)         個別相談会
 9月22日(土)〜10月初旬   親子面接
10月 8 日(月)          ペーパーテスト
10月 9 日(火)          行動観察・運動能力テスト
10月12日(金)          合格通知 発送


入試日程に ついては 発表の 通りですが、一点、ペーパ試験日が 10月8日(月)と なっており、この日は 体育の日 なので、幼稚園や 地区の 運動会と 重なる ことが あるかもしれません。
申し訳ありませんが、ご了承の 上、受験いただきますよう お願いします。




三宅喜久子 先生(第5学年主任) 

「思考スキルを 習得する 授業 ミューズ学習に ついて」


余白

子供は 元来 考えることが 好きです。
何かを 考えている 時の お子さんの 目は 輝いています。
5月14日付の 日経新聞の 調査結果に よると、 これからの 子供たちに 何を 学んで欲しいか と いう アンケートで 「思考力の 育成に 期待」と 答えた 人が 87% と なって いました。
思考力、判断力、表現力を育てることは、今の 社会の ニーズでも あります。

考えるってどういうこと? と 昨年、1年生に 聞いてみたところ、「探すこと」、「悩むこと」、「想像すること」、「がんばること」、「頭の 中を 回転すること」、「うーんって 言うこと」・・・いろんな 意見が 出ました。

私たちは 6つの シンキングツールを 使って 考えることを 教えています。

子供たちは、これを シンキングツールとは 呼ばずに 「技」と呼んでいます。
技1:比較する(ベン図)、技2:分類する(Xチャート)、技3:関連づける(コンセプトマップ)、技4:多面的に見る(ボーン図)、技5:組み立てる(ピラミッドチャート)、技6:評価する(分析表)

そして、ワークシートは「思考の作戦基地」なのです。




塩谷京子 先生(第2学年担任、初等部、中・高等部図書館教育主任)

「読書教育に ついて」


余白

図書館は 言葉の 宝庫です。
はてな館では、段階的に 難易度を 変えた 辞書や 事典が、何セットも 揃えられています。

1年生では、 本や 辞書・辞典の 目次・索引の 使い方を 教えることから 始まります。
言葉を 調べる時は 予想を 立てて から 調べます。
例えば「姉妹都市」と いう 言葉を 探す時、姉妹と いう 言葉から、「女の 人 ばかり いる 都市」などと、 予め 自分の 予想を 立ててから、 国語辞典で 調べます。
調べた 結果、正しい 意味を 知って、自分の 立てた 予想と どう 違っているかを 考えたりします。

本物に 触れる と いうことで、昨年は 絵本作家の 富安陽子さん、杉山亮さんや、論語塾の 安岡定子さんを 図書館に お招きして 講演して いただきました。

わくわく館には 壁一面の 科学 読み物が あります。
今、人気なのが 石の 辞典です。
床暖房の 上で リラックス しながら 本を 読むことが できます。

大きな 絵本も いっぱい。テレビや DVDの 映像もあり、週 1回の 図書の 時間を 皆 大事に しています。

自転車乗り

本を 読む 上での キーワードは「自転車乗り」です。

自転車に 最初に 乗り始めた時、 なかなか 思うように乗る ことができません。
でも、大人が 少し 後ろ から 手を 添えて あげることで、何とか 自転車に 乗ることが できるように なります。
一旦、乗り方を 覚えてしまえば、後は、それまで 散々 苦労していたのが うそのように 自転車に スイスイ 乗れてしまいます。

自転車に 乗って 見る 景色は それまでとは 全然 違ったものに 感じるでしょう。


ももたろうの お話は 子どもたちも よく 知っている お話ですが、1年生に「ももたろうの おともは?」と、質問すると、「とり、いぬ、さる」と 答える 子供が 多いのです。
確かに分類上は、「いぬ」、「さる」と くれば「とり」でも おかしくは 無いのですが、
大人の 多くは 「きじ」と 答える はずです。

これは、小さいころから聞いて言葉を覚える機会が不足しているせいだと思われます。
絵本の絵だけを見て覚えて しまったのでしょう。

幼児期は、言葉の 理解は 耳から 始まります。
耳で 繰り返し 聴くことで 言葉を 学んで いくのです。
小学校 3年生ごろから やっと 文字を 読んで覚えることに 慣れてきます。
ぜひ、読み聞かせの 機会を もっと 増やして あげてもらいたい と 思います。
お子さんが 自分で 自転車に 乗れるよう 支えて あげててください。

「 本を 読みなさい。」ではなく、本に 親しむために 図書の 時間が あるのです。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白おかげさまで、 今年は 昨年 以上の 人数が 集まりました、と 校長先生が 話されていました。
確かに 関大初等部の 人気は 今年も 高いようです。

第一志望で 考える 受験生の 皆さんに とっては 嬉しい ような、頭が 痛いような・・・。

人気の 理由を 考えてみますと、 交通の 便が 良い という 立地条件や、校舎が きれいで、底面可動式プールを 備えるなど、設備面の 充実度、 ミューズ学習など、教育の 中身が 解りやすい 具体性の ある 明快な 説明会が なされていること、教師の 皆さんの 高い 目的意識と 一枚岩の 結束力、関大の ブランド力、など、 理由は いくつか 挙げられます。


さらに 理由の 一つに 説明会の 日曜日 開催が 挙げられるのでは ないでしょうか。
日曜日と いうことで、他校の 説明会に 比べ、お父様の 参加が 圧倒的に 多いように 感じました。

学校を 知ってもらう 上で、両親が揃って参加して、 ともに 同じ 視線で 見て 学校に 興味を 持つことは とても 重要な ことだと 思います。


 本年度受験も いよいよ 本番です.
塩谷先生の 言葉を お借りすると、後ろに乗せるのでは なく、お子さんが 自分で 自転車の ペダルを 踏んで 前へ 前へと 進むことが できるように 後ろから そっと 手を 添えてあげるように しましょう。
今日の 説明会での 全体の お話の 中からも、関西大学初等部が 求める生徒は、まさに、自分で ペダルを 踏んで 前に 進むことの できる お子さんで あることは 間違いありません。
お子さんが 新しい景色を 見ることが できることを 祈っています。

 イグザム幼児教室での 勉強も 総仕上げの 時期に 入ってきました。
ともに 頑張りましょう。

余白
余白2013年度版 パンフレットを いただきました。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白
5月18日(金) 
余白関西大学初等部 入試説明会の ご案内

7月29日(日)関西大学初等部 田中達也 教頭先生を お迎えして、入試説明会を 開催します。

入試本番を 間近に 控えた時期に、昨年までの 状況を 踏まえながら、願書提出の 注意点、 面接・制作の 行動観察の 注意点、ペーパー問題の 注意点など、 疑問点や 不安に 思われる 点を 解説して いただくと ともに、質疑応答を 予定しています。

少人数制の 利点を 活かし、例年 活発な 質疑応答が なされています。

余白
余白
余白関西大学初等部 2013年度入試説明会

ご出席:田中達也 教頭先生

場所:イグザム幼児教室

日時:7月29日 日曜日    午前 10:00から

お申込み:
塾生:通常授業に 参加申込書に ご記入ください。
ビジター:電話にて 受付します。
会場の 関係で、塾生以外の 方は 若干名と させていただきます。

余白
余白小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート5月8日(火)
余白関西大学初等部 梅本龍多先生が ご訪問くださいました。



イグザム: 梅本先生が 取り組んで こられた、 ライフ・ワークの 1つ とも 言える、 5月5日 放送の 「欽ちゃん・慎吾の 仮装大賞」では、関西大学初等部の 生徒さんたちが 3回目の 出場を 果たし、技術賞を 受賞されて いましたね。
おめでとうございます。

梅本龍多先生: 有難うございます。
生徒と ご父兄が アイデアを 出し合って、 努力した 結果です。
勉強は もちろん 頑張って もらわなければ なりませんが、 こういった 遊び心も 大事に していきたいと 思っています。


今年は、 ハワイへの 英語留学も スタートし、ちょうど 仮装大賞の 準備と 重なって 大変だったのでは ありませんか。


そうですね。 この短期留学の 企画は、初めての 取り組みと いうことも あって、 いろいろ問題も 出てきますが、 初等部の ご父兄の 方々の 知恵と 行動力の 素晴らしさを 実感しています。
ご父兄の ご協力の もと、なんとか 成功させたいですね。



余白
余白梅本龍多 先生

余白

余白新しいチラシと ポスターを お届けくださいました。
余白この チラシには 2013年度 パンフレットの 写真が 使われています。
余白今年も イグザム生が 表紙を 飾っています。
余白うれしい 限りです。

余白

余白歩道橋が でき、安全な アクセス・ルートが できたため、今まで あまり
余白使われる ことの なかった 西門が 正門として 機能するように なりました。
余白説明会等に 行かれる 際は、この ルートを お確かめください。

余白
余白小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 5月6日(日) 
余白朝日新聞「花まる先生」で
余白三宅貴久子先生の 特集が 掲載されました。

関西大学初等部の 教育の 大きな 柱で ある「考える教育」、ミューズ学習の社会への 認知度が 高まりを 見せています。


余白

余白小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート4月20日(金)
田中明文校長先生インタビュー


 4月20日(金)関西大学初等部初等部を 訪問し、田中明文校長先生に お話を 伺いました。

余白

イグザム:
関大初等部の 人気が 相変わらず 高いですね。 ミューズ学習に 代表される 考える 授業に 対する 関心が 益々 高まっているように 感じます。
イグザム幼児教室からも、本年度は 13名 新入生と して 迎えて いただいた わけですが、この 子たちが 考える 力を 伸ばし、どういう 大人に育って いって くれるのか と 考えると 胸が 高鳴ります。

田中明文校長先生:
入学式で、2年生に いろいろ 手伝って もらったんですが、1年間で ここまで 育って くれたかと 目頭が 熱く なりました。
初等部の 生徒たちが 上に あがって 高校を 卒業する 時が、関西大学の 小・中・高 一貫教育の 真の 姿を 見ていただく 時だと 思っています。



イグザム:
先取り 授業をされていますが、その先の ことを お聞きしたいと 思います。
例えば 算数での、先取り 授業で 小学校で 学ぶべき 単元が 終わった 場合、中学校の 勉強に 進むので しょうか。

田中明文校長先生:
一部は 中学の 授業に かぶっていきます。

中学との ギャップを スムーズに 乗り越えて 行けるかどうか、小学校の 勉強と 中学校の 勉強の 糊しろの 部分を どう 埋めていくか が 一番の問題だと 考えています。


英語に ついては いかがでしょうか。

3年生の 授業で 殆ど 英語オンリーの 授業に なっています。
多い時には ネイティブの 先生が 3人 入っている ことが あります。

小学校5年で 単語の 読み書きを 始め、 中1 の 教科書を 使って 学ばせています。



シンキングツールを 使った「考える」授業が 関大初等部の 大きな 特徴で あり 魅力に なっていると 思いますが、他に、考えることを 高める ための 取り組みが あれば、 お教えください。

ルーブリックの 考え方を 取り入れた 授業展開を しています。 まず 授業の めあてを つかんだ 上で、 どこまで 達成できたら よしと するかを自分たちで 決めさせています。要するに ゴールを 決めると いうことです。

自分自身で 自分の 勉強の 度合いが わかる と いう、 インセンティブを 高める 授業が ルーブリックの 考え方です。
そういう 習慣を つけることを 今 やっています。
生徒たちの 必死で 喰らいつこう と する 学習意欲は 高いものが あります



関大初等部の 特徴の 一つ と して、名の 通った ベテラン先生が 多い と いうことが 挙げられる と 思うのですが。

下手な 教師の 授業では、「皆さん わかりましたか。 わかりましたね。ハイっ、では 次に 行きましょう。」と いうことで、 次に 進んで しまいがちです。

能力の ある 教師なら、「あなたは それで 自分の 目標に 対して 合格点が つけられるんですか。」と いう 発問を します。

当然、 生徒たち からは いろんな 質問が 出ます。
中には こちらが 予想しない 質問も 飛び出します。
全体に 関係ない 意見に 教師が 1対1で つきあったりして、振り回されると、 周りの生徒たちは 意欲を 失います。
授業の 活気が 一気に 低下してしまいます。

全体に 広げた方が いい 質問なのか、 全体 を考えた時、「今 それは 関係ないので、 後で 考えましょう。」と 切り捨てた 方が いい質問なのかを瞬時に 判断する 能力が 求められます。

全体に 広げて 堀り下げるべき 質問が 出された場合、その時 必要になるのが、 関大初等部で 進めている シンキング・ツールを 使った 授業です。


今の ルーブリックを 活用した 授業の お話、ベテラン先生の 高度な 授業の お話は、 昨年 大学で 広がった マイケル・サンデル教授の「白熱教室」の ような 授業ですね。

ある 部分 近いかも 知れませんね。 皆が 好き勝手に 発言しだしたら、 授業を コントロールする 力量の 無い 教師には できません。

力量の 無い先生だと、 最初から「それで 納得できますか」と いう 質問を できずに「皆さん、わかりましたか」と しか 言えない わけです。

脱線が 必要な 時も ありますが、 脱線を 嫌がる 真面目な 生徒も います。
さっと、笑いを 取って すぐ 授業に 戻して 集中させる、と いう技が 求められるのです。


いわゆる "巧"の 技を 持っている、ベテランの 先生を 集められた と いうことですね。

今日は お忙しい 中、 貴重な お話を 聞かせて いただき 本当に ありがとうございました。

余白
余白JR高槻駅から 関西大学ミューズキャンパスへ つながる 歩道橋も 完成し、
余白車から 隔離された、 信号を 1つも 通らずに 通学できる、 安全で 快適な
余白アクセスルートが 確保されました。

余白
余白歩道橋から 見た 西門(正門)

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白4月7日(土) 関西大学初等部 入学式

 4月7日(土)関西大学初等部の 入学式が ありました。
イグザム幼児教室 からは 13名の 塾生が めでたく、晴れの 入学式に 臨まれました。
おめでとうございます。

式が 終わってから、 何人かのイグザム生が 制服姿で 教室に 来てくれました。私どもに とって、塾生の 制服姿を 見せて いただくことは 何より うれしいことです。
りりしい 制服姿に、 感無量です。
お疲れのところ、有難うございました。
今後の ご活躍を 願ってやみません。

余白余白
 小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白関西大学初等部 2013年度 入試日程

本年度の入試日程が決定しました。
留意点としては、昨年に 比べ 入試説明会の 開催回数が 減って、 2回に なっていますので、 参加 できるよう 日程を 調整して おきましょう。
          
 5月20日(日)         学校説明会
 6月21日(水)          オープンスクール
 7月 1日(日)         第1回 入試説明会
 7月22日(日)         第2回 入試説明会
 8月26日(日)         個別相談会
 9月22日(土)〜10月初旬  親子面接
10月 8 日(月)         ペーパーテスト
10月 9 日(火)         行動観察・運動能力テスト
10月12日(金)         合格通知 発送
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2月19日(日)
余白
関西大学初等部 受験セミナー
余白〜2012年度 入学試験を 振り返って〜


余白

関西大学 初等部より、 田中達也 教頭先生を お招きしての 受験セミナーを 開催しました。

内容:
1.面接試験に ついて
2.ペーパー試験内容に ついて
3.行動観察試験に ついて

余白

特に 今回の セミナーの テーマと なる、面接に ついての 説明では、豊富な 実例を あげてくださりながら、詳しく ご説明 いただきました。

質疑応答では、 保護者の 皆さん から さまざまな 質問が 活発に 寄せられ、 田中教頭先生は、 細かい 部分まで 踏み込んで、 実に 丁寧に ご説明 くださいました。

余白

余白



参加して いただいた 保護者の 皆さんも「 減点対象に なる 受け答え」「減点対象に ならない 受け答え」に ついて、ポイントがよく 理解できたのでは ないかと 思います。

イグザムの セミナー・説明会では、毎回 活気ある 本音の 質疑応答が 展開されます。
One of Them ではなく
One and Only で 関西大学初等部 受験を 考える 保護者の 方が 圧倒的に 多いため、 自然と そんな 空気に なるのだと 思います。
少人数制の 教室ならではの「まぢかで 相対する セミナー」の 長所が 活かされて いるように 思います。

予定時間を 大幅に 超えての セミナーと なって しまいましたが、実りある セミナーと なったと 思います。

田中教頭先生、 本当に ありがとうございました。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2月4日(土) 余白
関西大学初等部 第2回研究発表会

余白

関西大学初等部の 研究発表会に 行ってきました。
余白余白

一般 参加の グループでは、 食堂で 田中達也 教頭先生から、今日の 授業公開の ポイントの 説明を 受け、早速 授業を 見せていただきました。
全国から 大勢の 教育関係者の 方が 集まる 中、 1年生から 4年生まで、生の 授業を 見せて いただく 機会は 多く ある ことでは ないので、 とても 興味深く 拝見しました。

また、 イグザムOBの 皆さんが 元気よく 熱心に 授業に 参加する 姿を 見て、 その 成長ぶりに 心が 躍りました。


思考力育成教育の 充実

公開されていた 授業全部を 見ることは できませんでしたが、 ミューズ学習の 授業は もちろんの こと、生活科、 道徳授業での ベン図 活用、 算数授業での 吹きだし法、など、 随所に ミューズ学習で 学んだ 思考スキルが ふんだんに 盛り込まれていました。

授業中の 生徒さん達の 発表も 意欲的で、 問題を 多面的に 考え、 自分の 考えを 的確に 表現する ことが できているように 思いました。
また、ノートの 取り方が 飛躍的に 向上して いることに 驚きました。

昨年も 参加させて いただきましたが、 思考力育成教育に さらに 磨きが かかってきたな と 実感しました。

余白余白

繰り返し いろんな 局面で 思考法を 活用することで、「比較」、「分類」、「関連付け」、「多面化」「構造化」、「整理」など、 プロセスを大切にし、物事の 考え方を しっかり 形作っていく 様子が 伝わってきました。

余白

思考スキルを 身に つけることが、全ての 学科で 学力を 高めることになり、この 思考力育成が 関大初等部の 教育の 最大の 柱で あり、他の 小学校では 見られない、卓抜した 特色で あることを、 改めて 再認識 することが できました。

入試説明会での、授業の「中身が見える」具体的な 説明を 繰り返し 行なって こられたことで、 徐々に 保護者の 方の 関大初等部教育の 特色・魅力に 関しての 理解も 深まり、 その 人気が 本物に なってきました。

昨今の 関大初等部 人気の 高まりには 確かな 理由が あると 実感しました。

余白

関西大学 初等部の 思考力育成の 詳細に ついては、 さくら社から 刊行される「 関大初等部式 思考力育成法:関西大学初等部 著」を 一読されると 参考に なると 思います。

余白新入生男子の 3人に1人は イグザム生
余談ですが、イグザム幼児教室は 阪急茨木市駅前に ある 少人数制の 小さな 教室です。
この 小さな 教室から 2012年度は 13名が 合格を いただき、 合格者 全員が 関西大学初等部に 入学します。
13名中 9名が 男子でした。
つまり 男子生徒の 約3人に 1人は イグザム生と いうことになります。
気心の 知れた、 仲の 良い お友達と 一緒に、 小学校生活を スタートできる と いうことは、 お子さんに とっても 保護者の 方に とっても、 心強い ことだと 思います。
来年の 第3回 研究発表会で、みんなの 元気な 授業風景が 見られるかと 思うと 今から ワクワクします。
さらに、来年に限らず、高校まで 高槻ミューズキャンパスで 12年の 成長を 見守ることが できるのは この上ない 喜びに 感じます。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2012年度 関西大学初等部 合格実績

余白13名合格(合格率65%)

合格 おめでとう ございます!

 全体的に 見れば、 今年の 関西大学 初等部の 入試は、実質180名の 受験生を 迎え 3倍を超える 競争率でした。11月02日現在、イグザム幼児教室では、20名の 受験生の 内、男子 9名、女子 4名の 計13名 (合格率65%)が 合格を 頂きました。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白10月17日(月)
余白
関西大学初等部を 訪問しました。
余白田中明文校長先生と 田中達也教頭先生に お話を うかがいました。


余白

 関西大学初等部を 表敬訪問しました。

 試験も 終わったばかりの お忙しい時期でしたが、 今年の 入試に ついて ホットな お話を 伺うことが できました。
 今年は 志願者数 約 200名 と いうことで、 過去最高 、受験生の 質も 高く、選考にも 苦労 されたようです。
 

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白10月12日(水)
余白
関西大学初等部
余白行動観察試験が 実施されました。


運動では、前日 実施した イグザム幼児教室の 直前授業での 前転など マット運動の サーキット と ボールパスも 出題されました。

 制作は、共同制作で、女子が お家づくり、男子は 車でした。
これも 前日の 直前授業で 幼稚園バスづくりを やったので、 ほぼ 同じ 内容でした。
イグザム生の 皆さんは しっかりした 手応えを 感じて、 笑顔で 戻ってきたようです。

余白

行動観察試験が 終了し、 本年度の 関西大学初等部の 全入試日程が 終了しました。
受験生の 皆さん、お疲れ様でした。
人事を 尽くして 天命を 待つ。
あとは 発表を 待つばかりです。



 イグザム生の 高い学力 のみ ならず、 面接や 行動観察に おいても 素直に コミニュケーションが 取れるなど、 高い 人間力を 発揮できた おかげだと 思っています。

 合格は ゴールでは ありません。
質の 高い 教育を 受ける ための スタートラインに 立った ばかりです。
これからの 皆さんの ご活躍を 期待します。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白10月11日(火)
 関西大学初等部
余白ペーパー試験が 実施 されました。


 朝、イグザム生の 皆さんの 元気な 顔を 見ることが できました。
緊張気味でしたが、 モチベーションは 高く 保たれていた ようです。

余白

関西最難関校
 今年も 関大人気は 衰えを 知らず、倍率 約3倍の 狭き門と なりました。
倍率で 考えれば、 志願者減に 頭を 痛める 関西の 私立小学校の 中に あって、 3年 連続の 最難関校に なりました。

本日実施されたペーパー試験 
 ぺーパー試験を 終えた 塾生の 皆さんが、 イグザム教室で 今日の 問題の 振り返りを おこなって くれ ました。
イグザム 生の皆さん、 お疲れのところ、本当に 有難うございました。
来年の 受験生達に とって とても有難い 贈り物です。

11月からの授業に反映
イグザム幼児教室は、オリジナル問題集で 学ぶ 教室です。 小回りの 効く 強みを 活かして 早速、 11月からの 新年長 関関同立クラスの 問題集作成に 反映し、いち早く 対策を 取って 行きたいと 考えています。

試験内容は 常識に 比重
聞き取りに よる ペーパーテストの 内容は と いうと、 1年目の 図形中心、2年目の 言語中心から、また、出題傾向をガラリと 変えてきた ようです。
今年は 常識問題 中心の 出題でした。知識を 求める 問題が 多く、全体的に 問題の ボリュームも 大きくなっています。

難問も出題
決して そうは 思えないのですが、 一般的には、関大初等部の 問題は 易しいとの 風評が あったのは 事実です。しかし 本年度の 入試では 難易度が 一気に 上がりました。

「正しい 日本地図を 探す」問題や、「日本で ないものを 探す 問題」の 選択肢の 中に、原爆ドームや、北海道土産の 「鮭を 咥えた 熊」の 置物、 阿波踊り など、少し 難しい 内容の ものも 含まれて いたようです。

また、数の 移動の 問題も、勘違いしやすい、 考えさせる 問題でした。
2つの 図形を 向かい合って 回転させ 重ね合わせた 形を 推理させるなど、 普段 解き慣れて いない 問題が 数多く出題され、戸惑った 受験生も 多かった ことでしょう。

この 難関を 突破 できれば、 喜びも また ひとしおです。

面接も難易度アップ
 先に 実施された 面接は、説明会でも 言われていた 通り、 昨年まで とは 大きく 傾向が 変わってきました。
お子さん 中心の 面接と なったようで、 かなり 突っ込んだ 質問を されたようです。
直後の アンケートでは、「少し 圧迫感を 感じた」と 答えた 保護者の 方も いらっしゃいました。
お子さん 自身の コミニュケーション 能力を じっくり 見られたようです。

余白

 12日(水) には、行動観察の 試験が 実施されます。発表は14日発送。ドキドキの一週間です。

土曜日には 結果が 出揃うことに なりそうです。


入試が一段落したら、早い機会に私学入試報告会を開催したいと考えています。日程は追ってホームページ上で発表します。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白 9月24日(土)
余白関西大学初等部
  2012年度 入学試験が 始まりました。


 親子面接が 始まりました。 続いて ペーパー試験、行動観察試験が 行われます。

塾生の 皆さんが イグザム幼児教室で、これまで 学んだことを 活かして、合格を 勝ち取って くれると 確信しています。

小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白7月31日(日)
余白関西大学初等部 第3回 入試説明会

余白

7月31日(日) 関西大学初等部の 3回目と なる 入試説明会が JR京都駅前「メルパルク京都」
の 5階で 14:00から 開催されました。
200名強の 方が お集まりに なり、熱心に 聞き入って いました。

余白

これまでの 説明会 同様、最初に 梅本龍多先生の 写真スライドショーで 幕を 開けました。今回の テーマは「学校行事」、入学式や 運動会、そして 4年生の 宿泊研修の 模様などが Aiの 楽曲、”story”に 乗せて、活き活きと 映し出されました。



1.初等部 学校長挨拶 田中明文校長先生

余白

 京都では 初めてとなる 入試説明会だが、たくさんの 方に お集まりいただいたことに 感謝したい。新聞を 見ると、福島、原発、スーダン、ノルウエーなど、世界中で 様々な 問題が 次々に 起こっていることが 分かる。
私たちの 育てた 子供が、将来 こういった 問題を 解決できる力を 持つことを 願っている。
 今日は、この後、関西大学 初等部の 理科授業が どういうものかを 実験を まじえながら、ご覧頂きたい。
今回で 最後の 入試説明会と なるが、最後に、8月28日(日)には 大阪・梅田で 個別懇談会を 開催する。 ぜひ お越し いただきたい。


2.理科教育に ついて 〜楽しみながら 考える 理科実験〜 
余白初等部 4年1組 担任  教諭 長戸 基 先生

余白

どうなるか 考えてみよう

体重計で からだの 重さを 計る
どれが 一番 重いかな @片足で 両手を 上げて 乗る
A両足で しゃがんで 乗る
B両足で 立って乗る

400gの ジュースを 手に 持って、持った手を 横に 突き出した 状態で 乗る
元の 体重に 比べて 何g 増えるか。

@400g 増える
A400gより 少なく 増える
B400gより 多く 増える

では、400gの ジュースを 飲んでから 乗ると?

@400g 増える
A400gより 少なく増える
B400gより 多く 増える

水の 入った ビーカーに 鉄の おもりを 入れると、
おもりは ビーカーの 底に 沈む。
この時の 重さは
@ビーカーの 水と 鉄の おもりの 重さ
Aビーカーの 水と 鉄の おもりの 重さ より 重い
Bビーカーの 水と 鉄の おもりの 重さ より 軽い

では、水の入ったビーカーに木片を入れると木片は丁度半分沈んだ状態で水に浮いている
この時の重さは
@ビーカーの 水と 木片の 重さ
Aビーカーの 水と 木片の 重さ より 重い
Bビーカーの 水と 木片の 重さ より 軽い


「 こうだから、こうなる 」を 考えさせる。

お互いの 意見を 聞いて、もう 一度 考えさせる。

「ものの 重さは なくならない」

これは 中学 以降で 習う "質量保存の法則" の 考え方を 養うものだ。
様々な 見た目や 状況で→ 体感・経験を 伴って→ 意外・驚き→ 考えの 根拠を 示して 授業を 進める。

続いて いよいよ 実験。"電気回路に ついて"
豆電球 1個と 電池と 電線 1本で 電気を つけることが できるか

余白

続いては、 電池を 直列に つないで いって、都度 豆電球を 点灯させると1個の 時より 2個 つないだ 時の 方が 明るく 点灯し、3個 つないだ ところで 豆電球の フィラメントが 焼き切れました。

※この後も、長戸先生は、乾電池1個をショートさせ、 スチールファイバーを 燃やす(残念ながら 電池の 出力不足で 焦げるに とどまる)、家庭用コンセントの 電気を ショートさせて 強烈な 火花を 見せたり、1.5Vの 電池を 66個 つないで 100Vの 家庭用電球を 点灯させたりと、様々な 実験を 見せて くださいました。

余白

※長戸 基先生の 授業の 様子は 初めて 見させていただきましたが、 少し 照れながら、「まっさらな 白衣を 着てきました。」と おっしゃった 長戸先生は、 ひょうひょうと された 中にも 味のある、 いかにも "理科の 先生" と いう印象でした。

 こんな 理科の 授業を 受けることが できたら、理科好きの 子どもが どんどん 増えそうですね。

 入試説明会では、都度、関西大学初等部の 授業に ついて 具体的な形での ご紹介が ありました。
 第1回の 三宅 貴久子 先生の「ミューズ学習」、第2回の 古本 温久先生の「算数授業」、そして今回の 長戸 基 先生の「理科授業」。

 計3回の 説明会で 紹介された 授業の 進め方を 拝見すると、関西大学初等部で 実践されている「考える授業」の 一貫した 教育姿勢が はっきりと 伝わってきました。

 説明会に 参加する 度に、授業を 教える 先生方を 紹介していく。そして、同時に その 授業内容を わかりやすく 示して 見せる。

関西大学初等部の 魅力は、この 「明快な 発信力」では ないかと 思います。



3・入試に ついて 田中達也 教頭 先生

余白

 今回も 残念ながら これといって 新しい 情報は ありませんでしたが、繰り返し、「 "聞ける こども" か どうか が ポイント 」で ある と 強調されて いました。

余白

※「興味が あると つい 口を はさむ 子供が いる。皆に 大切な 話を している 時でも、 自分で 思った ことを その場で 口に 出さなければ 気が 済まないという クセが あるなら、その 習慣を 改めておいて もらいたい。」と、具体的な 悪例を1つ 挙げられました。

こういう 話が 出た 以上、その 心配が ある お子さんは これを 重く 受け止め、ご家庭で しっかりと 改めていく 必要が ありそうです。

※今年から 審査対象と なった 着替えに ついては、「初等部の 授業と 授業の 間の 休み時間は 5分間。 この 時間で 着替えが できないようでは 困る。」と、着替えの 目安と なる 時間を 示されました。





余白 小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白7月24日(日)
余白関西大学初等部 2012年度
余白第2回 入試説明会

7月24日 日曜日、 13:00から 関西大学 高槻ミューズ・キャンパス アリーナにて 第2回 入試説明会が 開催されました。

余白

 説明会の開始は、恒例と なった 初等部 児童の 生の 姿を 伝える、 梅本龍多先生の 手に よる 新作の スライドショーの テーマは「考動開始」。
東日本 大震災の 復興支援で 注目を 浴びた レディー・ガガ の ヒット曲 "ボーン・ディス・ウェイ" の 軽快な テーマに 乗せて、 初等部の 子供たちの "考える姿" が 次々に 映し出されました。


1.初等部 学校長 挨拶 田中明文 校長先生

余白

 子供たちが 夏休みを 迎えた。
本校は 2学期制を とっているので 夏休み前の 終業式は ない。
8月29日に 授業を 再開する。

 先頃、 4年生が 3泊4日の 体験学習を 長崎県 天草で 行なった。
13の 民宿に 別れて、宿泊したが、お世話になった 民宿から お誉めの 言葉を たくさん 頂いた。
後片付けや 掃除などを 自発的に 手伝う 子供たちが たくさん いた と いうことで、 こういう点を 評価されるのは 喜ばしい限りだ。

 関西大学初等部が 目指しているのは、単に 勉強が できる子を 育てる と いうことではない。
高い 学力と 同時に、「 品性を 倫理観を 高める 」ことが 大切だ。

品性と 倫理観を 高めるための 取り組み

朝の 挨拶
「朝の 挨拶は、きちんと 立ち止り、踵を 揃えて しよう」など 規律ある 行動を 求めている。
そして、挨拶を するにも、相手を 見て 態度を 変えるような ことが あっては ならない、 と いうことも 教えている。

3つのポケット

「ありがとう」
「ごめんなさい」
「がんばろう」

学校に 設置した 3つの ポケットに、子供たちが 気がついたことを 記入し、入れていく。

がんばりましょうカード

@ 毎日元気に 過ごせましたか
A 毎日笑顔で あいさつできましたか
B「ありがとう」の 気持ちを 伝えることが できましたか
C「ごめんなさい」の 気持ちを 伝えることが できましたか
D 勉強を がんばりましたか
E 運動を がんばりましたか
F 弱い者いじめを しませんでしたか
G 交通ルール、マナーを 守ることが できましたか
H 掃除、整理整頓など 身の回りを きれいに できましたか
I 家の人や 友達、先生に うそは つきませんでしたか

子供たち自身が チェックシートで 評価し、○×を つけて 結果を 記録している。

規範意識を 育むには 適時性と いうものが ある。中・高では なく、 初等部の 時期に しっかりと したものを 身に つけさせたい。
これらの しつけは、初等部の 校風が しっかり 育つまで 続けていきたい。

これから、5年、6年では、この がんばりましょうカードの 項目を 児童達の 話し合いで 徐々に 減らして いきたいと 考えている。

学力を 上げることは 言うまでもなく 大事な ことだが、規律を 身に 付けていなければ 社会で通用する 大人には なれないと 私たちは 考えている。



2.中・高等部 学校長 挨拶 米津俊司 校長先生

余白

12年一貫教育の 流れは「確かな学力」と「探求能力」の育成

私は、良い学校の条件は、
@わが子が安全に通える学校、
Aわが子の力を最大限に伸ばしてくれる学校
だと、思っている。

 学びの 面では、 成績ベスト10を 発表し、 賞状を 授与している。 励み と しての効果を 期待している。

 詩吟で 西日本 ナンバー1の 生徒や、フィギュア・スケート 全国1位の 選手を 輩出するなど、学業だけで なく、文化・スポーツでも 活躍を 見せてくれている。

 関西大学進学は もちろんの こと、関西大学に 無い 学部を 持つ 他の 私立大学や、 国・公立大学への 進学が 可能な 学力を 保障して いきたい。

 初等部 60名体制、中・高等部は 108名体制と なっており、皆さんの お子さんが 中等部に 進学する時には 中等部からの 外部生は 48名 だけと なる。非常に 狭き門に なることが 予想される。 ぜひ 初等部から 関西大学の 12年一貫教育を お子さんに受けさせて あげて 欲しい。



3.算数科の 教育について 初等部 教諭 古本温久先生

余白

思考を 楽しむ 算数学習
プレッシャーを 与えながらの 形式的、機械的、強制的な つめこみではなく、「わかった!」「やってみたい!」「もっとしたい!」「なぜ?」「もっといい方法はないかな?」と いう 思いを 持てるような 楽しい 算数授業を 目指している。

「好きこそ ものの 上手なれ」と いう 言葉が ある。
今の 4年生への 算数の 好き嫌い アンケートでは「算数が 好き」「どちらとも 言えない」「嫌い」で 回答して もらったところ、「算数が 好き」が 9割に なった。
今日は その 秘密を 子供たちのノートなど、 具体例を 見ながら お教えしたい。

余白

秘密1
 材料に こだわる。

 関大初等部では あくまでも 教科書を ベースに 教えていく。 基本の 教科書に 加え、 昭和初期 の 緑表紙の 教科書、ドイツの 数の 教科書、 そして 問題集など 厳選し、 組み合わせて 授業を  進めている。 6年生の 前期までに 小学校の 単元を 全て 修了する 予定だ。

秘密2
 表現に こだわる。(見える化 させる)
 授業の 流れを ふりかえられる ノート作り。
 「わかった!」の 瞬間を ノートに 書き止める。
 ノートを 学びの ポートフォリオに する。

秘密3
 学び合い(つぶやき)
 クラスメートの 意見や 考え方を、自分と 比べて どうか、吹き出しを 使って 表現することで、 友だちの 良さを 発見する。

秘密4
 意味に こだわる

 直分数、仮分数、帯分数など、意味を 考えながら 覚える。
 分母と 分子を 分ける線を 何と 呼ぶか → 割線など、 見過ごしがちな ことにも こだわりを 持っ て学ぶ。

余白

 第1回の 入試説明会に 引き続き、関西大学 初等部が めざす「思考力の育成」の 具体的な 手法と 成果が 示されました。 保護者の 皆さんも、 関西大学の めざす 教育と、その魅力が 見えてきたのでは ないでしょうか。 関西大学が 他校には ない 特色を はっきりと 打ち出してきたことで、学校選びで まだ 悩む 保護者の 方には 比較・選択がしやすくなってきましたね。


4.入試について 初等部 教頭 田中達也先生

  余白

入学試験の ポイント

親子面接の変更点
余白前回まで (10分程度)余白今回(12分程度)


 ペーパーは、「聞きとる力」を 重視する。指示を 最後まで しっかり 聞けないと、落とし穴に はまることに なるかも。


 前回の 説明会の 内容から、さらに 踏み込んだ 内容を 期待したのですが、残念ながら、大きな 進展は ありませんでした。

※ しかしながら、間違えたときの 訂正方法など、具体的な お話が あったことは、 関西大学初等部だけを 目指している お子さんに とっては、それを 覚えておくことは、訂正ミスを 起こさないための 大きな ポイントと なり、 ありがたい ことだと 思います。

※ 制作に おける、完成後の 相互評価に ついての お話も、「人との かかわり」を 大きな ポイントと して 見ていくことを 強調された 場面でした。

 これらの ポイントは、 今後 授業の中で 再確認していきたいと 思います。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白7月10日(日)
余白
イグザム幼児教室開催
余白関西大学 初等部 入試説明会


 7月10日(日) イグザム 幼児教室にて 田中明文 校長先生を お招きし、
関西大学 初等部 入試説明会を 開催しました。

余白

 学力が 上がっても 満足に 掃除が できない、 人に 意地悪する と いうのでは 困る。
高い 人間力の 育成に 重点を おきたい。

在校生を 見ても「挑戦する子」が 多いことに 気づく。
「考えること」は ミューズ学習を はじめとして、学校で 教えていく。
「感受性 豊かな子」を 育てることが 実は 一番難しい。

 土や 木の ぬくもりを 肌で 知っている 子が 少なく なっている。
いろんな 自然体験を お子さんに、できるだけ させてやって ほしい。
そして、人の 痛みを 自分の 痛みと して 感じられる 子に 入学して もらいたい。
人の 心の 痛みが わかる子に 育てて もらいたい。

 ご家庭で 掃除も させて もらいたい。
また、 自分で いろんな 準備が できる お子さんに しておいてほしい。

余白

 本校の 教育の 最大の 特徴は「ミューズ学習」として、考える 技術を 授業と して 教えている 点で ある。

 私は、計算が 1分で できるか 2分 かかるかは 、早いに 越したことは ないが、 あまり 問題では ない と 考えている。
大切なのは 物事を 筋道立てて 考える力だ。

 ミューズ学習で 学んだ 考える技術を 国語や 算数など、一般教科で 活かしていくことだ。

余白

 このあと、入試に 関する 注意点など、細かいお話を 聞かせて 頂きました。
 質問応答の 時間には、ご父兄からの かなり 踏み込んだ 質問にも 丁寧に 答えていただきました。
 田中校長先生、お忙しい中、本当に ありがとうございました。

 定員60名は 受験する 立場から すれば 狭き門で あり、『 もう 1クラス 増やして もらえたら 』 と 望んで しまう ものですが、 この 60名 という 少ない 定員こそが、 関西大学 初等部の 目指す、 理想の 教育を 維持する ための もので ある、 と 思えば、合格した 児童や ご父兄に とって、 その 価値は 益々 高まることに なるでしょう。


 今年 大阪府下 最高の、 8倍 近い 倍率 と なった 中等部、 そして、 橋下 府政の 下、 100% で ないにしても、 高校無償化の 恩恵に あずかることが できる 高等部など、 将来性を 考えても、その 価値は 高まる 一方です。

 また、京阪神の 中でも 利便性の 極めて 高い 立地、 JR高槻駅に 隣接する キャンパスも 魅力と なっています。

 そして、最新の 耐震設備を 持った校舎や 敷地内に 社会安全学部の 大学、大学院が 同居している こと など、「安全」面でも、他を 一歩 リードしていると 言えるでしょう。


 当教室での 説明会の 冒頭、 校長先生は、関西大学の 建学の歴史、 精神支柱で ある 『 学の 実化 』 に ついて お話しくださいました。

教室の 皆さんは、すでに 何度も 学校説明会、 入試説明会に 足を 運んで いらっしゃいますので、 当然、 幾度か お聞きしたことの ある お話も 多く含まれています。

関西大学の 歴史や 建学の 精神に ついては 頭に 入って いらっしゃる方も 大勢 いらっしゃいます。

 それでも お話し くださる ことの 意味は、 繰り返し 話すことで、 関西大学 スピリットを しっかり 根付かせたい と いう お思いからで あり、この、 ある意味 頑固とも 言える、 ブレない 一貫性こそが、 関西大学の 12年 一貫教育の 意味を 理解する 上でも 大切な ことだと 思います。 


 田中校長先生は、 毎朝、校門に 立たれて、 児童を 迎えて いらっしゃいます。 初等部の 児童は もちろん、 中等部、 高等部の 生徒の 顔も覚えて、 声かけを なさっています。
 それから、毎朝 校門の 前を 通る 市民の 方にも 挨拶を されています。

 初等部の 新入生が 将来、中等部・高等部に 進学しても、 毎朝、 校長先生から 声かけ して いただけることこそ、 関西大学が 同一 敷地内での 12年 一貫教育の 良さの ひとつ ではないかと 思いました。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白7月3日(日)
余白関西大学初等部 2012年度 入試説明会


 7月3日(日)13:00から 関西大学 高槻ミューズキャンパス 4階アリーナで 入試説明会が 開催されました。

 冒頭、司会の 梅本龍多先生から、子供たちの 学校での 様子を スライドショーで 見せて いただきました。
説明会の 恒例とも 言えるように なりましたが、今回の テーマは「せんせい」。

 TVドラマ「仁」の テーマ曲に 乗せて、先生と 児童の ふれあい、笑顔、キラキラした 瞳、真剣な まなざしなど、素晴らしい 写真を 次々 見せて いただきました。
ちなみに、今日で 3本目と なる 説明会 冒頭の ビデオは、全て 梅本先生が 自ら 写真撮影、編集、音入れなど された 傑作です。


1.田中明文 初等部 校長先生 ご挨拶

一貫教育の 柱 『 思考力の 育成 』

 関西大学の 学是『 学の 実化 』を 実践するために、本校の 教員は 豊富な 経験と 成果を 上げた 先生方に 集まって もらっている。
 
 そして、初等部から 高等部に 至る 12年間の 教育の 柱として、『思考力の 育成』を 定め、これを 推進している。
普通の 学校で このような 12年の テーマを 定めることは 無いし、定めることも できないだろうと 考える。

文科省 が 認めた 『 最先端中の 最先端教育 』

 PISA調査(Programme for International Student Assessment)の 結果を ふまえ、新 学習指導要領が、平成23年 4月より スタートしているが、本校は それに 先立ち 12年 一貫の 思考力 育成 教育を スタート させている。

 本校に 入学し、文部科学省を して「最先端中の 最先端」と 言わしめた、本校の ミューズ学習を、お子さんに ぜひ、受けて いただきたい。

 全教員が 上向きの ベクトルで 進んでいるのが 本校の 自慢の ひとつだが、教員の 研鑽の 一環と して、開校1年目の 学校と しては 異例と いえる、 全国から 教育関係者に お集まり いただいての『研究発表会』を 2月に 開催した。
本年度も、2012年 2月4日に 開催する、ぜひ ご父兄の 皆さんにも ご覧 いただきたい。

関西大学の 12年 一貫教育の メリットは、

 @無駄の 無い、効率的な カリキュラムを 構築できる

 A児童が 自分の 将来像を 身近に 見ることが できる

 B自分を よく知っている 大人から ずっと 見守って もらえる為、

 『安心』の 中で 成長することが できる


と いうことだ。

 本校の 教員たちの 楽しみは、 理想の 学校づくりが できること、そして、 子供たちの 成長を ずっと 見守ることが できる と いうことだが、それは 同時に 重い 責任を 負う と いうことでも ある。
 12年 一貫教育の 重みを 教員 全員が 感じている。



2.米津俊司 中・高等部 校長先生 ご挨拶

なぜ中等部、高等部と 名付けたのか

 関西大学には 一中・一高が すでに 存在していたのに、なぜ 二中・二高で なく、中等部、高等部なのかを まず お話したい。

  関西大学 初めての 小学校を つくるに あたって、理想の 12年 一貫教育を 目指そうと 決め、一中、一高とは 全く 別の 学校づくりを 考えた 結果だ。

 関西大学の 附属の学校で ありながら、関西大学 進学を 担保しながら、関西大学にはない、医学部、薬学部、そして 国立大学を 目指す 学力を 持った お子さんを 育てる と いうことを 目指しており、それが 本校の 特徴である。

中等部は 大阪府内 最高の 志願者数

 大阪府内には 65の 私立中学校が あるが、本年度の 志願者は 108名の 募集に 対し、768名に のぼった。
 これは 大阪府で 最高の 志願者数だった。

 本校を 第1志望にした 志願者が 多いのも 特徴で、合格者106名の うち、101名が そのまま 入学した。

 まだ 開校 2年目だが、必ず いい 学校に する。

 中学で 本校を 目指すことを 考えれば、小学校受験で 本校を 目指す 方が はるかに 有利。ぜひ 受験していただきたい。


3.三宅貴久子先生 
余白関大初等部のミューズ学習について


 関西大学初等部の 思考力教育(ミューズ学習)は、自立した 学習者に なるための シンキングツールの 習得である。

 3年生までに 6つの 思考スキルを 習得する。

 『頭の 中の 情報を 書き込むための ツール』と して、ベン図、Xチャート、ボーン図、ピラミッドなどを 使い分け、比較 分析、共通点・相違点の発見などを 通じ 自分なりの 結論を 求めるものである。

 今日は 4年生の 実際の 発表の 模様を ビデオで 紹介したい。


※ 2名の 発表の 模様を 見せて いただきましたが、いずれの 発表も 非常に 論理的かつ 明快な 説明が なされており、校長先生の おっしゃった「最先端中の 最先端の 思考力教育」の 成果を 目の当たりにして、参加された ご父兄も 驚きの 色を 隠せない 様子 でした。
発表内容を そのまま 文字に 置き換えれば 小学生の レベルを 超えた 正に 立派な 論文でした。


4.田中達也教頭先生 2012年度 入試の 説明

 「本年度の 募集は、男女 合わせて 60名。」

本年度は 何を 重点的に 見るか
 ペーパーで 学力を 見るのは もちろんだが、本年度は 特に

 @ 入学後、スムーズな 学校生活を 送ることが できるか

 A 考える 土台が できているか

 B 支え合ったり、学び合ったりする 素養が あるか


具体的に 言うと、
 @では、学びを 支える 生活習慣が できているかが 重要な 要素と なる。
『着替え』 昨年は 審査対象に していなかったが 今年は しっかり 見る。

 Aでは ペーパー、行動観察、面接の 全てに おいて 『 人の 話を 最後まで しっかり 聞くことが できるか、 指示を 忠実に 守れるか 』 を 見る。

 Bでは 行動観察時に、友達との 関わり、コミュニケーション能力を 見る。
友達、先生との やりとりなどを 見たい。
また、我慢が できるか、簡単に あきらめたり しないか も 見ていく。

2012年度 入試日程

 9月 1日〜 9月8日 願書提出
 9月24日〜10月4日 親子面接
10月11日       ペーパー 試験
10月12日       行動観察 試験
10月14日       合格発表(郵送)

 試験では 特に 先ほど 述べたポイントを 重点的に 見ていく。
日常生活で 大事なのは 叱り方より 誉め方である。

面接:
 従来 10分だった 面接時間を 12分に 増やす。
昨年までは 保護者への 質問に 比重を 置いていたが、今年は お子さんへの 質問時間を 増やす。
質問数を 増やすのでは なく、より 話の 中身を 掘り下げて やりとり するように したい。
詰まったり、頭が 真っ白に なって 言い淀んだり することへの 減点は しない。

 質問を 最後まで しっかり聞いて、その 内容に 沿った 答えを しようとしているかを 見る。
また、自分の 言葉で 話そうと しているかを 見たい。

ペーパー:
 説明を しっかり 聞くことが 大事。
本校では、クーピーを 使い 色を 指定して 回答させる。
答えが 合っていても、 クーピーの 色 間違いは 合っていない のと 同じ。

行動観察:
 1度に 9〜10名の グループで 行う。
制作:
 さらに それを 2つの グループに 分けて 実施。
運動:
 昨年は 個人で 実施したが 今年は ペア もしくは グループでと 考えている。
単純に 運動能力を 見るものではなく、友達との かかわり、やりとり、試験管との やりとりなどを 見る。

 次回の 説明会では さらに 詳しい 話を したい。



 当日 配布された 募集要項書類は 次の 通り

■児童募集要項
■願書綴り(入学願書A票、副票、受験票、入学検定料振込依頼票)
■願書B票
■受験票返送用封筒
■出願用封筒


5.個別相談会・施設見学
 個別相談会は 5つの ブースに 分けて実施。
施設見学では 今回は 床可動式の 室内温水プールと 武道場を 見せて いただきました。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白6月21日(火)
余白関西大学初等部 オープン・スクール
余白

 関西大学 高槻ミューズキャンパス 4階 アリーナで ほぼ 満員の 状態で 開催されました。

 開会に 先立ち、司会者の 梅本龍多先生から ミューズっ子 クラブの 様子を まとめた 映像を 見せて いただきました。


1.学校長挨拶: 田中明文 校長先生

 「子供たちの 様子を 初めて 見ていただくので ドキドキしている。 普段通りの 授業を 見て いただきたい。

 前回 開催した 学校説明会 以降の 流れ としては、 6月4日に 運動会を 実施した。

 開校初年度は、 初・中・高等部合同で 実施したが、全体の 生徒数が 倍増となった 本年度は、 初等部 単独で 開催した。 玉入れや 綱引きなどは、 中等部の 生徒にも 参加してもらった。

 子供たちは 夏休みまでの間、勉強に 打ち込む 時期に なった。

 先日、我が校の 特色でも ある ミューズ学習に 関して、 文部科学省の 視察が あった。 思考力を 高める 学習では、『最先端を 行くものだ』 と 評価され、お褒めの 言葉を いただいた。

 子供たちも 格段に 変わってきている。 皆が 新入生だった 開校 初年度と 違い、今年は 2、3,4年生に 落ち着きが 感じられるように なった。

 今日は いつも通りの 関西大学 初等部の 授業を 見てもらいたい。」
と いう お話が ありました。


2.教育内容に ついて: 田中達也教頭先生
余白
 画像を 交えながら わくわく館(図書室)での 授業の 様子、論語塾、ディベート授業、東日本大震災に 関する 学習や、 オーストラリアの 小学校との テレビ会議の 模様、 パソコンを 使った 授業風景など、 先端 を行く 授業の 一端を ご紹介 くださいました。

『今日を 含めて 5回 開催される 説明会で、毎回 違う 切り口で 関大初等部の 教育内容に ついて説明を 行う 予定なので、 せひ ご参加 いただきたい。』との ことでした。



3.公開授業

 各教室での 授業風景は 撮影不可でしたので、残念ながら 画像で お伝えすることは、できませんが、校長先生が おっしゃっていたように、 生徒さんたちの 授業を 受ける 態度にも 以前に比べると ぐっと 落ち着きが 感じられました。

 イグザムOBの 生徒さんたちも、また、少し成長した 様子が うかがえました。

 年長、年中さんを 対象に 2回に分けて 約100名が 参加した 公開 英語 授業では、ネイティブの 先生方に よる、 ほとんど 日本語を 交えない 授業が いきなり 展開されましたが、昨年に 比べ、 英語を 学んでいる お子さんが 増えたのでしょうか、 大半の お子さんが 自然に 受け答えしていたのが とても 印象的でした。

余白
余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白5月22日(日)
余白余白関西大学初等部セミナー
余白を開催しました。


 5月22日(日)10:00〜 関西大学初等部より、梅本先生、三宅先生に イグザム幼児教室に お越しいただき、教育セミナーを 開催しました。内容を ほんの 一部 ご紹介いたします。

余白第1部 関西大学初等部の 英語教育とは

余白
余白関西大学初等部 教諭
梅本 龍多 先生

 「関大の 英語は 基礎の スキルを 身に つけること。 英語での 体験を 積ませることを 大事にしたい。文字は 沢山 入れていく。聞けて、読めて、話せる子を 育てていく。世界に 通用する 英語の 習得を 目指したい。」

 各学年の 授業時間や、指導される 先生方の 話、使用する教材、ICT設備、そして、英語宿泊研修や インタビュー、海外の学校との 交流授業など、実際に 英語を 活用する 場面などを、詳しく ご説明していただきました。

 そして、余談と して 先般 準優勝を 果たされた、「欽ちゃん&香取慎吾の 第86回 全日本仮装大賞」の 4年生チームの 取り組み 経緯などの お話も 伺うことが できました。
 そして、 賞金を 東北大震災の 義捐金と 関大初等部図書館に 寄付された話も うかがいました。


余白第2部 関西大学初等部の ミューズ学習とは

余白
余白関西大学初等部 教諭
三宅 貴久子 先生

 「ミューズ学習とは 考える ということを 考える時間。 比較、分類、分析など、 ベン図、 ボーン図、 ピラミッド・チャートなど、 さまざまな 『思考ツール』を 使い分け 物事を 掘り下げて 考える力を 身につけ、それを 教科学習に 反映する 力を 養う 学習。」
 授業でも 着用されている と いう 「"達人"トレーナー」 を 着用されて、 それぞれの 「思考ツール」に ついて 詳しく 説明していただきました。
余白

 実際に ご父兄にも 三宅先生が ご用意くださった テーマで 「思考ツール」を使って 考えるスキルを 学ぶ 体験授業を してくださいました。

 企業の 研修などでも 活用されている 「思考ツール」を 小学校で 習得し、考えるスキルを 身につけることは、 「生きていく」 上で とても 役に 立つ 有意義な もので あると 感じました。


余白第3部 質疑応答

余白

 
予定時間を 大幅に超えましたが、ご父兄からの 踏み込んだ 内容の ご質問にも、笑顔で ユーモアを 交えながら、丁寧に ご説明 いただきました。有難うございました。

冒頭 お二人からの ごあいさつの中で、「関西大学初等部を 目指す 受験生を 応援すると いう スタンスで やってきました」 と の 心強い お言葉を 頂きました。

余白

 参加された ご父兄の 殆どの 方が 21日の 学校説明会に 参加されていましたので、 前日 うかがった、 田中教頭先生の ご説明を さらに 詳しく 解説して いただく 内容と なり、皆さん 関大初等部の 教育に ついての 理解が 深まると 同時に、 「わが子を ぜひ 関西大学初等部に 入学させたい」 と いう モチベーションを 高める ことに なったようです。




小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白5月21日(土)
余白関西大学初等部学校説明会
余白


 5月21日(土) 関西大学ミューズキャンパス 4階アリーナに、 満員の ご父兄を 集めて 開催されました。 今年の 関大初等部人気も 衰えることを 知らないようです。

 最初に、 司会を 務められた 梅本先生から、 5月の ある日の 1年生の 様子を スライドショー で 見せて いただきました。 梅本先生 ご自身が カメラに 収められ、 音楽を 入れて 編集された ものです。

余白

 当日 頂いた 新しい パンフレットには、 開校1年目の 子どもたちの 様子などが 加わり、 写真も 全て 一新されました。 昨年同様、モデルでは なく、 在校生の たくさんの 写真が 掲載されています(田中校長先生の お話では、校内モデルを 募集したところ、251名中 250名近くが 掲載に 同意されたという ことです)。
 うれしいことに、 表紙と その次のページにも、 イグザム生 OBの姿を 見ることが できました。 全学年の 集合写真を 始め、各ページで 「ウォーリーを 探せ」 の ごとく、 イグザム生 OBの 元気な 姿を 探してしまいました。
 当教室では、 これまで 合格者全員が、 関西大学初等部に 入学されています。 みんなの 笑顔に 会うことが できました。
 皆さんの 成長ぶりを 見ることが できるのが この仕事を していて よかったと 思える 瞬間です。

 田中明文校長先生の ご挨拶の中で、 「先日 避難訓練を 実施したが、 訓練を 行うに あたって、 『押さない。』 『走らない。』 『しゃべらない。』 と いう 3つの 約束を 説明したところ、 児童の ほうから、 『低学年の 手を 引く』 を 足しては どうかと 提言があった。 子供たちの, 自分より 幼いものを いたわる という 感性に 感心した。」 と いう お話が 印象的でした。

 続く 田中達也 教頭先生の 教育に ついての お話では、ミューズ学習での 思考スキルに ついての お話がありました。

 そして2年生担任の 今宮信吾先生からは 「知性と 感性を つなぐ 言葉指導」 の お話がありました。

「知性が あっても 言葉に それを 使えなければ 意味がない。 知性と 感性を つなぐには 『語彙力』、 『言い換える力』、 『比喩表現が できる力』 が 求められる。」 そして それらを 鍛える ための 「言葉遊び」 などの お話が ありました。

 最後に 施設見学が ありました。




小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白関西大学初等部入試説明会を開催します。

余白
7月10日(日)
余白 過去 2度の 入学試験を 振り返りながら、本年度の 入試に ついて
お話していただきます。


余白
余白関西大学初等部
田中 明文 校長先生
余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 3月5日(土)
余白2012年度 第1回 学校説明会

余白3月5日 関西大学初等部 学校説明会が ミューズホールで 開催されました。
田中校長先生の ご挨拶の後、田中教頭先生から、開校 1年目の 関大初等部の 4月から 今日までの 様子を ご紹介して いただきました。
そして、今宮先生からは、1年生の 学びの中での 1年間の 成長ぶりを ご紹介くださいました。
余白 最後に、田中教頭先生から入試に関するお話がありました。
 昨年の試験の内容、そして 来年の 傾向に ついて、ざっと お話が ありました。さらに、早々と 2012年度の 入試日程が 明らかに されました。

余白


余白2012年度関西大学初等部説明会日程
余白5月21日(土)学校説明会・施設見学 10:00〜アリーナ・
余白初等部施設
余白6月21日(火) オープンスクール 10:00〜アリーナ・
余白初等部 各教室
余白7月3日 (日) 入試説明会 13:00〜アリーナ
余白7月24日(日) 入試説明会 13:00〜アリーナ
余白7月31日(日) 入試説明会 14:00〜メルバルク京都
余白8月28日(日) 個別相談会 13:00〜西梅田ブリーゼ小ホール


余白2012年度 関西大学初等部 入試日程
余白9月1日(木)〜8日(木) 願書提出
余白9月24日(土)〜10月4日(火) 親子面接
余白10月11日(火) ペーパー試験
余白10月12日(水) 行動観察
余白10月14日(金) 合格発表

余白さあ、いよいよ 新年長さんの 受験が 始まります。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 2月5日(土)
余白第1回 研究発表会

余白ミューズ学習の 創造 
余白
思考スキルを 習得する 授業づくりの 第一歩

余白

2月5日(土)
開催大学初等部 研究発表会に 行ってきました。
 当日は 300名以上の 教育関係者を 集めて、関大初等部 開校初年度の 教育成果と 今後の 取り組みが 発表されました。

 写真撮影が 禁止されていましたので、画像で お見せできないのが 残念ですが、授業参観、分野別協議会、シンポジウムなど、盛りだくさんな 内容でした。公開授業では、1年生から 3年生までの 全クラスの 授業を 身近で 参観することが できました。

       1年生の国語授業「 初等部 はじめて物語を つくろう 」では、文章表現を 考えながら 組み立てることを みんなで 話しあっていました。
     2年生の 生活「 オリジナル 電卓を つくろう 」の 授業では、パソコン上で プログラムを 組んで 電卓づくりを している 様子を 見ることが できました。自分たちで 組んだ プログラムが 正しく 計算できるか どうか、交代で 人の 作った 電卓の バグを チェックしていました。

 公開された 授業を 見て まず、生徒さん達が「授業を受ける」のではなく、「積極的に 授業に 参加する」様子に 感銘を 受けました。一人ひとりが 一生懸命 考えながら、自分の 意見を 言い、また、周りの 生徒が それを しっかり 聞く 姿勢が できているなと 感じました。

  イグザム幼児教室から 入学された 生徒さんにも、参観の 中で 何人も お会いすることが できました。みんな、目が キラキラ 輝いて 見えました。成長ぶりを 肌で 感じました。

余白

 また、イグザム幼児教室からも、20名以上の 来年度 受験予定の 保護者の 方が 参観を 許され、生の 授業を 見せていただくことができました。

 参加された ご父兄も、「 想像していた 授業よりも ずっと 楽しそうで 生徒さんが いきいきしていました 」と 感想を 述べられていました。ご父兄の「関大初等部に 入れたい」という、モチベーションも ヒートアップされたようです。

 3年生の「 世界に 広げよう 友だちの WA 」と 題された 総合授業では、各グループに 分かれた 生徒たちの 中に 若い先生? が 二人ずつ 入って ディスカッションが 行われていました。いつの 間に こんなに 若い 先生方が 大勢 入られたのかな、と 思っていたのですが、 田中校長先生の お話では、関西大学大学 高槻キャンパスから、大学院 総合情報学科 修士・博士課程の 院生の 授業参加を 日常的に 積極的に 行っていて、授業参加 のみならず、掲示物の レイアウトを 考えたりと、大学院生の 力を うまく借りながら、学校運営を されているようです。
これぞ 小学校から 大学院までを 包括する 関西大学ならでは の 強みを 早くも 具現化して 見せてくれた 一例だと 思いました。








小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 11月21日(月)余白
 関西大学初等部
余白田中校長先生を お訪ねしました。
余白本年度の 入試に 関しての 振り返りなど、お話を うかがいました。

余白田中校長先生インタビュー  関西大学初等部 田中校長先生インタビューの写真1
余白本年度の 入学試験について

イグザム幼児教室 中村(以下中村): 開校2年目 と なる 今年の 入試を 振り返ってみて、今年は いかがだったでしょうか。

田中校長先生: 今年も 60名の 募集に 対し、約3倍の 受験者が ありました。優秀な お子さんが 多く 集まった と いう印象が 強く 残っています。本校は、募集人数が少ないこともあって、残念な 結果になられた お子さんにも、本来ならば入学していただきたいと思う素晴らしいお子さんが たくさんいらっしゃいました。

中村: 昨年とは 入試問題の 出題傾向も ずいぶん 変わっていたようですね。図形の 問題中心だった 昨年に 比べ、図形の問題が 減り、話の記憶の 問題や 常識の問題に 重点が 置かれていたように 感じましたが。

田中校長先生: 例えば、花と 葉や茎を 結ぶ問題を 出題しましたが、これは、図形の問題などとは違って、日常から 実際に 花に 触れ合っていない お子さんには 難しかったかもしれませんね。

中村: 関西大学初等部さんの 入試問題の 傾向として、ジャンルは 違っても、同じ 問題を、続けて 何ページかに わたって 繰り返し 解かせる と いうのがあって、集中力の持続が ポイントに なっているのが 1つの 大きな 特徴かと 思いますが。

田中校長先生: 出題に 関しては、先生方 みんなで 考えながら 作り上げたものです。結果として そのような 傾向に なったかも しれませんね。


余白関西大学初等部の 魅力について

中村: 関西大学初等部を 志望校に 選んだ理由の ひとつとして、イグザム幼児教室に 通う保護者の 方の 多くが、個性ある 先生方の 楽しい 授業を 受けさせてみたい と おっしやっています。画一的な マニュアル教育では ない、活き活きした 授業が 好評の ようですが。

田中校長先生: 関西大学初等部では、「 考える力を 育てる 」 と いう 基本を 押さえながらの、先生方の 個性を 生かした 授業展開が、大きな 特徴であると 考えています。先生方 それぞれが、ご自分の 研究テーマを 追求しながら、授業を 行うことが できるのです。公立校に いたのでは、転勤や トップの 方針の 転換などで、継続して テーマを 追求するのが難しい 一面が あるのですが、我が校では それが できるのです。

 
関西大学初等部では、先生方の 教育研究成果を、全国から 教育関係者を お招きし、発表する 機会を 設けています。できれば、ご父兄の 方々にも、見ていただけるようにしたい と考えているところです。


中村: そういう試みが、先生方の 教育に 対する モチベーション を高めることにも 役立っているのでしょうね。先生方に とっても 魅力ある 学校というわけですね。
余白関西大学初等部 田中校長先生インタビューの写真2

余白
今後の予定について

田中校長先生: 本年度中、3月上旬に 説明会を 開催したい と 構想中です。
開校初年度が 終わろうと していますが、遠足や 運動会、英語合宿など、1年間の 行事や 学習に ついて 具体的な 内容を お伝えしたい と 考えています。


中村:それは 楽しみですね。ぜひ 拝見させて いただきたい と 思います。

田中校長先生、本日は、お忙しい中、本当に 有難うございました。


余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 
★JR 弁天踏切 橋梁化 工事
余白12月の 完成に 向け 順調に 進んでいます。
余白弁天踏切橋梁化1
余白開かずの 踏切として 有名だった 弁天踏切ですが、橋梁化工事が 進み、その姿が 見えるように なりました。12月開通に 向け、急ピッチで 仕上げ 作業が 進んでいます。完成すれば、阪急高槻市駅からの 徒歩アクセス時間が グンと 短縮されます。

余白弁天踏切橋梁化2余白弁天踏切橋梁化3
余白屋根付き の きれいな 歩道橋です。エレベーターも 完備。
余白
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白2011年度生 合格速報
 
合格率66.7%
余白 10月16日 現在: 6 名 合格いただきました。 
(塾生 9名受験 


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白
2011年度入学試験
10月13日(水)
余白
関西大学初等部
余白2011年度 入学試験が 終了しました。


余白関西大学初等部 入学試験1

余白関西大学初等部 入学試験2

余白9月26日〜10月4日の面接、10月12日(火)のペーパー試験、そして10月13日(水)の行動観察(運動・制作)と、関西大学の本年度の全入試日程が終了しました。受験生の皆様、お疲れさまでした。
余白本年度は 188名の 受験生を 集め、昨年に 引き続き、関西私学 ナンバーワンの 高い 競争率と なりました。関大初等部の 人気は 留まることを 知らないようです。
余白ペーパー試験の 内容は、昨年の 図形問題中心の 出題から 変わり、、各分野 万遍なく 出題されたようです。平易な 問題が多く、平均点は 高めで、ちょっとした 勘違いによる 失点が 命取りに なりそうです。
余白制作では、お友だちとの ペアによる 共同作業と なり、より 共同観察的 要素が 高まったようです。運動は、平均台を 使った オーソドックスな サーキット だったようです。
余白詳しい 試験の 内容は 近日中に 関西大学初等部入試報告会を 開催し、塾生の 皆さんに お伝えしたいと 思っています。
小学校受験 イグザム幼児教室のキャラクターのひよこのアート余白8月29日(日)
余白関西大学初等部
余白第3回 入試説明会が 開催されました。


余白関西大学初等部 入試説明会
余白8月29日、大阪・梅田の ブリーゼプラザで 開催された、関西大学初等部の 入試前の 最終説明会となる、第3回 入試説明会に 行ってきました。約300名が 参加した 今回の 説明会では 説明会では、個別相談を 中心と する 説明会に なっていました。

余白開会に先立ち、3年生の 国際交流の 様子が 紹介されたいました。交流の ために 制作した、子どもたちによる 英語での 学校紹介の ムービーが 上映されました。
余白今回の 説明会は、2部 構成と なっていました。
余白第1部.田中達也 教頭先生に よる「入試」の 内容説明
 ペーパー、行動観察、面接について、昨年の 入試内容の 丁寧な 説明と、今年の 面接官の 体制説明、願書の 内容に ついても 踏み込んだ 説明が なされました。
余白第2部.個別相談会
 今回、大きなテーマとなった 個別相談会では、大きく4つに 分けられた ブースに参加者の 約半数が 参加され、熱心に 話を されていたのが 印象的でした。

余白関西大学初等部入試説明会会場 大阪梅田ブリーゼプラザ
余白会場と なった 大阪 梅田 ブリーゼプラザ

小学校受験 イグザム幼児教室のキャラクターのひよこのアート余白7月25日(日)
余白関西大学初等部
余白第2回 入試説明会が 開催されました。


余白関西大学初等部 第2回 入試説明会 看板と校門
余白関西大学初等部の 第2回 入試説明会に 行ってきました。
この 説明会では、大きく分けて 4つの 説明が なされました。
1.田中達也 教頭先生に よる「学校全般」の 説明
2.3年生担任 古本温久先生に よる「関大初等部の算数の具体的実践」の 説明
3.1年生担任 今宮信吾先生に よる「1年生の就学の様子」 の 説明
4.再び 田中達也教頭先生に よる「入試説明」 でした。

余白ひまわりと 関大初等部

余白梅雨も 明け、強い 日差しが 降り注ぐ 真夏日の 説明会となりました。校内に 咲く ひまわりが まるで 関大初等部の 子供たちの 成長ぶりを 象徴するかの ように すくすくと 育っていました。

余白関大初等部 田中明文校長先生
余白田中明文 校長先生の ご挨拶で 入試説明会が 始まりました。「初・中・高の 12年と いう長い スパンで 力を つける。この 12年間で 生涯の 友を 見つけてもらいたい。」「学校は 教育力を 試される場 でもある。開校から 3カ月半、事故もなく夏休みを 迎えることが できた。これから12年間、教師と 生徒たちの 心と心、魂と魂の ふれあいを 大切にしていきたい。関大初等部の 教育方針に 賛同していただける人に 入学して いただきたい。」との お話が ありました。

余白関大初等部第2回入試説明会の様子
余白田中達也 教頭先生からは、日本の子供たちの 学力・体力低下、また、自尊感情の 低下など、顕在化 しつつある問題を 挙げられ、「関大初等部の校訓『考動』を元に思考力、心、体力のバランスが取れた高い人間力を持った子供を育成したい。」と述べられ、具来的な方策として、ミューズ学習、シンキング・ツール、ICT環境などのご説明がありました。

余白関大初等部入試説明会で熱心に耳を傾ける参加者
余白
楽しい算数授業とは

余白
余白3年生担任の古本温久先生(「楽しい算数の授業」など、著書多数)による「深い理解と思考の支援―差BBB数における活用」と題された、算数の実践の説明は、会場の子供たちに問いかける形で始まりました。



余白問題1
余白六角形の中に 赤い矢印が 描かれたカードを 裏返すと 青い矢印が あります。矢印の 指している方向は 違います。これを 覚えておいて・・・
余白
余白ここまで 回転させると 裏の 青い矢印は どこを 指しているでしょうか。
余白この 問いかけに 会場の 子供たちは 元気に 手を挙げ 答えていました。
余白 古本先生は、「算数に おける確かな 学力とは、数学的な 思考力 と 表現力。計算に おいては、手続きの 中にある 意味まで 理解する。文章題では、自分の 考えを いかに 表現するかを 考えること。図形に おいては、定義や 公式の 意味を 理解すること。」と説いて いらっしゃいました。
余白例えば「リンゴが 7つに ミカンが 5つでは、リンゴとミカンの 数は いくつ違うか。」と いう問題で、すぐに 式を 書かせるのではなく、絵を 描かせてみると 生徒の 理解度が よく わかる、と いうお話を、実際に 生徒が 描いた絵を 例に、その理解度を 解説して くださいました。
余白関大初等部では ICTを 活用した、見て 理解する授業や、自分の 身体を 動かして 考える授業など、暗記では ない、考える 算数教育に 力を 入れていらっしゃる 様子が うかがえました。
余白関大初等部の 教育の 最大の 特徴は「主役は 生徒」。子供たちが 何に 興味を 示し、どう 考えるかを、先生方が 一生懸命考え、発信している ところだと 思いました。先生方の、常に「楽しい授業」を 模索されている 姿が 感じ取れました。



余白関大初等部 今宮信吾先生
余白これまで 説明会に 参加されてきた ご父兄には、もう すっかり お馴染みとなった、 1年生担任の 今宮信吾先生です。今回は ポートフォリオの 具体的な形を 説明して くださった 後、現在進められている「いのちの学習」に ついての ご説明が ありました。
余白グランド脇の 畑で 作っている「服部白瓜」を 自分たちで おいしく 食べるための 研究を して 実際に 調理して 食べた お話が 紹介されました。
余白道徳では、「湧き出した水」「いきるよろこび」の お話から、子供たちが、「いま、自分たちに できること」 に ついて 話し合ったり、そこから 得たものを 作文に したりする 様子が 印象的でした。

余白
生徒が 主役の 関大初等部の 教育
余白関大初等部の 教育の 最大の 特徴は「主役は子ども」。子供たちが 何に 興味を示し、どう 考えるかを、先生方が 一生懸命考え、発信している ところだと 思いました。先生方の、「楽しい授業」を 模索していらっしゃる姿が 感じ取れました。

余白関大初等部 田中達也教頭先生
余白さて、いよいよ田中教頭先生による、入試説明です。
余白冒頭「面接、行動観察、ペーパーでの比率は特に決まっているわけではなく、総合的に判断する。」というお話がありました。
余白面接では、保護者に 対する 質問が 6〜7割で、「子供が 喋れなくても ある 程度は 仕方が ない」と いう お話です。また、内容に ついては、「しゃべることを 暗記して棒読みに なったりしないように。」「面接は 保護者の 方との 連携の スタート と 考えている。本音で 話が したい。」と おっしゃっていました。
余白運動は、幼稚園や教室などで一般的に使用される用具を使ってのものになる模様。平均台やマット、ボールなどを使ったもの。あるいは、リズム遊びや、ダッシュなど。「タイムや結果よりも、過程が大事。失敗しても再チャレンジする姿勢などを見たい。」とおっしゃっていました。
余白制作は、昨年同様、「こんな○○が あったらいいな」など、テーマを 決めての ものと なりそう。「時間にして 15分程度の 制作なので、作品の 完成度よりも、創意工夫など 過程を 見たい。」と おっしゃっていました。
余白ペーパーでは、「やや 難易度を 上げる」と の お話が ありました。今回も 具体的な 問題の 内容までは 言及されませんでした。ただ、「日常、パズル的、クイズ的な 遊びを しておいた方が いいでしょう」と の ことです。
 
余白関大初等部で育てた服部白瓜







今回の 今宮先生の お話に 出てきた「服部白瓜」を 実際に 見てきました。大きく 育っていました。他にも ミニトマトや トウガラシ、トウモロコシなど が 育てられていました。







余白関大初等部で育てたミニトマト余白関大初等部で育てたトウガラシ

余白関大初等部で育てたトウモロコシ余白関大初等部 グラウンド脇のビオト―フ

余白小さな ビオト―プが 作られていました。ここで 生徒たちは 実際に 生き物と 触れ合うことに なるでしょう。

余白入試説明会 会場で 出会った 塾生の ある ご父兄も おっしゃっていました。「関大初等部の 説明会の 日は、大雨だったり カンカン照り だったりで、ちょうど 良い 天気の日は 少くなかったですね。」まさに その通りだったと 思います。でも、それだけ 印象に 残る日が多かったとも 言えます。入学が 決まれば、それも 「良い想い出」の ひとつ に なるでしょう。
余白これから 入試までの 残された日々を どれだけ大切に 過ごせるかが 重要に なってきます。その 過ごし方を ご一緒に 考えて いきましょう。
余白
小学校受験 イグザム幼児教室のキャラクターのひよこのアート
余白7月18日(日)
余白関西大学初等部より 田中明文校長先生を お招きして
余白
イグザム幼児教室にて 入試説明会を 開催しました。

余白関大初等部 田中明文校長先生
余白7月18日(日)10:30から イグザム幼児教室にて 関西大学初等部 田中 明文
校長先生を お招きして 入試説明会を 開催しました。
余白梅雨も 明け、晴れ渡った 暑い一日と なりました。教室に 集まった 保護者の 皆さんは
田中校長先生の 説明に メモを取りながら、熱心に 聞き入っていました。
余白冒頭、関西大学初等部の 案内パンフレットに 関する エピソードの お話が ありました。
余白パンフレットの 写真に 使われている 子どもたちは 全て モデルさんではなく、関大初等部の生徒であることは 既に 皆さん ご存知話ですが、当初4,5人のつもりで 学内募集したところ、190名中 なんと 130名が 応募してきたということです。皆さん 屈託の ない 自然な 笑顔で、結果的に モデルを 使うよりも ずっと 魅力的な パンフレットに なっていると 感じたのは 私だけでは ないでしょう。
 中でも 校長先生が お気に入りの 写真は、表紙を開いてすぐ目に跳び込んでくる、パソコンに向かう 女の子の 写真だそうです。少し 大きめの 制服が、何より 自然な 感じがして、1年生らしさが 溢れています。(校長先生の 奥様が 思わず、「かわいい! こんな 孫 が 欲しい!」と おっしゃったそうです。)
 
余白関大初等部 夏服の少女 何を隠そう、彼女はイグザム幼児教室の卒業生です。
(たまたま、この説明会の前日の 土曜日に、夏休み前の
最後の授業を終えて、夏服の制服で教室に顔を出して
くれました。)


余白イグザム幼児教室で説明する関大初等部田中明文校長先生
余白 スクリーンに 始めて見る写真も 含む 豊富な映像を 
余白映しながら わかりやすく ご説明 くださいました。
余白また、関西大学初等部の 目指す ”思考力育成” の ための
余白教育に 必要な「シンキング・ツール」について 詳しく
余白ご説明いただきました。
余白イグザム幼児教室で開かれた関大初等部入試説明会
余白 参加頂いた ご父兄からは、たくさんの 質問が 出されました。

余白グザム幼児教室で説明する関大初等部田中明文校長先生2
余白予定した 時間を 過ぎても 質問に ひとつ ひとつ 丁寧に
余白お答えくださいました。有難うございました。
余白
保護者の 皆さんも、 いよいよ 入試本番が 迫ってきたことを
余白あらためて 実感され、気を 引き締めて いらっしゃるようでした。
余白塾生の皆さん、ともに 頑張りましょう。

余白
小学校受験 イグザム幼児教室のキャラクターのひよこのアート7月4日(日)
余白関西大学初等部
余白第1回 入試説明会が 開催されました。

余白関西大学初等部入試説明会 看板と校舎全景
余白高槻ミューズキャンパス、アリーナ会場には約450名の方が集まり、熱心に耳を傾けていらっしゃいました。田中明文校長先生の ご挨拶で 始まった この日の 説明会は、3年生、1年生の教育実践について、スクリーンに 子供たちの 学習の 様子を 映しながらの 説明が ありました。関大初等部の 実際の 授業内容、 飾り気の ない 生徒たちの 素顔が うかがえました。続いて 田中達也 教頭先生の 入試内容説明を うかがい、最後には 入試相談会が 開催されました。
余白
余白入試説明会の看板

余白アリーナで行われた関西大学初等部入融資説明会の様子

余白関西大学初等部 梅本龍多先生の写真
余白梅本龍多先生の司会で説明会が始まりました。

余白関西大学初等部 田中明文校長先生の写真
余白田中明文 校長先生の お話の中で 特に 印象的だったのが、「昨年の 開校準備期間中に、開校準備室に 集まった。19名の、初・中・高の 教員 全員の 一致した 意見として、『これからの 教育は ”思考力の 育成 である。』ということが 確認されました。」 という お話です。
余白当教室も 開校前から 関大初等部の 取材を 行ってきましたが、教員間の チームワーク、熱意を 肌で 感じて まいりました。 ブレの 無い 一貫性が 関大初等部の 大きな 魅力であることは これまでも お伝えしてきた通りです。

余白
余白教育実践説明の様子
余白第3学年と 第1学年の 教育実践に ついて 担任の 先生から スクリーンに 映し出された
画像を 見ながら 説明を 受けました。開校から わずか 2カ月 足らずで、すでに 実践されて
いる 質の高い 授業の 一端を 垣間見ることが できました。
余白校長先生が 話していらっしゃった、”思考力の育成”が、単なる キャッチフレーズ でなく、教師の方々の 共通した ポリシーとして、授業の 中で 実践されていることに 感銘を 受けました。この 具現化された 一貫性こそが、真の 一貫教育だ と いう 印象を 受けました。

余白
余白関西大学初等部 三宅貴久子先生の写真
余白第3学年 担任の 三宅貴久子 先生 「コミュニケーション力が育つ情報モラルの授業」 など、著書多数)からは、現在 行われている 分類について、授業風景の 説明を 受けました。
子供たちが イメージマップを 作成しながら、分類を 学ぶ 様子が 紹介されました。

余白
余白関西大学初等部 今宮信吾先生の写真
余白第1学年 担任の 今宮信吾 先生(「 ワッとわく ことばの力をつける詩の授業 」など、著書多数)からは、同じく分類を学ぶ様子、子供たちが「こどもこくごじてん」を 自ら 作りながら、学んだことを 作文に まとめていく様子の 説明を 受けました。
余白超一流の 先生方が、初等部の 教育ポリシーを 共有化した上で、自らの 個性を 最大限に 活かした 授業を 展開されているのが うかがえました。


余白関西大学初等部 田中達也教頭先生の写真
余白2011年 度入試に ついて
余白田中達也教頭先生からは、入試内容の説明がありました。初年度であった昨年との違いは、
@願書受付に関して、昨年は最終日に願書持参による受け付けを行っていたが、今年は郵送のみとすること。
A親子面接と考査の同日実施をやめ、日程を分けたこと。
B昨年は関西大学千里山キャンパスで実施されましたが、当然ながら今年は高槻ミューズキャンパスでの実施となること。
C発表は昨年のように掲示ではなく、郵送とすること。
などです。
余白「昨年は、各方面から「関大初等部の 入試問題は 易しい」と の 声を よく耳に しましたので、今年は 難しくする かも・・・」と いった、気に なる ご発言も ありました。
余白7月25日(日)開催予定の 第2回 入試説明会では、 さらに 踏み込んだ 内容説明が 期待
されます。

小学校受験 イグザム幼児教室のキャラクターのひよこのアート余白関西大学初等部の
  単独ホームページが 開設されました。

余白関西大学初等部のホームページの画像
余白これまで 高槻ミューズキャンパスサイトの一部分という感の否めなかった、関西大学初等部のホームページが一新され、単独ホームページになりました。お気に入りに入れて、すぐにアクセスできるようにしておきましょう。

 http://www.kansai-u.ac.jp/elementary/






小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白6月22日(火)

余白関西大学初等部
  オープンスクールが 開催されました。

余白余白関大ミューズキャンパス校舎の画像
余白イベント開催日には、なぜか 雨に たたられてきた 関西大学初等部ですが、この日も雨。
しかし、会場と なった 高槻ミューズキャンパス 北館アリーナは、開始30分前の開場と 同時
に満員と なる大盛況でした。
平日にもかかわらず、ご父兄に 混じって、入学を 目指す お子さんたちの 姿も 多く 見ら
れました。参加された 方々の 本気度が うかがえます。
余白田中達也教頭先生が 司会を 務め、田中明文校長先生の挨拶で始まった 関西大学初等部
初の「オープンスクール」では、3時間目と4時間目の授業を 見せていただくことが できまし
た。
余白最先端の設備と 熱意ある 超一流教師陣の 心のこもった授業
余白授業風景は 撮影禁止で あったため、お見せ できないのが 残念ですが、北館3階の 温水
プールでは、2年生の 水泳の 授業を 見ることができました。床面可動式プールは、底を
高く持ち上げて 水深を浅く 保った状態が 見て取れました。小学校 低学年でも 安心して 
泳げるのが 特徴です。雨も 関係なく 利用できる 室内温水プールの 利点を、たまたまの 雨
で 実感することが できました。
余白東館 初等部 各教室では、1年生と 3年生の授業を 見ることができました。5階 マルチ
メディアルームでの コンピューターの 授業(3年生)、図工室での 図工授業(3年生)、
3階 教室での ゲームを使った 算数授業(3年生)、2階 教室での算数、国語の授業(1
年生)を 参観しました。生徒たちの 活き活きした 表情が とても印象的でした。
余白多数用意されたパソコンや、電子黒板など、最先端の設備と 熱意ある 一流教師陣の 心の
こもった 授業を 感じ取ることができました。これこそが 今の 多くの公立小学校に 欠けて
いる ものでしょう。
余白
英語体験授業が開催されました。
余白アリーナでは 未就学児を 対象に 公開英語体験授業が 開催されました。
余白
余白梅本龍多先生を 始めとする 関大 初等部 英語教師 スタッフ
余白の 皆さんが、楽しい 授業を 見せてくれました。


余白多くのご父兄の見守る中、お子さんたちは、英語授業を 肌で 感じることが できました。

余白関西大学初等部 オープンスクール 英語体験授業1
余白スクリーンを 使った 英語の 絵本の 読み聞かせ、歌や
余白で、楽しい授業が展開されました。
余白関西大学初等部 オープンスクール 英語体験授業2
余白 年長児に加え、年中児も 入っての 英語の 体験授業、途中で
余白 出会った イグザム塾生たちは、皆、「楽しかった」 と 興奮を 
余白隠せない様子でした。
小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート余白5月23日(日)
余白関西大学初等部学校説明会が 開催されました。
余白余白関西大学初等部の全景4
余白5月23日(日)13:00から、降りしきる大雨の中、熱心な保護者の皆さんを 集めての 学校説明会が 開催されました。会場と なった 500名収容の5F ミューズホールは 満席。
余白開校2年目となる 本年度も 関西で 最多の受験生を 集めた人気は 全く衰えを知らない様子です。
余白田中明文校長先生の挨拶で始まった説明会は 1時間10分の説明と、学校見学会の2部構成です。『「考動」は関大初等部の校訓、自分の力で世界を切り開く人間を育てたい。』
余白田中校長先生のお話の中で、特に印象的だったのは、『12年一貫教育のメリットは、1つの建物に 小学校から高校まで共存すること。子供たち自身が、目の前に 数年先の自分の姿を 目の当たりにすることができる。 また、中学生ともなれば、自信と 劣等感が 交差する 多感な時期。悩んだ時、下の階に 行けば、自分のことを 小さい時から 知ってくれている 先生たちがいる。』と いう お話でした。
余白この「安心感」こそが、初等部 初年度から 高等部 卒業まで 同一敷地内、同一校舎での12年一貫教育の、まさに 大きな メリットの一つでは ないでしょうか。

余白続いての田中達也教頭先生の 関大初等部の教育内容についてのご説明では、生徒自身がモデルを務めた、生の 関大初等部児童の写真を使ったパンフレットとスクリーンを見ながらのお話でした。(余談ながら、このパンフレットと、スクリーンの写真にイグザム幼児教室生が主役と言ってもいいくらい大きく出演していて、その成長した制服姿を見ながら胸がジンといたしました。)
余白入学試験の日程も発表されました。

余白関西大学初等部 学校説明会
余白この日の目玉は、「第1学年の教育について」1年生 担任の 今宮信吾先生のお話。 授業の様子、1日の生活の 様子を スクリーンで 写真を見ながら、判り易く、楽しく解説していただきました。
余白関西大学初等部 今宮信吾先生
余白特に 専門分野とも言える 作文指導の成果が 開校後 わずか 1カ月でも はっきり見てとれる 内容に、関大初等部が 誇る教師陣の 素晴らしさの 一端を リアルに 感じられた方も たくさん いらっしゃったようです。(目を つぶった写真で ごめんなさい。)
関大初等部の 魅力の一つは、これまで説明会等に参加し、何度か お会いして 感じた 先生方の パフォーマンスの高さ、ざっくばらんな親しみやすさ、明るさ、チームワークの良さだと思います。
 

余白初等部1年生の絵画作品「ぴっつあ」の絵
余白1年生の作品、毎日行われている英語教育のせいか、ピザではなく、ひらがなで
余白「ぴっつあ」と書かれていました。カラフルな楽しい絵が並んでいました。


余白余白
余白関西大学初等部 1年生の教室
余白関西大学初等部 1年生の教室2
余白関西大学初等部 1年生の教室3
余白気になっていた、すぐ隣を通るJR東海道本線の列車の音は完全に
余白遮音されていました。快適な授業が受けられそうです。

余白関西大学初等部 1年生の教室4
余白教室の中の様子も、前回 オープンキャンパスで お邪魔
した時よりも生活館が 出てきました。

余白ボールとフリスビー

余白ドッジボ−ルと並んで人気のフリスビー(素材は 柔らかいものです)。
休み時間には緑の校庭で元気いっぱい遊びます。

余白関西大学初等部のくつ棚
余白くつはボックスタイプではなく、オープンタイプの
余白下足棚が使われています。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 5月12日 
潟Cグザムでは
「2010年度 関西大学初等部入試問題集」
を発行しました。塾生の皆さんは無料でダウンロードいただけます。


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 4月24日(土)
  オープンキャンパスが開催されました。
余白関西大学初等部の写真
 4月24日(土)
 高槻ミューズキャンパスで 開校記念式典(11:00〜)
 および オープンキャンパス(13:00〜)が 開催されました。

たくさんの市民や 関大を目指す ご父兄、お子さんが 関大高槻ミューズキャンパスに やってきました。広大なキャンパスと、美しい施設に目を奪われていました。
余白関西大学の高橋選手と織田選手
余白開校記念式典では、関西大学の花形、 スケートの高橋選手と
余白織田選手もお祝いにかけつけました。

関西大学初等部の開校記念式典
1,2,3年生による 可愛い合唱は、子どもたち自身の 作詞による「心をひとつに」でした。
開校から 20日余りの 短い期間ですが、しっかり 練習してきたことを 感じさせる、
明るく、楽しい歌声でした。

余白関西大学初等部の緑の人工芝校庭を上から望む
 関大&高槻市中学校吹奏楽連盟とのコラボレーションが関大自慢の緑の人工芝の美しいグラウンドで行われました。
余白関西大学の吹奏楽部


余白関西大学初等部の1年生のピンクに塗られた教室
1,2年生教室はピンク基調のかわいい教室です。
余白関西大学初等部の3,4年生の水色の教室
3年生はブルー基調の落ち着いた教室です。


余白関西大学初等部の図書館
寝転がって 気楽に 本が読める「わくわく館」と名付けられた 図書室です。

余白関西大学初等部のずらりと並んだパソコン
パソコンも十分な数が用意されています。
余白関西大学初等部の落ち着きのある茶室
落ち着いた茶室

余白田中校長先生と

 田中校長先生から 入試日程などについて お話を 伺うことができました。




 初等部説明会等 開催予定
月 日 曜日 内 容 時 刻 会 場
5月23日 学校説明会 13:00〜15:00 関西大学ミューズホール
6月22日 オープンスクール 第3校時 
10:35〜11:20
第4校時
11:25〜12:10
初等部各教室
7月4日 第1回入試説明会 13:00〜15:00 関西大学ミューズホール
7月25日 第2回入試説明会 13:00〜15:00 関西大学ミューズホール




小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 4月2日 関大初等部入学式が行われました。

 あいにくの雨模様でしたが、イグザム幼児教室から入学されたお子様も 皆さん満面の笑みがこぼれていました。入学式が終わって帰る頃には青空に変わっていました。
 ご入学おめでとうございます。
余白関西大学初等部の制服入学式

余白関西大学初等部の制服入学式2
 それにしても、郊外に移転する大学が多い中、大阪の中核都市である 高槻市の 駅近くに、この巨大な 一貫校キャンバスを 建築したということは 快挙であると言えます。

 小中高と 12年通学することを考えれば、学校生活と アフタースクールの時間を 切り離して 考えることは 無理な話です。授業後の 時間を クラブ活動などで 有効に 使うためにも、通勤時間は できるだけ短いほうが いいのは当然です。


 京阪神の中心に位置し、JR沿線なら、滋賀県草津から30分強、 兵庫県姫路から1時間足らずと、 快速停車駅なら、乗り換えなしの 1本で 1時間以内に 通学できるという、この 希有とも言える 利便性が、今後、関西大学高槻ミューズキャンパスの人気を いやがおうにも 大きく押し上げていくであろうことは 想像に難くありません


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 高槻ミューズキャンパスのレストランを
余白利用してみましょう。余白

関西大学のレストランミューズの看板余白
関大高槻ミューズキャンパス内の
レストラン、ミューズも、4月2日にオープン。正門で入門許可証を発行してもらえばミューズは一般の利用も可能です。
(日曜定休)


関西大学のレストランミューズのディスプレイ
余白関西大学のレストランミューズの全景

関西大学のレストランミューズのハンバーグ定食 メニューは、ハンバーグランチが 430円麺類220円から など、とっても リーズナブル。カレーのトッピングの中には たこやき3個 などという かわったものも ありました。コーヒーも 150円となっていました。関大初等部に お子さんを と お考えでしたら、ミューズキャンパスの 見学がてら、レストラン ミューズでランチを 楽しんでは いかがでしょう。





小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 竣工直後の関大ミューズキャンパス

桜と関西大学ミューズキャンパス
(2010年3月22日撮影)

関西大学ミューズキャンパスの校門
(2010年3月22日撮影)

0

(2010年3月22日撮影)




関西大学ミューズキャンパスの体育館
(2010年3月22日撮影)

関西大学ミューズキャンパスの壮大な吹き抜け
(4月2日撮影)
東館と西館の間には広大な吹き抜けが、
 この吹き抜けで発生する風を利用して・・・

関西大学ミューズキャンパスの風力発電の風車
(4月2日撮影)
風力発電施設が3基稼働。



関西大学ミューズキャンパスの人工芝運動場
(4月2日撮影)
緑の広いグランドも魅力のひとつですね。



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 1月17日(日) 10:30〜12:00
当教室にて 関西大学初等部 梅本龍多先生をお招きして
特別セミナーを 開催しました。

テーマ:「
関西大学初等部の英語教育とは
 〜英語考動力の基礎を 築くために〜」

 イグザム幼児教室で講演中の 関西大学初等部の梅本龍多先生

 日曜日の 開催でしたが、当日は、横浜から このセミナーのために お越しいただいた ご家族も含め、大勢の 熱心な ご父兄・生徒の皆さんが セミナーに 参加して下さいました。本当に ありがとうございました。


イグザム幼児教室でキャンパス施設の説明中の 関西大学初等部の梅本龍多先生

 冒頭に 「 阪神淡路大震災の教訓を 胸に刻み、新しい校舎は 地震に負けない校舎を 作り上げました。」との お話をされ、完成に 近づいた 関西大学 ミューズキャンパスの 校舎、体育館、かわいい色彩の 教室、床面可動式プール、そして 緑の芝生が敷きつめられた運動場、英語宿泊学習で使用する 関大高槻キャンパス内の 立派な 宿泊施設など、初めて拝見する 貴重な写真画像を 見せていただきました。生徒の皆さんたちも 春からの 新しい学び舎に 目を輝かせながら 見入っていました。



 模擬授業では、新1年生、新2年生で、英語の「じゃんけん」ゲーム、scissors(チョキ)、block(グー)、paper(パー)をからだ全体を使って表現しながら声を出してやってみたり、パズルゲームをしたり、英語の歌を教えてもらったりと、楽しみながら その ”考える”英語授業の一端を体験することができました。


 関西大学初等部では 梅本先生をはじめ、ネイティブの先生、日本人だけど 英語が 堪能な先生など、豊富な人材が 揃っていて、1年生から モジュールタイムで 毎日 英語の歌、ゲーム、クイズなどで、「英語でコミュニケーションの 取れる こどもを育てたい。小学校終了時点で、中学で 学ぶべき学力を カバーしたい」と、私学でこそ できる 意欲的な 取り組みに ついて 熱く、時に愉快なジョークを交え お話しいただきました。

 参加された あるご父兄は、「今日 紹介された、予定されている カリキュラムを 見たところ、ゲーム感覚 あふれる授業で、勉強 というよりも、楽しそうで、私自身が 入学して 学びたい と思いました。ぜひ 実現して いただきたいです!」と おっしゃっていました。

con_go.gif
 身振り手振りで 熱心に前列に座った子どもたちに 教える梅本先生。

余白イグザム幼児教室でパソコン授業の演習中の 関西大学初等部の梅本龍多先生余白モバイルを 使った授業も 体験しました

Q&Aの一部を披露します。
余白関西大学初等部の梅本龍多先生と
Q:「授業の対象としては 初等部に 入学して 初めて英語に触れる 子どもを 想定しているのですか?」

 A:「そうです。毎日行う授業ですから 英語嫌いを作ってはいけない というのが 大前提と 考えています。英語を 初めて体験するお子さんが 安心して英語に 興味を持って 学べるように と考えています。」

 Q:「それでは、インターナショナルスクール出身の生徒さんなど、英語力を すでにある程度 身につけているこどもにとっては 物足りない 授業になる恐れは ありませんか?」

 A:「コミュニケーションと いうものは、年齢に応じて ふさわしい話の内容が 求められます。ただ話せるだけの子どもを 育立てようと しているのでは ありません。もちろん ネイティブの教師と 毎日 顔を合わせるわけですから、英語を 話し足りない という 不満は 出ないと思います。」

 Q:「就学前に お勧めの 絵本や CDが あれば 教えていただきたいのですが。」

 A:「ご家庭で 無理に 学ばせようとしては いけません。学びたい という本人の 意欲が 何より 大事です。」 「強いて挙げるならば、NHK教育テレビの 幼児向け 英語番組や、絵本なら、エリック・カールの CD付きの絵本 などが お勧めです。」

 梅本先生には ご多忙のところ せっかくの 日曜日に お越しいただきまして、本当に ありがとうございました。





小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 編入受験 合格発表!
イグザム生全員が合格を頂きました。

12月15日 関西学大初等部編入試験の合格発表がありました。

 イグザム幼児教室からは新2年生8名が受験され、全員が見事合格されました。おめでとうございます。

 新2年生は受験者数約100名、競争率1.7倍と、編入試験としては狭き門、厳しい試験となりましたが、見事に全員揃って勝ち抜いてくれました。

 受験生、そしてご家族の方の ご努力が報われ、本当にうれしく思います。
皆さんの制服姿を見ることができるのを楽しみにしています。

私たちもこれ以上の喜びはないという思いでいっぱいです。



関西大学初等部の受験をお考えなら、イグザム幼児教室で。




小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート ☆ホームページで お伝えしてきた 関大高槻ミューズキャンパス
建設の軌跡


建設中の関西大学初等部の写真 5月 5月   建設中の関西大学初等部の写真 6月 6月


建設中の関西大学初等部の写真 7月 7月




建設中の関西大学初等部の写真 8月
  (2009年 8月24日撮影)


建設中の関西大学初等部の写真 8月 2     (22009年 8月22日撮影) 高槻市役所 屋上から撮影
 近隣の建物と比較すればいかに大きな校舎であるかがお分かりいただけるでしょう。



建設中の関西大学初等部の写真 8月 3 
13階建ての外観は完成、内装工事も始まっています。(2009年 8月24日撮影)

建設中の関西大学初等部の写真 8月 4

建設中の関西大学初等部の写真 8月 5


建設中の関西大学初等部の写真 8月 6
校舎と体育館をつなぐ連絡通路も姿が見えてきました。(2009年 8月24日撮影)

建設中の関西大学初等部の写真 8月 7
 (2009年 10月1日撮影) 体育館側も一部が見られるようになりました。かなり出来上がってきている様子です。

建設中の関西大学初等部の写真 10月
(2010年1月1日撮影)
体育館・講堂のベールも剥がされ、全貌を見ることができるようになりました。


建設中の関西大学初等部の写真 1月
(2010年1月1日撮影)
中央部の広大な吹き抜けは、キャンパスの反対側が見えるようになっています。


建設中の関西大学初等部の写真 1月1日
(2010年1月1日撮影)
 下方をよく見ると、バスケットゴールや滑り台など、校庭の遊具もすでに設置されています。このキャンパスがいかに大きなものであるかがおわかり頂けるでしょう。


建設中の関西大学初等部の写真 1月 3 
(2010年1月1日撮影)



みらい高槻の看板
 高槻市の施設計画「みらい 高槻」のページへ



10月13日関西大学千里山キャンパス
 100年記念会館にて新1年生の合格発表がありました。
 
約3.3倍の競争率の中、合格者64名が発表されました。

 当教室では関関同立クラス塾生の半数の方が合格されました。
 合格 おめでとうございます。


10月25日および、11月1日に
「関西大学初等部 2010年度 入試内容報告会」を開催いたしました。
 
報告会内容:
 ★面接の内容は?
 ★行動観察(制作・運動)の内容は?
 ★ペーパーテストの内容は

  多数ご参加いただきまして誠にありがとうございました。


 ★「先んずれば人を制す」の格言にあるとおり、
  イグザム幼児教室では
  早速、2010年度試験の内容を盛り込んだ出題形式を取り入れた授業展開を開始しています。





小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート 関
関同立の先陣を切って
2010年度生 入学試験が実施されました。

 関西大学初等部の入学試験
  


関西大学初等部入学試験2

 10月5日(月)〜8日(木) 面接・運動・行動観察試験実施。
面接では保護者中心の質問となったようです。どの面接官の先生もお子さんに対しては非常に「優しい」態度で接してくださったようです。

 制作・運動は日にちが違えばその内容も少しずつ変わっていました。
 生まれ月による配慮も行われていたようです。

 10月11日(日)ペーパー試験が実施されました。男子120名弱、女子100名弱が受験されまし」た。会場では緊張を隠せない保護者の方とは対照的に、リラックスした表情のお子さんたちが目立ちました。 問題が比較的易しかったのか、試験を終えほっとして出て来たお子さんたちの表情も明るいものでした。

関西大学初等部の入学試験会場百年記念館
 


小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート ★10/1から
   JR弁天踏切踏切橋梁化工事が
              始まりました。
 ※阪急高槻市駅側からの徒歩通学をお考えの方に
 阪急側から関大へのアクセスは「開かずの踏切」と呼ばれるJR弁天踏切がネックになっていましたが、いよいよ橋梁化工事が始まります。完成すれば、徒歩通勤がうんと楽になりそうです。
弁天踏切橋梁化工事の案内看板
弁天踏切橋梁化工事の案内看板2
弁天踏切橋梁化工事の案内看板3



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート ★8/3 関西大学初等部 
      受験特別セミナー

 
 8月3日(月)当教室にて
 関西大学初等部から田中達也教頭先生をお迎えし開催しました。


イグザム幼児教室で講演中の関西大学初等部の田中達也教頭先生1

 入試説明会の翌日という大変お忙しい中、田中達也教頭先生にお越しいただきました。

イグザム幼児教室でのご説明を皮切りに近隣の幼児教室での説明会に奔走されるそうです。

  イグザム幼児教室で講演中の関西大学初等部の田中達也教頭先生2       イグザム幼児教室で講演中の関西大学初等部の田中達也教頭先生3

 前日の説明会から、さらに踏み込んで関西大学初等部の目指す教育について、詳しい説明を熱意をこめてしていただきました。その熱い思いに、参加された保護者の方も納得のいく充実したセミナーになりました。保護者の方からも積極的に意見、質問が出され、貴重な意見交換の場となりました。 


 



小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート ★2009年 8/2(日) 入試説明会

 関西大学千里山キャンパスにおいて、関西大学初等部説明会が実施されました。

 関西大学初等部の入試説明会の看板

 これまでのシンポジウムに参加されていた方には「総まとめ」といった感じの説明会で
簡潔にわかりやすい説明がなされました。

 思考力を重視した授業展開で、考えるための思考技法を身につけさせる様々なアプローチがおこなわれるようです。
 特筆すべきは「国立大学は関大への進学を確保したまま受験できます。」と明言された点でしょう。

関西大学初等部の入試説明会 会場内の写真

 田中明文校長先生の挨拶につづき、田中達也教頭先生からの 初等部の概要説明と入試内容についてのご説明がありました。

 初等部の試験内容は、@行動観察(制作活動・運動)、A面接(親子面接 1組ずつ)、B考査(ペーパーテスト)となります。

 試験に関する注意点等は、@服装・履物 ― 特に指定なし、A上履き ― 必要なし、B体操服 ― 持参、C行動観察・ペーパーテスト中 ― 保護者の方は控室で待機、D控室での食事 ― 不可(飲み物は調整時間等に適宜)、E親子面接 ― 保護者2名以内、F行動観察・面接日 ― 郵送で通知、でした。

 また、編入試験の出題範囲などについてもご説明がありました。




小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート ★2009年6/20
  関西大学初等教育シンポジウム

6月20日 関西大学初等部シンポジウムが開催されました。

関西大学初等部のエンブレム



関西大学初等部の学校説明会   関西大学初等部の学校説明会の看板

 高槻会場 第1部 (午前10:30〜 ) 12年一貫英語教育の可能性
      第2部 (午後13:30〜 ) ICT教育プログラム―
            学びを支える学校環境―
 「ひょっとして、4月25日に開催されたシンポジウムと同じ内容では」という不安を払拭する内容で、前回よりもずっと詳しく、具体的な考え方、手法が説明されました。実際教壇に立つであろう先生方の熱のこもった説明でした。中でも「考動力」、「自分のためではなく、人のために英語を使える子供を育てたい」という言葉が印象的でした。

 今回もまた、制服と完成予定図の展示が行われていました。

関西大学初等部の制服

関西大学初等部の制服 ネクタイ   

関西大学初等部の制服 リボン


教室完成予定図

関西大学初等部の完成予定図 

関西大学初等部の完成予定図2 関西大学初等部の完成予定図3 関西大学初等部の完成予定図4

普通教室にはコンピューターと正面に65インチの大型プラズマディスプレイが常設。

関西大学初等部の完成予定図5 関西大学初等部の完成予定図6 関西大学初等部の完成予定図7

 左から丸テーブルが印象的な英語教室、図書室、2面のバスケットコートを持つアリーナに併設される水深調整のできる床面可動式屋内温水プール


 説明会応募ページへ 
               


 入試日程、募集人数、編入について、授業料についてなどの情報は8月初旬千里山キャンパスで開催予定の入試説明会で発表されます。詳しい日程については関大ミューズキャンパスホームページにて近日発表されますので要チェックです。

 関西大学高槻ミューズキャンパスオフィシャルサイト




関西大学初等部の完成予定図8 雑誌の関西大学初等部の特集記事1 雑誌の関西大学初等部の特集記事2
雑誌の関西大学初等部の特集記事3 雑誌の関西大学初等部の特集記事4 雑誌の関西大学初等部の特集記事5
 受験専門雑誌の最新号でも関大初等部の特集記事が一斉に取り上げられています。




小学校受験 イグザム幼児教室のオリジナルキャラクターヒヨコのアート★2009年4/25
  関西大学小中高一貫教育シンポジウム

関西大学小中高一貫教育シンポジウム看板
 北は北海道、そして、東京、愛知、愛媛岡山、鳥取、広島、山口からの参加者もいて、関心の高さを感じました。雨の中、およそ1000人のが集まって満員の状態でした。
関西大学小中高一貫教育シンポジウム会場内

 同一キャンパス内での小中高一貫教育は他に例がありません。地域と一体化した教育や小中高の枠を超えた年長者と年少者の相互教育など、これまでにない教育が実現されそうです。

 河田関大学長は漢文を紐解きながら、「知識を詰め込むだけではダメ、自分で考える力とコミュニケーション力があってきちっと自分の意見が言える人間を育ててゆきたい」と園豊富を語っておられました。

 直木賞作家の重松清先生の基調講演で印象に残ったのは、人間形成を木に例えて、現代は、結果をすぐに求めて葉の形だけを気にする風潮が感じられる。根っこの部分や幹や枝を育てる時間が実は大切なのだが、それがなおざりにされているのではとの問題提起が成されました。関大の小中高の12年の一貫教育は根、幹、枝を伸ばす教育の実現を期待できるということでしょう。


 パネルディスカッションではその教育理念について語られました。
 12年の一貫英語教育
 小学校1年生から英語に親しませ、世界に通用する人間を育てたいとの意気込みを感じました。
 ICT(information and communication technology)教育
 コンピューターやネットワークを「表現・コミュニケーション・発想の道具」として使いこなせることを目指すということです。
 
高い人間力
「人の痛みのわかる」高い倫理観と品格を備えた人間形成を目指すということです。
 既に関大高槻キャンパスのホームページでも語られていることですが、深く、熱く語られていました。

 読売新聞記事へ

関西大学高槻ミューズキャンパスオフィシャルサイト
関西大学小中高一貫教育シンポジウムのページへ


関大の誇る織田信成選手も駆けつけました。

 シンポジウム前ににはフィギュアスケートの織田信成選手も応援に駆けつけました。







関西大学初等部の制服 男の子のブレザー
 関西大学初等部の制服 女の子のブレザー



 男女ともグレーのブレザーです。

関西大学初等部の制服 革靴

靴は男女ともペニーローファー

 このブレザーに関大初等部の栄えある第1期生として袖を通すのは
あなたのお子さんかもしれません。




          「阪急茨木市駅」駅前
イグザム幼児教室

〒567-0829 
大阪府茨木市双葉町2-29 エスタシオン茨木 4F
電話:   072-636-1936
ファックス:072-636-1937
HP:  http://www.exzam.net

copyright ©2009 EXZAM CO.,LTD All rights reserved